« 2014年7月 | トップページ

2014年8月

2014年8月27日 (水)

笠寺へ、ちょい撮り

先日、名古屋市内の東海道本線・笠寺駅へ、ちょいと貨物を撮りに行った。

笠寺は小さな駅だが、貨物列車運行上は比較的境目になる駅で、少なくとも昼間の貨物列車は全てがここの駅で停車する。15分おきに走る快速や新快速に抜かれるためもある。そんな笠寺駅の午前中を中心に、ちょっとお伝えしようと思う。

Dfa_0369仙台から広島へ向かう5085レ。笠寺へは9時半頃に到着する。桃太郎のトップナンバーが牽引してきた。

Dfa_0379「赤ホキ」と呼ばれる石灰石運搬列車の空車回送。元々は笠寺から分岐する名古屋臨海鉄道から出線されたもの。ここで機関車だけJRのものに付け替えて、大垣の向こう・美濃赤坂へと向かう。

Dfa_0389「赤ホキ」の横に、上りの1550レが入ってきた。9時53分に入線し、大府(東成岩)へ向かう間に、笠寺でコンテナの解結をする。牽引機のEF64がその任に当たる。これは「やわやわ」の状態。

Dfa_0395EF64が連結されたら、少しだけ前へ移動する。誘導員の方が乗っているのが判る。これで、1550レは発車の10時47分を待つ。

Dfa_0398先程から左側に停まっていた「赤ホキ」の8785レが発車する。定刻、10時08分だ。

Dfa_040510時54分になると、今度は上りの赤ホキがやってくる。この列車もここが終点で、ここからは名古屋臨海鉄道に乗り入れて名古屋南貨物ターミナルまで行く。

Dfa_04188785レ、赤ホキに名古屋臨海のDD重連が連結された。あとは11時21分の発車を待つだけ。

Dfa_0430tle時刻表では12時06分となっている「トヨタロングパスエクスプレス」が、少し早めの12時00分に到着してしまった。入線を撮ろうとしていたのに、撮り損なってしまった。笠寺駅に着いた、ロングパスのコンテナたち。

Dfa_0436tle1上の「TLE」は、専用列車ではなく、名古屋貨物(タ)発の2050レに併結される。誘導員が無線で2050レ乗務員に伝えている。「あと、30m」。

Dfa_0441tle22050レがTLEに接近している。誘導員が「あと、2m」と無線に向かって喋っている。

Dfa_0457tleTLEを併結した2050レが、盛岡(タ)に向けて出発していった。この日はダイヤが正確で、12時34分の時刻通り。

Dfa_0466tleこれこそ本物のTLE。前夜に盛岡(タ)を出て、笠寺へ13時16分に到着する。青一色のコンテナが綺麗だ。

Dfa_0475tle今入ってきたTLE編成の逆側に、名古屋臨海のDDが連結される。この列車もJRの上では笠寺が終着だが、名古屋臨海の名古屋南貨物(タ)まで入って行く。  
Dfa_0485tle笠寺へは僅か16分の停車で、さっきのTLEが名古屋貨物臨海へと入っていく。細かい作業がてきぱき行われているのが判る。

こうして、笠寺駅の作業は粛々と行われていく。この日は暑くなってきたのでこれで帰途に就いたが、涼しくなってきたら午後の部も撮ってみたいなと思っている。




















| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

爆笑迷惑メール

先日、迷惑メールが届いた。

よく眺めていると、笑えてしまったのだ。

Dscn4543「アマゾン」ではない。「アモゾン」である。そんな所、別に利用してないよ(爆)。

更に、「配送情報は下記のURLにて……」と書いてあるので、クリックしてみた。ら、こんなのが出てきた。

Dscn4542別に何も応募していないのに、「ご当選されました!!」とかって、高島屋の商品券らしきものが写っている。

何しろ、「アモゾン」の利用で当選した代物である。あの商品券は、ひょっとしたら「高屋」のものではなく、「高屋」の商品券ではなかろうかと思っている。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

輪留め

最近の車庫の様子。

Dscn69911特にどうという事はないかも知れないが前輪の下に注目して頂きたい。

オレンジ色のものが目立つと思う。

Dscn69902言うまでもないかと思うが「輪留め」である。春から、職場では車庫などで駐車する際、輪留めが義務化された。

他の場所での短い停車の際は略する場合もあるが、基本的に義務化されてしまった。

元々はと言えば委託先のある車庫の運転士が、大変愚かな行為に出て、無人のバスを発進させてしまったことに起因する。だが、運転士にとって手間は手間だ。

何か一つある度に、締め付けが厳しくなる。こうした悪循環はいい加減にして欲しいなぁと思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ