« 片道20分の旅---銚子電鉄 | トップページ | さよなら、瀬戸電の「赤い電車」 »

2014年3月31日 (月)

総武本線などの写真

パソコンの入院などで大幅に遅れていた、過日の銚子方面などの写真をアップさせて頂こうと思う。新鮮味に欠ける記事となってしまうが、どうぞお許し下され。

Imh024204_2

いきなり形式写真からスタートしてしまった。横浜線用の6扉サハ。横浜線では205系を233系に置き換える作業が続々と行われており、233系には6扉車が存在しないことから、このラインカラーの6扉もボチボチ見納めが近づいてゆくことになると思う。埼京線の205系もほぼ全滅しているので、残る6扉車は、中央-総武直通鈍行の209系・231系に限定されていくことになるたろう。

Imh025nex

旅行記で書いた「モノサク」、物井~佐倉での、通常とは逆方向を向いた写真。反対を向いても程々に、いい写真が撮れる場所である。ぽっかり浮かんだ雲を表現したかったので、もう少し上を向けた構図にすべきだったと後悔している。

Imh026nex

モノサクの有名な踏切よりも少し物井寄りで写真を撮ると、こんな迫力ある写真も撮れる。高速で走る電車を一瞬で切り取るので、速いシャッター速度が要求されて、晴れの日でないと撮影は不可能に近い。風が強い日だったが、天気が良かっただけでも救われたかも知れない。

Imh027

モノサクの有名撮影地で撮った、貨物列車・96レ。殆どの方にはバレていたと思うが、同業者の方に話しかけられたように原色PFが来た。車号は撮影時には判らなかったが、フィルムを拡大して見ると、N市のTさんが言われた通りの2121号機のようである。

Imh028217

一枚上の「モノサク」で貨物を構えていた方は、他に4名いた。その方々は、この構図で貨物を撮っておられた。私とは線路をはさんで反対側で、こちらの方が確かに迫力がある。しまったなぁと後から気付いたが、後の祭りである。それでも横須賀線直通の217系でこんな写真が撮れたから、これはこれで良かったのではとも思っている。

Imh029257

上と同じモノサクで、線路から離れるとこんな構図の写真になる。午後はこちら側が順光となるようだ。5両とは短い編成の特急(「しおさい」)だが、総武線の閑散ぶりからすると仕方ないことの様でもある。

Imh030

日向駅から歩いたポイントでの撮影。あまり面白くない撮影地だったので、足元に咲いているタンポポ(右下手前)を強調してみようとしたが、見事に玉砕した。タンポポがもう少し群生していれば、もう少しは何とかなっただろうと思う。日向~成東にて。

Imh031

横芝駅から程近い場所で、自分で見つけておいた撮影地。編成は全部入らなくてもいいので、サイド気味に枯れススキが写り込んでくれればと思って撮影した。流れる川は、栗山川。横芝~飯倉にて。

Imh032

横芝駅前で撮った、ほんの日常の一コマ。これくらいの大きさの写真なら顔ははっきり判らないので、ギリギリ肖像権にはセーフと云うことにしておいて下さいな。この写真を撮って思ったのだが、私が撮りたいのは、日常にある一コマなのだ。お立ち台写真もいいけれど、そればかりだと「撮らされている」感じがしてしまう。今後はこういう写真を積極的に撮って行きたいと、気付かせてくれた一枚である。

Imh033

八日市場駅から、飯倉方面へ30分近く歩いた場所での撮影。バックがゴチャゴチャして、あまりいい写真にはならなかった。この背後には跨線橋があって、そこから撮ればもう少し趣の違う写真が撮れたかと悔やんでいる。田圃の広がる場所は、比較的撮影に向いてはいるが、稲が刈り取られてから田植えまでの季節は、あまり絵にならないと云うことを思い知らされた。

正直申し上げて、面白味に欠ける写真が多かったと思う。その場所その場所で、ベストなポジションは「お立ち台」だけではないのだと言うことを、もう少し意識して撮らないと、つまらないありきたりの写真ばかりになってしまうようである。

ご高覧の程、御礼申し上げる次第である。

|

« 片道20分の旅---銚子電鉄 | トップページ | さよなら、瀬戸電の「赤い電車」 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

205系の6扉、つい最近まで山手線でお世話になっていた感覚なんですけれど、間もなく・・・なんですね。
ラッシュ対策よりも今後のホームドアの事を考えると車齢だけの問題ではないのですね。

架線があっても抜ける様な空が広さを感じさせてくれる千葉、いいですね。

投稿: suzuran6 | 2014年4月 1日 (火) 12時53分

こんばんは。
都市部と違って長閑な風景ですね。
秋の収穫後から田植えまでの期間はどうしても殺風景になってしまいますね。
原色PFいいですね~。
2121号機はN市にはなかなか来ないので貴重な一枚ですね。

投稿: N市のT | 2014年4月 1日 (火) 22時18分

>suzuran6さんへ
こんばんは。
当初、6扉車は「乗降がスムーズ」と評判も上々だったのですが、結果的には淘汰の方向にあるようですね。
仰せのようにラッシュ対策だけでは解決しない問題があるようで、4扉への統一が今後も進むものと思われます。

架線柱や架線は写真ではどうしても邪魔者になりがちです。ある程度は仕方ないと目をつぶるしかないようです。寒い日の連続でしたが、抜けるような青空が表現できていればいいなと思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2014年4月 1日 (火) 23時18分

>N市のTさんへ
こんばんは。
千葉の近郊からも外れる区間での撮影となりましたので、ある程度の長閑さが感じられますね。田畑に作物がないのはちょっと寂しいですが、月一で撮影を続けている限り、どうしても殺風景な景色が出てしまう時期もあり、仕方ないと諦めるしかありません。
原色の2121号機は、運が良かったと思います。折角なので、もう一枚下の217系の構図で撮った方がよかったと、後悔が残ります。

投稿: N市のTさんへ | 2014年4月 1日 (火) 23時23分

こんばんは。
6扉車、何度か乗車しましたが居心地の良い車両ではないですよね。
こちらの新型733が6扉だったらみんな風邪引きますね(笑)
EF65PFはいいですよね〜 景色と見事に調和してます。
駅前の女子高生、日常の風景ですね。
私もこういう写真が撮りたいです。

投稿: vanagon714 | 2014年4月 2日 (水) 22時40分

こんにちは。
6扉車ですが、どうもJR東には一時期だけの考えでこのタイプの車を作るのが好きなように思えてなりません。京阪のラッシュ時5扉で通常3扉のような(たしか5000だったか)もっとひねった車を考えて欲しいです。たぶん償却は終わっているのでしょうけどむやみに解体して欲しくないですね…。埼京線の205軍団が東南アジアに行ったようですが、それと一緒に行ってでも生き長らえて欲しいです。

投稿: すーさん | 2014年4月 5日 (土) 16時38分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
6扉車は賛否両論ありますが、こと、乗り心地に関しては丸印はつけられないですね。ロングシートと云うだけでも味気ないのですから、詰め込み主義の車両はいただけません。
6扉の733系には爆笑しました。想像もしませんでしたが、仮にあったら壮絶な寒さが車内を襲いそうです。
65PFの写真は、蔭りが酷いので少し画像補正をしています。でも、景色にマッチしていい塗装だと思いますね。
日常の風景が見る方にとって安堵感を与えるものだといいと思います。今後はこういう写真も積極的に撮りたいと思っています。

投稿: vanagon714さんへ | 2014年4月 5日 (土) 20時28分

>すーさんへ
JRになってからの東京圏の車両のあり方は、確かに?のものが多いですね。作っては捨てて、の繰り返しのように感じます。
折角作ったのですから、需要のある線で生き長らえさせるのが本来のやり方ですよね。205系に関してはベースは国鉄でも、民営化されてからいくらでも新造されています。新しい車両は大切に使って欲しいと思いますね。
6扉ではなく5扉だと、昼間はそういう使い方もあるのですね。関東圏では4扉でないと苦しいとは思いますが、両端車を5扉で試作するなどの工夫はあっても良かったと思います。
東南アジアでの末永い活躍を祈りたいですね。

投稿: すーさんへ | 2014年4月 5日 (土) 20時37分

こんばんは
原色のPF、予期せぬ収穫といったところでしょうか。
昨秋の房総出撃の際は横須賀線E217系グリーン車に乗車して
千葉へと向かいました。運用車両を予習していなかったので
変な顔つきの電車が来たな~って感じたのを思い出しました(笑)
台風で不通区間があって「わかしお」がウヤだったので
E257系とも出会えず、今回こちらで初めて拝見いたしました。

関東も春ですね、こちらは昨日からまさかの積雪です(涙)

投稿: kattsu-mqc | 2014年4月 5日 (土) 20時57分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
96レの原色PFは、本当に思わぬ収穫となりました。まさか、本当に来るとは思いませんでした。寒くて敵いませんでしたが、幸運ではありました。
217系は横-総快速線が殆どの運用ですから、そちらの方がいきなり上京されると、「見慣れない電車だなぁ」ということになるでしょうね。ある意味、東京名物だと思います。
あの時は「わかしお」がウヤだったのですか。それは残念でした。私も房総線の257系の実物は、初めて見ました。黄色い正面が印象的です。

そちらでは積雪ですか…。こちらは桜は満開ですが、今日明日は「花冷え」のようで、今も暖房を入れています。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2014年4月 5日 (土) 22時08分

こんばんハ。おじゃまします。
房総の画像の続きですね。
実は、しおさいに限って言えば運用の全てがE257系500番台ではなく、
全10往復中、4往復はグリーン車組み込みの9両編成である255系が使用されております。
こちらは、比較的房総特急としては見ごたえがあると思います。
6扉車両は、通勤の時間分散化が進んだ現在では、さほど必要では無くなってきました。
残るは総武のE231系のみとなります。
(209系は、京浜東北に使用された0番台のみの存在でしたので、総武の500番台には6扉は存在しません。)
横浜線も早いもので、間もなく半数がE233系に替わります(泣)

投稿: レッドライン | 2014年4月19日 (土) 01時26分

>レッドラインさんへ
こんばんは。ようこそ、いらっしゃいマシた。
「しおさい」は、撮影していて255と257が来るので、撮影初日でチェックしておきました。9連だと、まだ見応えがあって撮り甲斐もあるかなと思いながら撮っていました。自分が乗車したのも255の方でした (^ ^)
6扉車は、当初、各線で「切り札」として扱われていたようですが、どんどん数を減らしていますね。やはり「立たせるのが当たり前」のような発想は日本では定着しなかったのではとも思います。
また、仰せのようにラッシュ時のピーク緩和にも一定の歯止めがかかったようですね。
近い将来、6扉車の写真は貴重になっていくかと思います。機会があればまた記録しておきたいと思います。
中央総武での鈍行では、209の6扉は存在していませんでしたか。失礼しました。ご指摘有難うございます。

投稿: レッドラインさんへ | 2014年4月19日 (土) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/55594038

この記事へのトラックバック一覧です: 総武本線などの写真:

« 片道20分の旅---銚子電鉄 | トップページ | さよなら、瀬戸電の「赤い電車」 »