« キーボード | トップページ | 福島ドカ雪紀行(3・4日目) »

2014年2月16日 (日)

福島ドカ雪紀行(1・2日目)

1日目(2月15日)

「福島辺りがうっすら雪化粧していれば」。軽い気持ちで東北本線行きを決めた。

然し、前日から全国的に雪が酷くなった。名古屋では前日夜に雪は雨に変わったが、関東・東北はドカ雪の恐れと言っている。早番の仕事が終わったら、新幹線でサッと福島まで行くつもりだが、どうなることか判らぬ。東京へ辿り着けない恐れもある。

15時43分の新幹線で東京まで。豊橋、浜松、静岡と順調に過ぎたが、三島を過ぎた頃から外は急に雪景色に変わった。川崎辺りと思われる付近の光景。

Dscn6233首都圏が大騒ぎしていたが、普段雪のないところだから仕方ない。東京まで辿り着けば、あとは何とかなるだろう。幸い、新横浜は定時で発車している。このままの調子で行ってくれればと思っていた。

東京へも17時23分、定時で到着。ここから先は東北新幹線だが、雪にはある程度の設備のある新幹線だからと甘く見ていた。

17分乗り継ぎで、やまびこ149号を予定していたが、東北・上越などの新幹線乗り場が騒然としている。発車案内を見ると、「やまびこ 仙台行き」の16時08分発がまだ表示されたままだ。東北新幹線は運転しているが、上越や長野の新幹線は実質運休になっている。思いも寄らないダイヤ乱れに巻き込まれてしまった。

1時間ほど待つ内に、やっと自分の乗る発車時刻辺りが表示されたが、肝心の「やまびこ149号」は

Dscn6234149……ない。急いで駅員に尋ねると「いや、ウヤのリストには載っていないから、走ると思います」と言うのが精一杯。他の客も慌しく駅員に何やら尋ねている。どちらにしても、18時08分の「やまびこ151号」の方が先発するらしい。長蛇の列になっている「みどりの窓口」へ自分も並んでみた。そちらに乗れるのなら、指定席変更したい。

結果、何とか指変も出来た。あとは、本当に運転してくれるかどうかだ。待合室でアナウンスに耳を傾けてみる。「間もなく、遅れております、やまびこ151号が入線します」のアナウンスは、19時50分頃に流れた。

信号待ちなどもあり、当の列車は20時15分にやっと発車した。ここまで来ると贅沢は言えない。福島へ着いてくれればそれでいいとの気持ちになってしまう。怒ったところで雪が相手なのだから、エネルギーの無駄だ。

ポイントレールの凍結を恐れて、列車は一応各駅に停車しながら進んだ(勿論、停車予定駅以外は客扱いなし)。福島へ着いたのは22時頃。2時間以上遅れたから、特急料金の払い戻しを受け、駅前のホテルへは22時15分頃に入った。長い一日が終わった。ヤレヤレ。

2日目(2月16日)

9時43分の郡山行きに間に合うよう、ホテルを出る。少し遅れたので急ぎ足でホームへ入ろうとしたら、発車案内表示が

Dscn6235こんなことを流している。見事に玉砕した。ならば、以前乗った福島交通線でも乗って時間を潰そうとしたら

Dscn6236こんなことになっている。付近の交通網は、新幹線以外動いていないのだ。少し考えて、予定外だが仙台へ出て、仙石線にでも乗ってみることにした。

15分遅れの新幹線に乗り、仙台へ赴く。意外に順調に走り、10時40分頃仙台へ着いた。東北線も仙山線も壊滅状態だから、考え通り、仙石線に乗ることにしよう。幸い、同線はほぼ正常運転だという。

始発のあおば通へ行って、Uターンする形で下りに乗り直す。こう云う時にICカードは便利だ。行き先を深く考えなくとも、来た電車で行くだけ行ってみる、との手段が取れる。

仙石線は205系の牙城だ。来た電車は

Dscn6239205扉窓が小さい。山手線のお古のようだ。形式は

Dscn62402053000半自動扉なので3000番代を名乗っている。現在、震災の影響で高城町までしか行けないけれど、40分ばかりはのんびり揺られることが出来そうだ。

途中、居眠りなどしている内に松島海岸を過ぎ、高城町にもほぼ定刻着。停車時間もあるし、少し写真など撮ってみる。

Dscn6243と言っても、こんな感じの駅撮りだけである。

予定をまるで考えていないし、時刻表のコピーもない。思いつきで、12時59分の折り返し電車に飛び乗った。車内では

Dscn6250先頭に陣取り、怪しい鉄オヤジに徹する。

さて、さて。

14時には仙台へ戻ってしまった。まだ、宿へ戻るのは早過ぎる。仙台駅で少し駅撮りしてみる。だが、仙台では強風の影響でダイヤが乱れて、何番線にどの電車が入るか殆ど判らない。仕様のない玉砕画像が出来ただけだと思う。ホームでは

Dscn6259こんな程度の雪しか見当たらず、東北・仙台でそんなにダイヤが乱れるほどかと不思議に思う。札幌の現状とほぼ同じ程度と思われるのだが、内地と北海道とではそんなに違うのだろうか。

そうこうする内、16時を回っていた。ベースキャンプの福島へ戻るために新幹線乗り場へ行くと、みどりの窓口に長蛇の列が出来ている。駅員氏に尋ねると、今度は強風のために新幹線も運転見合わせだと言う。がーん。

とどのつまりは、1時間近く遅れた新幹線で何とか福島へ戻ることが出来た。この調子だと、明日も在来線の運転は怪しいところだ。どうやって時間を潰すか、今のところ、いい考えは浮かんでいない。

尚、今回はこのような悪状況のため、撮影結果のご報告も無しのつもりでいる。ご了承の程を。

|

« キーボード | トップページ | 福島ドカ雪紀行(3・4日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
見事ビンゴでヤラレましたね。
雪&強風。
タイのタタリでしょうか。
たまにはこういう事もありますね。
冬は特にアタリやすいので玉砕覚悟で出撃しなければなりませんね。
今回も他にも、SL碓氷号撮りに行く途中でたどり着けず長野県の長野県の山中で孤立、釜石線のC58239のシテンを撮影に行って遠野で運転打ち切りで吹雪の中待ちぼうけという報告が入っています。

投稿: N市のT | 2014年2月18日 (火) 12時50分

こんばんは
東北も雪にやられているのですね。
こちらは比較的穏やかな日が続いているのですが
道東はかなり荒れたようです。
関東方面も酷い状況のようなのでその後の行程と
帰路の状況はいかがでしょうか?

投稿: kattsu-mqc | 2014年2月18日 (火) 20時14分

>N市のTさんへ
こんばんは。
まぁ~、見事にビンゴしました。然も56豪雪以来の大雪とのことで、何でここまでの目に遭わなければって感じです。
冬は、今回のように選択肢のある場所では、なるべく時間に余裕を持って行程を組むようにします。然し、それも崩れてしまいました。ここまでのことは自分でも珍しいことです。
1日目、本文にも少し触れましたが、上越・長野・山形新幹線はすべてウヤとなりました。長野や盛岡で来るべき列車が来なかったと云うのも、納得できるような状況でした。
参りましたcrying

投稿: N市のTさんへ | 2014年2月20日 (木) 22時41分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
今回は太平洋側が全体的に酷かったようです。東北でも日本海側より太平洋側の方が被害が大きかったようです。
結果的に、ですが福島で泊まった意味がないような旅行となってしまいました。
後半、3・4日目の記事もご参照頂ければ幸甚です。ここまで雪の害を被った旅行は初めてです。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2014年2月20日 (木) 22時49分

こんばんは。
あの大雪の時に出撃でしたか・・・
散々な目に合われたのですね。
おさかなさん本体はかなり雪と寒さに強いかと思いますが
鉄道が止まってしまっては身動き出来ませんよね。

投稿: vanagon714 | 2014年2月27日 (木) 20時13分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
気がつけばあの大雪から1週間以上が経っておりますが、そうです、あの時に出撃でした。
散々でした。マトモに行けたのは東京までです。
私は寒がりなので寒さも雪も苦手でして、そちら方面へ伺う時はやせ我慢しているに過ぎません。でも鉄道がストップしたら、本当にお手上げですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2014年3月 1日 (土) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/55009921

この記事へのトラックバック一覧です: 福島ドカ雪紀行(1・2日目):

« キーボード | トップページ | 福島ドカ雪紀行(3・4日目) »