« 「北斗星」で往復する旅(1~3日目) | トップページ | 道内各地での写真 »

2014年1月20日 (月)

「北斗星」で往復する旅(4~7日目)

4日目(1月17日)

「玉砕そばを食べたい」。

ただそれだけの理由で、今日は遠軽まで往復しようと思う。指定券も確保しておいた。寝坊助の私に11D(オホーツク1号)の時間は無理なので、13D(同3号)で出掛け、16D(同6号)で戻る、ただそれだけの行程を組んだ。

そう思っていたところ、前日の夜遅くkattsu-mqcさんからメールが届いた。

「明日の13D先頭に、白ボウズが入る可能性があります」。

先頭の1号車は自由席になるけれど、白ボウズが入るのなら是非とも乗ってみたい。ビンゴしたら自由席車に乗り、ビンゴしなければ指定された席に乗ろうと、取り敢えずは1号車の列に並んだ。

苗穂方から入ってくる車両を眺めていると、果たして1号車には扉の後ろに窓がなく、機関室のルーバーが見て取れた。

「やった!! 白ボウズだ!!」。

Dscn6130kattsu-mqcさんの情報通りの結果になった。感謝、感謝。躊躇なく乗り込む。

早速、車内を見物してみる。扉から客室へ向ける途中に、「わざとらしい機関室」がある。

Dscn6133日本に1両しかない、貴重な車内を見物できて、満足する。そもそもが、まさか乗れるとは思っていなかったから、kattsu-mqcさんの情報がなければ本来の指定席に乗り込んで悠々としていただろう。

「うぉーーーん」と独特のエンジン音を楽しみながら、ひたすら遠軽へ向かう。約3時間半の道のりである。雪景色が続く中、石北の峠を越えて13時19分、定刻に遠軽へ着いた。

一応、遠軽でもう一度、ボウズ君の顔を拝ませて貰う。

Dscn6150乗務員には嫌われ者の車両かも知れないが、マニアには堪らない乗り物である。スイッチバックで発車していく姿を見送りながら、ひたすらビンゴの神様にお礼を言う。

さて。

肝心な「玉砕そば」は、どうなのか。急いで改札をくぐり、駅舎の外に出る。

すると……

Dscn61521おっ?!……

Dscn61532開いている!! 遂に攻略成功だ。店主のお婆ちゃんに「月見そば」と頼んで出てきたのが、これ。

Dscn6155何の変哲もないそばかも知れないが、ブログで知り合った皆さんは、何れも玉砕されている。私が一番乗りだろうか。変哲のないそばでも、嬉しくて思わず頬が緩む。そばがこんなに美味く感じたのは何年ぶりのことだろうか。

食べながら、店主のお婆ちゃんに「ここの定休日は何曜日なんですか?」と尋ねてみると、キョトンとした表情をしながら「いや、別に定休日はないんですよ。私が用事がなければ、店は開けてます」とのこと。皆様方、ご参考になりましたでしょうか?

帰りの16Dに乗る前に、駅近くの跨線橋から普通列車の撮影をして、その後、一人で祝杯を挙げるために

Dscn6159を買い込む。祝い酒は五臓六腑に染み渡り、殊の外、美味く感じた。

因みに、戻りの16Dには「キロ9」が連結されていた。後日、撮影画像はアップさせて頂く予定である。

(尚、攻略成功に伴い、これから私だけは「攻略成功そば」と呼ばせて頂きます。)

5日目(1月18日)

朝、Wさんに「今から苗穂工場を見に行くぞぉ」と言って、無理矢理呼び出した。苗穂も札沼線の電化によって、所属車両が大きく変わった。工場の様子も変わった。2014年現在の様子を写しておきたかったのである。それに、Wさんを立派な鉄子にしなければならないから、教育実習も兼ねることになる(と云う建前)。

Dscn6160駅西側の跨線橋へ行き、フェンス越しに苗穂の様子を垣間見る。ちょうど特急車両は殆ど出払っていて、あまり多くの車両が見られなかったのはちょっと残念だ。

Wさんとは10時半頃に一旦別れ、私は平和へ行く。札幌の貨物ターミナルを見学がてら、hamusutarさんから教えて頂いたタキ貨の様子を窺いに行ったのである。

その後、白石駅でtunnel_no2さんと合流し、森林公園ではvanagon714さんとも合流する。昼食後、3人で上野幌まで赴く。今年の5月で終わると云うタキ貨の下りが、上野幌を14時半頃通過する。それが今回最大の獲物。

無事に撮影を終わり、17時過ぎに地下鉄のバスセンター前駅でsuzuran6さんとも合流し、4人でトロリーラインさんの会社へ赴く。貴重な札幌市電などの模型などを拝見させて頂き、鉄話に花が咲く。

19時からは、東区の居酒屋でWさん、K尊師、hamusutarさん、Fさんの計8人が集結し、★会となる。22時過ぎの散会まで、飲んではしゃいで存分に楽しませて貰った。

当日お世話なった皆様、どうも有難うございました。

6・7日目(1月19・20日)

早いもので、6日目の今日は、もう道内最終日である。今日は最近の前例に従って、豚丼を食するために帯広を往復する。往復の指定券も用意してある。道内の指定券を6枚まで無料で取れる「北海道フリーパス」は、便利な切符だと思う。

8時51分発の「スーパーおおぞら3号」で、石勝峠を越える。新得の町並みを過ぎて暫く行くと、甜菜製糖工場や小豆餡の看板が見えて、十勝の国へ入った実感が湧く。

11時27分、定刻に帯広へ到着。少し早いが、早速、豚丼の

Dscn6166ここへ足を向ける。この店は駅ビルの中にあるから、ついつい焦りがちになる私にはうってつけの店である。いや、帯広では2時間以上の時間を取ってあるのだが。

日曜日だが、意外と客が少なくて、すぐにお目当ての豚丼にありつく。昼食にしては値が張るけれど、ここのあっさりした味は私の好みに合う。

ゆっくり食して、まだ12時を少し回ったところで早くも食べ終わってしまった。札幌への戻りは、13時33分の「スーパーとかち8号」の指定券が用意してある。駅ビルの中の土産物屋などを冷やかして時間を潰すが、ちょっとネタが尽きてきた。

駅の待合室へ入ると「間もなく、13時12分発の滝川行き・普通列車が入線します」との案内放送が耳に入った。急いで時刻表を繰ってみると、この普通列車で芽室まで行くと、10分程度の待ち合わせで目指す「スーパーとかち」に乗り継げるようだ。特急ばかりでは味気ないから、少しだけだけど

Dscn6167dこれに揺られることにしよう。

暖かい車内に入り、満腹なのでウツラウツラしそうになる。芽室までは20分で着くから、居眠りする訳にはいかない。足をつねったりして、居眠り防止に努める。

予定通り、芽室で特急に乗り継ぎ、再び石勝峠を越える。石勝峠はよくカモシカが列車と衝突事故を起こすけれど、今回はそのようなことはなく、無事に札幌へ戻ってこれた。16時14分、これも定刻の到着。

でもって。

内地へは、この駄文のタイトル通りに「北斗星」で戻る。北斗星は17時12分の発車だから、札幌では58分の乗り継ぎになる。夕食用の駅弁や★、おつまみ、明朝の朝食、その他の飲料など色々買うべきものがある。駅の構内にあるキオスクや駅弁屋を駆けずり回って、どうやら時間に間に合った。

やっぱ

Dscn6168写りは悪くとも、入線は自分の目で、しかと確かめたかったから。

帰りも、往きと同じB寝台の2人用個室である。次回はいつ来れるか判らない北海道だから、今回は廃止が決まっている北斗星で往復したかったのである。

方向幕を写して

Dscn6170安堵のため息をつきながら車内へ入る。

別に食堂車を頼んである訳ではないけれど、18時20分まで、★も夕食も我慢した。そのした方が何となくケジメがつくような気がして、性に合ったのである。

★した後も、自分の個室からずっと夜景を飽きることなく眺めていた。夜景は昼の景色より私は好きだ。たまに駅に停まると

Dscn6179暗闇の中に僅かな灯かりと、明日の朝を待つ列車が見えたりして、旅情をそそる。時間がかかっても飛行機に乗らずに北海道へ渡るのは、単に私の個人的なご都合主義で、どうしても地平を行かないと見られない景色があるからである。

***

こうして、飽きもせずに寝台特急に揺られながら、内地へ戻ってきた。翌朝が明ければ、あとは東海道新幹線に乗り継いで名古屋へ戻るだけである。だから後は省略させて頂くが、今回も多くの方にお世話になっての旅行となった。

一々お名前は出さないが、お世話になった皆様に心よりの御礼を申し上げて、今回の旅行記を終わることとしたい。

|

« 「北斗星」で往復する旅(1~3日目) | トップページ | 道内各地での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

寒い北海道で食べる駅ソバ、想像しただけで口の中にツバが出て来ます。どうも東京周辺の駅ソバは、以前は駅ごとにテナントが入ってやっていて美味しかったですが、JRになって系列のチェーンになって全然美味しくないです。でもこんな私が北海道行ったら何キロ太って帰って来るのか…と思ってしまいます。

投稿: すーさん | 2014年1月21日 (火) 20時35分

先日やっとリアルおさかなさんに会えました!!
なんだぁこんな奴だったのかぁ~なんて言わずにこれからもよろしくお付き合いください!!
憧れの「北斗星」往復…是非次回は「カシオペア」で…

とうとう「玉砕そば」現物をみる事が出来てうれしいですね。
是非実食してみたいです。できれば183系が元気なうちに…

次はどこで★ですかね、楽しみです。

投稿: suzuran6 | 2014年1月21日 (火) 20時46分

こんばんは
白ボウズ、平常運用されたようで何よりでした。
実は白ボウズ乗ったことがないんです。
おさかなさんの画像を拝見していて少々羨ましく思いました。

「玉砕蕎麦」攻略おめでとうございます。
tunnel_no2さんは食されていると聞きましたが
N市のTさんも渡道されているので今回で
攻略済みとなっているかもしれませんね。
最も近くに住んでいる(といっても120kmほどありますが)
私はしばらく玉砕が続くかもしれません(笑)

投稿: kattsu-mqc | 2014年1月21日 (火) 22時21分

玉砕そば攻略&白ボウズ乗車おめでとうございます。
白ボウズ、私も未だ乗車したことがありません・・・
機器室の側面通路、ちょっと食堂車のような雰囲気ですね。
キロ9はTさんと出撃したときに偶然乗車しました。
キロ182独特の売店は使われていなくてちょっと残念でした。

投稿: vanagon714 | 2014年1月21日 (火) 22時58分

幸運続きな旅 おめでとうごじゃいま~す\(^O^)/

わざわざ、教育実習?もしてくださりありがとうございました
次回は春ですかね~!?

楽しみにしてますo(^-^)o

投稿: W | 2014年1月22日 (水) 22時06分

こんばんは。
私はまたまた玉砕でした。
6回目です(泣)
「営業中」の札がかかっておりましたが、いつものように無人でひっそりとしていました。
余計に悔しいです。
時間帯が悪いのでしょうね。
今度は時間を潰して昼過ぎに行ってみたいと思います。
白ボウズも堪能されたようで何よりです。
私は玉砕蕎麦、白ボウズニアミス、146KPで赤熊に襲われ散々な石北でした。

投稿: N市のT | 2014年1月22日 (水) 22時30分

>すーさんへ
こんにちは。
寒い屋外で食べる駅そば、本当に体が温まってよいですよね。
遠軽駅のそばは、皆さんが玉砕されていたので、殊の外美味しく感じられました。
JR東の駅そばは、現在、系列チェーン店になっているのですか。知りませんでした。やはり駅そばは各店独自の味を出して欲しいものですよね。
体重増加にはお気をつけて!(笑)

投稿: すーさんへ | 2014年1月25日 (土) 16時29分

>suzuran6さんへ
こんにちは。
わたしもリアルのsuzuran6さんは初めてお会いできまして、良かったと思っています。東京の方と名古屋の人間が札幌で初めて出会う、何と言う奇跡でしょうか。
こちらこそこれからも宜しくお願いします。

カシオペアでの往復、曜日がうまく合うといいのですが。それと、流石にお財布の問題もあります。

攻略成功そばは私も実物が見れて一人ニタニタしていました。もう自分にとっては幻ではない、その嬉しさって中々味わえないものですから。

投稿: suzuran6さんへ | 2014年1月25日 (土) 16時36分

>kattsu-mqcさんへ
こんにちは。
貴兄の情報のお陰で、白ボウズを捕獲することが出来ました。ただただ感謝の一言に尽きます。
諸条件が揃わないと乗れないボウズ君ですから、あとは「運」だけの問題なのかとも思います。

攻略成功そばも、時間帯だけの問題のようです。13Dの時間帯は前後に普通列車も2本来るので、そこが狙い目と云うことのようです。
tunnel_no2さんが攻略済みとは知りませんでしたが、N市のTさんは今回も駄目だったそうで、我乍ら強運の持ち主だと思います。
白滝を越えるのにあんなに時間がかかるとは、今回初めて思い知りました。A川からは遠いですよね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2014年1月25日 (土) 16時56分

>vanagon714さんへ
こんにちは。
お陰様で、そばと白ボウズを両方、一日で攻略してしまいました。我ながらに強運の持ち主だと、ホトホト感心しております。
私も白ボウズの通路は、食堂車を連想していました。誰しも鉄の方は、同じ感想を抱くのでしょうか。

キロ9は折角乗れたのに、観察を怠ってしまいました。
使われなくなった車販室があったと他の方からも伺いました。
写真に撮っておかなかったのは大失敗でした。

投稿: vanagon714さんへ | 2014年1月25日 (土) 17時16分

>Wさんへ
こんばんは。
朝からお呼び立てしまして失礼しました。
少しは鉄子に向けてお役に立てたでしょうか?
まぁお陰様で、幸運続きの旅でしたね。今年の運はもう使い果たしました(笑)。

次回はいつになるかな? また宜しくお願い致します。

投稿: Wさんへ | 2014年1月25日 (土) 17時20分

>N市のTさんへ
こんばんは。
ついぞ、そば屋は陥落しました。
N市のTさんはまた玉砕だったのですね。仰せのように時間帯の問題だと思います。
今回の経験から「13Dの到着時間帯を狙えば、まず開店している」とのレポート結果が出ました。ご参考にして頂けたらと思います。

ほぼ同じ日に北海道へ出掛けていたのに、こうも差が出てしまうとは、運の神様も意地悪だなぁと思います。
特に赤熊に襲われたとは吃驚です。
僅かな日数の差で、折角146キロポストまで出掛けたのが、ふいになってしまうとは何とももどかしい気持ちです。

投稿: N市のTさんへ | 2014年1月25日 (土) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/54680080

この記事へのトラックバック一覧です: 「北斗星」で往復する旅(4~7日目):

« 「北斗星」で往復する旅(1~3日目) | トップページ | 道内各地での写真 »