« 日豊線・小倉~中津の写真 | トップページ | 一番バス »

2013年12月16日 (月)

研修車そのⅡ

Dscn35451

ブログを始めた頃に、一度、研修車のことを話題にしたことがある。残念ながら現在ではサーバーごと落っこちちゃってその記事は読めないけれど、そこではツーステ時代の研修車のことをご紹介した。

大体研修車なるものは、営業車のお古を簡単に改造して研修用に回すのが普通だ。ところが現在、職場の研修車は、新車が入っている。ノンステでなければ意味がないのと、新車で排ガス規制に適合した研修車を購入すると国から補助金が貰えるからだそうで、随分贅沢な話である。

I営業所は研修所から最寄なので、よく燃料を入れたりするために研修車がやって来る。現在の研修車をご紹介しようと思う。

一番異なる点は、自家用なので営業ナンバーをつけていない点かと思う。方向幕もLEDが必要ないので、はめ込み固定式の「研修車」の表示になっている。また今の車は、側面にも大きく「研修車」の文字が書かれている。外塗装は営業車そっくりでも、「ん?」と思うくらいの違いはあると思う。

細部は色々と異なる。

Dscn35462

教官は俗に言う「オタク席」に座るので、その位置に合わせたミラーもついている。

Dscn35473

運転席側も同じ。教官用ミラーは運転士によって座位置に合わせる必要がないから、固定式のミラーとなっている。

車内車両記号は、上の写真のように「K-」で始まる続き数字がつけられるようになった。「K」は「研修車」のアルファベットの頭文字であろう。この時には3号車までの3両が導入されている。

因みにこのK-1番車は、精密な燃費計がつけられている。少しでも省エネ運転が推進できるようにと、教育熱心なお上の方々が高い費用を承知でつけたと聞いている。逆に言えば今の新人さんたちは初めから省エネ運転を厳しく指導される訳で、大変だなとも思う。

現在、バス部門は大幅な運転士不足に泣かされている。それを補うべく、研修生達が今この車に乗って研修を進めている。少しでも職場改善のお役に立ってくれればと思っている。

|

« 日豊線・小倉~中津の写真 | トップページ | 一番バス »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
運転士不足ですか・・・
立候補してみたいところですが、
この年齢で二種免許も無いので論外ですね(笑)
9月のバスの日イベントでD北バスのエコ運転研修車を見学できました。
種車は移籍車で路線車として運行していた車両を改造して転用した
ものでした。
研修で運転するだけでも緊張しそうなところに燃費まで
厳しくチェックされるのは仕事とは言え大変だろうと思います。

投稿: kattsu-mqc | 2013年12月16日 (月) 21時46分

教習車と言うと、古い車両を使い…そんなイメージjでしたが、諸事情から現在は新車が使われているのですね。
また、営業車の間合い利用かと思ってもいたのですが、違う様で…今度こちらで「教習車」を見かけた時にはじっくりと観察してみます。

投稿: suzuran6 | 2013年12月16日 (月) 21時54分

こんばんは。
昔は研修車は廃車後のボロボロを使っていましたが、今は新車で贅沢ですね~。
これも排ガス規制の恩恵でしょうか。
ポンコツの方が練習になって良いのですけどね。
私の時は旧ワHR468あたりの車両でリアヒーターも釜も無く冬の研修はキツかったです。
同期は人数が多かったので営業車のワHR584を某営業所から拝借して使っていました。
研修が終了してコレに乗って営業所まで送ってもらいましたが、到着後直ちにナンバープレートを外されて廃車になってしまいました。

投稿: N市のT | 2013年12月17日 (火) 19時48分

こんばんは。研修車に新車とは時代も変わりましたね。この研修車にも3速発進すると警告音が鳴るような機構がついているのでしょうか…。
細かいところまで指導されるようでバスの運転は大変だと思います。

投稿: ジョウ | 2013年12月17日 (火) 22時02分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
記事に載せたK-1号車だけは燃費測定計がついています。これに乗って練習する時だけは燃費も厳しくチェックされるという訳です。
ウチの会社は大型二種免許を持っていないと試験も受けさせてくれないので、世知辛いなぁと思います。尤も二種免許養成の暇がないのでしょうね。そんな訳で、立候補頂けないのは残念です。
ツーステ時代は古い車のお古を改造して使っていました。いつの間にか排ガス規制とバリアフリーの影響でこんな贅沢なことになってしまいました。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年12月17日 (火) 22時26分

>suzuran6さんへ
教習車と言えば、仰せの通りのイメージで間違いないと思います。また、会社によっては一般路線車を間合いで使用している会社もあります。このあたりは会社によってマチマチのようです。
ウチではkattsu-mqcさんにもお書きしたように、諸事情から新車を投入する贅沢な事態になりました。
地元のM鉄も営業車の間合いで教習車にしている姿を偶に見かけます。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年12月17日 (火) 22時31分

>N市のTさんへ
こんばんは。
ワH-584とか、随分以前の話ですよね。そうそう、昔はそうでした。まさに排ガス規制とバリアフリーの恩恵です。古いバスの方がよほど練習になりますよね。仰せのこと、大いに判ります。
今の時代の方たちはいい車で練習できる分だけ、営業所へ配属になってから苦労されると思います。
私も研修期間が冬でして、私の時はH-52、53の改造車でした。やはりヒーターがなく寒い思いをしての教習でした。パワステもついていなかったですものね。電動ミラーもついた現代とは隔世の感があります。
私どもの時は、やはり他営業所からパワステ車を借りての研修でした。その時だけはハンドルが楽で「ヤレヤレ」と思いながら研修していたことを覚えています。

投稿: N市のTさんへ | 2013年12月17日 (火) 22時40分

>ジョウさんへ
こんばんは。
いまどきは研修車が新車ですよ。時代が変わりました。と言って、他の方ににも書きましたが排ガス規制の影響からこうなったのですけれどね。
年式から言って、多分あの鬱陶しい機構がついた車両だと思います。新しいバスだけに、逆の意味で研修生さんたちには苦労を強いることになると思います。

投稿: ジョウさんへ | 2013年12月17日 (火) 22時44分

こんばんは。
そういえばTV番組で都営バスの研修車が出てましたがやはりノンステの新車でした。
省エネ運転は燃料が高騰しているしCO2削減と合わせて必須なのですね。
今日は仕事中に中央バスの省エネ教習車とすれ違いました。
富士5Eの赤白車です。
思わず「おーっ!」と叫んじゃいますね(笑)

投稿: vanagon714 | 2013年12月19日 (木) 22時00分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
都営バスも、我が社と同じ条件ですか。理由もきっと同じだろうなと思います。公営バスは、結局のところ補助金目当てなのではと思います。
尤もバリアフリーにCO2削減の求められる時代、致し方ないことかとも思います。
中央バスでは赤白車が研修車として健在ですか! 叫ばれるお気持ち、判りますね (^ ^)

投稿: vanagon714さんへ | 2013年12月21日 (土) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/53874925

この記事へのトラックバック一覧です: 研修車そのⅡ:

« 日豊線・小倉~中津の写真 | トップページ | 一番バス »