« 小倉~中津・日豊線撮影旅行(1・2日目) | トップページ | 「はくたか」号乗車記 »

2013年11月14日 (木)

小倉~中津・日豊線撮影旅行(3・4日目)

3日目(11月11日)

外は風が吹いているのがホテルの部屋からも判る。気温は当然、前線通過後で低くなっているだろう。何となく出そびれてしまって、昨日と同じ9時半過ぎの列車にしか乗れない時間に起き出した。

今日は、20分ばかり乗っただけの築城で降りる。近くに自衛隊の飛行場がある。ひっきりなしにジェット機の爆音がして、戦闘機に興味のない私には耳障りだ。

ただ自然は豊かで、

Dscn6025

ジュズダマ(子供の頃そう呼んでいたけれど、正式名称は何というか知らない)や

Dscn6026

南天(ではないと思うが)のような晩秋の草木の実などを見ながら撮影する。流石に風が冷たい。セーターを二重着して来たが、おっつかない。

昼過ぎに一つ下った椎田へ移動し、その後、更に下って冨吉へ至る。ここは雑誌に撮影地が紹介されていた。

案内通りに道を辿って撮影地に着いたが、作例として載っている場所はどう考えても

Dscn6028

ここへ入らないと撮れないアングルだ。以前にも苦言を呈したことがあるけれど、雑誌に載せる以上、現地の状況をちゃんと確認して載せて欲しいものだ。その癖「撮影マナーを守りましょう」と書いてあっては、何が訴えたいのかと言いたくなる。

幸い、近くで別のアングルを見つけたから、よい子の(どこが「子」だ!)私はそこで暫く撮影に及ぶ。

陽がどんどん傾いてきた。風も相変わらず止まない。昨日までならこの服装でも暑いくらいだったのに、世の中上手くいかないものだ。喉も痛くなってきた。まだ明るさは残っていたが、寒さに耐えかねて中津へ戻る電車に飛び乗った。

4日目(11月12日)

本日はタイトルに嘘偽りアリで、最終日なので例によって乗り鉄しながら帰る予定だ。ただ、少し寄り道する。大分まで下って、久大線の「ゆふいんの森」に乗る予定を立てている。

朝、早めに目が覚めた。今まで気付かなかったが私のホテルの部屋は東側に面しているようで

Dscn6031

爽やかな朝の陽が見える。何となく起きたくなって、予定より1本早い列車で大分へ行こうとの気分になる。

予定の列車だとロングシートのワンマン列車だが、早起きすると何が来るかとホームで待っていたら

Dscn6032411

これが来た。然もロングーシート化されていない、大分所属車だ。三文の得をした気分になる。7時51分発。

各駅に停まりながら、大分へ9時半前に着。大分から由布院へ至る久大線の普通列車も、1本早いのに乗れそうだ。黄色の単行ディーゼル(キハ125)を覚悟していたら、転換クロスの

Dscn6035200

キハ200の2連が来た。ロングシート地獄からは開放されること決定だ。このキハ200は、当初、電化前の筑豊線で「赤い快速」として走っていた、俊足の列車である。あ、大分駅はいつの間にか、完全高架化が完成していた。

発車して、直ぐに山越えにかかる。ここから久大線の終点・久留米までの間に、九州を横断する。ぐんぐん山を登るのが判る。気動車も、直結から変速へシフトダウンする機会が多くなった。見る見る紅葉が見頃になっていく。

11時前に、由布院到着。ここからの特急「ゆふいんの森」は全車指定で、時刻も変更はできないが、ゆっくりとお茶を飲む時間ができた。駅前からはそのまま

Dscn6039

由布岳が見える。名山はいつ見てもいい。考えてみれば私が由布院で降りるのは初めてではなかろうか。折角だから、存分に山を眺め、序に駅前に湧いている手湯にじっとりと浸かる。

さて、たっぷり待ったから、もうそろそろ「ゆふいんの森」に乗らせて貰ってもいいだろう。あ、当の列車は去年の秋にも乗った

Dscn60402

この列車ね。

由布院から積み込んだ、由布の地ビールを飲み、すっかり満足した気持ちになる。日田辺りからは今度は段々下りになる。列車は軽快に走り、少し早起きした私はついウトウトしかける。

久留米に着く少し手前で車内がざわついて、ハッとする。今話題の

Dscn6043in

この列車とすれ違ったのだ。咄嗟で碌な写真が撮れなかったが、現在のところ、時刻表にも時刻が掲載されていないから見逃すところだった。多分すれ違ったのは、南久留米駅だと思う。13時40分頃の出来事。因みに現在の設定で、3泊4日コースだと、一人55万円だそうである。

久留米からは鹿児島本線に合流して、一気に博多へ戻るだけだ。博多へ戻れば私は新幹線で名古屋へ飛ぶように帰る。だから、今回の旅日記もこの辺りで終わりにしておこう。

九州も、11月中旬に入ってすっかり寒くなった。

|

« 小倉~中津・日豊線撮影旅行(1・2日目) | トップページ | 「はくたか」号乗車記 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最後の列車は当分縁がないような気がします(笑)
とはいえここまで豪華な寝台列車を作ってしまうJR九州は凄いなあと思います。
九州は魅力的な列車、温泉、駅舎に景色があって本当にゆっくり巡ってみたいですね。
ゆふいんの森は数年前にyrrさんと乗車しましたがその頃の大分駅はまだ地上駅でした。

投稿: vanagon714 | 2013年11月17日 (日) 22時35分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私も最後の列車は当分縁遠いと思います。然も来年からはキリのいい77万円に上げるのだそうです。
でも、それに見合うだけの景色や観光名所、温泉などがあるので致し方ないのかと思ったり。考えてみると九州には火山も多く、従って温泉も多くなりますね。
ゆふいんの森は何度乗っても飽きません。楽しい列車です。
大分駅はいつの間にか高架化が完成してしまった感じです。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年11月19日 (火) 21時18分

こんばんは
出撃お疲れさまでした。
以前の非鉄九州旅行の際に別府に宿泊し湯布院経由して先へ進んだので
由布院駅前の景色懐かしいです。次の機会は列車で再訪したいです。

私も、最後の列車には当分縁が無さそうです。
豪華列車でなくてもB個室寝台に★さえあれば
十分に豪華な気分の旅が楽しめそうです(笑)

投稿: kattsu-mqc | 2013年11月19日 (火) 22時30分

NHKBSで特番をやっておりましたが(札幌で見ました)、むろん価格的にも縁がなさそうですが、一緒に見ていた兄と、なんだか仏壇見たいな列車だなぁ~と・・・金銭的にもイメージ的にも縁がなさそうですね。
大分駅のうどん屋さんはどうなったか心配です。

投稿: suzuran6 | 2013年11月20日 (水) 12時31分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
休鉄中のお話ですから仕方ないですが、鉄分なしの九州とは勿体ない気がします。それだけ私の「鉄病」が重症なのかも知れませんが。
由布院駅前の景色は素晴らしいですよね。また形のいい由布岳がちょうど正面に見えて、文句のつけようがありません。是非、列車での再訪をオススメしたいですね。

最後の列車は皆さん同意見のようで。値段がとんでもないですものね。
私もここまでの豪華寝台でなくとも十分な気がします。眠ってしまえばB寝台でも同じです(笑)。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年11月21日 (木) 20時48分

>suzuran6さんへ
こんばんは。
あまりに豪華すぎると、一般感覚でモノが語れなくなってしまうので却ってマイナスイメージになるかも知れません。私は当のテレビ番組は見ていませんが、ここまでの値段の価値って何かなと考えてしまいます。私には関係ない世界の気がしてしまいます。
大分駅はあまり降り立ったことがなく、うどん屋さんのことも知りませんでした。どうなっているのか、私も判りませんで申し訳ないです。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年11月21日 (木) 20時53分

こんばんは。
お疲れ様でした。
最近はガイドブックに載っていても現地に行ってみると「立入禁止」なんて事がありますね。
画像の「はいってはいけません」も新しいようですね。
何者かがチョンボして入れなくなったでしょうかね。

「ななつ星」はちょっと縁がなさそうです。
精々撮り鉄しに行くのが精一杯でしょうか。
大分駅もyrrさんとトロQに乗りに行った頃は平面でしたが、再訪の度に少しずつ高架部分が拡大していました。
とうとう全部高架になってしまったのですね。
味のある平面駅が減っていくのは淋しいですね~。

投稿: N市のT | 2013年11月21日 (木) 20時55分

>N市のTさんへ
こんばんは。
最近は「いたちごっこ」で、進入禁止場所とマニアのせめぎ合いの気がします。件の場所も恐らく、仰せのように誰かがチョンボした挙句、入れなくなった場所かも知れません。迷惑な話です。

「ななつ星」は皆さん仰いますが、私も縁がなさそうです。1泊2日で10万、3泊4日で77万では、とても乗り鉄の対象にはなりません。

大分駅、私も1~2年に一度訪れているのですが、とうとう全面高架になってしまいました。平面駅が次々と高架化されるのは、時代の流れとは言え寂しい思いがしますね。高架化の背景には、都会部分の踏切解消も含まれているので、非難する訳にも行かず、難しい思いです。

投稿: N市のTさんへ | 2013年11月24日 (日) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/53902627

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉~中津・日豊線撮影旅行(3・4日目):

« 小倉~中津・日豊線撮影旅行(1・2日目) | トップページ | 「はくたか」号乗車記 »