« 高山本線・下呂近辺の写真 | トップページ | 小倉~中津・日豊線撮影旅行(3・4日目) »

2013年11月10日 (日)

小倉~中津・日豊線撮影旅行(1・2日目)

1日目(11月9日)

新幹線でビュワーンと小倉まで行く。名古屋で昼食を仕入れようとしたら「このお弁当お買い求めの方は、★が40円引き」と書いてあり、ついつい購入する。

新幹線に乗って直ぐ★を始めたら、酔いの回り始めた京都辺りから体調がおかしくなった。矢鱈としんどくて、目の前は

Dscn5989

こんな感じに真っ白になってきた。脂汗も出てきて尋常な状態ではない。「立ちくらみ」と言うが、あれが延々と続いている感じである。仕方ないので目を閉じてじっと耐えるしかない。

酔いが醒める1時間程度、福山駅を出る辺りまで、この状態は続いた。朝から贅沢に★なんぞするものではないと、天からのお叱りみたいである。

幸い広島を出た辺りから復活し、新関門トンネルを過ぎると八幡の製鉄所などが見えてくる。

Dscn5990

小倉で予定通りに降りる。今回のターゲットは日豊本線なので、小倉で降りるのが妥当だ。

小倉で普通列車の813系

Dscn5991813

に乗り換える。0番代ではなく、方向幕をLED化した1000番代である。日豊線はワンマン化のため、この型が多く導入されている。これで、小波瀬西工大前まで至る。昔は「小波瀬」といった駅が、民営化後長い名前に変わった。ここから徒歩15分くらいの撮影場所に行く。

撮影場所は間近で

Dscn5994

跨線橋の工事が行われていた。開通の暁には、この付近の撮影状況も少し変わるかも知れない。

1時間少々粘った後、駅を通り越して反対側の苅田側へ行ってみる。昔はここの駅から、「苅田港線」という貨物線が分岐していたのだ。線路跡らしき道に沿って歩くと果たして

Dscn5996

こんな場所が現れた。因みにこの苅田港線は、廃線になっているはずなのに、平成25年3月現在の貨物時刻表では「運賃として計算できる線」として掲載されている。とても列車の走れる状況ではないが、兎に角そういうことになっている。

Dscn5997

戻る道すがら、暗渠の向こうへ渡れる場所で線路の跡を確認してみる。確かに、現在でも線路があることはある。

夕暮れてきた。17時前の電車で中津へ赴くことにする。今夜から3晩、中津に宿泊予定である。

投宿して直ぐに、ホテルのフロントで★出来る場所を尋ねて徘徊する。朝方あんなにやられたのに、私も懲りない奴である。小さな店に入り、喧騒の中で中津の一晩目が過ぎて行った。

2日目(11月10日)

今日は朝から雨の予報だ。諦めて遅がけに起きたら外は何と

Dscn6000

晴れていた。時間が勿体ない。9時半過ぎの上りで、南小倉まで至る。少々居眠りしていたら、外は曇り空になった。今日の降水確率は100%なので、仕方ない。

雨でもいいように駅撮りできる駅を選んでおいたから、ここでは大人しく駅撮り。小さな駅の階段を上り下りするが、いかにも古い感じの駅である。ふと見た階段に

Dscn6001

こうあった。古いのも納得できる。

次に城野駅へ一駅戻る。ここは日田彦山線の分岐駅だ。だからどうなんだと言われても仕方ないかも知れないが、

Dscn6003

こう云う信号機を見るだけでワクワクするではないか(あ、しません? それは失礼しました)。

どんどん南下して次はギャルじゃなかった、下曽根へ行こうと思ったが、雨が降り出した。ギャル下曽根は屋根のない所での撮影を考えていたので、残念ながらパスして、行橋まで行くこととする。今度は元・田川線の平成筑豊鉄道が分岐する駅だ。

Dscn6004

この写真を撮っていたら、親切な駅員さんが「あ、写真撮るなら、中へ入ってもらってもいいですよ」と言ってくれるが、私は別のアングルでの写真を考えていたので、有難くご好意だけ頂戴する。

さて、駅撮りもネタが尽きてきた。次は新田原から少し歩いたところが目当てだが、幸い雨が小降りになってきた。行くだけ行ってみようと、新田原で降りることにする。歩き始めは順調だったが、やがて雨が降り始めた。やはり降水率100%では、無理かと思う。

濡れるのを諦めて、田圃の脇で

Dscn6021a

構えてみる。撮っている内に、やっと雨が止んだ。

止んだはいいが、雲が垂れ込めて大変暗い。絞り2.8で1/125秒が精一杯だ。明日は寒くなるらしいが、天気は回復するらしい。明日に望みを託して、早々に撮影場所を去る。

新田原から

Dscn6022

この中津行きで宿へ戻ることにする。

中津駅に近付いたら、雲の切れ間から青空が覗き始めた。明日に期待しましょ。 

|

« 高山本線・下呂近辺の写真 | トップページ | 小倉~中津・日豊線撮影旅行(3・4日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
九州出撃お疲れさまです。
日豊本線いいですね〜
2回ほどしか乗車したことが無いので一度ゆっくり廻ってみたいです。
日田彦山線も乗ってみたいです。

投稿: vanagon714 | 2013年11月10日 (日) 23時10分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
日豊本線も、小倉から30分くらい乗ると結構ローカルな雰囲気が広がります。秋路を味わうのにはいい路線です。
そちらからは遠いですし、現在は目玉となる列車がありませんが、のんびり訪ねるのにはよい路線だと思います。
日田彦山線はローカルそのもので、私もお気に入りの路線です。中々お時間も取れないでしょうが、こちら方面も是非回られる機会をお作り下さい。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年11月11日 (月) 17時33分

1956-3 私よりも古い!!(笑)
大丈夫です、私も「日豊 彦」なんかの札が付いているとニコニコしてしまいますよ!!
豪華な列車を新造し走らせる事が出来る会社はいいなぁ~
北の会社は何時になったら、トンネルを抜ける事ができるのでしょうかね。

投稿: suzuran6 | 2013年11月12日 (火) 12時06分

こんばんは。
朝★で体調不良とは日頃の疲れが溜まっているようですね。
思う存分息抜きして来て下さい。
九州もEF81の400・500番台が富山から順次送り込まれているようで、ED76や銀釜が危ないような感じですので撮れるといいいですね。

投稿: N市のT | 2013年11月12日 (火) 20時24分

>suzuran6さんへ
こんばんは。
ここへ書き込んでくださる方々、大体50歳前後の方が多いですが、1956-3だと、もう還暦間近ですね。
「鉄」の性で信号機も注釈が多い方がワクワク感が増しますね。
豪華な客車は、今日帰路に見ました。後日、ちょい見画像をアップ予定です。南に反して北の会社は不本意な状態が続いていますね。私も早くトンネルを抜けて欲しいと願っています。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年11月12日 (火) 22時44分

>N市のTさんへ
こんばんは。
我乍らどうしたことかと思うような体調です。貧血が延々1時間以上続いたような感じでした。
今日は帰路に昼★しましたが、お蔭様で大丈夫でした。
今回は昼間に貨物の設定が碌にない日豊線が目当てでしたので、ELも撮れませんでしたが、帰路に鳥栖でEF81の400・500代を見ました。銀釜や76の姿は逆に見えず……。
この先、撮れる機会があるのかなぁとちょっと心配になっています。

投稿: N市のTさんへ | 2013年11月12日 (火) 22時51分

こんばんは
九州は上半分あたりを訪問したことがあるのですが
休鉄中にレンタカーで回ったため鉄分ゼロの旅でした。
企画モノ列車がお得意の九州に対して北の会社は今日も
新聞紙上を賑わすような出来事が発生しています。
1日も早く本業を正常運行してもらいたいです。

体調不良はせっかくの旅も辛くなってしまいますよね
そろそろ帰着されている頃かもしれませんが
その後の体調はいかがでしょうか?

投稿: kattsu-mqc | 2013年11月13日 (水) 22時23分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
九州も結構見所が多くて、鉄活動以外で回っても楽しい土地ですよね。
そちらからは遠い地域ですが、一度「鉄見学」をお勧めしたい地域です。
仰せのように、九州は企画モノの列車が多く走っていて、別の意味で新聞を賑わせている北の会社と対照的になってしまっています。私は北の会社が好きですから、一刻も早い正常運行を願わずにいられません。

最近疲れ気味なのか、旅先で体調を崩してしまいます。休日出勤が多くて中々ゆっくり出来ないのが原因かと思います。暫く大人しくしていようかなと思います。ご心配を頂き有難うございます。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年11月17日 (日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/53884089

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉~中津・日豊線撮影旅行(1・2日目):

« 高山本線・下呂近辺の写真 | トップページ | 小倉~中津・日豊線撮影旅行(3・4日目) »