« UVカット&遮光ガラス | トップページ | デカデカ消しゴム »

2013年9月29日 (日)

初秋の土讃本線の写真

先日、3泊4日の日程で土讃線の奥の部分を撮ってきた。
昨年の9月に土佐新荘の「変なビジネスホテル(どう変かと言うと、アパートを無理矢理ビジネスホテルに改装してあるみたいなのだ)」に泊まって、似たような部分を撮影してきたが今年は去年撮り損ねた部分を撮ってきた。だからまた、その変なビジネスホテルに泊まった。

大まかに言うと土讃線の佐川~六反地の辺りを撮っている。まあまあ見れそうなものを何枚かアップさせて頂こうと思う。

Img9951

Img9962_3

いきなりの2枚連作となったが、四国では石灯籠を見かける機会が多い。掲載したものは別々のものだが、襟野々駅近くに建立されたものと云う点では共通している。何故に石灯籠が多いか、事情は知らない。ともあれ、列車と絡めて撮れるものも何軒かあるのが実情と云うことなのだ。四国らしく渋くて、いいではないか。何れも襟野々~斗賀野にて。

Img997

派手なラッピングの列車が、木々の向こうへ消えていく。四国のメインキャラクターになった「アンパンマン」列車だ。正式には特急「南風」の一部になっている。高知より南はほぼ全列車が3両になってしまうので寂しい感じはあるが、里山の自然を行くアンパンマン列車も、おもちゃみたいで良いではないか。襟野々~斗賀野にて。

Img998

ヒガンバナはその時期にならないと姿を現さないから、どこに咲くのか判らない。時期に行ってみて「ああ、ここにも咲いているんだ」みたいな感じで写真に収める。偶然で撮れる写真みたいに自分は思っている。吾桑駅の付近に群生していてくれたのも、単なる「運」の問題。「墓場草」などの悪口はあるが、私はこの花が好きだ。吾桑~多ノ郷にて。

Img999

上の写真からそう離れていない場所で。辺りには「桜川」という小川が流れて、田畑も広がり、長閑な雰囲気が漂う。変な表現だが、自分が歳を喰って自由が利かなくなってきたら、こんな辺りで暮らしたい。吾桑~多ノ郷にて。 

Imh001

昨年、同じ場所で3泊もしたのに、この写真を撮り損ねた。土佐新荘駅から下り方(安和方面)を見ると、誠にいい具合にカーブした線路が見られる。海に程近い河口を渡る鉄橋で、私はお気に入りの景色である。駅から徒歩0分、絶好の撮影地で、私みたいなグウタラ者にはこうした場所を「お立ち台通信」などで教えて欲しいものだ。

Imh002

大した景色ではないが、昨年訪れた時、下の作物が何か判らなかった。お判りの方は居られるだろうか? これ、生姜らしいのだ。高知県では生姜の栽培が盛んで、根の部分がこぶ状になっているから判りやすいという。見てみて「うん、成程」と思ったから間違いなかろう。影野~六反地にて。

Imh003

ここも昨年訪れて、見つけておいた場所。今年は雑草が茂ってしまって線路がよく見えないけれど、S字カーブが綺麗な場所なのだ。綺麗な場所は、綺麗な内に撮っておくべきだった。影野~六反地にて。

Imh004

影野駅付近にも、マンジュシャゲは咲いていた。ここには、余り多くない白いマンジュシャゲもあったから、アンパンマン南風と共にパチリと。因みにマンジュシャゲには、あと、ピンクの花と黄色の花のものもある。どちらも稀少で中々見られない。アンパンマン列車は3連休で1両増結しているようだ。影野~六反地にて。

最近、忙しいのと体調不良でゆっくり撮影する暇がないけれど、今回は自分では納得の行くアングルもあったかなと自画自賛している。 

|

« UVカット&遮光ガラス | トップページ | デカデカ消しゴム »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
青い空と黄金色の稲穂が秋の感じを良く出していると思います。
赤白にマンジュシャゲも色合いを添えていい感じです。
最近は四国もご無沙汰なので行きたいところです。

投稿: N市のT | 2013年9月30日 (月) 11時24分

デジイチ使いこなせていますか?
写真を見るとちゃんと使いこなしている様ですね。私は、その都度取説を見ているのですが、なかなか・・・
S字カーブの一枚、いいです!!伸びている雑草の間をクネクネと走ってくるのを見るとワクワクします。

投稿: suzuran6 | 2013年9月30日 (月) 21時00分

こんばんは。
長閑な景色が四国らしくていいですね〜
彩りも綺麗で目の保養になりました。
こうして見ると振り子車はよく傾きますね。

投稿: vanagon714 | 2013年9月30日 (月) 21時21分

こんばんは
この色合いはポジではないだろうかと思いながら拝見いたしました。
が、最近のデジタルはポジの色を出すことが出来たりするようなので
ちょっと?です。
四国は一度も訪問したことがありませんが、
画像を見ていたらカメラ片手に行きたくなりました。

投稿: kattsu-mqc | 2013年10月 1日 (火) 21時16分

>N市のTさんへ
こんばんは。
四国は派手さはありませんが、ゆったりした落ち着きがあってこの季節には頃合かなと思います。
稲穂は場所によって刈り取りも始まっていました。稔りの季節にマンジュシャゲなどが色合いを添えてくれて、のんびりした旅行でしたよ。
冬の四国だけは行ったことがありませんが、個人的には今の時期が四国のオススメ時期ではと思います。是非どうぞ。

投稿: N市のTさんへ | 2013年10月 2日 (水) 22時12分

>suzuran6さんへ
こんばんは。
すみません。ご説明不足でした。今回はフィルムで出掛けています。まだデジには自信が無いので、暫くの間、内地以外は買いだめてあるフィルムを使おうということで……。
S字のカーブは、決まると綺麗に取れますね。昨年の状態だともっとよくご覧頂けたかと思うのですが。でも、ウネウネした線路を来る列車には、ワクワク感が感じられますよね。私もこういう構図は好きです。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年10月 2日 (水) 22時19分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
四国って、熟年向きなのでしょうか。若い世代の方には物足りないような部分もありますが、私共には落ち着きを感じてのんびりした気分になれるところがあるように思います。
そんな中で、赤いマンジュシャゲだけは大変目立ちました。夏のカンナなどとは違い、何処か秋らしいしっとり感がありますね。
2000系の傾斜は、こうして見ると凄いですね。カーブも何するものぞと云う感じで走り抜ける感じが好きです。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年10月 2日 (水) 22時26分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
suzuran6さんへのコメントで既に書いていますが、「当たり」です。ポジフィルムです。広角での色調増高感などで判る方にはバレますね。
ここ10年くらい、四国には大体秋に出かけています。いつも感じるのは、秋独特の静けさが、強調して身に滲みるのです。夏や春にも良さはありますが、もし四国へ行かれる機会があれば、是非秋をお薦めします。落ち着いた雰囲気が体を包んでくれると思います。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年10月 2日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/53422242

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の土讃本線の写真:

« UVカット&遮光ガラス | トップページ | デカデカ消しゴム »