« 稲沢・西岐阜へチョイ撮り | トップページ | 邪魔な機構 »

2013年8月25日 (日)

名古屋のど真ん中に

以前、リンクを組んで下さっているN市のTさんが「米原駅のパタパタ表示板」との記事を書いておられた。
全国的に、あのパタパタ表示板(当該記事によると、正式名称は「反転フラップ式案内表示機」と呼ぶのだそうだ)は見る機会が少なくなったが、先日、ふらりと出掛けた名鉄瀬戸線の栄町駅で、偶然これを目撃した。因みに「栄町」とは、名古屋の中心街・「栄」の昔の呼称で、昭和53年に名鉄瀬戸線が栄乗り入れを果たした時に敢えて復活させた駅名である。

Dscn5192

表示中のパタパタ表示板。動画のアップ方法を知らないので、パタパタ稼働中の写真を2枚ほど。

Dscn5195

Dscn51962

こんな感じで、意外にも名古屋のど真ん中に、古式ゆかしいパタパタ表示板が堂々と残っているのを発見したのであった。

名古屋はよく、「偉大なる田舎」などと揶揄されたりする。当地に住んでいる者としてはあまり愉快な言われ方ではないけれど、こうしたものが街の中心に残っているのを見ると、多少の「田舎」度合いは認めなければ仕方がないのかも知れない。

……と云う次第で、N市のTさんに大遅延コラボをさせて頂きました。

***

いつの間にか、愚ブログも5周年を迎えておりました。ひとえにご高覧の皆様方のお蔭と御礼申し上げます。

最近、多忙等により更新率が大きく落ちておりますが、細く長く続けていければと思っております。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

|

« 稲沢・西岐阜へチョイ撮り | トップページ | 邪魔な機構 »

鉄道その他」カテゴリの記事

コメント

ブログ5周年おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

名古屋の中心に「パタパタ」はちょっと意外でした。
旭川の旧駅舎もLED化されていたのでJRでは
早くに置き換えられていたのではと思います。
旭川空港では現役の「パタパタ」が活躍しているのですが
運行便数が少なめで、かなり狙わないと動画撮影がちょっと難しいです。

投稿: kattsu-mqc | 2013年8月25日 (日) 22時02分

こんばんは。
ブログ5周年おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
パタパタはやはり新幹線のイメージが強いですね。
私の場合ですがかなりしばらく見ておりません。

投稿: vanagon14 | 2013年8月25日 (日) 23時03分

こんばんは。

パタパタ表示器、懐かしいですね~。
私もかつて、週2回ペースで栄町駅から瀬戸線某駅まで現場打ち合わせに出向いていましたが、次に表示される内容が分かっているのにじっと眺めて楽しんでいたものです。
瀬戸線の6000系は今年度限りですが、こちらは長く活躍してほしいものですね^^
そして…
ブログ5周年、おめでとうございます。
私もブログを始めて、先日5周年を迎えました。
まさに日記代わり(にしては間隔が空いたり、遅延「運行」も多いのですが…)に記しながら、みなさんとのコミュニケーションを楽しんでいます。
いろんな刺激をいただいたり、はたまた、刺激を与えたり、加えて、自分のマニアック度に呆れたりで興味も尽きないものがありますが、お世話になってるみなさんには本当に感謝ですね!
お互い、細く長く、マイペースで楽しんでいきましょう。

今後ともよろしくお願い申し上げます

投稿: 鈍行電車 | 2013年8月25日 (日) 23時27分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。有難うございます。
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

当地名古屋でも、JRは早くからLEDになっておりましたので、私鉄にこうした「エアポケット」があるのは意外でした。
言われてみれば飛行場では今でも意外に「パタパタ」が残っていますよね。たまにテレビのニュースなどで拝見します。旭川でもそうなのですね。先進技術の飛行機がパタパタ表示なのは、違和感があり面白い気がします。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年8月26日 (月) 20時37分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
有難うございます。
今後とも、宜しくお願い致します。

私も街中で見つけた時は「わっ、こんな所に!」と吃驚しました。パタパタの音で気付きました。長らく見ておらず、殊によったらもう見ることが出来ないと思っていましたので、気付けたのは眼福でした。
kattsu-mqcさんも仰っていましたが、意外にハイテクな乗り物ほどパタパタが遅くまで残っていますね。面白い現象だと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年8月26日 (月) 20時52分

>鈍行電車さんへ
こんばんは。
再びコメント頂き有難うございます。

私は40年ほど前は、瀬戸線の沿線に住んでおりました。然し瀬戸線が栄乗り入れを果たす前に現在地へ引っ越してしまい、以来、瀬戸電には思いついた程度に乗るに過ぎなくなりました。
そんな中でこうした代物を見つけたので嬉しくなってしまったのでありました。

古い話題や新しい話題、雑多な話を纏めながらブログとしてネット上に上げております。雑談の域を超えませんが、お付き合い頂けましたら大変幸甚に存じます。

貴ブログも5周年を迎えられたとのことで、おめでとうございます。縁(えにし)は異なものですが、共通の話題のある方からのご意見は大歓迎です。大変嬉しく思います。

私も結局のところはブログを通じて、皆様との交流を楽しんでいるのだと思います。日志(昔の言い方で「日誌」のこと)とは程遠い更新率ですが、生活に支障のないペースで皆様との交流を楽しめたらと思っております。
こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: 鈍行電車さんへ | 2013年8月26日 (月) 21時12分

おはようございます。
五周年おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

最近ですが、パタパタは知立駅や近鉄の多くの駅にありました。
方向幕と同じで回っている最中、次に何が出てくるかのワクワク感がいいですね~。

投稿: N市のT | 2013年8月27日 (火) 10時25分

5周年おめでとうございます。
最後に見たパタパタ、何時だろう?
このパタパタの音がして自分が乗る列車が見えると・・・わくわくする事が出来ましたね。
空港などでは、パタパタの音がして皆が見て「30分遅れ」などが出るとアチラコチラからため息が聞こえたり。
改めて、パタパタを気にして街を歩いて見ます。

投稿: suzuran6 | 2013年8月27日 (火) 10時45分

ご無沙汰しています。五周年おめでとうございます。
パタパタそう言えば最近みませんね。空港とかでも良く見た気がします。幕式の表示機ならなんとなくシステムがわかりそうな気がしますが、これは凄い精密さが要求されるだろうな…と思ってました。音が良く聞こえる機械が良かったです。こういう機械が動くと御同業以外の方も見上げた気がしますが、今は味も素っ気もなくて残念です。

投稿: すーさん | 2013年8月28日 (水) 19時47分

こんばんは。
パタパタですか。ソラリーとも言いますね。(開発者の名前だそうです。製品に名前を残すのってすごい!!)
名鉄だと少し前までどの駅でもパタパタ言ってましたが、最近は減りましたね。栄生はまだソラリーだったような??
さて、5周年おめでとうございます。
私なんぞはおさかなさん以上に細々と続けております。最近はネタ不足なもので。。。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: ジャスタウェイ | 2013年8月28日 (水) 22時40分

>N市のTさんへ
こんばんは。
有難うございます。
これからも宜しくお願い致します。

パタパタ、名鉄や近鉄にそこそこ残っているのですね。特に近鉄はご縁がないので、気付かずにおりました。そう言えば、以前に塩浜で見た近鉄の駅がパタパタだったような……。
意外に盲点ですが、残っているようですね。

投稿: N市のTさんへ | 2013年8月31日 (土) 20時23分

>suzuran6さんへ
こんばんは。
有難うございます。

関東圏ではパタパタが残っている確率、少ないかも知れませんね。
行先が色々出てきて「さぁ、どれで止まるかな?」と見ている時は、本当にワクワクしますね。あのワクワク感も好きでした。
空港では結構残っているようですね。台風の時に映し出される空港の映像で目にする気がします。
台風などの映像で「欠航」の表示を見せられるお客達は愕然とするでしょう。溜息の気持ちも判る気がします。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年8月31日 (土) 20時31分

>すーさんへ
こんばんは。有難うございます。
先程suzuran6さんにも書きましたが、多分、関東圏ではLED化が進んで、残っているパタパタは少ないのではと思います。
パタパタの、取替え作業を見たことがありますが、いかにも面倒な作業であることが判ります。何しろ機械の一部をそっくり変えなければならないのですから……。そんな面倒さが災いして、パタパタや幕式は姿を消していったのでしょうね。稀に誤表示も見たことがあります。
「音の出る機械」、確かに楽しかったですね。あの表示が我々への唯一の情報伝達手段でしたから……。

投稿: すーさんへ | 2013年8月31日 (土) 20時53分

>ジャスタウェイさんへ
こんばんは。
お蔭様で5周年と相成りました。有難うございました。
最近私の方は、時間がなくて中々記事が書けない状態です。
でも、細々と続けて行きたいと思っています。

さて、通称パタパタ、ソラリーともいうのですね。開発者の名が残るものってたまにありますが(菅沼式ダッチングマシーンなど)、大きな物では中々名が残ることってありませんよね。それだけ開発の功績が大きかったのでしょうか。
他の方のコメントも総合すると、名鉄には意外にあちこち、ソラリーが残っているのでしょうか。栄生駅も街中にありながら古そうな駅ですものね。
これからもどうぞ宜しくお願いします。

投稿: ジャスタウェイさんへ | 2013年8月31日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/51682311

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋のど真ん中に:

« 稲沢・西岐阜へチョイ撮り | トップページ | 邪魔な機構 »