« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

雪辱、のはずの常磐線

2日目(7月20日)

昨年の今頃は、右腕の骨折もどきでギプスを巻いて唸っていた。その時にしようと思っていた旅行の雪辱編である。

また、いきなり2日目から始まっているが、前日の勤務の都合から、前夜夕方の内に撮影目的地のいわき辺りまで出ておいた。だからいきなり2日目からのスタートになるのである。こうすれば、2日目は朝から現地で行動できる。

そんな予定だったのだが、朝、ホテルで起きると鉛のように体が重い。脂汗も垂れてくる。9時43分の上りで高萩方面へ出る予定だったが、とても起きられる状態ではない。取り敢えずはフロントへ電話して、12時頃まで休ませて貰うように頼んだ。折角の半日早出はこれで潰されてしまった。

幸い昼には回復したので、ホテルを出て駅と反対方向へ向かう。撮影目的地へ赴くためである。

辿り着いた撮影地は、常磐線と磐越東線の分岐地点付近にある、道路陸橋。

Dscn5700

常磐線も見えるが、磐越東線もいい感じで見える。常磐線目当てで来たので、磐越東線の時間はわからない。結局、常磐線の写真だけ撮って引き上げるが、いつかまたここは来ようと思う。

因みに撮影地とした陸橋の付け根部分は

Dscn5701311

こんな状態にひび割れていた。一昨年の「3.11」の跡形ではと思うが、まだ地方ではこんな状況かとも思う。

撮影地付近は、いわき駅から25分程度かかる。幸い路線バスが頻発しているので、戻りはそれに乗る。新常磐交通のバスで、懐かしいツーステップの4つ折扉車が来る。が、扉は半分しか開かない。後で見たらドアの半分は

Dscn57024

こうして固定されていた。首都圏のお古らしいが、折角の広い扉を有効利用しないのは、あまりに勿体ない。

14時過ぎの列車で湯本へ上る。ここも駅付近に佳景ありとネットで見てきた。

撮影地の踏切にあった看板。

Dscn5703

「この付近にケーブルが埋めてあるので、矢鱈と掘らないで」の文字が書かれているのだが、実質、文字が焼けてしまって何も見えない。こうした看板は出来るだけ新しいものに付け替えるべきだろう。

ここで15時過ぎまで過ごし、まだ明るいから大津港駅辺りまで更に遡ってみる。「大津港」という限りは海が近いかと想像していたが、地図で見ると全然違う。それでも何とか撮れそうな場所はあるので、赴いてみた。

簡単に撮影を済ませ、空が曇って暗くなってきたから18時にいわきへ戻って、今日は終了。午前は勿体なかったが、竜頭蛇尾よりはマシかと自らを慰める。

3日目(7月21日)

「いわき」と言われると違和感を感じる。「平」と言われた方がすんなり受け入れられる。今の「いわき駅」が「平駅」から改められて20年近く経つというが、未だに私の頭の中では「平」の方が駅名としてすんなりと出てくる。

その、「いわき」を9時半に出発して下り方向へ向かう。現在「3.11」の影響で、常磐線は実質南北に分断されている。その南側の端が広野である。今日はその広野までの区間を撮ろうと思う。

途中の久ノ浜まで、列車は割と運転されている。そこから広野寄りが本日の第一ポイントになる。いわきを境に、常磐線は単線になる。それに合わせたかのように沿線もいわきから先はすっかんぴんになる。道路も線路も閑古鳥が鳴いているようだ。例の原発にも近付く。

第一撮影ポイントから見た風景。

Dscn5710

車通りも少なく、ポツネンとした辺りである。向こうに見えるのは、殊によると仮設住宅だろうか。

1時間以上待って撮った列車を後に、国道を駅へと戻る途中にこんな看板があった。

Dscn5713

つまり、自分が今歩いている場所は、あの時の津波で呑み込まれた地域なのだ。ちょっとお遊び気分が薄れる。

久ノ浜駅へ戻って暫く待ち、現在の実質上の終点・広野へ向かう。

広野は想像以上に「終点らしからぬ駅」だった。

Dscn5718

手前の線路は錆びているが、いつ電車が来てもおかしくない状態だ。電車が客扱いするのは2番線の反対側に設けられた仮ホームで、1番線と2番線の間に仮設のホームが作られている。ここが現在の全ての「終点」なのだ。1番線には

Dscn5724

こんな表示もある。鉢植えの花が却って痛々しい。

ホームから先の原ノ町(要は原発がある方面)を眺めると

Dscn5726

何事もないようにレールが延びている。これまた、いつ電車が走ってもおかしくない状態だ。でも向こうに見える2つの赤信号は、ほぼ暫くは、青に変わることはないだろう。
因みに煙突は広野の火力発電所。

暫く待って、上り電車で戻りにかかる。朝、来る時に、草野駅で651系が留置されているのを見た。

Dscn5708651

これらと絡めて、何か駅撮りが出来ないかと降り立ったのである。……が、降りたら

Dscn5735

いないじゃん!! どうやら昼間の内に、新しい留置先へでも向かったのらしい。殊によると今夜の鉄道ニュースなんかに「651系が疎開先移動」なんて記事が出ているかも知れない。

とまれ、空っぽでも降りてしまったからには仕方ない。駅の風景をあれこれ撮って、夕刻まで過ごした。

どうも今回の旅行は、不完全燃焼気味である。

4日目(7月22日)

今日はもう戻るだけである。但し普通に戻っては面白くないから、往路に特急で飛ばした常磐線部分を普通列車で戻ろうと考えてある。

朝はのんびり、9時43分の上りで「いわき」を発つ。501系、と言ってもお判りになり難いかと思うが

Dscn5750501

これでまずは勝田まで戻る。ご覧のように以前、京浜東北線などで活躍した209系に酷似しており、209系の交直両用ヴァージョンみたいなものだ。編成も10両。但し増備は少数に留まっており、水戸周辺の常磐線でしか見られない車両となっている。

ロングシートなので、つまんないなぁと思っている内に居眠りしていたようで、「次は勝田です」のアナウンスで飛び起きた。

勝田からは直流区間で言う231系に当たる、531系が走っているから、これのグリーン車でゆったり行きたい。仕様もないことだが、今回の旅に合わせて記念スイカも用意してある。

何をするかと言うと、グリーン車の自動精算システムでスイカにグリーン乗車情報を入れておき、

Dscn5751

グリーン車に乗ったら、天井の該当部分にスイカをタッチさせるだけでグリーン券を買わなくてもグリーン車に乗れるシステムである。

Dscn5754g

緑ランプが点けば、車内検札も省略される。このシステムは随分前から採用されているが、東京偏重のスイカが嫌いで今までスイカを持たずにいた。今回偶々、上の絵柄のような記念スイカを入手したので、試してみたかったのである。常用しておられる方からすれば、アホじゃないかと言われても仕方ない。

こんなので車内であれこれ試しながらシステムを楽しんで、上野までやって来た。あとはフツーに新幹線で帰るだけである。

名古屋へ戻ったらどっぷり暑さに引き戻った。今までの3日間、向こうは最高気温が22~23度の世界だったのだ。人間、楽なことにはすぐに慣れるようであった。

それにしても、あまり雪辱を果たさなかった旅行であることも、ひしひしと感じていたりする。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

己も遂にぞ……

Dscn5677

今まで一貫して「フィルムカメラで写真を撮る!」と言い切っていた私であるが、先日、遂に、デジタル一眼レフカメラの購入に踏み切った。

名古屋からリバーサルフィルムを現像に出そうとする場合、現在は埼玉県にある現像所まで送られることになっている。然もその便は、週に3回しか来ない。だからプリント屋さんにフィルムを持って行っても、現像が上がるのには5日くらい要するのが当たり前になってきた。

加えて自分の不規則な勤務や、プリント屋さんの営業時間や定休日を鑑みると、フィルムを店に出してから現像が上がるまでに1週間以上かかるケースも稀ではなくなってきた。先日、北海道での写真をアップするまでに3週間近くを費やしてしまったが、あながち私の愚鈍な性格だけが為している業ではないのである。

然も、フィルムの場合は、現像が上がってから皆様にご覧頂くようにするため、スキャン作業をしなければならない。手が空いていないと、ついつい後回しになってしまう作業でもある。そんなこんなで、フィルム派の頑固な私も、流石にこの頃は音を上げ始めてきたのが実情なのだ。

で、コンデジ以上の知識がない私だが、先日遂にデジ一購入と相成ってしまった訳だ。

これから当分、色々勉強してカメラ操作など慣れていかなければならないだろう。フィルムよりも気楽に撮れることは確かだが、詳しい中身のことはよく判っていない。コンパクトになって持ち運びに便利なことも認めるけれど、今まで培ったフィルムの機材を全て葬り去る気も、今のところ持ち合わせていない。

取り敢えず、先日、名古屋近郊の中央線・古虎渓駅で試し撃ちをして来た。4枚ほどだが画像もご披露しようと思う。

Daa_0043313

隧道入口にピントを合わせ、所謂「LED撮り」。露出等はマニュアルでも合わせられるので、敢えてオート撮影しなければそれなりの画像が手に入るようだ。レンズも28-300の手ブレ防止機能付きを新調したから、300で手撮りしても全く問題がないのが嬉しい。

Daa_0056

駅ではすれ違いも何回かあった。AFでもピントは問題なく希望通りに合わせられるようだ。

Daa_0078mp211

AFを外してMFで置きピンしてみた。これも希望通りの結果かなと思う。

Daa_0085

これも置きピンのMF画像。やりようでは、案外容易にこうした絵も撮れるようだ。まぁまぁ納得。   

これから先も、近所でチョイ撮りなどを繰り返して勉強していくことになるだろう。まだ訳の判らんボタンが一杯ある。時の流れだから仕方ないけれど、新しいものも取り入れていかなければ時代に追い抜かれていくことも、一応私は理解しているつもりである。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

東北本線白河付近の写真

旅行記を書く余裕もなかったし、もう1ヶ月くらい前のこととなってしまうが、東北本線の白河付近(栃木と福島の県境付近)へ撮影へ行って来た。その時の画像を、マルちゃんのラーメン「正麺」を食べながら、何点かご紹介しようと思う。

Img962

最近、個人的に気に入って追っかけている「トヨタロングパスエクスプレス」。下りがこの白河付近を通過するのは9時少し前になる。宿をゆっくりと出て、撮影に赴いた。私の勝負レンズ「サンニッパ」で撮影している。高久~黒田原にて。

Img963

上とほぼ同じ場所で撮影したタキ貨・8179レ。本来この時間には定期タキ貨の設定がなく、時間的に合うのは千葉貨物からのこのスジだと推定している。少しだけ場所を移動しているので、レンズは80-200のテレ側で撮影している。

Img964

先程の撮影場所から黒田原駅を通り越して、豊原方面へ。本来この場所は、小俯瞰して撮影できる場所だが、私は俯瞰地への細道を見落としてこんな写真しか撮れなかった。帰り道で細道を見つけたが、時すでに遅しである。写真のEH500は初期型。

Img9657194_2

あまり貨物の写真ばかり掲載していても東北本線を誤解されかねないので、719系の写真を。先程の「小俯瞰玉砕」地点から俯瞰できる丘を隔てた反対側へ出ると、こんな写真が撮れる。ここもまあまあの佳地かと。719系はJR東のオリジナル車両だが、車両の前面は国鉄末期形を維持しているので、割と好きな車両ではある。黒田原~豊原にて。

Img966721

古めかしい勾配票を見つけた。何かの蔓も寄り添っているから、ちょっといい雰囲気かなと。この辺りは貨客含めても列車本数が少ないから、結構退屈する。黒田原~豊原にて。

Img967

上の勾配票の場所と、そう離れていない。辺りは鬱蒼とした杉林で、「昼尚暗き」の世界である。実際に撮影したのは夕方だったので、一層暗い写真になってしまった。アップに際して、かなり露出補正してある。黒田原~豊原にて。

Img968701

白坂駅から豊原寄りは、一部、上下セパーレート区間がある。何か面白い撮影場所はないかと探したが、陸橋の上から撮るこの構図が精一杯だった。豊原~白坂にて。

Img969

別に何の本にも紹介されていなかったが、高久駅から降りて黒磯方向へ徒歩2分ほどのこの場所は、まあまあ絵になるようだ。午後の下り列車に対して順光になる。偶々見つけた場所がそれなりだと、チョット嬉しい気分になれる。

Img970655

昨年訪れた、久田野駅付近を、線路を隔てた反対側から眺めていた。そしたら、何の偶然か、いきなり655系の回送が走っていくので慌てて撮った。かの「E655-1」は連結されていないので、お召し列車でないことは確かなようだ。それにしても同業者もいなかったから、このサプライズは嬉しかった。白河~久田野にて。

例の如く、パッとした写真もないけれど、それなりにその土地の味が撮影できていればと思う。ご高覧に、感謝。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »