« 発信履歴 | トップページ | 発展しない通り »

2013年5月 9日 (木)

あのー……

ちょっと前の話になるけれど。

旅行先の函館本線・茶志内駅で、時間があったので駅のポスターなどをぼんやりと眺めていた。

Dscn39541

これを見ていて「ん?」と思った。その部分を拡大してみる。

Dscn39532

(読みようによっては、)あのー、これってJR○海道の、とある駅を凄く侮辱しているような気がするんですけど……。

|

« 発信履歴 | トップページ | 発展しない通り »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんハネ(^o^)
おじゃまします。
なるほど〜、なんとも気になる表現ですね〜
でも、場所が場所だけに
もし、そのような形で注目される事も計算に入っていたら
このポスターを作った方は相当な策士ですよね(^^)

投稿: レッドライン | 2013年5月 9日 (木) 23時32分

結構利用されている駅なんですけどねぇ。11駅先ですよね。
微妙です(笑)
そう言えば、「大麻」のすぐ近く江別の火力発電所で敷地内の草刈りを行い、そのあと草を燃やしていたら、作業員の方が気持ち良くなり…
そんな記事が新聞に載っていた事があります。
結構「大麻」自生していた様です。

投稿: suzuran6 | 2013年5月10日 (金) 08時40分

こんばんは。
同じ函館本線で同じ「大麻」で読み方が読み方が違うので紛らわしいというか、イメージダウンというような気がしますね。

投稿: N市のT | 2013年5月10日 (金) 22時43分

>レッドラインさんへ
コキばんハ。
つまらない内容かも知れませんが、私も「あの」駅は何度か降りた事があるので、ついつい気になってしまったんです。「そんな書き方、ないと思うわ」みたいな感じで(苦笑)。
多分、ポスターを作った方もここまでは気にされなかったとは思うのですが、読みようによっては全く違う意味合いになってしまうものって、日本には結構ありますよね。例えば「仕業」って言葉を交通用語として捕らえるか、別の読みで悪い意味合いで捉えるかなどなど……。

投稿: レッドラインさんへ | 2013年5月10日 (金) 22時54分

>suzuran6さんへ
仰る通り、11駅先です。
利用度が多い駅でもあるはずですので、ちょっと気になってしまったんです。
江別の火力発電所では、そんなことがあったのですか!? 言われてみれば、大麻はスイートピーの仲間ですから、それらしく咲いていても実際には……なんてことも有り得ますね。草刈されていた作業員の方々もさぞかし吃驚されたことでしょう。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年5月10日 (金) 23時01分

>N市のTさんへ
「大麻」の地名の付け主さんに悪意はなかったと思います。
然し、書き方は同じでも読みを変えてしまうと、折角の地名が台無しになってしまう……そんな側面もあると思います。
折角の函館線の駅ですから、イメージダウンに繋がらないといいがなぁと思いながら、記事を書きました。

投稿: N市のTさんへ | 2013年5月10日 (金) 23時07分

こんばんは。

私は「大麻」とくればまず「おおあさ」の方が頭に浮かびます。
札幌では18年前に地下鉄の「霊園前駅」が「南平岸駅」に
改名されたことがあり、これは近隣住民からの強い要請によって
改名されたようですが、こちらの方は地名になっていることからも改名要請の運動とか
全然ないようですね。

あとポスターの写真を撮影された「茶志内」についてですが
実は根室の方に「茶志骨」(ちゃしこつ)という地名も実在します。
たぶん両方ともアイヌ語由来であろうかと思いますが
調べてみることにします。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2013年5月10日 (金) 23時43分

こんばんは。
駅名が紛らわしいですよね(^^;;;;
私にとっては最寄り駅なのでいらなくはないです。
というか自分の家の住所もこの名前が付きますね(笑)
個人的には気に入っている地名です。

投稿: vanagon714 | 2013年5月11日 (土) 00時05分

北海道行った事無い私ですが、時刻表眺めていて知っていましたが、なる程、これは、ちょっとポスター作る人にもう少し気を使ってもらいたいですね。今回のお話でこんな話を思い出しました。中央線高尾の次の相模湖駅ですが、昔は町の名前が与瀬(よせ)だったので与瀬駅でした(今でも与瀬神社あり)列車時代は駅弁売っていて「弁当~」と言ってる横で「よせ~よせ~」と駅名連呼されたそうでした。同音異義語と言いましょうか、気をつけなければいけない言葉って今後も出くわすかもしれませんね。

投稿: すーさん | 2013年5月11日 (土) 09時22分

こんばんは
函館本線沿線出身なので、この二文字だけが見えてくると
「駅名」として読んでしまいます。
文章の前後関係で駅名ではない読みとを無意識に使い分けていますが
道外の方だとポスターの読み方が思い浮かびますよね。

投稿: kattsu-mqc | 2013年5月11日 (土) 21時38分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
私も懇意にして頂いている方がこちらの方にお住まいなので、つい「おおあさ」を連想したのですが、読みようによっては「たいま」になってしまうんですね。
「大麻」は地名としてしっかり定着しているようですので、改廃されることはないと思いますが、意外な落とし穴があるのだなぁと、ポスターを見て思った次第です。

軽いギャグネタですので、あまり真摯にコメント頂かなくて結構ですよ。「~内」や「~別」はアイヌ語由来の地名だと、私もある程度は認識しておりますから(笑)。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2013年5月13日 (月) 23時16分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私もポスターを眺めながら頭に浮かんだのは、貴兄のお住まいのことでした。
決して悪い地名だとは思っていません。ただ偶々、文字は一緒なのに読みが違うだけで「いらない」駅にされてしまっては敵わないと思ったのです。仰せの件、ごもっともだと思います。
日本語と云うもの、漢字と平仮名を織り交ぜて使うので、色々な誤解を招きかねない事態が生じますね。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年5月13日 (月) 23時24分

>すーさんへ
こんばんは。
偶々、駅名と「余り好ましくないもの」が同じ文字で書くために、こうした表現になってしまったのですよね。私として引っ掛かるのは「なんか」の部分でして、そこは貴兄もよくお判りとは思いますが、ポスターの製作者には“泣かせる”地名かなと思います。
相模湖駅の過去駅名は初めて知りました。折角の駅弁なのに、隣で「よせ~、よせ~」は確かに仰せの通り、酷ですよね。
色々探してみると、駅名には「奇をてらう」ものがまだまだあるかも知れませんね。

投稿: すーさんへ | 2013年5月13日 (月) 23時48分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
函館線をよくご存知の方からは、やはり「駅名」としてのイメージが強いと思います。
所謂「その場の雰囲気を読む」ことで、あの二文字をどう読むかは普通の方なら区別はつくかと思います。ですが、悪い方に取られる読み方が一般的なのも、(殊に内地者としては)理解は出来ます。
ここまで来てしまうと、「鉄」の色彩が濃い方にしか判らないネタなのかも知れません(苦笑)。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年5月13日 (月) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/49584048

この記事へのトラックバック一覧です: あのー……:

« 発信履歴 | トップページ | 発展しない通り »