« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

江差線・函館線と小樽を楽しもう!(2・3日目)

2日目(5月25日)

Dscn5246

いきなり2日目からスタートするけれど、1日目は新幹線-新幹線-スーパー白鳥の乗り継ぎで函館まで出てきた。特急の乗り継ぎをあれこれ書いても仕方ないから、2日目のメインイベントから書くことにする。

で、表題の通りに江差線が第1目標となる訳だが。

江差線の末端部分・木古内~江差が廃止されると発表されてから久しい。私も25年前にこの部分に乗ったきり、乗っていない。廃止される前に、もう一度だけ乗っておきたいと思ったのだ。

函館駅で、4年前の春に名寄方面をご一緒頂いたIさんと合流し、6時53分の江差行きで発車。途中の東久根別で、vanagon714さん、tunnel_no2さん、Wさんも合流し、5人の団体ツアーとなる。一駅一駅丹念に停まりながら、25年前の路線を辿っていく。

私は肝心な峠越えの区間、吉堀辺りから居眠りしてしまい気がついたら桂岡だったが、ともあれ沿線に殆ど記憶のない鉄路を走り、終点・江差には9時17分着。

Dscn5259

正直言って、「あれ? こんな寂しい駅だったかなぁ」と思う。25年も前の記憶では仕方ないが、以前はもう少し活気があったような気がする。

Dscn5260

tunnel_no2さんとも話していたのだが、この貨物扱い線跡にしろ、右端の部分にしろ、「もっと線路がありましたよね」と云う話をしていた。線路も中途半端な位置で途切れて新しい建物に塞がれているが、もう少し先まで伸びて機回し線や側線などが確実にあったとの話で意見が一致した。25年も昔の話を持ち上げて云々するべきではないかも知れない。

10時27分、雨の中を帰途に就き、途中の湯ノ岱では臨時準急「えさし号」と交換する。

Dscn5285

ここから先は、一列車しか入れない仕組みなので、駅員さんがタブレットを持って駆け回っているのが印象的だった。

木古内へ戻り、更に乗り継いで函館へと戻り、Wさんと私は25分ほどで接続する「北斗11号」で札幌へ行く(戻る)こととする。先頭車最前列の自由席が空いていたから、Wさんと喋りながら、札幌への眺めを楽しむ。

札幌間近、北斗星とのすれ違い。

Dscn5298

先頭車の眺めは、何ともいいものですなぁ。すっかりご満悦して、札幌入りしたのであった。

3日目(5月26日)

本日は「小樽ブラ」を予約してある。昨日に引き続き、vanagon714さん、Wさんと共に、マチコさん、K尊師にもご同行願うことになっている。大人5人の団体だから、大体どういう行動をとるかは、自分ながらに想像がつく。

何しろ、9時41分の小樽行きで出発し、終点手前の南小樽で降りる。

Dscn5302

満開近い桜が印象に残る駅だった。

早速、「小樽ブラ」を開始する。あちこち回りながら、兎も角今日の第1目的は

Dscn5325

ここなんで、11時半くらいに皆でガヤガヤと押し入る。昼間から★会大騒ぎになる。確か2時間弱、店内を占拠していた。

すっかり出来上がったところで、すぐ近くの「水天宮」へ行く。階段を上りきったところの神社の境内からの眺め。

Dscn5331

私がこの眺めの爽快感を忘れた時は、多分ボケ切った時だろう。坂を登った甲斐はあったし、吹く風は気持ちいいし、こんな爽やかな眺めって何年ぶりに見ただろう。皆で暫く呆然とこの眺めに見とれていた。

またまたゆっくり坂を降り、「今日は手宮の博物館でアイアンホース号が動くよ」って話になり、じゃあ行きましょうと手宮の小樽市総合博物館へ赴く。

色々と展示されている車両群を眺めた後、お目当てのアイアンホースに乗せてもらう。

Dscn5355

蒸機牽引列車って、何年ぶりに乗せて貰うかな。ほんの200mほどのデモ運転に過ぎないけれど、乗り心地はそれなりに楽しかった。整備している方々のご苦労が偲ばれる。

運転の後も、何かあれこれ見ていた。夕方4時半過ぎに辞する。

で、スイーツの店へ寄ってから、再び★会・夕方の部と称して、小樽駅近くの食堂へ入る。

デッカい若鶏半身唐揚を

Dscn5372

しっかりと堪能させて頂いてから、本日は打ち上げ~。札幌へ戻る。

ご同行下さった皆様、お疲れ様でした!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

発展しない通り

Dscn5084

我が家から、然程離れていない、とある空き地。昨年7月まで、ここには小さいながらスーパーマーケットがあった。それが潰されて以来、こんな更地になっている。

画面右側はバス通り。画面中央右にある、道路沿いの緑色の屋根はバス停だ。

大まかに言ってここの通り、10~15分間隔で地下鉄の駅へ行く路線バスが走っている。名古屋の東端の地域にあって、比較的、街へのアクセスは良い地域だと思う。

なのに、ここのバス通りはちっとも発展しない。付近に出来る飲食店なども営業は長続きせずに、比較的短期間で店を閉めてしまうケースが多い。さいぜん書いたスーパーは、約30年続いた。かなり長持ちした部類だと言えよう。

当のスーパーが店仕舞いするとの噂は、確か昨年の今頃には聞いていた。それで、その跡地にはドラッグストアが出来ると、具体的な話まで付いて地元民の耳に届いたのである。ドラッグストアは、冬ぐらいになったら工事に取り掛かるとの専らの噂であった。

ところが、冬が過ぎて初夏になっても、当の空き地には工事の気配は全くない。先日通りかかったら、

Dscn5083

ポピーか何かだろう、オレンジ色の花が呑気に咲いていた。

バス通り沿いにして角地、との好条件なのに、一体ここは何故にそうも不人気なのだろう? 当の通りも、沿線には大きな商店などはなく、何かパッとしない通りなのだ。

コンビニだのドラッグストアだのはそんなに何軒も要らないから、生活に密着した気の利いた店が出来て発展してくれないかなぁと、地元民としては昨今、切に願っている次第である。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

あのー……

ちょっと前の話になるけれど。

旅行先の函館本線・茶志内駅で、時間があったので駅のポスターなどをぼんやりと眺めていた。

Dscn39541

これを見ていて「ん?」と思った。その部分を拡大してみる。

Dscn39532

(読みようによっては、)あのー、これってJR○海道の、とある駅を凄く侮辱しているような気がするんですけど……。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

発信履歴

Dscn4539_2

ケータイを持つようになってまだ日が浅い私だが、最近、上のような物騒な番号へ発信する必要に遭遇した。

いつものように近所の飯屋へ夕食に出て、食べ終わって外へ出たら前の道路に信号待ちの車の列が出来ていた。その中に一台タクシーが含まれており、そのタクシーの天井の上の行灯が赤色で点滅しているのだ。

「ありゃ?」と思って、走行状態を示す助手席のLED表示(「賃走」とかって出ている奴)を見たら、本当に「SOS」と表示されていた。

既に薄暗くて車内の様子はよく判らないが、3人の男性と思しき客が乗っていることは判る状態だった。うち、一人は助手席に乗っている。争っている感じには思えない。

一旦はタクシーに近付いて「誤表示されていますよ」と伝えようかとも思ったが、車内では何が起こっているかは判らない。ひょっとしたら助手席の男性は、運転士にナイフでも突きつけているかも知れない。場合によっては自分だってブスリとやられる可能性がないとは言い切れない。

あくまで万が一の事態を考えての結果が、上の通報に繋がった。

110番の受け手からは
「ナンバーは判りますか」
「車内はどんな様子でしたか」
「どこのタクシー会社でしたか」
「タクシーはどちらの方面へ走っていきましたか」
等と矢継ぎ早に質問された。幸い、どれも正確に覚えていたので、落ち着いて連絡した。

結局のところ、翌日になっても何も連絡がないので、どうやら誤表示だったようである。

私共の職場のバスでも、同じような誤表示が2度ほど起きてしまい、残念ながら2度とも新聞沙汰になってしまった。バスだと新聞沙汰になることが、タクシーだと連絡者にさえ何も音沙汰がないのは納得が行きかねるけれど、ともあれ何事もなくて良かった。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »