« がーん | トップページ | 私が見てきた黒磯駅 »

2013年3月17日 (日)

宇都宮方面へヒヤヒヤ旅行

1日目(3月15日)

以前に北海道へ旅行する直前、神経を抜いた歯の歯根が痛み出して、ヒヤヒヤ気分で旅行したことがある。今回は、それの宇都宮ヴァージョンだ。但し今回は既に治療を始めており、鎮痛剤さえ飲めば大丈夫なことが判っているから、その点、安心ではある。

例によって東京までの新幹線は爆睡し、東京-上野と乗り継いで、東北本線の客となる。今回のターゲットは、東北本線の宇都宮~黒磯間だ。

大宮を出て暫く、東大宮を過ぎた辺りで右窓に目を凝らす。

Dscn4757

撮影地として有名な「ヒガハス」を車内から眺めると、こんな感じになる。この景色だけでは、どこがあんな人気撮影地なのかは判らないだろう。自分も昨年4月に訪れたが、外から受ける印象とは全く違う。

小山と宇都宮で更に乗り継ぎ、蒲須坂には14時半過ぎに着く。下り方面へ歩くと、いい撮影地があると本で調べてきた。

25分くらい歩いただろうか、目的地に着き、結局そこで夕方まで居ついていた。途中で得た獲物。

Dscn4762_2

自分は反対を向いてカメラを構えていたからコンテジでの撮影となったけれど、485系を改造した「宴」がやって来た。名前からしてお座敷電車だろう。兎も角、車内に人影が見えたから、営業運転だったようだ。

18時過ぎの電車で、宇都宮へ戻る。今夜と明日はここへ泊まる。

偶々、明日からダイヤ改正だ。今回の改正で、宇都宮から出る日光線から、107系が消えてしまうらしい。発車間際の電車を

Dscn4766107

慌てて押さえておいた。

2日目(3月16日)

朝、6時過ぎに起きる。いつも書くように、この時間は私にとっては早起きなのだ。

6時56分の黒磯行に乗り、昨日と同じ蒲須坂で降りる。昨日と同じ道を歩き、昨日とは線路の反対側となる場所で三脚を構える。この場所は、午前中は線路の東側から、午後は線路の西側から、それぞれ撮れる好撮影地なのだ。

ここで、痛いミスをした。今日は暖かくて、午前9時には、もうポカポカ状態。私は昨日の夜更かしが祟って、眠くて堪らない。何本かの列車を撮って、あとこの時間帯に来る貨物列車は1本くらいかなと思った時に、やらかした。
カメラバックを椅子にして、そのまま寝入ってしまったのだ。「ゴトッゴトッ」と云う貨物列車独特の音で寝覚めた時には、既に手遅れ。金太郎牽引の貨物列車を撮り損ねてしまった。

同業者の方も3人くらいみえたと思う。この列車を待って皆さん、散り散りになって行かれたが、私は「ダイヤ改正の日だから、何か臨時列車でも来ないかなぁ」と淡い期待を抱いて待つ。が、同業者の方なら臨時列車情報など、ご承知千万だろう。皆さんが居られなくなったと云うことは、そう云うことなのだ。10時半くらいにやっと諦めて、駅へ戻った。

(お詫び・この辺り、本当に眠かったのでデジ画像がありません。つまらん文章だけで申し訳ないです)。

ここからは一気に、黒磯に向かう。ご存知のように交直切り替えの、「鉄」にとっては欠かせられない駅だ。

Dscn47831074
ここではかなり長いこと居ついて、一人で駅構内をウロウロしていた。これを一々書いていたらとんでもない長文になるから、後日別記にしようと思う。ともあれ「鉄」には堪らない駅だ。
ご参考までに、写真は土日ウヤの筈の石油返空・1074レ。何故か土曜日の今日も運行されていた。

黒磯で思いも寄らぬ長居をしてしまったので、夕方は中途半端に時間が余ってしまった。宇都宮へ戻る途中、片岡で途中下車して駅撮りしてみたが、碌な写真は撮れなかった。また、いつか別の場所でリベンジしてやろうと思う。

3日目(3月17日)

昨日の反省を踏まえ(?)、今日はゆっくり起きる。9時09分の黒磯行(遅すぎsign03)で、(北)野崎まで赴く。「駅から徒歩20分で、いい撮影地あり」と、またまた本で読んできた。

行き着いた場所は

Dscn4818

道路側がこんな場所。空き地に三脚を構えるが、周囲には干乾びたテッシュが散乱している。夜間に、この空き地がどんな用途で使われているか、流石の私にもすぐ判る。

ともあれ、ここでも同業者の方が居られたので、ご挨拶して三脚を立てたが、何せ私の出勤時間が遅いから目ぼしい列車はもう行ってしまっている。同業者の方たちは直ぐに車で去って行かれた。私は粘った甲斐があり、臨時と思われる貨物を2本GET。

駅までフラフラ戻っていると、往きには気付かなかったが

Dscn4819

御影石の加工所が何軒かある。地場の産業なのだろうか。

野崎を12時26分の211系で、いよいよ帰りにかかる。先頭(都合上、11号車になっているが)車両の車番プレートを見ようと思ったら

Dscn4821211

こんな状態であった。本物のプレートは盗難にでも遭ったのだろうか。何とも気の毒な車両である。

さて、宇都宮からは贅沢して、既に「普通列車用自由席グリーン券」を入手してある。例の如く

Dscn4823

こっちの部分に席を取る。旅行中は常に荷物があるから、私はこちらの席が好みだ。昔、「クリープのないコーヒーなんて……」ってCFのCMがあったが、私に言わせれば「網棚のないグリーン車なんて……」 なのだ。

発車3分くらい前だろうか、ホームにけたたましいブザーが鳴り響いた。発車時刻を過ぎても鳴り続けている。車掌氏が「只今、急病のお客様の救護に当たっております。発車まで暫くお待ち下さい」とアナウンスする。やっと、意味が判った。車内のSOSボタンが押されたのだろう。

多少、発車は遅れたが、この先、東京からの新幹線は自由席にしてある。別に急ぐ必要もない。兎も角、今日の内に名古屋へ帰れれば、それでいいのだ(バカボンパパみたい・笑)。

んで、東京には15時過ぎに着いた。どの列車にしようかと少し考えたが

Dscn4836519

結局これを選択した。
「ひかり」は停車駅が多くてのろいイメージがあるが、この「ひかり519号」は、名古屋までは「のぞみ」の停車駅+小田原に停車するだけなのだ。殆どのお客が「のぞみ」のホームへ急ぐ中、私はゆったりした気分で、この列車のホームには入ったのであった。

あ、そうそう、ヒヤヒヤした歯根の痛みは、市販鎮痛剤で何とか凌ぎました。ご報告までに m(_ _)m

|

« がーん | トップページ | 私が見てきた黒磯駅 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

近くへいらしていたのですね。
16日は出勤でしたので「ひかり」乗車後品川発車およそ1分位の所で、再接近した事と思います(私が使っている大崎の駅からは新幹線が良く見えます)
神経を抜いた後の歯が痛む時は様注意です!!
結構歯根が膿んでいる事が・・・早めに看て貰った方が良いかと・・・
私もひどい目にあった事があります。

投稿: suzuran6 | 2013年3月18日 (月) 11時58分

こんばんは。
私もちょっとニアミスでした。
10日~12日まで所用で東京におりました。
黒磯のデッドセクション、高校の修学旅行で初めて通りました。
485系「ひばり」でした。
ダブルデッカー・グリーン車、たしかに上下になっている部分は網棚が無いですね。
というか無理なのでしょうね・・・

投稿: vanagon714 | 2013年3月18日 (月) 20時37分

こんばんは
出撃お疲れさまです。黒磯は通ったこともありませんが
交直地上切替えできる唯一の駅なので名前だけは子供の頃から
しっかり記憶していました。
今では見られるのかどうかもわかりませんが、直流機が切り離され
同じ線路上を交流機がやって来て連結される光景は想像しただけで
ワクワクしてしまいます。

私のデッドセクション初通過は修学旅行の583系「ゆうづる」だったので常磐線、藤代~取手間でした。
室内灯が消えてしまうことを知らない同級生達は「故障か!?」と
早朝の車内が騒然となったことを思い出しました。

投稿: kattsu-mqc | 2013年3月18日 (月) 21時45分

こんばんは。歯痛の中の出撃お疲れ様でした。
歯の痛いのは結構苦痛ですからね~。
歯医者で「キイィ~ン」と治して下さい。

デットセクションはワクワクしますね~。
昔「はつかり」や「まつしま」で電気が消えて他の客が騒いでいるのが面白かったのを思い出します。
「八甲田」での機関車交換もワクワクでしいた。
「白鳥」では何回も切り替わるので楽しかったです。

投稿: N市のT | 2013年3月18日 (月) 23時16分

コんにちハ。近くにいらしたのですね。15日からいらしたのなら211の15連を狙って欲しかったですね…。今は、もうE233に入れ替わってしまいました。さっそく乗りましたけど…。EF57が旧客引いていたのを見ていた者としては、全列車サロ付き4扉の電車になろうとは夢にも思いませんでした。2月に黒磯行きましたが、以前を知っている身としては、寂しいですね…。

投稿: すーさん | 2013年3月20日 (水) 14時58分

>suzuran6さんへ
はい、お近くまで参っておりました。
大崎駅の近くへお勤めなのですね。以前、横-総線脇の跨線橋から大崎駅を撮影していたこともあります。多分あの時は、長時間に亙り大接近していたものと思われます。
歯の件、ご心配をお掛けし申し訳ありません。本文冒頭でも触れておりますが、今回は既に歯科での治療を始めておりますので、大丈夫だと思います。私も以前、膿が溜まって激痛に襲われた経験があります。以来気をつけていてますが、突然痛み出すので困り者です。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年3月21日 (木) 22時32分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私の休暇がちょっとずれていれば、東京でお会いできたのかも知れないのですね。欠員が多く休暇も取り難くなっているため、今回はこの日にちが一杯でした。
黒磯は面白いですよね。485系の「ひばり」……今では「懐かしい」の次元です。
ダブルデッカー車両は、出来ることなら私も展望の利く上の席に座りたいのですが、構造的に網棚は無理ですよね。折角高い料金を払ってなら……と云うことで、いつもあの席を選んでしまいます。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年3月21日 (木) 23時04分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
黒磯は想像以上に楽しかったですね。次回行ける機会があれば、黒磯で一日過ごすくらいの時間を取りたいと思いました。

現在では貨物の牽引が交直両用のEH500に代わっている運用もあり、「同じ線路を……」との楽しみが少し薄らいでしまいましたが、それでも黒磯では必ず運転停車をするので、結構楽しめます。その辺り、次回以降の記事で触れていきたいと思います。

583系で修学旅行とは羨ましいです。私共の修学旅行は、隣の岐阜県へスキー教室で終わりでした。
鉄道に興味のない方からすると、電車の電源が交流だろうと直流だろうと関係ないでしょうが、「鉄」はそこが楽しみでもありますよね。今では新型車両になって味わえなくなってしまいましたが、デッドセクションを通る時、モーターも冷房も一瞬止まりますよね。あれ、良かったなぁと思っています (^ ^)

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年3月21日 (木) 23時25分

>N市のTさんへ
こんばんは。
人間、痛みの中で一番耐えられないのは、歯の痛みだそうです。
suzuran6さんにもお書きしましたが、今回は「キィィ~ン」とやられてから出掛けておりますので、何とかなっています。ご心配をお掛けしました。

私の場合、身近にあった交直転換は、北陸線の田村~長浜でした。481系の「しらさぎ」で通った時に、母から「もう直ぐ電気が消えるよ」と教えられて初めて知りました。もっとも母も「鉄」ではありませんので、電気関係の仕事をしていた父からの受け売りだったと思います。

自分が初めて黒磯を通ったのは、多分、急行「おが」だったと思います。牽引機は記憶がありません。1985年のことなのでEF58だったかも知れません。黒磯では既に寝入っていたと思います。
481系時代の「白鳥」は本当に楽しかったですね。新潟でのスイッチバックもありましたし……。

投稿: N市のTさんへ | 2013年3月21日 (木) 23時44分

>すーさんへ
コんばんハ。また、そちら方面へ伺いました。今回は、昨年お会いした時よりも、もう少し北へターゲットを移しました。
211の15連は、昨年伺った際にある程度撮っておきましたので、個人的には悔いはありません。ただ、往路で1階だけのサロに出会っちゃったんですよね~。あれは、しっかり記録しておきたかったと残念に思います。

黒磯も往時の活気は消えてしまったろうと思います。金太郎さんで隅田川や新鶴見まで来れるのですものね。
後日、別記事で書く予定ですが、現在でもそれなりには楽しめる要素がありましたので、結構、駅構内をうろついておりました。

投稿: すーさんへ | 2013年3月21日 (木) 23時56分

こんばんは。歯は大変でしたね。私も人のこと言えないですけど。

私はおさかなさんの出発日の前日に仕事で宇都宮線沿線の
埼玉県内某所に行ってきたのですが、雨に加え強風で宇都宮線に
かなりの遅れが出ていました。
会社への戻りは湘南新宿ラインに乗って大宮-赤羽間ノンストップの
乗り納めができました。
(16日に浦和駅停車が始まりました)

グリーン車は座り心地はいいですがよく考えたら網棚もないですね。
やはり通勤客重視のつくりなのかなと思わされました。

あと野崎駅近辺の撮影地はある意味恐ろしいですね。
池袋とかだとそこら中に
ティッシュが散乱してますよ…。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2013年3月24日 (日) 21時12分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。ご心配をお掛けしましたが、歯は順調に治療が進んでいます。

私は東北線に乗る場合、東京まで新幹線で出て、その後、上野から乗り継ぐパターンが殆どで、湘南新宿ラインは滅多に利用する機会がありません。また、同線の列車は快速で駅を飛ばしてしまうので、鈍行列車ののんびりさが感じられず、益々利用機会が減ってしまっています。「言われて見れば」でしたが、関東圏の鉄道は追いかけ切れない面が多々あると思います。

池袋等、大きな駅では、駅の構内でも夜間にそうした行為が行われているのでしょうか。都会は恐ろしいですね。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2013年3月26日 (火) 23時03分

211系も古株になってしまいましたね~
国鉄末期でしたでしょうか…。しかし窃盗は良くないですな。
「クリープの入れないコーヒーなんて」って懐かしいです。
※歯痛にはロキソニンです

投稿: yrr03464 | 2013年3月30日 (土) 10時11分

>yrr03464さんへ
211系は、113系などを駆逐した憎い奴と思っていましたが、今回の改正で首都圏からは姿を消して、完全に地方へ移ってしまいましたね。
一応にも国鉄型の末期車ですから、消え行く姿は残念に思います。まして、その車両のナンバープレート窃盗はよろしくありませんね。
歳が歳なので、ついついあんなCMコピーを思い出してしまいました。

>※歯痛にはロキソニンです

ここで、こう来られましたか。「座布団、2枚持って来て下さい!!」

投稿: yrr03464さんへ | 2013年3月31日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/50783792

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮方面へヒヤヒヤ旅行:

« がーん | トップページ | 私が見てきた黒磯駅 »