« 篠ノ井線での写真 | トップページ | がーん »

2013年2月28日 (木)

隣は何を…!?

Dscn2986_2

私がよく引き合いに出す、高橋留美子さんの漫画『めぞん一刻』の第1話のタイトルを、そのまま拝借したのだけれど。

我が家の隣は、とある会社の小さな事務所になっていて、そこではいつも夜遅くまで事務作業が行われている。上の画像は私の今の、このパソコンを打っている机からそのまま見られる眺めなのだけれども、この電灯が夜の0時や1時まで点いていることも当たり前なのだ。

不況が叫ばれる昨今、仕事があることはいいことだろうとも思うが、毎度毎度午前1時まで灯りが灯っているとこっちもそろそろ心配になってくる。労働基準法に違反しないのかとか、翌日の仕事は皆さん普通に粉せられるのだろうかとか、色々思う。

向こうから見れば大きなお世話かも知れない。

でも所長さんがいい方で、時々ドリンク剤などを差し入れして下さったりする。

私自身が不規則勤務の渦中の人間なので、向こうは向こうで不思議に思っているかも知れない。一応、魚澄庵設立に当たり、お隣には「こんな不規則な仕事をしていますよ」とはお伝えしてあるが、それでも向こうなりに気を遣っている可能性はある。

平日にお休みが回ってくると、私は大体昼近くまでお布団とお友達になっている。

双方共に「隣は何を…!?」と思い合っている可能性のある、魚澄庵周辺ではある。

|

« 篠ノ井線での写真 | トップページ | がーん »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私の仕事場も夜遅くまで明かりが灯っています。各自の作業時間、管理を任せているので、若い子なんかは昼出勤、深夜帰宅が多いです。
女子が多いのでちょっと心配です。
私もここのところ二泊三日のパターンが続いています。
静まりかえった夜、一人で音楽を聞きながらの仕事は、ノリが良く、集中できます。
「隣は何を…!?」
私の仕事場、普通のマンションなので特にそう思われているでしょうね~~。今は深夜2時、一服しながら作業中です。

投稿: tunnel_no2 | 2013年3月 1日 (金) 01時56分

まじまじと写真を見てしまいました。
カーテンの奥で、女性が着替えを・・・
では無いのですね(笑)
最近の私は、極一般的サラリーマンの通勤ですが、昔は夕方に出勤、朝に帰る。そして昼寝る!!だったり。月曜日に大きなカバンを持って出張、土曜日に帰って来る。そんな変な生活をしておりました。(会社は同じです)
自分以外の者にとっては、生活パターンは「謎」の事が多いですね。

投稿: suzuran6 | 2013年3月 1日 (金) 12時50分

コんばんハ!一人住まいの私なんて例えば今、お酒飲みながらこの文章作っていまして、途中で寝てしまう事年中行事ですし、居候犬がいる時は、暗くするとトイレに行けなくなるか…と思い、点けっぱなしです。今回のタイトル、私の事かと思いドキッとしました。

投稿: すーさん | 2013年3月 1日 (金) 22時39分

>tunnel_no2さんへ
こんばんは。
毎夜、遅くまでのお仕事にてお疲れ様です。また、深夜のコメント有難うございます。
tunnel_no2さんのお仕事の性格上、またお立場の都合上、深夜に亙ることも有り得るかなぁとも思います。でも女子社員さんに深夜までお任せするのは、確かに気がかりな面がおありだと思います。
私もPCをいじる時は、好きな音楽を聴きながら作業しています。結構ノリがよくて作業が捗りますよね。

お仕事場はマンションの一室ですか。
う~ん、確かに隣の方からは怪しげな目で見られているかもです。れっきとした仕事場なのですから、気にされる必要もないとは思いますが(笑)。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2013年3月 1日 (金) 23時29分

>suzuran6さんへ
人それぞれに生活パターンはあるものですが、変な時間にカーテンがかかっていたり、逆に閉じていたりすると、隣には妙に気を遣ってしまいますね。
suzuran6さんも以前はそんな不規則勤務をされた経験がおありなのですね。私も朝夕のラッシュ時だけの勤務だと、昼間に家へ帰ってきては寝て、夕方ノソノソ起き出してまた出勤するという怪しげな生活をしています。

>カーテンの奥で、女性が着替えを・・・

ここまでは思いつきませんでした。ひょっっっとしたら、それもあるかも知れません(爆笑)。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年3月 1日 (金) 23時37分

こんばんは。
夜遅くまで灯りが灯っている事務所、たしかに何をしているのか
興味が沸いてきますね~
商品開発とか原稿作りとか期限が迫るとこんな感じでしょうか?
私も昔、朝まで仕事したことがありました。
今は無理ですね~(^^;;;;

投稿: vanagon714 | 2013年3月 1日 (金) 23時39分

>すーさんへ
こんばんハ!
いえいえ、私も他人様のことは言えません。家に戻る時間が午前11時くらいだったり、22時くらいだったりするものですから、お隣さんはそれなりに怪しげに感じているはずです。
ただ、お隣さんの場合は7時半頃にはいつも出勤されていて、昨日なんかは2時過ぎまで電気が点いていました。私は2時で寝ましたが、その後も灯りがついていたようで、然も7時半に出勤される方の車がそのまま停まっていました。
でも居候犬さんに気を遣っておられる辺り、すーさんらしいなと思って微笑んでしまいます。
タイトルは借用品ですので、決してお気になさらずに……。

投稿: すーさんへ | 2013年3月 1日 (金) 23時48分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
お隣さんはお仕事の性格上、原稿作りはないようです。ただ、その日までに締め切らなければならない事務作業が何かあるのでしょうね。私もお仕事の内容までは詳しく伺ったことがありません。
他の方にも書きましたが、昨日などは私が風呂を浴びて2時くらいに電灯を消す時点でも、煌々と灯りが灯っていました。朝は7時半くらいに皆様ご出勤されているので、大変だなぁと思います。
私共も0時過ぎに仕事を終えて、次の日も結構早くから仕事と云うパターンがあり、年齢的に辛さを感じているところです。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年3月 1日 (金) 23時57分

こんばんは。

お隣の所長さん、差し入れしてくれたりとか、すごくいい方
ですね。

私が今いる業界は役所相手なので、この年度末は大変忙しく
毎日帰宅が遅いです。自宅に着くと日付が変わっていた
なんてこともザラです。そんな意味で私はお隣さんとまさに
同じような境遇でおります。私の会社と同じビルに入っている
別の会社の人たちからも「あの会社は何を…!?」って思われて
いるかもしれないですね。

早く年度が変わってほしい…って毎日思っています。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2013年3月 2日 (土) 20時08分

こんばんは
二十代の頃は24時間営業、年中無休が基本の部門で働いていました。
お昼頃出勤して夜遅くに帰宅、翌日は早朝に出勤して早い時間に帰宅
といった生活をしていました。
その後は部門が変わってサラリーマン的な勤務パターンが長くなってしまいましたが
それでも3月になると年度の変わり目でこれからしばらくは忙しい日が続きます。
残業して他の人があまりいなくなった職場の方が邪魔が入りにくくて
仕事がはかどることもあったりします(笑)

投稿: kattsu-mqc | 2013年3月 2日 (土) 21時22分

こんにちは。
おっしゃる通り、遅くまで仕事があるのは良いですが従業員の過労などは心配になりますよね。
お互い、覗いてるつもり?はないけれど気になる気持ちは分かります。
それだけ密集しているから見られる光景かも知れませんね。

投稿: 北の旅人 | 2013年3月 3日 (日) 14時08分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
年度末なら大抵の会社は忙しくなります。3月4月の決算期は、私もよく午前様帰宅を強いられたものでした。それが嫌で今の業界へ入ったと云うのもあるのですが。
この会社は春夏秋冬・季節を変えずにこの状態なので記事にしました。と言って、17時早々に無人になる日もあるのです。業種は判っていますが、私から見れば謎なのです。
年度末・年度当初に忙しいのはサラリーマンの宿命なので、それを嫌がっていては人生成り立っていかないとも思います。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2013年3月 3日 (日) 20時48分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
そうですね、そちらのお仕事はコンビニみたいな勤務時間を強いられていましたよね。不規則勤務はお互い様で、さぞやお辛かったと思います。
部門が変わられ色々大変な面もあったでしょうが、サラリーマン的な生活は、今の時代、稀少とも言える状態になっているみたいですね。
「仕事がはかどる」お話は判るような気がします。体は疲れていても、得てしてそういうものなんですよね(苦笑)。お隣もひょっとしたらそんなノリで仕事されているのかも知れません。年度末の時期を控え、お忙しいことと思います。ご自愛してお過ごし下さい。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年3月 3日 (日) 20時59分

>北の旅人さんへ
こんばんは。
お隣さんの業種は判っているのですが、年度末でもない時期に毎度毎度夜1時まで灯りが灯っていると気になります。
私がこちらに越してきた当時、辺りは一面のだだっ広い野原でした。思えば40年同じ地に住み着いておりまして、徐々にお隣との距離も狭くなり、今ではこんな感じです。
従業員の方々に疲労が蓄積しなければ良いがと、ついつい気にしてしまいますね。

投稿: 北の旅人さんへ | 2013年3月 3日 (日) 21時06分

おはようございます。
懐かしい言葉ですね~。
私達も隣人にはそう思われているでしょうね。
勤務が不規則で変な時間に居たり居なかったりで。
一般人と生活パターンが違いますからね。

投稿: N市のT | 2013年3月 5日 (火) 10時24分

>N市のTさんへ
こんばんは。
懐かしの言葉を引き合いに出してみました。
お隣は平屋の小さな事務所なので、お隣より向こうの家からも我が家は丸見えです。
平日に家にいたり、変な時間に帰ってきたりと、お互いに宿命のことですので何を思われても仕方ないですね。特殊な仕事ですものね。
と、今書いていたら、今日はお隣さんはこの時間で全員帰られたようです。21時過ぎにお隣の電灯が消えるのは珍しいことです。

投稿: N市のTさんへ | 2013年3月 5日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/48854309

この記事へのトラックバック一覧です: 隣は何を…!?:

« 篠ノ井線での写真 | トップページ | がーん »