« 人気席 | トップページ | 間もなく終焉「セントラルライナー」 »

2013年2月 3日 (日)

懐かしのクモハ12053

Img87812以前の愚記事、『国鉄書体』を読んで下さったレッドラインさんが『古い記録から クモハ12の形式表記』との記事を書かれている。

私も1993年6月に鶴見線の撮影に行った折、クモハ12に出会ったことがあり、その時の写真をご覧頂こうと思う。尚、レッドラインさんの該当記事でのコメントに、自分もクモハ12052に出会ったと書いていたが、自分の記憶違いで実際に出会ったのはクモハ12053の方であった。この場をお借りして、レッドラインさんには深くお詫び申し上げる次第である。

さて、先ずはお馴染みの車番標記から。

Img87912

当然の如く、ガチ国鉄書体である。

続いて、形式・全検等の諸標記。

Img88112

大井工場は2004年6月に「東京総合車両センター」 と名称変更されているので、これもある意味、記録にはなっているかなと。

続いて車内の様子。

Img88212

扉前の握り棒や、天井のグローブ式電球が、いい感じである。

Img88012

鶴見線内でのクモハ12の運用は、時期によって限定されていたり全線での運転となっていたりとマチマチのようであるが、私が撮影に行った当時は海芝浦支線にも足を延ばしていた。終点の海芝浦は、ホームは海に面した「崖っぷち」みたいな所で、おまけに出口を出ようとすると某社工場の入口に直結しているので、該当工場の社員さんしか降りられない駅として有名である。

Img88312

こちらは大川支線の終点・大川でのカット。17m級国電・クモハ12が遅くまで残されたのも、この大川支線の起点駅である武蔵白石が、厳しいカーブの途中に設けられていたことに起因する。現在、大川支線は武蔵白石のホームをなくして、手前の安善駅から線内に入るような形に改められたため、20m級車体の車両でも入られるようになった。

また、昼間時間帯の列車は廃止され、朝夕のラッシュ時のみの運用となっているのも残念だ。Img88412_2

大川を出発し、武蔵白石方面へ向かう同車。ご覧の通り殺風景な工場地帯で、昼間の列車が廃止されるのも頷けるような地帯ではある。鶴見線や南武線浜川崎支線の名物となっている「高~い架線鉄塔」が残されているのも、個人的には嬉しい。

同車は僚車であるクモハ12052と共に1996年に現役引退後、長らく大井工場内で保存されていたが、12052とは対照的に2006年4月に除籍され、昨年2月とうとう解体されてしまった。
昭和を偲ぶ遺物として、何処かで残して欲しかったとの気持ちは消えないが、保存先では多大な苦労を伴うだけで結局はボロボロの雨ざらしになるのが関の山であろうから、止むを得ないのだろう。

|

« 人気席 | トップページ | 間もなく終焉「セントラルライナー」 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

私が蝦夷から江戸に出てきたばかりの頃、見た事あります。
なぜか、高円寺に住みながら、神奈川で部屋を探した頃、わぁ、雑誌で見た事ある!!当時は鉄休止期間でありました。
カメラの一つも持って居れば・・・
結局、高円寺にしばらく住んでいましたが・・・そう言えば中央線を非冷房の101系が走っていました。

投稿: suzuran6 | 2013年2月 4日 (月) 15時21分

こんばんは
ずーっと蝦夷で生まれ育ったので趣味の知識として存在は知っていた電車ですが1996年まで現役だったとは知りませんでした。
長らく新型電車に出来なかった謎も解説いただきありがとうございます。
車内の握り棒、201系が出てきたときに試作的に取り付けられていたように記憶していますが、量産車には無かったように思います。
つり革に手が届かない位置に立つときなどは悪くない装備だと思うのですが、やはり混雑時は邪魔だと言うことだったのでしょうか。

投稿: kattsu-mqc | 2013年2月 4日 (月) 22時57分

>suzuran6さんへ
貴兄が江戸へ出られた当時は、まだまだ現役で活躍していたと思います。
私が撮影した当時は、運良く鶴見~大川・海芝浦の仕業もあり、鶴見駅で初めて見た時は私も「おぉ、これが、かのクモハ12かぁ」と思ったものです。
皆さんそれぞれに「鉄休止期間」がおありのようですね。昔はコンデジなどありませんでしたから、今の私のようにメモ帳代わりに持ち歩くこともままならなかったですよね。
鶴見線でも101系から103系へ、そして現在では205系と車両が置き換わっています。101系と聞くと、時代を感じてしまいます。

投稿: suzuran6さんへ | 2013年2月 4日 (月) 23時06分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
末期は非常にローカル部分での限定運用になっていたようですが、何しろ意外と遅くまで活躍していました。たまたま鶴見線を撮影した当時は、鶴見まで足を延ばしていた期間で、ラッキーだったと思います。
宮脇俊三さんの「時刻表2万キロ」にも武蔵白石駅のことが書かれており、「大川行のホームは、本線に寄り添うのを遠慮したかのような位置にあり……」とあったので、一度は訪ねたいと思っていた駅でした。
車内の握り棒は旧型電車の象徴だったと思いますが、結局は新形式では殆どの車両で採用されていませんね。やはり仰せのように、ラッシュ時には不向きだと結論づけられたのだと思います。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2013年2月 4日 (月) 23時23分

私がクモハ12に出会ったのは30年以上前だと思います。あの頃は大川支線だけの折り返し運用だったように思います。その後、乗客の減少で鶴見にも顔を見せるようになったと思います。それにしても17メートル車で両運とは言え自重44トンとは今とは随分違いますよね。それと握り棒ですが、201にあった記憶は曖昧なのですが205の六扉車、サハ204にはあります。

投稿: すーさん | 2013年2月 5日 (火) 01時39分

すみません。先程の件、訂正します。サハ204では無くサハ103の900番台の六扉車でした。山手線で見たので勘違いしました。201も何か握った覚えありますね。調べてみます。

投稿: すーさん | 2013年2月 5日 (火) 01時49分

オハ・ヨ・うございます。再度お邪魔します。Wikiで201試作車に握り棒あった事確認出来ました。

投稿: すーさん | 2013年2月 5日 (火) 06時59分

またまたゴメンナサイ!サハ204にも握り棒ありました。只今現車確認しました。何度も申し訳ありません。

投稿: すーさん | 2013年2月 5日 (火) 09時08分

こんにちは。
懐かしい車両の映像、ありがとうございます。
初めて訪れたのは1977年でした。その当時東京西部にはまだかなりの旧型国電が残っていましたが、一番古い車両であったクモハ12がそれから20年近くも活躍するとは思いもよりませんでした。
東京に就職してからも何度か訪れました。グローブ灯の雰囲気を味わいたく夜に行ったこともありましたね~。ただ運用が鶴見線全線になってから行けなかったのが心残りです。
1978年ごろ201系試作車の真ん中ポールの写真を撮った覚えがあります。旧国の仕様復活かと思ったのですが無しになりましたね~。
思えば東京のラッシュにあのポールは邪魔で危ないです。

投稿: tunnel_no2 | 2013年2月 5日 (火) 17時30分

>すーさんへ
コキぱんハ。
色々と情報を有難うございます m(_ _)m
クモハ12は、国鉄末期から1994年頃まで、鶴見に顔を出していたそうですね。それ以前・以降は仰せのように大川支線での限定運用だったようです。
戦前派の鋼製車体は重たいですね。今時の軽量車体のサハなら、大まかに2両でクモハ12の重さとなるようです。
扉前のポールは仰せのように201系試作車と、現行のサハ204についているようです。私もあれこれ調べたところ、201系試作車のポールは他線区へ転出の際に「邪魔」とのことで撤去されたらしいですね。
tunnel_no2さんも仰っていますが、東京の殺人的ラッシュにあのポールは危ないですね。

投稿: すーさんへ | 2013年2月 5日 (火) 21時36分

>tunnel_no2さんへ
こんばんは。
思えば、自分が撮影に赴いた3年後には営業運転から退いてしまったとのことで、あのタイミングで出掛けたのはラッキーだったかと思います。
貴兄が初めての鶴見線に行かれる前の年、1976年版の車両配置表があったので少し眺めてみました。当時鶴見線は全線で旧国、その他に横浜線や南武線など、軒並み73系の旧国だったようですね。
仰せのように、クモハ12は夜にも乗っておくべきでした……。最終的にクモハ12が生き残れたのは、両運型の17m級車との点が幸いしたようです。
201系の900番代にポールがあったのは、私は知らずにおりました。比較的早い時期に撤去されたらしいので、お写真が残っているのでしたら大変貴重な記録になりますね。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2013年2月 5日 (火) 21時57分

こんにちは。
懐かしいですね~。
当時散々乗っておきながら写真が1枚もありません(泣)
チャレンジの時も駅名板は写っていますが電車は写っていないんです。
今思えば味のある旧型国電ですが、当時はオンボロでフィルムが勿体ないなんて思っていたんですね。
何でも撮っておくべきですね。

投稿: N市のT | 2013年2月 6日 (水) 13時19分

こんばんは。
貴重な写真ですね~
17m旧国が1996まで残っていたとは驚きです。
私には全然馴染みのない車両ですが魅力を感じますね。
シルヘッダ付のブドウ色車体、渋いです!

投稿: vanagon714 | 2013年2月 6日 (水) 21時55分

>N市のTさんへ
こんばんは。
名古屋に住んでいながら、ぶどう色の旧国は殆ど記録していません。辛うじて飯田線のスカ色や80系などがちょくちょくと記録に残っています。
82歳の母もこの写真を見て「懐かしいね~」と言っていました。
「チャレンジ」された方は乗ることに精一杯だったのではと思います。私も学生時代の「乗り潰し」の頃の写真はあまり残っていません。今から思うと「フィルム代をケチるんじゃなかった」となるんですよね(悲)。

投稿: N市のTさんへ | 2013年2月 7日 (木) 22時05分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
当時「鶴見線に行けばクモハ12に会えるのが当たり前」と考えていたので、今になってこうした記録として残っていることに感謝!です。
シルヘッダー付きの車両は、遅くまで残った旧国でも多くはありませんので、貴重な存在だったと思います。
それでも思い返すと、最後まで残った旧国はこのクモハ12と小野田線本山支線のクモハ42だけで、どちらもぶどう色として残りました。変な色に塗り替えられなくて良かったなと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2013年2月 7日 (木) 22時15分

こんばんは。

まず前回の記事のコメントの件ですが、こちらこそ自分の思った
ことをそのまま書いてしまい、失礼しました。

さて、鶴見線には平成初期までこんな車両が走っていたのですね。

私は、4,5年前に沿線にある鉄鋼大手の某FEの工場見学に行った
際に鶴見線に乗ったことがありますが、ほとんど行き帰りとも
某FEやT芝など沿線にある企業の従業員輸送という感じだったのを
覚えております。
首都圏での通勤にレトロなクモハ12に乗れたとは、いいですね。

確かに保存して後世に残してほしかったですが、維持費等を
考えると解体は苦渋の選択かな、とも思えます。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2013年2月10日 (日) 18時52分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
この時までに旧型国電は何度か見ていましたが、何れも20m級の車両だったため、クモハ12の実物を見れたのは結構感動モノでした。
私が撮影に行った時は、他の運用は103系で運転されていました。今の205系同様3両編成でしたが、昼間は閑古鳥が鳴いている状態で少々気の毒に思えたものです。仰せのように工場の従業員輸送が主な路線と云う感じですね。

私共は鉄道ファンなのでいいのですが、殊によれば当時若かった従業員の方々は「何で自分たちだけこんなオンボロ電車で……」と思っておられたかも知れません。
実際に除籍されてから解体までに15年以上要していますから、確かに東としても苦渋の選択だったのでしょうね。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2013年2月10日 (日) 23時00分

こんばんは。登場が遅くなってしまいました。コラボして頂きありがとうございます。
撮影されていたのは053という事で貴重で素晴らしい記録ですね。
記録の方は鶴見線全線の走行をするための建築限界に対応する関係から、窓に保護棒を追加した姿で、この際、塗装も一度綺麗になっています。この頃にフジテレビ番組「ワーズワースの冒険」にて活躍の様子も紹介されました。
補足的ではございますが、鶴見線撤退後は大井工場の庫内に保管されていたので、保存状態はとても良いです。053は後年残念ながら解体されてしまいましたが、これは現在も車籍が残る052への部品確保が目的でしたが、現在はそれを必要とする復活運転が無いのが残念な所です。
諸々事情はある様子ですが、まだ諦めてはいない様子ですので、今後に期待したい所です。

投稿: レッドライン | 2013年2月11日 (月) 17時59分

>レッドラインさんへ
こんばんは。勝手にコラボさせて頂きました。
鶴見駅で初めてお目にかかった時に「何か側窓の辺りがゴチャゴチャしているなぁ」と思ったのですが、そうした事情があったのですね。
テレビを全然見ない人間なのでフジテレビで紹介されたことも存じなかったのですが、この当時既に異色の存在でしたから何らかの形でテレビ出演していただろうことは察しがつきます。
053が残っていた理由は、部品確保でしたか。言われてみれば納得です。肝心な052も復活運転はありませんね。尤も車内はロングシートですから、仮にお客を乗せての運転になっても指定券発行は難しいかも、です(苦笑)。
閑話休題、052には何らかの形でもう一度本線を走って欲しいですよね。

投稿: レッドラインさんへ | 2013年2月13日 (水) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/49007380

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのクモハ12053:

« 人気席 | トップページ | 間もなく終焉「セントラルライナー」 »