« 道央いろいろ旅行(1~3日目) | トップページ | 函館本線・札沼線での写真 »

2012年12月 5日 (水)

道央いろいろ旅行(4~6日目)

4日目(12月3日)

今朝もゆっくり起きる。岩見沢より先へ行きたいので、昨日と同じ9時08分の旭川行で十分なのだ。

今日は居眠りせずに711系を堪能し

Dscn3947までやって来る。地図で目星をつけた撮影場所がある。

然し現実は厳しい。お目当ての場所は

Dscn3948除雪も入っておらず(これは覚悟していたが)、おまけに架線柱以外の電柱がある。何とかだましだまし、アングルをこしらえる。

2時間ほどでここを辞し、駅へ戻る。戻って気付いたのだが、茶志内駅って

Dscn395211番線が存在しないんですなあ。

13時21分の

Dscn3955711これで早くも戻りにかかる。道内の冬の日暮れは早いから、早めに戻りたい。岩見沢、江別で乗り換えて、厚別に15時前着。

一昨日お会いしたtunnel_no2さんが、「厚別へ来た際には、是非一声掛けて下さい」と仰って下さったので、そのお言葉に甘えたのである。改札口でtunnel_no2さんと合流し、すぐに駅付近の「北海道開拓100年記念塔」が見える撮影地まで赴く。

僅か30分あまりだったが、撮影にお付き合い頂いた。いい撮影場所もご存知で、色々アドバイス頂いて大変有難かった。

16時前にはtunnel_no2さんとお別れし、札幌へ戻る。道内最後の夜になるので、荷物の整理などで時間を食う予定なのだ。

tunnel_no2さん、またお忙しいお時間を割いてくださって、有難うございました。

5日目(12月4日)

朝は少し早めに起きる。札幌を7時ちょうどの札沼線に乗ると新十津川への往復が出来て、その後、誠にうまい具合に帰りの切符を取った「トワイライトエクスプレス」に乗れるのだ。

まずは石狩当別まで電車に乗り、ここから1両きりの新十津川行ディーゼルカーに乗り換える。車内は立ち席も出る繁盛振りだったが、次の北海道医療大学で立ち席が綺麗に降り、残った高校生たちも途中の石狩月形で全て降り去った。
車内には私を含めて4人の客が残された。これが「学園都市線」ではなく「札沼線」の現実なのだ。

更に駅々で一人、また一人と降りていき、とうとう終点一つ手前の下徳富で最後の一人が降りた。

Dscn3972JRの車内で一人きりになるのは何年振りだろうか。

役立たずの客を一人乗せた気動車は、時刻通りきっちりと終点の新十津川に着いた。外は残念ながら冷たい雨が降っている。一昨日には吹雪に近い状態だったのに、この辺り、12月の北海道は読めない。

運転士氏に「済みませんねぇ」と言いながら周遊きっぷを見せ、ちょっとばかりの写真を撮る。

Dscn3973そう云えば、終点まで来るのは確か1992年の札沼線初乗り以来だ。前来た時は夏だったけれど、あれから20年の歳月が過ぎたとは我乍ら吃驚である。

帰りはもと来た道を戻るだけなので、見終えたビデオを逆再生するような時間を過ごし、この列車の終点の一つ手前・北海道医療大学で降りる。次の札幌行はここの始発で、石狩当別まで行っては座れないと危惧を感じたからである。

予感は当たり、石狩当別からは高校生がどっと乗ってきて通路まで一杯になった。まだ昼前の時刻だが、どうやら期末試験の季節に当たっているらしい。 

閑話休題。

時刻通りの12時15分に札幌へ戻ってきた。トワイライトには2時間近くあるが、これは意図したことで、この間に一人で祝宴を張ろうと考えていた。以前vanagon714さんから紹介して頂いた駅構内の「蕎麦紀行」へ入る。

Dscn3988_2今日は運良く「開店5周年記念」とのことで、掻き揚げ蕎麦が300円引きだった。リーズナブルに祝宴が張れた。

ゆっくり★を楽しみ、残った時間は寝台車内での飲食品類の購入に充てる。トワイライトでは京都まで乗る予定なのでかなりの長丁場になる。あれこれ買い込んだら結構な荷物の量になってしまった。

発車25分くらい前にホームに上がる。やはり列車の入線はちゃんと見届けておきたい。

何度か乗せて頂いているが

Dscn3999深緑の車体に「個室」の文字は光り輝いて見える。

確か初めてのことと思うけれど、冷たい雨の中を発車。4日半いた札幌ともお別れだ。乗り鉄あり、撮り鉄あり、★会あり、失敗あり、今回もいろいろあった。

夕景で有名な室蘭本線・北舟岡付近で夕暮れを迎えた。

Dscn4008まさしく「トワイライトエクスプレス」。

6日目(12月5日)

昨晩、青森は定時に発車している。ただその際に「秋田県内で強風が吹いております。安全のため徐行運転致しますので、少し遅れが発生する見込みです」とアナウンスが入った。ぶっちゃけ、30分程度の遅れは想定しておいた。

朝のアナウンスで起こされ、曰く「只今、50分ほど遅れて運転しております。直江津到着は7時15分頃を予定しております」とのこと。冬に日本海側を通る列車に乗るのだ。50分遅れも仕方ないと布団を被りなおす。

お布団と仲良くしたかったのだが車掌氏が盛んに案内を入れる。「間もなく糸魚川を通過します。糸魚川はフォッサマグナの……」「間もなく親不知を通過します。ここは親知らず、子知らずの断崖で知られ……」。8時半過ぎに「間もなく黒部川を渡ります」で「えーい、うるさい、判ったわ」と、やっと布団を跳ね除けた。

その黒部川を渡って30分ほどすると富山に着く。富山は間もなく北陸新幹線が開通する。以前車両基地のあった辺りは豹変し、7番線から発車していた富山港線も昔物語になっている。

Dscn4048辛うじて、偶々居合わせた国鉄カラーの475系が見れたのだけが救いだった。

トワイライトは途中で北陸線の特急「サンダーバード」に抜かれるはずだ。50分遅れていては待機駅の変更など色々起こるだろう。この辺りは、金沢地区のダイヤ担当者が手馴れていると思う。

金沢を過ぎた美川と云う駅で臨時停車してサンダーバードを先に行かせ、機関車を付け替えた敦賀を過ぎて湖西線の大津京でも臨時停車をする。結局、遅れは60分に増幅した。まあ、止むを得ない。

結局、京都へはちょうど1時間遅れの13時15分に到着した。23時間以上、トワイライトの車両にお世話になったことになる。名残惜しい思いで

Dscn4073車両を見送る。

ここからは、在来線で名古屋へ戻るだけである。だから、長々とした旅行記も終わりにしようと思う。ただこれではあまりに締まりがないので、最後に一言だけ付け加える。

「北の辺の雪や雨は冷たかったけれど、人の心はとても暖かかったですよ」。 

|

« 道央いろいろ旅行(1~3日目) | トップページ | 函館本線・札沼線での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
長旅お疲れ様でした。
新十津川往復のキハ40は豊ヶ丘で見た1824号ですね。
札沼線非電化区間はゆっくりのんびり汽車の旅ですね。

蕎麦紀行で一人★会もいいですね~
長丁場のトワイライトも個室で寛げますね。
雪の無い京都駅の写真を拝見すると「内地」だなあと感じます。
またお会いできる日を楽しみにしております。

投稿: vanagon714 | 2012年12月 5日 (水) 23時51分

そうか、帰路に個室があったんですね東京泊まりの旅程も何となく納得。
確か名古屋駅も番線飛んでませんでしたっけ?
8番ホームの隣が10番線…?
茶志内の1番線の向うにもう一本線路ありませんでした?
昔の名残、通過用の線などがあり、???な駅ってありますよね。

投稿: suzuran6 | 2012年12月 6日 (木) 08時35分

こんばんは
北海道の旅お疲れ様でした。
今日から天候が荒れ出して道南から本州方面はウヤになっているようです。あと1日遅かったらちょっと大変なことになっていたかもしれません。
茶志内駅の東側(4枚目画像の右側)には以前油槽所があっていつも側線にタキが停まっていたのですが、見慣れた光景だったのでシャッターを押すこともないまま、気がついたら無くなっていました。

トワイライトも北斗星も乗車していないのでそろそろ乗っておかないと後悔しそうです。でも、お父さんのお小遣いでは難しいので予算折衝という難関が待ち受けています(悲)

投稿: kattsu-mqc | 2012年12月 6日 (木) 22時28分

>vanagon714さんへ
こんにちは。
お蔭様で今回も楽しい旅行をさせて頂きました。
札沼線は400番代を密かに期待したのですが、仰せのように豊ヶ岡で見た車両が入っております。どちらか1両が検査に入っているかも知れません。何れにせよ、お客様が少ないことは判っているので、のんびりした「汽車旅」になりますね。

蕎麦紀行は、いいお店を教えて頂いたと思っております。感謝、感謝です。今回は浦臼産のそば粉とのことでした。
23時間のトワイライトは思い切り寛ぎました。こう云う時、「個室」の存在は有難いと思います。
敦賀まで日陰に雪がありましたが、京都からは「内地」に完全に戻りましたね。
また、何れ、お邪魔したいと思っております。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年12月 7日 (金) 14時53分

>suzuran6さんへ
そうなんです。帰りに存分に贅沢をして(実は2人用個室です)、その代わりに往路は東京宿泊と云うことにしたんです。
名古屋駅の番線、よくご存知で。仰せの通りです。その昔は0番線・1番線のあと2番線も飛んでいたのですが、駅舎建て替えの際に現行番号に改められました。
貨物や小荷物を扱った時代の側線・中線的な意味合いのある番線があちこちに存在するようですね。茶志内も確か、2番線の外に雪に埋もれた側線があったと思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年12月 7日 (金) 15時01分

>kattsu-mqcさんへ
こんにちは。
お蔭様で、ご一緒させて頂いたり★会させて頂いたり、楽しい旅行でした。札幌日帰りは本当にお疲れ様でした。
昨晩からは北海道方面、吹雪と聞き及んでおります。確かにあと1~2日遅れていたら60分遅れでは済まなかったと思います。ウヤにならなかっただけでも幸いでした。
茶志内駅は、そう、写真右側がだだっ広い野原になっていました。油槽所があったのですね。貨物用線路が1番線だった訳ですね。

毎度毎度、トワイライトか北斗星を使わせて頂いておりますが、「アリとキリギリス」のような日がいつかはやって来ると思っています。あと数年我慢なされば、貴兄にも絶対チャンスは巡ってきますよ。うまくいけば「ご夫婦揃って」も実現すると思います。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年12月 7日 (金) 15時11分

こんばんは。
楽しい長旅お疲れ様でした。
今シーズンは天気が荒れているので、タイミングが悪いと玉砕するところでしたね。
無事終了出来て何よりです。

投稿: N市のT | 2012年12月 8日 (土) 22時55分

こんにちは、寒い中の長旅お疲れ様でした。

私は年末年始は会社が9連休なので札幌に帰省しようと考えている
のですが、写真を拝見して12月頭でこの大雪か…、と覚悟して
おります。

トワイライトexp乗られたのですね。私もお金と時間に余裕ができ
れば、と考えていますが、まったく実現のメドが立っていません。

私も首都圏で生活していると北海道の暖かい人の心に触れたく
なることがあります(N市でも暖かい人は多いと思いますよ)。

ところで、2本前の記事になりますが、私もN市時代にBックオフで
本を売却した経験がありますが、店員によって査定の甘辛に差が
あるな、と思っています。辛口査定の店員の名前は覚えておいて
その人がいる時は何もせずに帰ったこともあります。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年12月 9日 (日) 16時18分

>N市のTさんへ
こんばんは。
お蔭様で今回も楽しい旅行をさせて頂きました。
12月初旬を甘く見てはいけませんね。あと数日ずれていたら、仰せの通り玉砕するところでした。結局札幌に積もっていた雪は、そのまま根雪になりそうです。
旅行が無事終わってヤレヤレと云った感じです。
あとは……ですね。

投稿: N市のTさんへ | 2012年12月 9日 (日) 21時47分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
今年の北海道は冬が急速にやって来た様子です。12月初旬の雪がそのまま根雪になりそうな感じです。お出掛けの際はお気をつけて。
トワイライトは自分でもかなりの贅沢になります。北海道へ行く時はそれなりに気合の入れ方が変わります。
N市の人より、北海道の方の心の方が暖かいと感じるのは、私の僻目でしょうか。

2本前の記事、まぁ、ああいうこともあるさ、と云う感じで書きました。自分の場合、生活がかかっているのではなくて、不要なものを狭い家から排除する目的で持っていったので、安いなら安いで仕方ないとは思っています。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年12月 9日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/48073423

この記事へのトラックバック一覧です: 道央いろいろ旅行(4~6日目):

« 道央いろいろ旅行(1~3日目) | トップページ | 函館本線・札沼線での写真 »