« コード番号0004 | トップページ | 千種区民祭りへ“出勤” »

2012年10月 1日 (月)

職場の古いもの2題

Dscn2005h私が仕事でよく赴く、Hヶ丘の乗務員待機室。当たり前のように壁に鏡が掛けられているのだが、これをよく読むと「えっ? これって一体いつの物??」と思うような事実が浮き上がる。

このミラーの上部をアップしてみる。

Dscn2006

ん?……「三ツ和サイダー」? 三ツ矢サイダーなら当たり前に聞いたことあるが、堂々と「三ツ和サイダー」「オレンヂジュース」と書いてある。どこの会社だ?

更に、ミラーの下部をアップしてみよう。

Dscn2007_2

電話「東7035番」。何じゃー!! この電話番号は?!

因みにもう一つの文字、「東海飲料食品株式会社」も、現存しないようだ。名古屋市内に「㈱東海飲料」との会社ならば実在するが、これは昭和63年に設立されたものだそうで、この鏡の文字とは縁もゆかりもない会社だ。

このHヶ丘は、東山公園にあった路面電車の終点施設を、昭和34年の路線延長に伴って移設した際に開業したとされている。その後バス路線も開業して、待機室の持ち主は電車部門からバス部門へ移ったらしいのだが、あの電話番号を見る限り、昭和34年ってレベルじゃない。
鏡だから割れさえしなければ現役は続くのだろうが、それにしても物持ちのよい職場である。

もう一つ、気になって仕方ないものがある。

Dscn2340

これは別の場所、I下のバス乗務員待機室においてある時計付きラジオなのだが、これも相当古い。

周波数辺りを拡大してご覧頂こう。

Dscn2487

周波数を示す単位として、今一般的に使われているのは「キロヘルツ」との言葉だと思うのだが、このラジオは「KC」、つまり「キロサイクル」との表示をしている。戦前派の私の父が時折この言い方をするけれど、つまりは、そのレベルのラジオらしいのだ。ラジオじゃなくて「ラヂオ」と呼んだ方が正しいかも知れない。

このI下は、その昔は地下鉄の終点だった頃があり、それに付帯してバスターミナルも設けられた。地下鉄が通ったのは昭和35年のことだそうだ。そんな頃のラヂオではないかなぁと思う。

ただ、どうした理由でこれらの品々が今日まで置かれているのか、事情は部内の私でもサッパリ判らない。

(※後日追記:ラヂオの方は現在使えられない状態になっております)。

|

« コード番号0004 | トップページ | 千種区民祭りへ“出勤” »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
これは凄い骨董品ですね~
オレンヂジュース飲んでみたいですね!
鏡の額縁のような細工も気になります。
ラヂオも古そうですね。

投稿: vanagon714 | 2012年10月 1日 (月) 23時24分

三つわサイダー、検索した所出て来ました…天然の炭酸水で作っていたらしいですね…しかし、今はもう無い様です。
天然の炭酸水で作ったサイダー、今なら結構売れそうな気がします。

ラヂオ、私が子供の頃家にあったラヂオも「サイクル」と書いてあった記憶が‥
この時計とラヂオは「生きている」のでしょうか?

両方共にここまで、保存(?)してしまったら、捨てられないんでしょうね。

投稿: suzuran6 | 2012年10月 2日 (火) 12時24分

こんばんは。
Hヶ丘・I下骨董品館ですね~。
「三ツ和サイダー」「オレンヂジュース」どんな味だったか興味深いです。
手書きの文字が味があっていいですね~。
「ラヂオ」も時代を感じさせる一品ですね~。
ともあれ、物持ちの良い職場です。
裏を返せば予算が付かないのですね(泣)

投稿: N市のT | 2012年10月 2日 (火) 19時37分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
まさしく「骨董品」の部類です。
オレンヂジュースは私も興味が湧きます。どんな味だったのか、時代を遡ってみたい気がします。
凝った意匠の鏡の縁は、実は気が付きませんでした。写真を拡大して納得しました。以前、九州の鳥栖駅で古い駅の支柱を見たことがあるのですが、その接続部がこんな感じの古い造りになっていました。
ラヂオもどうした経緯でいまだ嘗てあの場所に置いてあるのか、知りたいですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年10月 2日 (火) 21時48分

>suzuran6さんへ
私も三ツ和サイダーを検索した所、(多分)同じサイトに辿り着きました。そうです、マークも同じで、兵庫県で天然水を使って作られていた過去があるようです。
今だったら逆に珍重がられて売れそうですよね。

時計とラヂオはご説明不足でした。本文末尾に追記しましたが、現在はコードが途中で切られていて使えない状態になっています。
父が結婚(昭和32年)前に購入した云う管球式のラヂオがつい最近まで魚澄庵で現役でした。やはりキロサイクル表示になっています。
何れにせよ、捨てるに捨てられない、と云うのがホンネなのかも知れませんね。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年10月 2日 (火) 22時10分

こんばんは。
物を大切にしていると言う観点を含めて素晴らしいですね。
共通する『ヂ』が何とも懐かしい響きと言いますか(私は世代ではないですが…笑)
かつて、地元の古い市場に『○ンカレー』の看板があったのを思い出しました。

投稿: 北の旅人 | 2012年10月 2日 (火) 22時14分

>N市のTさんへ
こんばんは。
三ツ和サイダーはsuzuran6さん宛にも書きましたが、兵庫県に製造元があったようです。ただ味は当然判りません。
同じ兵庫県産で「アップ水」と云うジュースが現存します。柑橘系の味で、ひょっとしたらこちらが「オレンヂジュース」と似た味かも知れません。
最近は印刷技術の普及で、鏡にも手書きで文字を入れることは少なくなりましたね。まさしく骨董品と化しております。
I下のラヂオは鳴らないのに置いてあるんですよ。なので余計、置いてある理由が謎です。
予算がつかないので、格好だけ置いてあることにしてあるのでしょうか……?

投稿: N市のTさんへ | 2012年10月 2日 (火) 22時40分

>北の旅人さんへ
こんばんは。
物を大切にすると言うか、ただ単に予算が下りないと言うか、どちらかは判りませんが、然し物を大切にする精神は使い捨ての昨今、いいことですよね。
殊に、鏡の方は割れない限り現役ですから、よしとしておきましょう。
私も「ヂ」の世代ではないのですが、何となく懐かしさを覚えます。松山容子さんのホーロー看板も今では貴重品ですよね。時折旅先で、錆びかけたものを見つけることがあります(笑)。

投稿: 北の旅人さんへ | 2012年10月 2日 (火) 23時06分

こんばんは。おじゃまします(^^)
飲料メーカー出のグッズや、古いラジオは、多種多様にマニアが居ますから、欲しがる人も出てくると思います(^^)
それにしても、見事な物持ちの良さで驚きました。
職場のなんじゃこりゃ?シリーズですね(^o^)

投稿: レッドライン | 2012年10月 4日 (木) 18時55分

こんばんは
どちらも年季ものですね~
鏡の電話番号の標記は「電話交換手」さんにお願いして繋いでもらった頃のものだろうと想像しています。
同じような標記の電話番号が記されている鏡を身近で見た気がするのですが、どこの場所だったか思い出せません(残念)

ラヂオはノブが無いので現役ではないのかな?と思ったらやはり不動でしたか。
周波数がHz表示に変わってから相当経ってますが、そういえばアマチュア無線で「混信が酷いから○kc下がりましょう」なんていう会話を平成になってからもHF帯で普通にしていました。

投稿: kattsu-mqc | 2012年10月 4日 (木) 21時59分

>レッドラインさんへ
こんばんは。いらっしゃいませ。
飲料はネットで調べてみると、結構マニアックなことが載っているようですね。所謂「飲料マニア」も存在するんだなぁと、ちょっと感心しています。ラヂオ共々、戦後の昭和物を集めている方からすれば垂涎モノかも知れませんね。
殊に鏡の方は、乗務員の出入りも非常に多い待機室に、当た~り前にぶら下げてあるんです。あの電話番号に気付いている人は何人いるかなあとも思っています。
昔の国鉄は新しいもの欲しさにわざと物品を廃棄することもあったと本で読みましたが、ウチの職場は本当に「使い倒す」ようです (^ ^ゞ

投稿: レッドラインさんへ | 2012年10月 4日 (木) 22時47分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
そうか……言われてみれば「交換手」さんに繋いでもらっていた時代があったんでしたね。その時代のものに間違いないでしょう。
ところで名古屋で交換手さんが必要だったのは、何年頃までなんでしょう?? 機会があったら両親に尋ねてみます。
同じような電話番号、見つけられたらお知らせ下さい(笑)。

ラヂオはそうなんです、ノブも取れ、コードも裁断されていて完全に使えないのですが、何故か置いてあるのです。
私はアマチュア無線の免許は持っていませんが、HF帯の受信できるレシーバーは持っています。たまに気分次第で聞き流してみるのですが、そう云えば無線用語としてはまだ「キロサイクル」の言葉って生きていますね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年10月 4日 (木) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/47198631

この記事へのトラックバック一覧です: 職場の古いもの2題:

« コード番号0004 | トップページ | 千種区民祭りへ“出勤” »