« 富田駅と三河地区での写真 | トップページ | 四国の県庁所在地を全部通る旅(4・5日目) »

2012年9月 5日 (水)

四国の県庁所在地を全部通る旅(1~3日目)

1日目(9月5日)

先日、撮影に出たばかりだが、9月は9月で休暇を押さえてあるのでまた旅行に出る。今回は4泊5日の予定である。

四国へ行くのであるから、例によって新幹線でビュンと岡山まで、そこから瀬戸大橋を渡る特急「しおかぜ」にて松山へ至る。名古屋を出たのが8時過ぎ、松山には13時過ぎに着いた。

Dscn3379先ずは愛媛県の【松山】を通る。今回は土讃線の末端部分、須崎から窪川辺りが撮影目的地なので、ここは僅か11分の停留でほぼ素通りする。次は宇和島行きの特急「宇和海」で宇和島まで行く。

慌しく発車し、内子線に入ったら眠くなった。居眠りする内に八幡浜に着き 、更に進んで14時43分、宇和島に着く。

50分近く待って、今度は予土線の鈍行で窪川へのんびり歩を進める。名古屋を出た時は晴れていたが、宇和島では雨になっている。雨の中をひたすら鈍行で太平洋側の窪川へと出る。

窪川へは17時49分着。ここから宿のある土佐新荘まで、また鈍行に乗らなければならない。土佐新荘とは、須崎の一駅下り寄りである。次の鈍行は約1時間待ち。

Dscn3393窪川で既にこんな暗さだ。18時45分にやっと出発し、土佐新荘には真っ暗になった19時13分定刻着。駅には

Dscn3397が住み着いている、何か変わった駅だ。

駅から近い「ビジネスホテル」へ赴くと、フロントのおばさんは私に鍵だけ渡して、食事などの都合も一切聞いてくれずにさっさと何処かへ車で帰って行ってしまった。

入った部屋も、ビジネスホテルだか学生の下宿だか判らないような、何か中途半端な造りである。兎も角ここで3泊するから、この風変わりな雰囲気に慣れるしかない。

幸い、宿の前に大きなスーパーがあるので、そこで弁当などを買い込んで宿へ戻り、今はその風変わりなホテルの部屋でこれを書いている。明日からは天気が悪いそうだし、どうやって日々を過ごそうか、かなり知恵を絞らねばならない。

2日目(9月6日)

朝はゆっくりと8時半に起きる。意外にも外は雨ではない。9時43分の高知行きに乗ることは確かだが、天気を見ながら行動するよりないだろう。

列車に乗り、少し考えて多ノ郷で降りてみる。駅近くに跨線橋などもあり、写真も程々に撮れそうだ。

Dscn3400こんな感じで線路を俯瞰する。隣の大間駅までは間近なので、一駅歩く。

空を見上げると、いわし雲が湧いている。

Dscn3402まだ暑いけれど、季節は徐々に秋へ向かっているようだ。

昼過ぎの列車で斗賀野まで上る。この駅はJR四国のホームページにも乗っているので、駅を見てみたい。

降りて気付いたが、自分は2年前にこの駅で降りたことがある。まあいいっか、折角降りたのだからと

Dscn3405チョウチョさんを眺めたりしながら、のんびり撮影する。

この後、吾桑でも降りて少し撮影し、宿には17時前に戻った。

今日はちゃんと夕食を頼んでおいたが、流石は南国土佐、

Dscn3423カツオのたたきがメニューに入っていた。

3日目(9月7日)

朝は人並みの時間に起き、7時13分の下りで一駅乗った安和まで行く。例によって「駅付近にいい撮影地あり」とネットで見てきた。

徒歩10分くらいの高台へ上って、さっき降りた安和駅付近の写真を撮る。取り敢えず今は

Dscn3424海の写真だけで堪忍して下され。上手く撮れていたら、また後日、記事に貼り付ける。

潮騒の音も心地よく、10時半過ぎまでここに居ついていた。

11時18分の下りで、更に南の六反地まで行く。ここから一駅・影野までの間を撮り歩きながら戻ろうと思う。沿線は

Dscn3433平凡な田園地帯だが、歩いているとそれなりにネタが見つかるものだ。幸い今日も晴れて暑いが、日に焼けながらゆっくりと影野方面へ戻る。
途中でシャッターレリーズが壊れてしまった。先日の旅行でもベルトが壊れたし、どうもこの所、○っこさんのタタリの様相を呈している(スイマセン、超ローカルネタです・汗)。

気の向くままに撮り歩き、影野駅には16時少し前に着いた。

Dscn3437駅舎からは線路を渡る島式ホームだが、待合場所の木造りに安堵感を覚える。

16時44分の須崎行きで、今日も早々に宿へ戻る。早く帰らないと、宿のおばさんが夕食を作らずに帰ってしまうのだ。変わった宿だが、3日も泊まると要領が判ってくる。ここの宿は今夜が最後だが、兎も角夕食さえマトモに食べさせてくれれば文句を言う筋合いもないのだ。

|

« 富田駅と三河地区での写真 | トップページ | 四国の県庁所在地を全部通る旅(4・5日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
出撃中ですね。
四国は一度も訪れたことのない場所です。
どうも昔の印象で気動車王国と思ってしまいますが、
今は電化区間もあるんですよね。

続きを楽しみにしております。

投稿: kattsu-mqc | 2012年9月 7日 (金) 22時14分

こんばんは。おじゃまします。
旅道中での更新お疲れさまです。
私は四国は10年以上前に千葉から愛車を飛ばして勢いで四国を一周するという(笑)無謀な旅をしたきりなのですが、いつかはサンライズで行こうと思っています(^^)
お泊まりの宿は少々風変わりなご様子で、でもある意味旅情の一つでしょうか、、、(^o^)
続きを楽しみにしております。
道中お気をつけて楽しい旅を(^-^)/

投稿: レッドライン | 2012年9月 7日 (金) 23時47分

おはようございます。
遠征お疲れ様です。
風光明媚でいいところですね~。
N市より涼しいのでしょうね。
またタタリが出ているようですが、気を付けてcamera楽しんで下さい。
結果報告楽しみにしています。

投稿: N市のT | 2012年9月 8日 (土) 08時24分

こんにちは。
遠征お疲れ様です。
四国は久しぶりに行きたいと思っているのですがなかなか
北海道からは遠い地ですね・・・
ベースキャンプのビジネスホテルは風変わりな感じなのですね~
お話を聞いていつかの名寄の宿を思い出しました。
成果アップ楽しみにお待ちしておりますね。

投稿: vanagon714 | 2012年9月 8日 (土) 16時24分

こんばんは。

私がN市に来た初めの年の5月と11月に数日間高知の土佐大正付近に
滞在していました。大きな買い物には窪川まで出なければならず
大変でした。とても懐かしい場所です。

宇和島まわりで窪川入りされた、とのことですが沿線の四万十川の
自然は最高ですね。四万十川の撮影スポットも多々ありそうです。

それにしても滞在されている「ビジネスホテル」のおばちゃんの対応は…。1990年代の
北海道最大都市の市営バスの運転士さんもこんな感じの方確かに多かったですね。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年9月 8日 (土) 20時53分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
私が初めて四国を訪れたのは、約30年前の1983年です。当時は仰せのように電化区間はなく、まさに気動車王国でした。
歳月が経ち、瀬戸大橋も完成し、今では瀬戸大橋部分と、高松~松山・琴平が電化されています。四国オリジナルの電車も多く走っていて、結構楽しめますよ。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年9月 8日 (土) 21時05分

>レッドラインさんへ
こんばんは。
ようこそお越し下さいました。
千葉から自家用車で四国一周の旅とは、気宇壮大ですね。私は運転職にありながら、実は車の運転が凄く苦手なんです。ロングドライブは自分の脳裏には全くありません。
土佐新荘(須崎)の宿は本当に変わっていました。アパートと兼業しているような宿です。まあでも、それも旅の思い出になりますね。
お蔭様で旅程は順調に進み、今は阿波池田の宿からこれを書いています。
明日も気をつけて、自分の住まいである名古屋まで戻りたいと思っています。

投稿: レッドラインさんへ | 2012年9月 8日 (土) 21時14分

>N市のTさんへ
こんばんは。
今回は思いがけず長い休暇が取れたので、cameraに乗り鉄にと贅沢な旅行になっています。
四国は地味ながら、風光明媚な場所が多いですね。車窓を見ていると飽きることがありません。ただ、意外と暑いんですよ。まだ9月初旬ですものね。
寄り道の多い旅行はまだ続きますが、フィルムカメラではどんな映像が撮れているのか……ちょっとドキドキしています。

投稿: N市のTさんへ | 2012年9月 8日 (土) 21時19分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
怪我もよくなってきたので、例によって旅行行脚です。
四国はここ何年か、毎年訪れています。新幹線と瀬戸大橋の力は偉大だと思います。確かに北海道からは遠いですよね……。
土佐新荘の宿は、レッドラインさんにもお書きしましたが、本当に変わっていました。アパートみたいな下宿みたいな、でもやっぱりビジネスホテルではありました。名寄の宿はまだまだ普通のビジネスホテルだったと思います。
写真は例の如くフィルムですので、どんな写真が撮れているか楽しみでもあります。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年9月 8日 (土) 21時32分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
土佐大正とは、また随分田舎へ行かれたのですね。
確かにあの辺りだと、窪川まで出ないと大きな買物は出来ないと思います。
周遊きっぷの都合もあって、宇和島回りにしてみました。四万十川沿線は、本当にいい所ですね。
土佐新荘のビジネスホテル、皆さんに書いていますが変わった宿でした。どうやらフロントのおばさんは車でここに通っているようです。ホテルに寝泊りはしていないらしいです。
まあ、でも、これも旅の醍醐味でしょうか。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年9月 8日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/46963128

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の県庁所在地を全部通る旅(1~3日目):

« 富田駅と三河地区での写真 | トップページ | 四国の県庁所在地を全部通る旅(4・5日目) »