« 昔の記憶を呼び起こし~長良川鉄道の旅 | トップページ | 昭和50年代前半の中央西線 »

2012年8月 8日 (水)

頂き物の下敷き

Img702いつ頃頂いたのか忘れてしまったのだが、我が部屋に君臨するこの下敷き。

写っている電車たちが「最新鋭」と言われていた時代だから、多分昭和57~8年に頂いたものなのだろう。ってことは30年ぐらい昔か。うん、そんなもんになるかも知れないな。

母の旧友のご主人が日本車両にお勤めで、定年間近の時にはかなりのお偉さんまで行かれたとのこと。私が鉄道好きだからとて、時々思い出したようにこうした「日車グッズ」を下さった。その中の一つだ。

東海道にしても東北にしても、新幹線がまだ「ユデタマゴ型」の頃。30年前って云うとそうなるか……。

201系電車、登場時はチョッパ制御の省エネ電車って騒がれたっけ。

113系の湘南色、今ではあるのかどうか。JR西日本に113系自体は存在するけど、湘南カラーで残っていた編成はあったかな?

117系、関西でデビューした後、名古屋地区にも昭和57年にやって来た。名古屋地区に新製電車が配属されることは珍しくて、ニュースになったなぁ。

119系は、先日来度々このブログで話題にしたけれど、何しろ先日、全車が引退した。6月に東北からの帰り道で、西浜松に大量留置されている姿を見たなぁ。解体を待つ姿は気の毒だった。

名古屋の地下鉄5000系、今でも走っているけど、初期ナンバーの編成は廃車になり始めている。今では東山線で最古参の形式だ。

時代を感じる。30年って、そういう歳月なんだと。だが、これらの車両は今でも遜色なく自分の頭の中に収まっている。幸いモノが下敷きなので、これ自体の写真が色褪せていないのは有難い。

大切にしまっておきたいアイテムの一つである。

|

« 昔の記憶を呼び起こし~長良川鉄道の旅 | トップページ | 昭和50年代前半の中央西線 »

鉄道その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
下の2つを除いて馴染みのある車両ばかりですね~。
113の湘南色はまだ関西にありましたよ。
国鉄車両は味があっていいですね~。
N市に来た頃は黄色ばかりで5000も新しい感じでしたが、今や廃車が出ているので、時間の経つのが早いと感じますね~。

投稿: N市のT | 2012年8月 8日 (水) 22時46分

>N市のTさんへ
こんばんは。
仰せの通り、下の2つ以外はご縁のある車両ばかりですね。
113系の湘南色は、まだありましたか! いやいや、よくぞ残ってくれているものだと思います。
国鉄型は全国統一したようなマスクでしたけれど、時代や地域ごとに微妙な違いがあって、それがまた地方へ行く楽しみでもありましたよね。
当地の黄色い電車もいつの間にかなくなり、今や5000系の初期編成に廃車ですものね。本当に時代の早さを感じます。登場当時は冷たいステンレス車両に感じましたけれど、なくなりつつあると思うと情が移ってしまいます。

投稿: N市のTさんへ | 2012年8月 9日 (木) 21時01分

こんばんは。
やはり昭和の車両はいいですね~(^^)
車輌メーカーはいろいろな車輌を作るものだなあと感心します。
115系電車、こちらの711と良く似た塗り分けですね。
こうして見ると711とは微妙に違う顔なのが分かります。
N市営5000系、写真の中では一番新しい感じですが廃車になってきているのですね。

投稿: vanagon714 | 2012年8月 9日 (木) 21時13分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
昭和の車両は、温厚な顔をしていますね。見ていても心が和みます。
流石に日本車両だけあって、色々な電車を作っていますね。下敷きの裏面は記事に載せませんでしたが、海外向けの車両が同じように写っています。
ここに載っている115系は身延線用のものですが、言われてみれば……です。色合いは115系の方が紫に近いものになっています。山梨のワインをイメージした塗装だったそうです。
市営の5000系は、早いもので廃車が出始めています。昭和57年って30年も前ですものね……。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年8月10日 (金) 20時15分

こんばんは
私も115系が711系に見えました。
画像をクリックしてから「こんな塗装もあったんだ~」になりました。
同型車でも地域によって色が違ったり、逆に全国共通で同じ色だったりというのも国鉄時代の良さだったのかもしれませんね。

それなりの年齢になったこともありますが、今では各地で色も形も違っていて車両が覚えきれません(悲)

投稿: kattsu-mqc | 2012年8月10日 (金) 22時22分

残念!115系のこの色だけが乗った事ありませんでした(;ω;)
途中でこの塗装へ変更したのではなく、製造時からこの色だったのですね…知らなかった。
子供の頃にこんな物を貰うと、何度も何度も眺めて擦り切れてしまいませんでしたか?
この中では黄色い201系が一番のお気に入りです。

投稿: suzuran6 | 2012年8月11日 (土) 15時46分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
やっぱ、あの塗装の115系は711に似ていますよね。微妙に色合いが違うのですが、正面天井のヘッドライトがなければ、711に間違えられても仕方ありませんね。
因みにあの115系は身延線用として作られたもので、中間車モハはパンタ部分が低屋根構造になっており、2600番代を名乗っています。
ローカルカラーは広島地区(現・瀬戸内色)がキッカケかと思いますが、国鉄末期には色々な塗装になりましたね。

JRになってからの形式・カラーはややこしいですよね。721系とE721系では全然別物ですし、その721系にしても細かい番台区別までは私も覚え切れません。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年8月11日 (土) 20時14分

>suzuran6さんへ
そうなんです。製造時に身延線へ投入されることが決まっていたので、当初からローカルカラーで出場しています。運用の間合いで東海道線や御殿場線も走っていたようです。
ただ、民営化後は逆にそれが災いし、結局湘南カラーに戻されてしまったという悲しい経緯があります。
子供の頃、初めて買ってもらったHOゲージの車両がモハ152でした。車両の中央部分が少し塗装が薄れるくらい、遊び倒しました……。
201系も関東からは消えてしまいましたね。中央線や総武線であれほど活躍したのに、早くもお払い箱とは寂しいですね。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年8月11日 (土) 20時28分

こんばんは。
おじゃまします。
鉄道下敷きつながりでコラボさせて頂きました。
営団8000系つながりという意味ではvanagon714さんともWコラボになっております(汗)
お時間に余裕がある時にでもご覧頂けましたら幸いです。
さて、私は京葉電車区(当時)勤務時代があるのですがこの時はまだ103系も現役でしたが201系は末期でもないのに末期の様な劣化具合でしたので
置き換えは仕方なしだったかなという感じでした。
よく、東日本の201系はジェット音がすると言われていましたが、これも劣化音んでした(泣)
身延色はインパクトありましたね。途中クハが数両、新潟へ転じましたが、こちらは新潟で現存しております。
このワインレッド色は、こちら方面に出向いた時でも撮影機会に恵まれず、一枚も記録できなかったのが悔しい思い出です(泣)

投稿: レッドライン | 2012年8月14日 (火) 19時42分

>レッドラインさんへ
こんばんは。
コラボ有難うございました。
鉄道マニアたるもの、こうしたアイテムを手に入れるとやはり大切に保管してしまいますね(苦笑)。
201系は名古屋にない形式で、東京や大阪に行くと見るのを楽しみにしていました。省エネ電車と騒がれた割には、劣化が早かったのですね。103系がいる時代からそんな劣化音がしていたとは、全く気付かずにおりました。京葉電車区と言いますと、ブルーの201系ですね。
身延線の新塗装は、私もインパクトがありました。わざわざ正月休みを利用して、富士駅まで撮りに行ったりしました。115系初の低屋根モハ車も見たかったものですから……。
クハだけですが新潟で現役とのこと。普段は番号まで一々気にしていないのですが、機会があれば見てみたいなと思っています。

投稿: レッドラインさんへ | 2012年8月14日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45457126

この記事へのトラックバック一覧です: 頂き物の下敷き:

« 昔の記憶を呼び起こし~長良川鉄道の旅 | トップページ | 昭和50年代前半の中央西線 »