« 郡山近辺での写真 | トップページ | “飯坂電車”往復乗車の記 »

2012年6月27日 (水)

トヨタロングパスエクスプレス

Img808

前回の記事で「後日別記としたい」と書いた列車のことを、今度こそはきちんとご紹介したいと思う。

タイトルにある通り、この列車はトヨタ専用に組成された貨物列車である。この記事を書いている現在、土日運休でそれ以外の日は1日に2往復の設定がある(発駅基準)。

初めてこの列車を見たのは何年前だったろうか。自分が東北本線の列車に乗っていたら、青色のコンテナばかりを積載した貨物列車とすれ違った。JR貨物のコンテナは小豆色が基本だから、この列車はすれ違っただけでも大変目立った。「何の列車だろう?」。当初はそんな程度にしか思っていなかった。

これが当の「トヨタロングパスエクスプレス」だと知ったのは、まだ3年位前だったと思う。3年前の6月に、今年同様、東北本線を撮りに出掛けているが、その時にもこの列車を写している。六原駅付近を通過する映像である。

Img815

先頭ではこんな感じだが、これが

Img816

かように「TOYOTA」と書かれた青コンテナばかり延々と続くのだ。因みにコンテナは31フィートコンテナとのこと。基本的に20両編成で運転される。

Wikiで調べたら、運行開始は2006年11月のことだそうだ。地元・名古屋は笠寺駅(正式には名古屋臨海鉄道の名古屋南貨物駅)から発車しているという。行先は2本とも盛岡貨物ターミナル駅。主に愛知県内にあるトヨタ系の工場で作られた自動車部品を、岩手県にある関東自動車工業・岩手工場へ運ぶための列車だとのこと。

先日撮影に赴いた東北本線内では、2往復の内1往復が完全に夜間の時間にかかってしまう。で、撮影できるのは実質1日1往復分だけとなる。
そんな次第なので、先日の旅行でもこの列車を中心にして撮影日程を組んだ。あちこちをウロチョロしたように思われるかも知れないが、できるだけこの列車と判りやすいような場所で撮ることを主眼に、撮影地選びをした結果が先日の旅行なのだ。

一番上の写真は、久田野駅近くの陸橋から撮っている。他にもこの列車を撮っているので、撮れた分だけでもご笑覧頂ければと思う。

Img805

ここは先日の記事でも別のコンテナ貨の写真をご紹介したが、五百川駅近くの陸橋から。上り列車で東北線内の列車番号は4052レ。

Img810

上下線が分離している、松川駅からの撮影ポイントにて。これも4052レ。コキの先頭がまさかの空コンだったのは、ちょっと痛かった。余談だが、これを撮った2日後に、この近所でヒグマが出たらしい。それ程、無茶苦茶な山奥ではなかったと思うのだが。尚、正式な駅間は松川~金谷川になる。

Img812

雨に降られながら撮った五百川での下り列車。こちらの列車番号は4055レ。

フィルムでの写真は以上だが、旅行4日目の日曜日(6月17日)にイレギュラーがあった。旅行記の4日目で掲載したコンデジ写真を、ちょっと部分拡大でご覧頂こう。

Dscn3046

左側に写っているのは、紛れもなく下りのトヨタロングパスエクスプレスだ。発駅基準で土日運休なのだから、日曜日は上下共に完全なウヤとなるはずなのに、何故か福島交通線に乗ろうとしていたら福島駅のホームに入ってきた。自動車産業は上向き景気の兆しが見えてきたとのことで、土曜日の便も臨時で運転されることがあるのだろうか。

詳しい運転情報は判らないけれど、何しろこんな列車もあるのだと皆さんにお伝えできればと思い、別枠での記事とさせて頂いた。

次回は福島交通線の乗車記が……書けるかな?

|

« 郡山近辺での写真 | トップページ | “飯坂電車”往復乗車の記 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
トヨタがこういう列車を運行しているというのは知っていましたが
見るのは初めてです。
赤い機関車と青いコンテナのコントラストがいいですね!
4枚目の俯瞰気味の写真が特に好きです。

トヨタはハイブリッド車を中心にフル生産しているので土日も運転しているのでしょうか?
見るからに効率の良さそうな輸送法ですよね。

投稿: vanagon714 | 2012年6月27日 (水) 23時58分

こんばんは
道外の貨物事情はあまりよくわかっておらず「トヨタロングパスエクスプレス」も初めて拝見いたしました。
1社からの荷でこれだけの列車を仕立てられるというのは凄いな~と思います。TOYOTAロゴ入りのコンテナで統一されているのも美しいですね。

投稿: kattsu-mqc | 2012年6月28日 (木) 21時34分

こんばんは。
一昨日タンクの廃回とホキの甲種の撮影に行く時、ちょうどトヨタ号を見たところです。
こちらは桃太郎で青ですが、金太郎は赤なのでコンテナの青とマッチしていていいですね~。

投稿: N市のT | 2012年6月28日 (木) 22時32分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私も列車の名前は聞いていて、青いコンテナ列車は見ていたのですが、両者が頭の中で結びつくのに時間がかかってしまいました。
直流区間ではEF210の牽引になってしまいますが、交流区間ではEH500による牽引なので、いいコントラストになりますね。
眺めているだけでも楽しい列車だと思います。

トヨタの生産事情は詳しく存じませんが、日曜日の運転があったと云うことは、それなりに需要があることの証だと思います。
1列車をまるごと買い切るのですから、効率のいい輸送になりますよね。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年6月28日 (木) 23時57分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
一列車を丸々自社のコンテナで埋め尽くす辺り、流石は「世界のトヨタ」だと思いますね。
眺めていても「TOYOTA」ロゴのスカイブルーのコンテナが延々と続くので、編成美を感じます。
自動車は鉄道の敵ではありますが、こうした貨物列車が仕立てられるのはモーダルシフトに繋がって、いいことだと思いますね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年6月29日 (金) 00時03分

>N市のTさんへ
こんばんは。
タキ回送とホキ甲種、行かれたのですね。私も後から「鉄道ニュース」で知りました。
Tさんが見られたトヨタ号は上りか下りか判りませんが、お昼前後に当地区を走りますから、場所を選べば効率よく撮影できそうです。
桃太郎より金太郎との組合せの方が、いい色あいになりますね。

投稿: N市のTさんへ | 2012年6月29日 (金) 00時11分

こんにちは。たしか名古屋港から仙台港まで船便でやっていたのを鉄道にしたのではなかったでしょうか?この話を初めて聞いた時、JR貨物に拍手したい気分でした。岳南鉄道がJR貨物が扱いしなくなった為、貨物営業やめたりイヤな話もありますが、鉄道貨物まだまだやることあるような気がするんですねー。頑張って欲しいです。

投稿: すーさん | 2012年7月 1日 (日) 13時51分

>すーさんへ
こんばんは。
偉そうに記事を書いた割には、詳しい経緯を知らずにおります (^ ^;;;
名古屋から東北地区へ、何らかの形でトヨタが荷を送る必要は昔からあったと思います。以前は船便だったのですね。コンテナの製造費だけでも負担はあったと思いますが、それをしてでも鉄道の方が何らかのメリットがあると、トヨタもJR貨物も踏んだのでしょう。
昨年の震災で見直された石油輸送など、鉄道貨物にはそれなりの利点がありますよね。岳南鉄道の話は私も残念に思っていますが、もっともっと環境のためにも、地域の発展のためにも、鉄道貨物に頑張って欲しいですよね。

投稿: すーさんへ | 2012年7月 1日 (日) 20時50分

朝、通勤途中にすれ違った事があります。武蔵野線経由と山手貨物線経由がある様ですね。
迫力&綺麗な編成です。ただ模型的には、40個のコンテナを揃える為には、東京~名古屋、軽く2往復出来ちゃう程の経費が掛かってしまいます。
しかし、いつかは揃えたい編成ですね。…金太郎、いいなぁ~

投稿: suzuran6 | 2012年7月 1日 (日) 22時22分

>suzuran6さんへ
ご覧なったことがあるのですね。
仰せのように、一日に1本だけ(盛岡ターミナル行)山手貨物線経由で、他の3本は武蔵野線経由となっているようです。時間から推して、ご覧になったのは武蔵野線経由の名古屋南貨物行のようですね。
本当に綺麗な編成です。然し、模型となると……ですね。20両のコキ100系と40個の専用コンテナ、それに金太郎。金太郎だけでも相当な値段がすると思いますから、コキを集めていたらそういう経費が必要になりそうですね。
ご健闘をお祈りしております(と言いつつ、自分でも模型で再現したくなってます)。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年7月 3日 (火) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45759140

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタロングパスエクスプレス:

« 郡山近辺での写真 | トップページ | “飯坂電車”往復乗車の記 »