« 郡山近辺撮影旅行(1・2日目) | トップページ | 郡山近辺での写真 »

2012年6月17日 (日)

郡山近辺撮影旅行(3・4日目)

3日目 (6月16日)

8時過ぎにゆっくり宿を出る。まだ雨は降っていないが、いつ降り出してもおかしくない空模様だ。

一昨日降りた五百川で、今日は駅撮りをしようと思う。

2駅だけ乗った五百川で降りると、それを待っていたかのように雨が降り出した。駅撮りと言っても、私はホームの端から撮る。一方、駅の屋根は

Dscn3026私から遥かに離れた場所にしか設けられていない。例によって雨降り仕様の

Dscn3027_2このスタイルでカメラを構える。カメラ用と自分用と二つの傘を用意しているが、1時間以上撮っていたら持ち物類はびしょ濡れになってしまった。

書いていなかったけれど、この辺りはSuicaやそれと互換性のあるICカード類が使える。ここまでは現金で買った切符で来たけれど、これから赴こうとする杉田まではICカードで入場しようとすると「ピーー!!」と警告音がしてエラーの「下車記録がありません」が表示された。五百川は無人駅だから、ここでは詳しいことは判らない。電車はもう間もなく来る。仕方なく、大急ぎで自販機の切符を買う。便利さと不便さは表裏一体だ。

杉田は昨日も来た駅だけれど、昨日の内にホーム跨線橋からある程度撮れることを確認しておいた。

Dscn3028窓を開ければ、ある程度の撮影は出来る。それに何よりここなら雨に濡れる心配はない。

再度切符を買って、お昼の上り列車で郡山を通り越し、鏡石まで行こうと思う。途中の郡山で乗り換えの時間がかなりあるので、その間にICカードの不具合も見て貰おうと思う。

郡山に着き、早速、改札窓口へICカードの件を申し出ると「昨日、杉田の駅で入場して、そのあと出場していないですね 」と言われる。昨日はちゃんと郡山駅で自動改札機を通ったのに、どうしたことだろう? ともあれ窓口氏が「じゃあ、昨日の分も含めて解除しておきますね。これでお使いになれます」とカードを返してくれた。

13時20分の上りで鏡石へ至る。ここも駅の跨線橋からの撮影。ただ、無人駅だと思っていたら委託の出札窓口はあって、マルスと同じタイプの入場券も買える。それを買ってから、跨線橋で三脚を構える。

自分の横には

Dscn3035_2こんな案内がある。跨線橋は駅の東西自由連絡通路を兼ねており、今は使われていないホーム跡から

Dscn3036この写真で右手側に抜けられるようになっている。こちら側は完全に無人状態だから、自由通路を通ってホームに入られては、入場券を売る意味がなくなるとの含みがあるのだろう。

この駅では少し粘り、15時過ぎの上り・矢吹行まで撮っていた。矢吹まではICカードが使える。簡易入場機にかざしてみると「ピッ」と音がして緑ランプがついた。よかった。

矢吹は昨日通った時に、学生らで結構活気のある駅のように見えた。それで今日来てみたのだが、今日は土曜で学校関係は休みだ。おまけに駅跨線橋などは新しく作り直されて、撮影など一切出来ないようになっている。「煮ても焼いても撮れない」駅だ。
諦めて、みどりの窓口で入場券だけ買い、今乗ってきた電車の折り返しで郡山へ戻ることにした。郡山へは16時過ぎに着くから、ホテルにチェックインは出来るだろう。

折り返しの電車は「下校対策」の列車のようで、私の乗った先頭車は

Dscn3038始発駅ではこんな有様だった。

予定通りに郡山へ着き、ちょっと時間が勿体ないので駅の模様を少しだけ撮ってからホテルへ戻る。昨日に比べると味気ない一日になってしまった。

4日目(6月17日)

今日の予定は殆ど決まっている。福島まで在来線で出て、福島交通の電車に乗る。それから新幹線で帰る。それだけだ。

ホテルから出たら、幸い雨は止んでいる。
9時半頃の下りで福島へ向かうこととする。発車前に隣のホームをぼんやり眺めていたら、発車合図灯に目が行った。

Dscn3043

「新津方」「青森方」。言わんとするところは判るが、今ではどちらへも直通する列車は殆どない。国鉄時代の言い方を厳として守り通しているようで、ちょっと嬉しい気もした。

五百川、本宮、松川など昨日までの3日間で撮影した場所を通り越しながら、福島へ至る。福島の駅構内はよく知らないので、案内表示に従ってホームをうねうねと歩く。

目的は先程書いたように

Dscn3046

矢印の方であるが、この乗車記は例によって後日別記としたい。で、ここでは省略する。何しろ再度福島へ戻ったのは、12時少し前であった。

帰りの新幹線まで少し時間があるから、改札の外へ出て食事をしたい。駅そば程度の軽いものがいいなと思いながらコンコースの階段を降りると、目の前に「駅そば」の暖簾が見えた。

さて、腹もくちくなったし、指定を取った新幹線までまだ少し時間がある。待合室へ入ってぼ~っとしていたが、家に帰ってから思い出した。マルスの入場券を買い忘れていた。

とまれ、そんな次第で時間を過ごし、予定の時間になったので新幹線ホームへ上がる。外は晴れてきた。

発車するとすぐ右窓に

Dscn3084

綺麗な青空と吾妻山と思しき山が、雲間に見える。高村光太郎が『智恵子抄』で詠んだ「本当の空」とは、このことかと思う。

震災から1年余。福島県に、その意味での「本当の空」が戻る日が早く来て欲しい。そう願いながら、福島県を後にしたのであった。

|

« 郡山近辺撮影旅行(1・2日目) | トップページ | 郡山近辺での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
雨の中の撮影お疲れ様です。
こちらも今日一日雨模様でした。
とはいえ久しぶりの雨なので埃っぽかった空気もキレイになったように思います。
阿武隈急行線は一度乗車してみたいなあと思うのですがいつになるやら・・・

投稿: vanagon714 | 2012年6月17日 (日) 22時43分

こんばんは。郡山まで行かれたのなら水郡線なんて物も見ていただきたかったですね。N市には無い雰囲気だと思います。あと阿武隈急行が福島交通のホームの片側から発着しているようですがご覧なりましたでしょうか?前項で「東北線にSL…」の話がありましたね。調べてみたいと思います。私の家からなら行きやすいです。仕事にカチ合わなければ良いのですが…

投稿: すーさん | 2012年6月18日 (月) 01時49分

こんばんは
撮影旅行お疲れ様でした。
2枚目の画像を見て、カメラ用の雨具はやはり必要だな~と思いました。
雨中の撮影になると「用意せねば」と思うも、晴れるとすっかり忘れてしまうのでなかなか準備できずにいます(汗)
ちょっと話が逸れてしまいました。今回のポジの仕上がりを楽しみにお待ちしております。

投稿: kattsu-mqc | 2012年6月18日 (月) 21時55分

こんばんは。
15日おさかなさんが郡山のホテルでお寛ぎのところ、21時過ぎ頃近くの東北道を通りかかりました。
16日は同じ東北線で、雨と架線とポールに悩まされながら合羽着て頑張っていましたcamera
梅雨に入って雨の日の撮影はイヤですね~。

SLの話しですが、C6120ですね。
http://www.jr-sendai.com/wp-content/uploads/2012/05/SLふくしま復興号の運転について.pdf
最近は平日で、同業者、にわかカメラマン、見物客が少なく混雑しない、HMが付かない試運転を狙う方が多く見受けられます。

投稿: N市のT | 2012年6月18日 (月) 22時26分

今頃はそちらが大変な状況なんでしょうか?
実は東京も結構風雨が…

北関東~南東北、いまの内に駅観察しておくのが良いかもしれませんね。
のんびりとした駅の風景を見て、そう思いました。

投稿: suzuran6 | 2012年6月19日 (火) 20時47分

こんばんは。
最近は高頻度でいろいろな所に行かれているようですね。

オールロングシートの車両は、やはりラッシュ時間帯向け対応といえますね。個人的には
このタイプの座席配列は結構好きです。

郡山あたりでもICカード使えるのですね。確かにICカード先駆けのJR東日本ですが。

あと、台風には十分気をつけて下さい(明日は我が身ですが…)

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年6月19日 (火) 21時05分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
3日目は雨に祟られてしまいました。まあ、梅雨時の撮影行ですから、1日は降られるだろうと覚悟はしていました。
今日(20日)のこちらは、台風一過で夕方から晴れてきました。雨が降ると、埃っぽい空気が払拭されるのはいいことですよね。
阿武隈急行線には例の駅もありますので、お気持ちは判ります。早くご希望が叶うといいですね。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年6月20日 (水) 21時06分

>すーさんへ
こんばんは。
水郡線ですが、手元の記録を調べてみましたら1991年12月に3日かけてほぼ全線の撮影をしているようです。もっとも20年以上も前のことですから、景色も車両も変わったと思います。郡山の駅でハイブリッドDCのキハE130系を見て「ああ、水郡線の列車だな」程度には見学して参りました。
福島交通と阿武隈急行線は、島式ホームを仲良く分けて使っていますね。4日目記事の2枚目の写真で、ある程度はお判り頂けるのではと思います。
東北線のSLの件はN市のTさんがコメント下さったので、そちらをご参照頂ければと思います。

投稿: すーさんへ | 2012年6月20日 (水) 21時18分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
自分が有休を取った日が必ずしも晴れるとは限らないので、一応ある程度の「雨天時用グッズ」は持って行きますが、まだまだ不足を感ぜずにはいられません。カメラと自分は濡れずに済みますが、三脚やレンズのバッグなどがびしょ濡れになってしまうんですよね~。
何か対策を考えなければと思っています。
ポジが上がってきましたので明日にでもアップしたいと思いますが、3日目の雨天時の写真は壊滅状態です(汗)。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年6月20日 (水) 21時27分

>N市のTさんへ
こんばんは。
16日の21時頃……ちょうどbeerを終えて宿へ戻る頃だったと思います。そうですか、Tさんも東北線方面へ……。
17日は「東北線」の範疇はどこでもrainだったようなので、誰しも同じような苦労を背負ったのでしょうね。自分がいた範囲内ではcameraを持った人は見かけませんでした。
SLの詳細情報を有難うございました。実は1日目に本宮駅の近くで撮影していたら、近所の方が「東北線でもSLが走るらしい」と話し合っておられるのを耳にしていました。ただ、自分はそれ程SLに興味がないので、特に詳しいことを聞かずに過ごしてしまいました。
試運転ではHMは付きませんよね。成程、それであの年配の方は、「試運転ダイヤ」を尋ねてこられたのですね。納得です。

投稿: N市のTさんへ | 2012年6月20日 (水) 21時50分

>suzuran6さんへ
多分、名古屋より東京の方が風雨が強かったと思います。コメント頂いた時間は仕事中でしたが、「直撃するとテレビで言っていたのに、大したことないなぁ」と不思議に思っていました。

北関東から南東北の辺り、まだまだのんびりした雰囲気が多くてホッとしたものです。福島県内は冬にも訪れたいと考えています。
自分もいつまで「お気楽」状態が続くか判りませんので、記録できる内に記録しておきたいと思っています。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年6月20日 (水) 22時00分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
「月に1度、何処かへ撮影に出かける」。このスタイルは20年以上変えていません。最近の撮影頻度も、別に上げているつもりはありませんよ。
オールロングシートは、乗り鉄派の視点から見ると今一興味が薄れます。BOX席でもいいから、列車の進行方向(or180度逆)に座った方が寛げるような気がします。とは言え、地方でもラッシュはありますから、そう云った時間帯の列車は仕方ないですよね。

台風は結果論ですが、名古屋より関東圏の方が被害が大きかったのではないかと思います。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年6月20日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45678517

この記事へのトラックバック一覧です: 郡山近辺撮影旅行(3・4日目):

« 郡山近辺撮影旅行(1・2日目) | トップページ | 郡山近辺での写真 »