« キリ番ならぬ…… | トップページ | 郡山近辺撮影旅行(3・4日目) »

2012年6月15日 (金)

郡山近辺撮影旅行(1・2日目)

1日目(6月14日)

東北本線の、福島県内の写真を撮りたいと思う。元々この旅行は昨年5月に遂行するつもりでいたが、件の大震災で予定が狂ってしまった。で、今年のこの時期までずれ込んでしまったのだ。

さておき、東京までは名古屋を9時43分発の「のぞみ」で出る予定であった。9時35分頃にホームに行くと、先発の9時30分の「のぞみ」がまだホームに停まっている。案内放送が盛んに「掛川~静岡間で倒木がありました。現在、除去作業を行っているため上りの運転を見合わせています」と繰り返している。あちゃ~、と思う。東京では遅れも見越して東北新幹線の指定券を取ってあるが、倒木の除去作業ではかなりの時間を取るだろう。予定の東北新幹線に間に合わない可能性が大きい。

それに、今回は諸事情により事前の予定を変えて行動した方が良いと考え、東京駅で東北新幹線の券を指変してもらおうと考えている。

幸い、先発の「のぞみ」は25分くらい遅れて発車していった。待つ間もなく私の乗る予定の列車が入ってきた。ホームの案内放送が「名古屋駅で暫く停車します。開通を待ちます」と言っている。が、乗り込むと程なく車掌が「遅れておりますが、すぐに発車致します」とアナウンスする。

車掌の言葉に嘘はなく、乗ったら直ぐに発車した。20分ほどの遅れ。東京では45分の接続時間を取ってあるので、何とかなる可能性も出てきた。

結局、東京へは18分の遅れで着いた。急いで改札を出、「みどりの窓口」で、東北新幹線の券を「福島まで」から「郡山まで」に変えてもらう。

Dscn3007時間に余裕を持った計画を立てておいてよかった。ただ、窓口で指変してもらったら「はい」と券を渡されただけでお金が戻ってこない。福島より郡山の方が手前なのにと思って尋ねると「福島でも郡山でも、特急料金は同じになります」と言われる。焦った私がバカみたいだった。

本州は梅雨に入ったが、今日は晴れている。宇都宮辺りで少し曇ってきて嫌な雰囲気だったが、新白河の駅を通過する頃には再度晴れてきた。

郡山で直ぐの在来線に乗り換え、2つめの

Dscn3009まで行く。例によって撮影地ガイドに「駅近辺に、いい陸橋がありまっせ」と書いてあった。撮りたい列車もあるので、そこで撮ろうと腰を据えたのであった。

1時間以上同じ場所で粘り、予定の列車を撮り終えたらすぐに駅に戻る。晴れているし、日も長いので、もう一つ下った本宮駅付近でも撮影しようとの魂胆である。

一駅だけ普通電車に揺られ、駅前が

Dscn3012工事中の足元をすり抜けて、目標撮影地まで行く。撮影地ガイドに「徒歩15分くらい」とあったが、私の鈍足では25分近くかかってしまった。
ガイド書曰く「歩行者専用の陸橋から撮影」とだけある。入り組んだ道をどう行けばいいか判らなかったけれど、適当に歩いていたら

Dscn3010何とか辿り着けるのだから、我ながら大したものだと思う。

運転されるかどうか判らない「運転日指定」の札幌からの貨物列車が幸いにも来てくれたりして、ここも程々に満足いく撮影が出来た。

17時の列車を撮ると、どこからともなく「♪カラスと一緒に帰りましょ~」の音声が流れてくる。駅からは少し離れているし、夕刻の時間帯は帰巣本能を揺るがすようだ。まだ明るいけれど、宿を予約してある郡山へ戻ろうとの気分になる。

駅へ戻る途中で、こんな看板を見つけた。

Dscn3011私はお気楽に遊んでいるけれど、1年以上経ってもこの地域なりの現実がある。遊べる現実に感謝しながら、少し襟を正す気分にもならざるを得なかった。

郡山に戻って★に出ようとすると半袖では寒い。周りを見ると地元の方は殆ど長袖を着ている。6月も半ばで、内地でこれって……。

2日目(6月15日)

朝はマトモな時間に起きて

Dscn3017ここまで遡る。ここも「駅付近にいい陸橋がありますぜ」と撮影地ガイドで読んできた。

撮影場所は歩道がなくて少々苦しかったが、何とか凌ぐ。

10時過ぎの列車で一駅戻って、泉崎へ赴く。ここは自分で地図で見当をつけておいた陸橋がある。昨日から陸橋でばかり撮影している。

ただ、ここは残念ながら

Dscn3018読みが外れてあまりいい撮影場所とは言えない。電柱の位置が致命的だった。

気を取り直して駅へ戻り、今度は郡山を通り過ぎて松川まで行ってみる。ここは撮影地ガイドに書いてある場所だ。

30分弱歩いて辿り着いた場所は

Dscn3019このように、上下線が分離している地点。私は手前の上り線だけがターゲットだ。

三脚を構え10分ほどすると、同業者の初老の方が現れる。やはり有名撮影地は違うなと思う。

目的の列車まで暫く時間があるので、来る列車を撮りながら待つ。する内、先程の初老氏が「今度、東北線でSLが走りますが、試運転のダイヤとかご存じないですか?」と尋ねてこられる。私は地元民ではないし、まして、蒸機が運転されること自体知らない。「申し訳ないですが……」と言って、お断りする。

目的の列車を撮り終え、初老氏はまだ残るようだったので「それではお先に」と言って、ここは辞する。

フラフラ歩いて松川駅へ戻り、ホームへ入るとこんな看板が目についた。

Dscn30201枚4000円しか払わないプリペイドカードで、どうやって8500円得になるのだろう? あれこれ考えて計算してみたが、意味が判らなかった。

この後、杉田まで戻って地図で目星をつけた場所へ行ってみたが、道を間違えたり、雲が厚くなって露出不足になったりで、ほぼ玉砕状態に終始する。
おまけに帰りの電車を目の前で逃してしまって、郡山へ帰ってきたのは18時40分だった。

さて、明日は雨の天気予報だ。どうやって凌ぐか、今から考えようと思う。

(以下、3・4日目へと続く予定)。   

|

« キリ番ならぬ…… | トップページ | 郡山近辺撮影旅行(3・4日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

松川駅前の駐車場、一日500円・・・現金利用なら25回で12,500円だからでは (^ ^ ; 
12,500-4,000で8,500円のお得~♪

投稿: P-おやじ | 2012年6月16日 (土) 02時58分

>P-おやじさんへ
なるほど~。言われてみればそう云う計算もあったのですね。自分の脳程度の低さが露見してしまいましたね(滝汗)。
ご教授頂きまして、誠に有難うございました m(_ _)m

投稿: P-おやじさんへ | 2012年6月16日 (土) 21時26分

こんばんは
東北出撃中なんですね、お疲れ様です。
そういえば東北地方も梅雨入りしたと午後にラジオで聞きました。
今日の天候はいかがでしたでしょうか?

投稿: kattsu-mqc | 2012年6月16日 (土) 22時10分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
毎月あちこちをフラフラしており、今回は東北です。
今日のことは明日まとめてアップする予定ですが、何しろ雨にやられております。
東北も梅雨入りしていると思い込んでいました。東北の梅雨は今日からだったのですね。昨日は最後の「貴重な晴れ間」だった訳ですね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年6月16日 (土) 23時53分

さすがに梅雨時、季節を感じるしかありませんね…。
今日の(17日)の午後には晴れてきそうなんですが…
おさかなさんを見習って私も少しはフットワーク軽く動き回りたくなってきました。

投稿: suzuran6 | 2012年6月17日 (日) 09時51分

>suzuran6さんへ
梅雨の間は、出来るだけ行動しないようにしています。本当なら6月初旬に来たかったのですが、今回は職場の都合でここまでずれ込んでしまいました。
幸いなことに、天候が大崩れしたのは4日の内1日だけで済みました。
所帯を持っている同年齢の方々は、家族のこともあってなかなかフットワークが軽くならないようです。私はいつも申し上げているような次第なので、好き勝手に動き回らせて頂いています。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年6月17日 (日) 21時30分

こんばんは。
出撃お疲れ様です。
跨線橋や陸橋からの撮影は電化区間ではなかなか難しいなあといつも感じます。
架線柱と架線が車両に被らないよう場所とアングルを見つけるのに
未だに苦労します。
最後の駐車場の案内、私も理解できませんでしたがP-おやじさんの
説明になるほどと思ってしまいました。

投稿: vanagon714 | 2012年6月17日 (日) 22時31分

こんばんは。
お疲れ様でした。
電化区間での撮影は邪魔者が多くて撮影に苦労しますね。
この時期、曇ると露出に苦労しますね。
同じ時間でも晴れた日と全然違いますからね。
私も12日夕方清洲に行って雨で露出不足で玉砕し、晴れた14日に
リベンジしに行きましたから。
遠い処でW苦労で大変でしたね~。

投稿: N市のT | 2012年6月18日 (月) 21時59分

>vanagon714さんへ
こんばんは。レスポンスが遅れまして済みません。
仰せのように電化区間では撮影場所を見つけるのに一苦労です。
結局ついつい、他人任せの「撮影地ガイド」に頼ってしまうことが多く、最近はそれで満足してしまうことも屡です。
逆に自分でいい場所を見つけられた時には、ニンマリしてしまいますね。
駐車場の案内看板ですが「現金に比べて」の一言が加わっていると、判り易いものになるのではと思いました。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年6月20日 (水) 21時00分

>N市のTさんへ
こんばんは。
遠い所へ出掛けるのは、新幹線などが勝手に連れて行ってくれるのでそれ程苦労しませんが、「雨」と「架線柱」には苦労しますね。
私の場合、ISO100のフィルムを使っていますから露出はシビアですね。ちょっと暗くなると1/250秒でしかシャッターが切れなくなります。
Tさんでも玉砕はあるのですね。相手が動くものですから、どうしても被写体ブレなど起きてしまいますよね。
プロの写真家のように「雨の日でも何とかなる」腕前を身に付けたいものです。

投稿: N市のTさんへ | 2012年6月20日 (水) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45656916

この記事へのトラックバック一覧です: 郡山近辺撮影旅行(1・2日目):

« キリ番ならぬ…… | トップページ | 郡山近辺撮影旅行(3・4日目) »