« 愛知環状鉄道をやっと制覇 | トップページ | 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(1・2日目) »

2012年5月15日 (火)

“前輪が見える”こと

Dscn2236

バスを運転していてハンドルを末切りすると、上の写真のように前輪がサイドミラーに映ってしまう。普通乗用車ではあり得ないことだ。バスに乗り慣れていない頃は、これが何だか凄く不気味で、変な気分だった。

然し、歳月は流れ、私もバスの運転手となって20年以上が過ぎた。

そうなると今度は殊勝なもので、ハンドルを切った時に前輪がミラーに映っていないと「あれ? 今、ちゃんとハンドル切っているよなぁ……?」と思うようになってしまった。

所謂“慣れ”によるものだろう。自分の境遇によって感覚が変わってくるものだと、この「ミラーに映った前輪」を見る度に思う。あれだけ不気味に思っていたものが、今では逆に安心材料になっている。

バスの車長は大まかに言って普通乗用車の2台分、11mくらいだ。車体の構造も普通車とは全く異なっている。軽乗用車なら後輪がある辺りに、バスなら前輪がやっとある。それだけ感覚の異なるものを自分が運転できるようになるとは、夢にも思わなかった。

いつの間に私は「バスの運ちゃん」になったのかなぁと、不思議でたまらない今日この頃ではある。

|

« 愛知環状鉄道をやっと制覇 | トップページ | 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(1・2日目) »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ミラーに前輪が映るって不思議な感じですね~
よく考えたらあれだけフロントオーバーハングが長い上にミラーは
前方に飛び出しているので当たり前ですか・・・
それにしてもバスの前輪はよく切れますね。
後ろから見ていると真横に移動しているみたいで面白かったのが
バス好きになるきっかけのひとつでした(笑)
ちなみにうちのVWはミラーに後輪が映るので運転しやすいなあと
思います。

投稿: vanagon714 | 2012年5月15日 (火) 22時27分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
あれだけのオーバーハングがありますから見えるのが当たり前ではあるのですが、運転当初は不気味でした。
初めて乗ったのが、パワステのついていない車でしたので、ハンドルを切るのに「せーの!」くらいの気合を入れないといけなかったのも懐かしい思い出です。
仰せのように末切りすると、殆ど横へ移動するんですよね。だから、皆さんが「運転は難しいでしょう」と言われても、思いの外簡単な部分もあります。案外小回りが利くのです。

貴家のVWは、縦長ミラーでしたね。バスのミラーに近い形で、運転操作が快適なのではと思いました。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年5月16日 (水) 18時23分

こんばんは。
初めてバスの運転席に座って運転して、ハンドルを切るとミラーに9前輪がベロンと映っているので、ビックリしたのと面白いなと思ったのを思い出します。
自分が前輪より前に居るのですから、当然と言えば当然ですけどね。

慣れると不思議なもので、自家用車より簡単に思えてきますよね。

投稿: N市のT | 2012年5月16日 (水) 21時06分

>N市のTさんへ
こんばんは。
同業者ならお判り頂けると思います。
ホント、「べろ~ん」と映るんですよね。
トラック時代は普通車だったので、ここまで映り込まなかったのですが、前輪より自分が1m近く前にいる感覚は不思議な世界ですよね。

本当に仰せの通りで、慣れてくると普通車より運転しやすく思えてしまうのですから、人間の感覚・慣れは面白いなぁと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2012年5月16日 (水) 21時44分

こんばんは
実は30代の頃、思うところがあり大型免許を取得しました。
2種ではないのでおさかなさんと同じお仕事は出来ませんし、大型車を運転する機会も皆無に等しいのでペーパードライバーと化していますが乗用車とは違った運転感覚はほんの僅かではありますがわかっているつもりです。
車体は大きいですが想像していた以上にハンドルが切れて小回りが出来ること、側面が上から下まで映る大きなミラーも大きな車体を操るための重要なアイテムだと思います。

毎日の通勤でもバスのお世話になっていますが、乗用車がひしめく通勤時間帯に狭い道を涼しい顔ですり抜け、曲がっていく乗務員さん達は凄いなぁ~といつも思っています。

投稿: kattsu-mqc | 2012年5月16日 (水) 22時52分

通勤の際良く一番前の座席に座るのですが、ハンドル切り遅れ?の感覚になってしまいますが、ちゃんと曲がるんですよ(当たり前ですが)
言われてみれば確かにそうです。前輪よりずいぶん前にいるんですものね…

投稿: suzuran6 | 2012年5月17日 (木) 17時56分

おはようございます。確かに最初の頃、前輪が見えたのに「アレ!」とおもいました。それだけでは無く、側面ほとんどが見えるのが良いなーと思いました。曲がった時、円の一番内側を走る後輪がどのあたりを走って行くか考えれば、割と狭いところも怖くないなーと、たまにお客様に説明するのですが、一般の人にとっては脅威のようですね。乗用車も後輪あたりまで見えるサイドミラーだったら良いのでは?と思うのですが、ミラーが巨大になってまるで「ダンボ」になってしまうでしょうね…。

投稿: すーさん | 2012年5月18日 (金) 08時40分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
そうでしたか。一種はお持ちなのですね。恐らく多少の感覚はお分かり頂けるかと思います。
何しろ自分が前輪よりかなり前にいることを、念頭におかなければ、運転そのものが成立しない世界ですものね。慣れとは恐ろしいとも思います。
運転する人によってまちまちかも知れないですが、私は何年経っても渋滞の街中はおっかなくてたまりません。こんなのが、よく運転手をやっているなぁと我ながら思っています……。

投稿: kattsu-mcqさんへ | 2012年5月18日 (金) 21時54分

>suzuran6さんへ
私も運転手を目指していた時は、よく最前席に座ったものです。
然し実際にハンドルを握ってみたら、あれよりも感覚が違うと判りました。仰せのようにかなり遅らせてハンドルを切らないと、いとも簡単に後輪が避けるべき物体に乗り上げたり、ぶつかったりしてしまいます。
実は免許を取った当初は、大分色々とやらかしております(滝汗。)

投稿: suzuran6さんへ | 2012年5月18日 (金) 22時08分

>すーさんへ
こんばんは。
実体験のある貴兄ならお分かり頂けるかと思います。前輪が見えるとは今までになかった経験なので、何かとんでもない物を運転しているなと思ったものです。
お客様へのご説明通り、後輪がどんな動きをするかを予測できるようになれば、シメタものですね。やってみると本当に小回りが利くので「なるほど」と思いました。側面が確認できるのもミラーさまさまです。
私もよく、自家用車のミラーももう少し見易くならないものかと思います。ダンボの耳……確かにそうなりますね(笑)。

投稿: すーさんへ | 2012年5月18日 (金) 22時25分

こんばんは。

確かに一般の乗用車ではサイドミラーに前輪が写ることは
皆無ですね。

私が小学生の頃、父の車はボンネットの脇にサイドミラーが
ついているトヨタカリーナでしたが、最近ではこの仕様の車も
タクシーくらいしか見なくなりましたね。この仕様でも前輪は
サイドミラーには写らないですが…。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年5月19日 (土) 23時32分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
普通乗用車では、前輪がミラーに映ることはないですね。構造的に映りません。
中型免許で運転できるトラックでも、前輪は映りません。
やはりバス特有の映り方ですね。

自分がこう云った職業に就くとは思っていなかったので、今になって「こんな見え方をするんだ」と変なことに感心しています。

今ではフェンダーミラーの乗用車も貴重になってきましたね。タクシーぐらいですね、残っているのは。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年5月21日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45137602

この記事へのトラックバック一覧です: “前輪が見える”こと:

« 愛知環状鉄道をやっと制覇 | トップページ | 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(1・2日目) »