« 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(6・7・8日目) | トップページ | 私が見て来た音威子府駅 »

2012年5月28日 (月)

北海道での写真とヒヤヒヤ旅行3・4・5日目のこと

北海道でのポジが上がってきたので、撮影に充てた3日間のことをコンデジの画像を織り交ぜながらご紹介していきたいと思う。こう云う変則的な形を取ることになったのは、早い話が天塩中川の宿からはネットに繋がらない環境であったことに起因する。

3日目(5月18日)

外は少し雨がポツポツ状態なので、まずは天塩中川駅から近い跨線橋へ行く。地図には載っていないが、ネットで撮影地を調べるとここが出てくる。

Dscn2843_2こんな人道専用のもので、ここから写したスーパー宗谷が下の写真。

Img794

排雪列車の撮影地として紹介されていたが、他の列車でも何とか絵になるなぁと思っている。区間としては佐久~天塩中川になる。

この後、下り列車で問寒別へ赴いた。5月の北海道の代表花(と思っている)エゾエンゴサクDscn2853に囲まれて撮ったのが、下の写真。

Img795

これも列車はスーパー宗谷で、下りだからこれが「1号」になる。終わりかけのフキ(正確にはアキタブキらしい)の花をワイドレンズで取り込んでみたつもり。 区間は問寒別~糠南。

雨が少し止んで、問寒別の駅から下りのキハ54を望遠レンズで写し込んでみた。

Img79654

北海道の方にとっては白樺なんて珍しくも何ともない樹木かも知れないが、内地の人間にしてみると高山地帯へ行かないと見られない、比較的珍しい木なのだ。で、その白樺林をバックにしてみた。まだ新緑といえる状態で、綺麗に見えた。歌内~問寒別にて。

この日はこれで終わり。天塩中川へ16時35分頃に戻る列車で早々と帰った。宿へ戻ったら「ヒヤヒヤ」の歯の根元が少し痛んだので、鎮痛剤を飲んだ。

4日目(5月19日)

朝は珍しく早起きし、音威子府へ赴く。音威子府から下りの筬島方に、いい撮影地があるとネットで調べてきた。ただ、肝心のスーパー宗谷の写真はフィルムを巻き忘れるという初歩的ミスで玉砕。折角、増結した6連だったのに、逃がした魚は大きい(おさかなが魚を逃がしてどうする?)。

その後、駅を通り過ぎて咲来方面で撮影地を探してみる。そこで撮った写真。

Img79754

逆光気味であまりいい撮影場所ではないが、カーブの具合がいいなぁと思っている。因みにこのキハ54は、527番車と元急行用車両なので、拡大して見ると窓の上にも赤帯があるのがお判り頂けると思う。

音威子府駅へ戻って時間があったので、駅をじっくり観察しているが、この駅のことは後日別記としたいのでここでは省略。

13時過ぎの上り列車で、恩根内まで向かう。ここもネットで「駅から徒歩10分ほどの陸橋から、いい写真が撮れる」とあったので。

当の陸橋。Dscn2883ここからは、下り方面の写真が紹介されていたが、上り方面もまあまあ絵になるので、そちらを向いた「サロベツ」の写真。

Img798

側面が逆光になってしまうから、高曇りの日に撮影した方がいい場所なのかも知れない。区間は紋穂内~恩根内になる。

この後、恩根内駅へ戻って、駅自体がちょっと絵になりそうなので、色々試して撮ってみた写真。

Img799

エゾエンゴサクの花と、逆光に映える白樺の木々が綺麗に思えたので。恩根内の駅名標が傾いて見えるのは、使用したワイドレンズの所為だけではなく、実際にかなり傾いていた。

ここから17時23分の下りで、天塩中川には18時半頃に戻った。

5日目(5月20日)

8時08分の上りで筬島まで。小さな集落しかない秘境駅に近い駅だ。

駅からは歩いて撮れる場所はそんなにないが、自分で気に入ったショットは

Img80054

これぐらいだろうか。単行列車にちょうどいいアングルだ。本人に言わせると、左側の新緑の潅木がポイントなのだ。区間は筬島~佐久。

ここから戻る途中、付近の踏切が周囲の雰囲気とは違って、やけに立派な新しいものであることに気付く。

Dscn2896

踏切の背後に見えているが、国道40号線のバイパス道路を工事中で、その工事用車両のためらしい。

駅へ入ろうとした所で、どう見ても国鉄時代の駅名標と思われる物が立っているのを見つける。

Dscn2898_2

拡大して頂かないとお判りになりづらいが、上り方の隣駅は音威子府でいいとして、下り方に「かみじ」とある。今は下り方の隣駅は佐久だが、1963年の時刻表で調べてみたら「神路」と云う駅が載っている。比較的遅くまで残っていた駅らしいが、集落がなくなって廃駅になったのだと、札幌に戻ってからtunnel_no2さんに伺った。確かに筬島から佐久へ戻る途中で、列車が速度を落として駅の跡地らしい所を通る場所を目撃している。多分、当の神路駅の跡で間違いないと思う。

筬島駅は、ヨ5000を再利用した駅舎になっていた。その駅舎内の時刻表。

Dscn2900

一番上、排雪列車や、通過列車である52D(スーパー宗谷)の時刻まで書かれている。鉄道マニアへ向けた警告メッセージなのか、或いは先程書いた国道バイパス工事の方々へ知らせるために書いてあるのだろうか。

この後、天塩中川を通り越して、歌内まで行ってみた。大した写真は撮れていないので一枚だけ掲載するに留める。

Img80154

これも、3日目の画像で載せたのと同じアキタブキとの写真だが、フキは花が終わって果実になってからでも撮りようによっては使えるものだなぁと思ったものである。

宗谷線での写真は以上だが、あと2枚だけお付き合い下され。

6日目の晩は札幌で泊まったことはお知らせした通りだが、札幌で泊まったのは札幌近郊にお住まいの皆さんと親交を深めたいのと、この写真を撮りたいためだけで泊まった。

Img802

1月の時に対向列車に被られて見事に玉砕したタキ貨。今回こそは、お蔭様で無事に撮れましたです。上野幌~北広島にて。

あと1枚は、鉄道に関係ない、オマケ。
5月21日の金環食の日に、わざわざ金環食の見える名古屋を離れてしまったことはお伝えした通りだが、北海道でも部分日食にはなっていた。

Img803

「食」の部分はかなり小さいが、天塩中川の駅前から、札幌で一番「食」が進むと言われた7時50分頃に、フィルムカメラで絞りを一番絞って尚且つシャッター速度を最速の1/4000秒にして撮ったら、こんな画像が写っていた。まあ、一応、日食であったことはお判り頂けるかなと。

と云う次第で、長々とお付き合い頂きまして有難うございました。

|

« 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(6・7・8日目) | トップページ | 私が見て来た音威子府駅 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

草ぼうぼうの路肩、何処から何処までが路肩かもわからない…宗谷”本線”でしたよねぇ。
そして、超ハイテクDC特急、なんだかアンバランスですが…
昔、寝台急行「利尻」で見た景色そのままです。

タンカー列車、綺麗に撮れましたね、なんだか爽やかな空気感が伝わってきます。

投稿: suzuran6 | 2012年5月29日 (火) 20時15分

こんばんは。
白樺林を背にしたキハ54の写真が気に入りました。
昔のローカル線の雰囲気がいいですね~
タンク列車も見事でリベンジですね!

投稿: vanagon714 | 2012年5月29日 (火) 21時12分

>suzuran6さんへ
宗谷「本線」でございます。
が、現実はかくの如しなんですよね~。よくこの路線が生き残っているなと思われる状態ですが、稚内への重要な路線でもあるので何とか廃止にならずに居てくれます。
ここに、ハイテク特急は確かにアンバランスです。183系の特急で十分なのになぁと思うのですが、稚内までの時間短縮のために“スーパー”宗谷が投入されているのでしょうね。夜行があった時代が懐かしいですね。

タキ貨は当日晴れてくれたりで、思い通りの写真が撮れました。ホッとしています。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年5月29日 (火) 23時25分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
自画自賛で恐縮ですが、私も白樺林の写真は割と気に入っています。
新緑に助けられたのだと思います。
宗谷北線の部分は線路の高規格化もなく、ローカルな雰囲気がそここここに漂っていました。こう云うところの撮影は気が休まります。

お蔭様でタンク列車もリベンジが果たせられました。廃止になって欲しくはないですが、取り敢えず自分で納得する形で記録することは出来たと思っています。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年5月29日 (火) 23時33分

おはようございます。
長旅お疲れ様でした。
ヒヤヒヤしながら大事に至らず良かったですね。
西の里のDD+タキもリベンジ成功でこれまた良かったです。

宗谷線の白樺林は寒冷地の象徴みたいなものでいいですね~。
冬にラッセルを撮ってみたいです。

投稿: N市のT | 2012年5月30日 (水) 09時03分

>N市のTさんへ
こんばんは。
お蔭様で、計8日間楽しませて頂きました。いつまでこんな贅沢が出来るやらです。
鎮痛剤は、結局2回飲んだだけで済みました。変に炎症部分が化膿したりすると厄介なことになるとヒヤヒヤしたものです。
西の里も思い通りの写真が撮れて、満足しています。撮影初日に少し降られた程度で天気も良く助かりました。

宗谷線には白樺をバックに出来る所が多いように感じました。ラッセルは実質上りしか撮れないようですが、行かれる価値はあると思います。ネットにもラッセルの撮影地ばかりが紹介されています。

投稿: N市のTさんへ | 2012年5月31日 (木) 22時18分

こんばんは
宗谷北線は「利尻」で通過し天北線で南下してきた際が最後の乗車だった記憶なので深夜から早朝の通過だったこともあり景色の記憶もほとんどありません。
最近だとラッセル撮影で有名な場所が多いですが緑の時期も良いですね。列車で訪れてみたいですが、我が街から普通列車だけで移動だと名寄以北へ進むと日帰りが困難になるようなダイヤなので乗り鉄しながら撮影はハードルが高そうです。
夜行で稚内入りできた頃なら朝から一日を有効に使えたのですが今ではそれも出来なくなり残念ですね。

投稿: kattsu-mqc | 2012年6月 1日 (金) 21時59分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
宗谷北線は「近くて遠い所」ですね。名寄までなら何とかなりそうですが、以北のダイヤは「乗らないでくれ」とでも言っているような状況で、仰せのように「撮り鉄」と「乗り鉄」の兼用は極めて困難だと思います。私が天塩中川と云う中途半端な位置で宿泊したのも、時刻表と睨めっこした結果なのです。
ただ、行ってみると「来て良かった」と思わせる風景があちこちに点在しておりました。新緑の時期は歩行の障害物もなく(←内地人にはこれも結構重要要素です)寒さに震えなくともいいのが助かりました。
夜行「利尻」の廃止は痛かったですね。あれさえあれば、稚内でとんぼ返りして何とか日帰りも可能かと思うのですが……。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年6月 1日 (金) 22時37分

こんばんは。

3日目に行かれた「問寒別」懐かしい地名です…。
(私の先輩はかつて問寒別小学校の先生でしたので)

キハ54系はこのカラーリングから、東武や東急の電車を髣髴させますね…。

恩根内駅の看板に"W57"とありますが、調べてみたら札幌駅を1駅目と数えて
57駅目という付番ですね。

あと5日目の朝に行かれた「筬島」も難読な名前だな、と思いました。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年6月 3日 (日) 19時13分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
「問寒別」も北海道らしい地名だなあと思うのですが、貴兄には少しご縁があるのですね。

キハ54はステンレスボディに赤帯ですから、東急の電車にはカラーリングが似ているだろうと思います。済みません、東京の私鉄はややこしくて、私は東武の車両のことは殆ど存ぜずにおります。

JR北ではJR四と同様、駅にナンバリングをして乗換えなどに外人が判りやすいような配慮をしています。

筬島駅は、そもそも「筬」の字を使う時点で難読駅の仲間入りですね。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年6月 4日 (月) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45419984

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道での写真とヒヤヒヤ旅行3・4・5日目のこと:

« 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(6・7・8日目) | トップページ | 私が見て来た音威子府駅 »