« “前輪が見える”こと | トップページ | 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(6・7・8日目) »

2012年5月21日 (月)

北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(1・2日目)

1・2日目(5月16・17日)

私にしては珍しく、事後報告的な記事ではあるけれど。事情は追ってお書きするつもりでいる。

さて、1月に渡道した際、“歯に爆弾”をかかえて旅行したのは、以前の記事で書いた通りだ。

今回は大丈夫だろうと思っていたら、旅行前日の15日になって、あの時とは別の歯の根元が激痛に見舞われだした。困ったことになった。取り敢えずは近所の歯科医へ急患同様で診療してもらい、痛みは何とか治まった。歯科医には「1週間くらい旅行に出るから」と予め言っておいたら、「硬めのセメントで痛みを治療する薬を覆ってあるので大丈夫だと思います。ただ、炎症を抑える薬と鎮痛剤を出しておきます。痛みが出てきたらそれを飲んで下さい。」とのこと。

何故に北海道へ行こうと企むと、こう云う憂き目に遭うか判らないが、多分日頃の行いが余程悪いのだろう。そう思わなければ仕方ない。

とまれ、そんな次第でまた今回もヒヤヒヤしながらの旅行と相成った。この先どうなるかは、神のみぞ知る世界だ。

今回の目的地は宗谷北線の部分。それも音威子府とか天塩中川とかの随分中途半端な辺りが主目的である。宿もあれこれ調べた結果、天塩中川の駅前旅館で4泊することと決めた。

17時半過ぎの新幹線でビュンと東京まで。上野までの途中、秋葉原で食事休憩の後、上野駅13番線で待機する。

今回のターゲットは

Dscn2797hm_3

で、これで青森まで向かう。

「あけぼの」の将来には二説あって、来春のダイヤ改正で廃止説と新造客車で存続説の二つなのだ。何しろ乗れる内に乗っておこうと思い、個室寝台も押さえておいた。

車内では当然★する。上野で買ったその★は、内容物の温度によって缶の色が変わるそうな。

Dscn2807両者の違い、お判り頂けますかね? 因みに右の青っぽい方が空の缶。

ともあれそんな★を飲み、大好きな夜景を見ながら眠りに就いた。

***

「列車は、あと20分ほどで秋田に着きます」。車掌のアナウンスで起こされる。まだ6時半前だ。無視して寝ようと布団を被る。然し次々停車駅のアナウンスが入る。8時前の「間もなく二ツ井です」で諦めて起き出した。
外は

Dscn2809

少し中途半端な天気のようだ。ぼんやり車窓を眺める内に、お岩木山も過ぎ、定刻に青森へ到着する。

次のスーパー白鳥まで少し昼食など買い物をしておく。函館からは8分乗り継ぎのスーパー北斗だが、スーパー白鳥が定刻で函館に着いた試しがない。昼食を買いそびれたくはないのだ。

買い物を済ませ、待ち遠しい思いで待っているとスーパー白鳥が入ってきた。

Dscn2823s
これで青函トンネルをあっさりと抜けて北海道へ上陸し、果たして3分遅れで函館着。函館からの指定席は取ってあるが、毎度の遅れは何とかならないものかと思う。

スーパー北斗に乗り換えると、幸い、外は晴れてきた。大沼や駒ヶ岳、噴火湾などが青空に映えて気分がいい。

2時間ほど走ると有珠山が車窓に見え、間もなく伊達紋別に着く。それを過ぎると少しソワソワし始める。ほどなく本輪西を通過するが、ここはタキ貨の群れる貨物の一大ターミナルだ。北海道のタキ貨は近い将来全廃が発表されており、ここの景色は見逃したくない。

Dscn2828

写真は上手く撮れなかったが、タキの群れだけは目を凝らして見ておいた。

トンネル内減速の影響で室蘭に8分遅れの着。更に行くにつれ遅れが拡大し、自分が降りる南千歳では11分の遅れとなった。札幌まで行かず南千歳で降りるのは、千歳駅に所用があるからである。ここで快速エアポートに乗り換える。

千歳での用事を済まし、再度快速で今度こそ札幌へ向かう。特急の遅れを見込んで予定を立てたから、ちょうどいい時間に札幌着。

1時間ほどの待ち合いの間に夕食などの買い物など済ませ、稚内行「スーパー宗谷3号」の客となる。これで目指す天塩中川には21時21分に着く予定だ。

大麻の辺りで見覚えのある跨線橋を眺め、ぼんやりしている内に日が暮れて来た。

Dscn2836

今朝、二ツ井で見た陽が岩見沢を過ぎた辺りで暮れて行く。今日はそんな一日だったのだと思う。

旭川から宗谷本線に入り、暗闇の中をひた走る。弁当も食べ、★も飲み、自分が待つのは、あと天塩中川に着くことだけだ。名寄でスラブ軌道も終わり、少し速度の落ちた特急は定刻を維持し、とうとう車掌のアナウンスから「天塩中川」の言葉が出た。今のところ歯の痛みもなくここまでやって来た。

暗闇の駅に降りたのは、私一人だけだった。

Dscn2841

|

« “前輪が見える”こと | トップページ | 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(6・7・8日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
長旅お疲れ様です。
今日はありがとうございました。
久しぶりにお会い出来て嬉しかったです★
私は長い間北海道に住んでいながら宗谷本線の北のほうはまだ
乗車したことがありません。
江別に住んでいてもなかなか撮影に行けないものです・・・
どんな景色なのか続きを楽しみにしてますね!

投稿: vanagon714 | 2012年5月22日 (火) 00時32分

sun晴れてますね。
天塩中川‥特急の止まる無人駅ですよね。
今後の報告お待ちしております。

投稿: suzuran6 | 2012年5月22日 (火) 05時21分

あらー
おさかなさん
もう、帰宅されたんですねーお疲れ様でしたー!

なんだか、
アッと言う間でしたね。

きのうは、野花南あたりにいた方が、もう、名古屋だなんて…
当たり前っちゃ当たり前ですけど、わたしは、日常の中で、おさかなさんの旅の様子を伺っていたので、なんだか不思議な気分ですよ。
(*^_^*)
歯はどうなりました?

投稿: るふるん | 2012年5月22日 (火) 18時33分

こんばんは
宗谷北線、おさかなさんに比べるとかなり近くに住んでいるのですが稚内まで行くと片道250kmありましてなかなか行けずにおります。
「来シーズンこそはラッセル撮影に」と気持ちだけはあるのですが・・・。
旅の続き、アップを楽しみにしております。

投稿: kattsu-mqc | 2012年5月22日 (火) 21時20分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
昨晩は有難うございました。お疲れ様でした。
私も札幌から「スーパー宗谷」に乗って、宗谷北線の部分が如何に遠いか実感していたところです。
今回はネットの繋がらないイレギュラーもあり、変則的なアップになりそうですが、お伝えできる範囲のことはお伝えしたいと思っております。
写真が上手く撮れていたら、アップさせて頂きますね。
またお付き合いくださいませ。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年5月22日 (火) 21時35分

>suzuran6さんへ
天塩中川へ到着した翌日だけは、少し雨に降られましたが、あとは好天に恵まれました。
色々とご報告したいこともあります。
順次書いて行こうと思いますので、またよろしくお願い致します。
そう、天塩中川は特急が停まるのに駅員さんが居らず、ショックでした。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年5月22日 (火) 21時38分

こんばんは。
長旅お疲れ様でした。
天塩中川遠いですね~。
無人駅になってしまって淋しいですね~。

投稿: N市のT | 2012年5月22日 (火) 21時43分

>るふるんさんへ
詳しくご説明していなかったのですが、まだ帰宅していません。
昨晩は札幌に泊まり、今、帰宅の途についている途中です。今は寝台列車で函館に停まっています。
明日の夕方頃、名古屋に着く予定です。飛行機嫌いなのもので飛行機は使わないのです。
野花南は思いがけず通りましたので、ご報告させて頂きました。
歯は、お蔭様で何とか治まっています。途中痛みを感じて、頓服を飲んだこともありましたが、どうやら名古屋までもちそうな気配です。
ご心配をお掛けしました。

投稿: るふるんさんへ | 2012年5月22日 (火) 21時45分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
A川は今回素通りになってしまい、申し訳ないです。
宗谷北線部分は、本当に遠いですよね。名寄からまだありますものね。
足が向かれなくても無理からぬことと思います。
今回はネットが繋がらない地域でしたので、アップもままならずで、変則的なご報告を考えております。
また、続きをご覧頂ければ幸甚です。
そうそう、A川運転所にラッセルのヘッドだけが大量に並んでいるのを帰りに見ました。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年5月22日 (火) 21時50分

>N市のTさんへ
おはようございます。
昨日は途中でネットに繋がらない地域に入ってしまいましたので、失礼致しました。
天塩中川は本当に遠いですね。「スーパー」の宗谷になってもあれだけ時間がかかるのですから、随分奥地へ来たなとの感があります。
25年前にこの駅を見る機会があり、その時は駅員さんがいた記憶です。相次ぐ合理化で特急停車駅にも駅員がいないとは、寂しい話ですよね。

投稿: N市のTさんへ | 2012年5月23日 (水) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/45272859

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(1・2日目):

« “前輪が見える”こと | トップページ | 北海道ヒヤヒヤ旅行・初夏編(6・7・8日目) »