« 懐かしの10円フーセンガム | トップページ | 「アホ」とは何ぞや?! »

2012年3月29日 (木)

IS時の音楽中止

私たちの職場のバスでは、エンジンがアイドリングストップ(IS)した時に、自動的に音楽が流れる設備が放送装置に取り付けられている。

音楽の内容は営業所によって多少異なるが、大まかにクラシック系の曲を軽く聞こえるようにアレンジした音楽が使われている。当たり障りのない音楽にしてある。

元々はといえばこの音楽は、お客様からの要望で平成12年式の車から取り付けられるようになったものだ。「アイドリング時に車内がし~んとして白けてしまう。浜松の遠鉄バス(確かそうだったと思う)では採用しているので、あなたたちの職場でも採用すべきだ」と指摘を受け、かなりの金額をかけてプログラム開発をして貰い取り付けたと聞いている。

音楽が流れるには幾つかの条件がある。

①エンジンがIS状態であること(エンジンキーでエンジンを切っても音楽は鳴らない)。

②案内放送装置が稼動状態であること(回送中も含める)。

③扉が全て閉められていること。

以上の条件を満たすと、私たちの確認用ディスプレイに

Dscn2623

右下、白丸で囲ったが「*」のマークが表示され、車内では音楽が流れるようになっている。

導入後、暫くは一部の方から「軽快な音楽でいいですね」と云った意見が寄せられたようだ。私も一度だけ、降りていくお客様からそう言われたことがある。

ところが2年もしない内に、多くのお客様から「静かな車内に耳障りな音楽が流れて迷惑だ」とのご意見が相次ぐようになった。正直言って、私も毎度毎度同じ音楽を聴かされて、ちょっとウンザリしていた。

する内、お客様から直接「あの音楽、切ってちょうだい。耳障りで苦手だわ」と言われた。上司に報告すると「そのお客様の氏名と連絡先を聞いて上司に連絡するように。音楽は切らないように」と指示を受けた。

しばらくの内は辛抱して音楽を鳴らしていたが、お客様から3回目の「音楽を切って」の意見を受けてから、もうバカバカしくなって自分から音楽を鳴らすのを止めた。

因みに音楽は

Dscn2619

案内放送を流す押しボタン(↓)と同じ機器に、ディップスイッチがついていて(白丸で囲ってある)、それを倒すことでオンオフが可能なのだ。

自分の職場のバスに客として乗る機会は度々あるが、今では全体の1割程度の乗務員しか音楽を鳴らしていないようだ。営業所によっては「ウチの営業所では、全路線で音楽を流さないこと」とするところも出てきた。

そして、装置が取り付けられてから12年目の今年4月1日より、「全ての営業所、全ての路線で音楽を流すのを中止しなさい」と指示が出た。

お客様からの偏った要望で、高価な金額を払ってプログラム開発をして音楽を流し始め、結局はお客様からの要望で音楽を流すことを中止すると云う、如何にもお役所にありがちな事態の流れである。初めから、音楽を流すことの是非をもっと慎重に検討していれば、この一連の流れは避けられたのではないか。

はっきり言うが、私は「下らない顛末だなぁ」と思っている。
辛口な意見であることは承知の上であるけれど。

|

« 懐かしの10円フーセンガム | トップページ | 「アホ」とは何ぞや?! »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私は仙台市交通局と旭川電気軌道の車内でIS時の音楽を知りました。
折角、開発したにも関わらず流さなくなるのも寂しいですが。
しかしながら、音楽を流すと言うアイデアは素晴らしいと思います。

投稿: 北の旅人 | 2012年3月29日 (木) 21時13分

こんばんは。
アイドリングストップ時の音楽サービスとうのがあるのですね。
なかなか良いサービスだなあと思いますが・・・
公共交通で乗客の趣向も千差万別ですから「良い」と感じる人
「悪い」と感じる人、何も感じない人など様々かと思います。
せっかく装備したものが使われないというのは勿体無い話ですね。

投稿: vanagon714 | 2012年3月29日 (木) 23時47分

私がいつも利用している、西武・都営・関東などのバスでは聞いたことがありません。たしか小田急・京王なども…都近ではないのでしょうね。無ければ無いで特に気にもなりませんが…
結局投資下にも関わらず「使用休止」もったいない話ですね。

投稿: suzuran6 | 2012年3月30日 (金) 08時00分

こんにちは。確かに私の地元の緑区の車庫や天白区の車庫でもメロディーを流す運転士さんが減っていたようなのでもしかしたらそのような禁止令が出たのかと思っていましたがついに全路線で禁止になるのですね。一部のくだらないクレーマーに完全に屈してしまうとは確かに情けない話ですね。
おさかな様の車庫でも旧67系統や旧160系統は確か以前から禁止でしたよね。メロディーが耳障りならいちいち文句を言わずに耳栓でもしとけよ、と思いますが…。

投稿: ジョウ | 2012年3月30日 (金) 09時37分

>北の旅人さんへ
こんばんは。
仙台や旭川でもこうしたサービスがあるのですね。
折角開発しておいて、使用禁止にするとは勿体ないこととは思いますが。
音楽自体は私も決して悪いものではないと思います。ただ個人個人で好みがあり、音楽そのものが嫌いと云う方も居られるようですから、公共交通機関に取り付けるのは難しいことかなと思います。

投稿: 北の旅人さんへ | 2012年3月30日 (金) 22時41分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
私も採用された時は「こんなものが他都市でもあるのか」と吃驚しました。
アイディア自体は決して悪いものではないと思います。
ただ仰せの通り、人によって好みは様々でして……感じ良く思う人だけならいいのですが、音楽そのものがすべからく嫌いと云う方も中にはあるようです。「耳障り」と言われると流石にこちらもムッと来たものですが、考えてみれば私もプロ野球中継が大嫌いな人間で、ラジオなどで流れているとすぐに切ってしまいます。
万人に通用させるものは中々ないと思います。
折角装備する前に、こうした是非についてもっと議論があればと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年3月30日 (金) 22時49分

>suzuran6さんへ
関東圏のバスには殆ど乗る機会がありませんが、ここ最近で乗った神奈中や京急のバスには装備されていませんでした。多分、関東圏では殆ど採用例がないのだと思います。
プログラム開発にはかなりの金額をかけたように聞いていますので、勿体ないことだと思いますね。装備する前に、「お客様のご無理ごもっとも」ではなく、もっと慎重に是非を考えて欲しかったと思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年3月30日 (金) 22時55分

>ジョウさんへ
こんばんは。
仰せの通り、旧67と旧160系統では、2年ぐらい前から音楽が禁止になっていました。
まあ、それ以前に私共も毎度毎度同じ音楽でウンザリしていた事実もあります。ただ仕事なので仕方ないと思い聞き流していました。
結果としては、一部のクレーマーにより取り付けられ、一部のクレーマーにより禁止になったという感じです。
高い金額を出してプログラム開発をしてもらったと聞いています。取り付ける段階で単純にクレーマー対策と考えず、多くの人の意見を聞いたり議論をしていれば、この顛末は避けられたのではと思います。勿体ない話ですよね。

投稿: ジョウさんへ | 2012年3月30日 (金) 23時03分

こんにちは。私個人的には音楽はあったほうが良いと思っていますが、運転士さんは一日中4曲の同じメロディーを聞いていなくてはいけないので確かにうんざりしますよね。
その音楽機能をつけるためにかなりお金がかかっていたんですね。でもかなり早くからメロディー禁止令が出ていたらしいG車庫にここ数年入った新車は一度もスイッチを入れられてないのかも知れませんね。実にもったいない話だと思います。

投稿: ジョウ | 2012年3月31日 (土) 07時24分

こんばんは。
なかなか良いアイデアであると思いますが、多額の開発費用をかけていながら、一部のクレーマーに屈して止めてしまうのは今の情けないですね。
たしかに「良い」と言う人より「悪い」という人の方が多かったと思います。
曲がクラシックだったのとISSの関係でブツブツかかったり切れたりで気分が悪いというのもありますね。
もう少し話を煮詰めてからやれば良かったのにと思います。

投稿: N市のT | 2012年3月31日 (土) 21時37分

ジョウさんへ
こんばんは。
私も導入された当初は、いいアイディアだなと思っていました。ただ、いくら仕事とは言え、一日中同じ音楽を聴かされていると流石に気が狂いそうになります。お客様から3度目の「止めて」の時は「この際、このご意見を悪用しちゃえ」と云う感じで、自ら進んでスイッチを切りました。以後一度も音楽は鳴らしていません。因みに曲数は5曲の営業所と2曲の営業所が混在していました。
本文にも書きましたが、あの条件の時だけに音楽が鳴るようにするのはそれなりに難題だったようです。そのため多額の費用がかかったとか。G車庫では3年位前に「全路線で音楽禁止」となったらしいので、仰せの通りこの数年に入った車は一度も施設を活用していないことになりますね。無駄ばかりの変な職場です。

投稿: ジョウさんへ | 2012年3月31日 (土) 23時08分

>N市のTさんへ
こんばんは。
今のウチの職場を象徴している出来事かなと思います。
お客様から「音楽鳴らせ」と言われて、大した議論もせずに慌ててソフト開発だけして貰い取り付けて、結局のところはお客様からの反対意見が多くて、また慌てて禁止にする……。
情けないですね。
そういえば当初は、曲の途中でエンジンがかかると、次のIS時はその曲の途中から流れ出したりしていましたよね。どちらにしてもIS時にしか流れない音楽なのでブツブツになりがちで、最後には嫌われ者になってしまいましたね。
他の方々にも書きましたが、取り付ける際にもっと慎重に検討すればよかったのではと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2012年3月31日 (土) 23時18分

こんばんは
北の旅人さんのコメントにあるとおり、我が街の旭川電気軌道はIS中に音楽が流れます。
かなり控えめな音量なのでそれほどうるさいと感じたことはありませんが、同じ音楽を一日中聴くことになる乗務員さんは「ウンザリ」では?と思います。
昨夏あたりからツーステップ車にもISが後付けされていて、こちらはIS中に音楽ではなく「ピピピッ」という電子音が鳴っています。

個人的には音楽があっても無くてもあまり気にしておりません(^^;;;

余談ですが「IS」という標記を見るとC社のカメラを所持している私は手ぶれ補正の略称に見えてしまいます(笑)

投稿: kattsu-mqc | 2012年4月 1日 (日) 21時39分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
私共の音楽も、音量はかなり控えめでした。それでも苦になる人には苦になったようです。
それと、確かに乗務員サイドからすると、毎日毎日同じ音楽を聴かされて過ごすのはちょっとウンザリものでしたね。
ピピピッと云う音もうるさく思う人とそう感じない人と個人差があるのではないかなと思います。

でもバスの運転手をやっていて知りませんでしたが、ISって後付けが出来るのですね。

「アイドリングストップ」と言うよりも「あいえす」と言った方が手っ取り早いので、今ではすっかりこの言い方に慣れています。C社の手ブレ補正の略がISって逆に知りませんでした。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年4月 2日 (月) 23時01分

お久しぶりです。
アイストメロディー禁止令が出てしまいましたね。

私はアイストメロディー大好き派なので、停車時間等に今でも聞いています。
たまに切り忘れて運行に就いてしまう事もありますが(笑)

大森と稲西は違う曲(全2曲)ですが、鳴らす人も少なく、1ループ時間も長い為終わりまで聞く事ができませんでした。

音楽機能が撤去されるという話は聞いてないのでしばらくは聞けそうです♪

投稿: 企4 | 2012年4月11日 (水) 23時31分

>企4さんへ
お久し振りです。
取り敢えず、のような形で禁止令が出ましたね。仰せのように機能自体は撤去されていないので、お客様の反応を見て復活させるか否かを考えようと云うことではないでしょうか。

個人的にはあのメロディーは聞き飽きました。ただ、禁止令が出た以上は、くれぐれも切り忘れて営業に就かれることのないようにお願いしたいと思います。

私は以前、広小路を走るI西の路線で2曲全部を聞いたことがあります。ワンスパンが長いので、人によってはウンザリされるケースもあったかも知れませんね。

投稿: 企4さんへ | 2012年4月12日 (木) 22時11分

こんにちは。久しぶりにバスに乗りましたが、メロディーを鳴らすことに積極的だったと思われる車庫のバスでも鳴っていなかったので、今回の禁止令は徹底されているなあと思いました。
音楽がうるさいというクレームは一体何件くらい来ていたのか気になりますね。そんなにたくさんくるとは思えませんが…。G器所車庫で早くから禁止になっていたことや、おさかな様の車庫で禁止になっていた路線もG器所車庫と共同管轄の路線だったようなのでそのあたりではおそらくクレームがすごかったのではと思いましたが…。

投稿: ジョウ | 2012年4月14日 (土) 12時27分

>ジョウさんへ
こんばんは。
一応、本社サイドからの禁止令なので、徹底されていなければ運転手が責められる立場になると思います。
私が初めて「音楽止めて」を言われたのも、確かにG車庫と共同管轄の路線でした。ただ、2件目・3件目は当車庫独自の路線でした。全車庫で禁止令が出るということは、全営業所でそれなりの件数のクレームがあったと云うことだと思いますね。
G車庫では早くから禁止令が出ていましたから、例えば街中でザワザワした所に音楽は余計耳障り、と云うことだったのかも知れませんね。

投稿: ジョウさんへ | 2012年4月14日 (土) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/44645665

この記事へのトラックバック一覧です: IS時の音楽中止:

« 懐かしの10円フーセンガム | トップページ | 「アホ」とは何ぞや?! »