« 飯田線北部撮影旅行(1日目) | トップページ | 飯田線北部撮影旅行(2・3日目) »

2012年3月11日 (日)

鎮魂の思いと私の現実と

Dscn2572

旅行記はちょっと一日お休みとして。

あの「3.11」から一年が経った。

被災された皆様、亡くなられた皆様には、心よりお見舞い並びに追悼の意を表する次第である。

現在、旅先での私だが、自分のいる場所でもあの忌まわしい出来事から一年経った時刻に、町内無線で「黙祷をお願いします」とアナウンスされサイレンが鳴った。勿論私も1分間の黙祷を捧げ申し上げた。

然し、1年経ったから白状申し上げるけれど、あの震災を私はリアルオンタイムで知らずにいた。

私は相変わらず仕事で、あの揺れの時にはバスを運転していた。信号停車でもバス停での停車でもなかった。名古屋でも震度3で2~30秒ほど揺れたそうだが、私は全く知らずにいた。私のバスに乗っていたお客様も多分気付かれずにいたと思う。ハンドルも取られなかったから。

私は偶々、停車の殆どないダイヤを担当していて、事実を知ったのは何と3時間余り経った18時少し前だったのだ。休憩のためにやっと休憩室へ入ったら、テレビが異常な画面で津波警報を報せている。「かなり大きな地震があったのだな」とは直感的に判ったが、まだ現実は知らないでいた。

居合わせた同僚に「どこでどう揺れたのか?」と尋ねて、初めて事の重大さを知った。

誠に申し訳ない次第だが、一年前の私はこれが現実だったのである。

運転中で、何も揺れを感じなかったとは、ある意味卑怯だと思っている。改めて、黙祷。

(尚、当記事にはコメントは必要ありません)。

|

« 飯田線北部撮影旅行(1日目) | トップページ | 飯田線北部撮影旅行(2・3日目) »

分類不可」カテゴリの記事