« あれから30年……胆振線往復の思い出 | トップページ | 鎮魂の思いと私の現実と »

2012年3月10日 (土)

飯田線北部撮影旅行(1日目)

1日目(3月10日)

2泊3日で飯田線の北部を撮ろうと思う。
のはいいが、出発前日に喉痛の風邪が悪化した。咳や痰が出る。医者へかかる必要が出てきた。

今回は飯田線でも北部を撮るので、中央線の特急「しなの」で塩尻・辰野回りで飯田線入りする予定にしてある。「しなの」は指定券も取ってあったので、やむを得ず

Dscn2545することにした。名古屋、と言うか千種を昼過ぎに出発する「しなの」に変更だ。

幸い、風邪は一晩寝たら、ある程度収まっている。医者で風邪薬を調合してもらい、指変の「しなの」には間に合った。これで塩尻着・13時52分。

次に乗るのは中央東線の旧線を走る普通列車「あずみのエコー」。一昨年10月の飯田線撮影行でもお世話になった車両だ。塩尻で少し接続時間があるので、電車をよく眺めていたら

Dscn2546123この電車、ツーパンタなんですな。寒い地域を走るから、霜取りパンタも必要なのだ。何度か乗ったことのある電車だが、今更ながらに気付いた。これで飯田線の入口・辰野へ赴く。

出発を遅らせたので、辰野には14時40分にやっと着く。  次の飯田線は15時03分だから接続は悪くない。ただ、撮影は殆ど出来そうにない。考えて伊那松島で降りることにした。

伊那松島とは聞き慣れない中途半端な駅と思われようが、飯田線が旧国ゲタ電の頃はここに車庫があって、ゲタ電も所属していた。今でも運輸区として乗務員の基地や車両置き場として名残が残っている。

今から乗る飯田線の運転士さんの鞄にも

Dscn2552こうある。乗務員の基地としてちゃんと機能しているのだ。

飯田線は長らく119系電車が運行されてきた。然しいよいよ119系も引退と相成り、殆どの列車は313系や213系で運転されている。ただ、伊那松島には留置線があるから、上手くいけば119系が疎開留置されている可能性もある。

私にしては珍しく予想が当たり

Dscn25561193両だけだが119系が留置されていた。これを絡めた写真を少し撮る。

本数の少ない飯田線なので、2本の列車を撮ったらもう薄暗くなってきた。17時過ぎの列車で宿泊地の駒ヶ根へ向かうこととする。

山間の駒ヶ根辺りは名古屋と違ってまだ寒い。17時39分に駒ヶ根へ着いたら、宿へ直行する。風邪をこじらせたら困るし。

何とか無事に投宿し、あとはホテルでゴロゴロするだけである。あ、★にはちゃんと出掛けましたよ。 

|

« あれから30年……胆振線往復の思い出 | トップページ | 鎮魂の思いと私の現実と »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

風邪気味の中での出撃お疲れ様です。
今年の風邪はしつこいようなのであまり無理しないでくださいね。

以前私も甲府でエコーと書かれた単行電車をみかけました。
塗装はたしか白に緑のラインでした。
119系ってまだまだ新しい車に見えますが引退なのですね~
JRは新陳代謝が早いのでしょうか?
エコーのほうが古いようにも思うのですが・・・

投稿: vanagon714 | 2012年3月10日 (土) 23時58分

こんばんは
vanagon714さんのコメントにもありますが今年の風邪はしつこいです。
私も先週から鼻水、鼻づまり、体のだるさに始まり少しずつ回復しては来ましたがまだ鼻声です。明日まで出撃中と思いますがお気を付けください。

119系は国鉄型車両なんですね。道外の車両は疎いもので(汗)
国鉄型車両は各地で退役が進んでいるようですね。しっかりと記録しておかねば!です。
それと、このところ出張以外で列車に乗る機会が無いので「旅日記」を見るたびに乗り鉄しに行きたくなります。

投稿: kattsu-mqc | 2012年3月11日 (日) 21時22分

>vanagon714さんへ
幸い、風邪は沈静化の方向へ向かっています。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。

甲府で見られた「エコー」は多分、身延線のクモハ123だと思います。白地に湘南カラーの帯が入っていました。
119系は1983年の登場ですから、30年使われなかったことになりますね。確かに新陳代謝が早いと思います。東海は儲かっているので、直ぐに新規車両に置き換えてしまう傾向があるようです。
エコーは荷物車からの改造ですから、119系よりも長生きしているはずです。そこまで119系を無理に廃車にしなくとも……とも思うのですが。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年3月11日 (日) 21時57分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
私も1週間以上喉痛にやられていました。そして肝心な旅行前日になって急に……です。
幸い、医者にかかって無理せずに行動しておりますので快方に向かっています。ご心配をお掛けしまして申し訳ないです。

119系はvanagon714さん宛にもお書きしたように、1983年のデビューです。立派な国鉄型です。ただ、昔の静岡鉄局管内限定で走っていましたから、地味な車両だと思います。ご存じなくとも仕方ないでしょう。
私共は仕事の性質上、不規則ながら連休があります。それに一日有休をプラスすれば2泊3日の旅行の出来上がりです。恵まれた環境だと感謝しています。
いつかはkattsu-mqcさんもゆっくり乗り鉄できる時が来ると思います。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年3月11日 (日) 22時08分

こんばんは。
風邪の中の出撃お疲れ様です。
119ももうすぐ引退ですね。
またひとつ国鉄型車両が消滅するのは淋しいです。

投稿: N市のT | 2012年3月11日 (日) 22時35分

こんばんは。
風邪の具合はその後快方に向かっておりますでしょうか。
埼玉もここ数日気温が乱高下しており私も気をつけています。

さて119系はよく豊橋駅を通る時に見かけましたが
未だに乗れてないです。
乗れずじまいに終わるのではないかという気もしています。

飯田線方面も写真見るからにまだまだ雪が積もってますね。
暖かくなれば行ってみたいです。今の私には18きっぷ利用可能期間と
いう条件が付いてしまっておりまして…

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年3月11日 (日) 23時51分

>N市のTさんへ
こんばんは。
お蔭様で、風邪は快方に向かっています。ご心配をお掛けして申し訳ないです。
119系、いよいよラストランとなるようです。1月の渡道の帰りに新幹線で浜松を通ったら、既にかなりの119系が構内側線に集結していました。秒読みのようです。
国鉄型は画一的との批判もありますが、やはり憎めないです。慣れ親しんだ車両がなくなるのは本当に残念ですよね。

投稿: N市のTさんへ | 2012年3月12日 (月) 21時59分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
ご心配をお掛けしましたが、風邪は快方に向かっています。
咳も殆ど出なくなりました。

119系は、17日のダイヤ改正で完全に置き換わるようです。N市のTさん宛にも書きましたが、1月の段階で既に多くの編成が浜松工場付近の側線に留置されていました。乗られるお気持ちがあるのでしたら、ダイヤ改正前なら何とかなると思います。

今回赴いた辺りは、足元の雪はなかったのですが、時折雪が舞う天気でした。暖かくなるのにはまだ少し時間がかかりそうです。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年3月12日 (月) 22時06分

そろそろ治りましたか?
塩尻あたりまではずいぶん出張に出かけてました。
「あずさ」「しなの」などが頻繁に発着する中で、ポツンと1両で待っているクモハは何ともユーモラスでした。
103系に通ずる顔もいいですしね。
塩尻駅前にあるお土産やさんの一角にある、石挽そばのお店がお気に入りでした。

投稿: suzuran6 | 2012年3月13日 (火) 08時01分

>suzuran6さんへ
お蔭様で、殆ど咳も出なくなりました。
塩尻までとは、結構遠くへのご出張もおありだったのですね。
クモハ123-1は仰せのように103系と似た顔つきで、好感が持てます。塩尻駅も中央東・西両線からスイッチバックなしで長野方面へ向かえるようになり随分と経ちます。特急街道に近い中で奮闘するクモハは、いい味を出しているなと思います。
今回は、塩尻駅構内の駅そばで済ませてしまいました。次回機会がありましたら、そのお店を訪ねてみたいと思います。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年3月14日 (水) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/44443915

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線北部撮影旅行(1日目):

« あれから30年……胆振線往復の思い出 | トップページ | 鎮魂の思いと私の現実と »