« 中央西線・中津川付近+αを撮る旅 | トップページ | 金庫たちの休息 »

2012年2月21日 (火)

春日井と中津川付近での写真

中央西線で撮った写真が上がってきた。宜しければ暫しお付き合い頂ければと思う。

Img756

春日井駅中線に入線する、通称“春日井貨物”(正式には673レ)。ありふれた写真だが、EF65PFも後部のハワムも今年の3月改正で他車両に置き換わるそうだから、まあ記録として見てやって下され。

Img7571

ここからは5枚の組写真。春日井駅東方の踏切より、春日井駅中線を出て下り本線へ入る春日井貨物。手前に斜めの亙り線が見えるが、列車はこの後、この亙り線の世話になる。

Img7582

列車の末尾が亙り線の分岐地を越えた所で、列車は一旦停車する。手前に誘導員の姿が見えるが、この誘導員が機関士に停止位置を連絡するらしい。例のT爺さんに拠ると、この誘導員は同じ愛知県内・知多半島を走る「衣浦(きぬうら)臨海鉄道」の作業員が出張しているとのこと。

Img7593

誘導員がハワムの末尾に乗り込むと……

Img7604

列車は推進運転で、先程書いた亙り線を使って下り本線から上り本線へ、更に……

Img7615

上り本線より左方にある貨物用の側線へと入っていく。これで一連の入換は一旦終了となる。僅か3分程度の作業である。どうせなら動画で撮った方が判り易いのだが、動画を撮る余裕もなかったし、仮に撮れてもアップ方法を知らないので諦めて下され(註記:T爺さんのYouTubeに全く同じような動画があります)。
以上で春日井貨物に関しては終わり。

Img762a

坂下駅から近い場所で撮った、上りのタキ貨・3084レ。ご覧の通り、上り列車限定の撮影ポイント。T爺さんに「坂下駅近くに撮影ポイントがある」と言ったら「そんな場所、あったっけ?」と首を傾げていたが、この写真を見たら「ああ、ここなら知っとるわ」と言われるであろう。坂下~田立にて。

Img763b313

上の写真と同じ橋梁だが、角度を変えるとこんな景色も拝める。雪山を背景にすると、ありふれた313系の2連でもまあまあ絵になるのではと思う。空の部分のゴミは、ご堪忍を。

Img764b

旅行記で「待てど暮らせど2本目の貨物が来ない」と書いた、その「2本目」。正式には5875レ。ISO400のフィルムだから何とか撮れたけれど、いつも使うISO100のフィルムでは駄目だったかも。上とほぼ同じ場所で、レンズだけ変えている。

Img765

落合川の駅ホームから下り(坂下)方面を向いて、自分の持つ最も長いタマ(300mm)+1.4倍のテレコンで。渡っているのは木曽川、列車はタンク返空の3088レ。

Img766cl

釜戸駅から瑞浪方面へ少し歩いた辺りから。列車はT爺さんの好きな313系8500番代による快速「セントラルライナー」。昼間は3両での運転になるが、まだ朝の運用の名残りで6連で走ってくれた。下がゴチャゴチャしているので、もっと上を向けて空を大きく入れた方が良かったなと、少々後悔している。

Img767

これも、前日と同じ5875レ。釜戸から武並方面へ歩いた辺りから。EF64重連+14両のタンク貨が綺麗に収まってくれたので、アップさせて頂く。石油需要の多い冬は、タンク貨も長くなるので見応えがあるかなと。

組写真もあったので、12枚もの写真を長々とご覧頂くことになった。飽きずに最後までご高覧頂いた方々には、深謝申し上げる次第です。

|

« 中央西線・中津川付近+αを撮る旅 | トップページ | 金庫たちの休息 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

春日井貨物いいですね~。
先日春日井まで足を伸ばして到着から入換まで撮影しました。
65と青ワムが来なくなってしまうのは淋しいですね。

中津川付近の撮影はT爺さんと64の0番台が走っている頃に行ったきりなので、爺さんが落ち着いたらまたゆっくり行ってみたいです。

投稿: N市のT | 2012年2月22日 (水) 22時41分

>N市のTさんへ
身近にありながら、今まで中々重い腰を上げなかった貨物をようやく撮影しました。自分的にもちょっとホッとしています。
既に青ワムが6両程度になってしまっていて、「いよいよ終わりか」との気分が高まってしまいます。
中央西線に65が入るようになったのは最近の話ですから、64に戻るのなら「以前の状態に戻る」ことになりますね。

T爺さんが落ち着いたら、私もご一緒したいと思っています。尤も休みが合えばの話ですが……。

投稿: N市のTさんへ | 2012年2月22日 (水) 23時03分

最近、コキ・タキに妙を持ってしまっている、szuran6でございます(笑)

始めに機関車の唸る様な音が聞こえ、そのあとはジョイントを刻む音が聞こえ、過ぎた後はレールを伝って「カタン、コトン」と余韻が残る
電車ばかりになり忘れていた「列車」を味わえる貨物もいいですね。
現在通勤で使っている山手線の大崎駅、たまぁにコンテナ列車、回送のEL・DLを見ることができるんですよ…
…模型が増えない様に気持ちを抑えるのが大変です!!

投稿: suzuran6 | 2012年2月23日 (木) 10時06分

すみません↑「妙」を「興味」と読み替えていただければ幸いです‥

投稿: suzuran6 | 2012年2月23日 (木) 10時07分

こんばんは
EF65PFも置き換えですか、500番台からブルトレ牽引をバトンタッチした頃を今も鮮明に覚えています・・・と言っても当時は北海道から現車を見に行く機会も無く「鉄」雑誌を見ただけの知識ですが(汗)

ワムの入換、見てみたいのですが終焉間近とは残念です。

投稿: kattsu-mqc | 2012年2月23日 (木) 18時45分

>suzuran6さんへ
この頃の貨物はコキ・タキが中心になってきましたから、私もコキ・タキに興味津々です。
よく見ていると結構バリエーションがあるんですよね。

「電車列車」とは普通言いませんが「貨物列車」は普通に言われますよね。「列車」の趣を強く残したのが、現在の貨物なのでしょう。私もこの言葉の響きが好きです。
大崎は山手貨物線も並走していますから、定期的に貨物が走っているようですね。通勤では眺められる機会も少ないかと思いますが、見られると「ラッキー!」との気持ちになられるでしょう。
模型より現物集めの好きな私でも、流石に狭い当家にコンテナの現物一つ置けません。その点、模型はいいなと思います。尤も増えてくるとお財布に大きく影響することは想像がつきますが(笑)。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年2月23日 (木) 23時12分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
EF65PFは他地区では残るようですが、名古屋近辺からは姿を消すようです。そうそう、車号限定でブルトレ牽引機としても活躍した仲間がいますね。私が撮り鉄を始めた直前に500番代からPFに置き換わってしまいました。なので私も500番代のブルトレの写真はないのです(泣)。

道内でも比較的最近まで、荻野でチップワムが活躍していましたね。有蓋貨車は貨車の基本のように思っていたのですが、今や絶滅危惧種です。時代の流れを感じずにはいられません。
兎も角「ある内に記録しておく」ことですね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年2月23日 (木) 23時41分

こんばんは。
EF64重連タンク貨物は迫力がありますね~
特徴的な側面の塗装は重連になった時の見栄えを計算しているのでしょうかね?
望遠で撮った木曽川鉄橋を渡るEF64の写真もいい感じですね!

EF65PF、私もブルトレ牽引機のイメージが濃いです。
形としては500番台が好きですが、1000番台は新しい機関車のイメージのままです。
それも置き換えとは早いものですね・・・

投稿: vanagon714 | 2012年2月25日 (土) 01時51分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
EF64によるタンク貨、名古屋方面への「上り」は返空なので軽々と坂を下りていく感じですが、松本方面への「下り」は重荷を背負ってゆっくり登っていく感じです。遠くでもモーターの唸り音が聞こえて、迫力を感じますね。
側面の塗装は、どうしてああなったのでしょうね? 同じ重連時でも、模様が揃う場合と逆向きになる場合とがあり(一番下の写真と下から4枚目の写真を見比べてみてください)、特に見映えには関係ないようにも思えますが……。

EF65PFは、やはりブルトレ牽引機のイメージが強いですよね。登場後すぐにブルトレ仕業に就いた仲間も多くいますから。イメージとして、500番代は貨物仕様でカラーだけがブルトレ用と云うような気もします。
国鉄民営化から間もなく25年、新しいと思っていた車両も次々と置き換わっていきますね。時代の流れを感じます。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年2月26日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/44208712

この記事へのトラックバック一覧です: 春日井と中津川付近での写真:

« 中央西線・中津川付近+αを撮る旅 | トップページ | 金庫たちの休息 »