« 道央地区ヒヤヒヤ旅行(6・7日目) | トップページ | 冬の道央での写真 »

2012年1月23日 (月)

祝津と小樽と宴会と

先日の道央旅行記で「後日別記とする」とした、旅行3日目のことを書こうと思う。行先は小樽とその先の祝津というところだ。

そもそもなぜ祝津へ行くことになったかを記しておくと……。

何ヶ月前かに、Wさんが親友のM子さんと祝津へ行って、とある魚類を食べさせる食堂へ入ったそうだ。そしたらそこが、美味いしボリュームもあって、大変良かったのだそうだ。で、「これは今度、おさかな(私)が北海道へ来た時に、是非連れて行きたいね」となったらしいのだ。それで、Wさんから連絡を頂いた私も、今回の北海道行きの中で一日、祝津へ赴く日を作るお約束をしておいた。

祝津へは小樽駅前からバスが出ている。バスで15分くらいの場所で、鰊漁が賑わった頃は漁の拠点としても名を馳せた所だという。

9時半に札幌駅へ集合。今回はvanagon714さんの呼びかけもあって、Wさん、M子さんの他に、Wさんのお友達で大阪のMMさん、そしてバス真理教(?)のK尊師もご一緒頂くことになった。

JRで小樽へ向かい、「先ずは食堂へ行きましょう」となって祝津へ直行した。この食堂は、札幌近郊の方なら知る人ぞ知る食堂らしい。

昼前から★を注文し、様々な魚類を肴に一杯やる。

Dscn2379

真ホッケ(食べかけ画像で済みません)。脂の乗った時期でとても美味。

Dscn2381

鰊の卵(つまりは数の子)も焼いてもらった(食べかけ画像で済みません)。

Dscn2382

ホタテの味噌汁(これは食べかけじゃない)。

その他にも焼きホタテや、ハッカクと云う魚の刺身等など、色々頂いた。Wさんが教えて下さったとおり、ボリュームもあって味も抜群であった。

満腹になったところで、次は鰊御殿として国の有形文化財にも登録されている「青山別邸」へ向かう。祝津からすぐだ。

Dscn2386

館内は撮影禁止になっているので、外観だけご覧頂くこととする。鰊漁で名を挙げた漁師たちは、こうした豪邸を作って館内に自分の持ち舟の船員たちを寝泊りさせたり、様々な骨董品などを買い集めて館内に飾ったそうである。結局は、自分たちで鰊を採り過ぎて鰊をほぼ絶滅させてしまい、こうした豪邸は「昔物語」となってしまっているとの由。

15時前に小樽へ戻り、運河沿いを散策する。散策と言っても冬の寒い時期なので、バスに乗ったり店に寄ったりして“寒さ凌ぎ”しながらの道中である。

ところで、私は以前このブログで「佐々木好さんのこと」との記事を書いた。その佐々木好さんが歌手時代、小樽の「海猫屋」と云うライブハウスで度々ライブをされていたとの情報を耳にしていた。それで、今回の小樽散策の行先に是非、この「海猫屋」を加えて欲しいと我儘をお願いしておいた。当の「海猫屋」はオーナーは変わっていないが、現在はレストランに改装されているそうだ。

小樽に詳しいK尊師の道案内で、割と簡単にみつかった。

Dscn2387

現在のお店の側面。

Dscn2389

入口側。

佐々木好さんが歌手活動を止められて約25年が経つけれど、彼女のファンの私としては是非見ておきたい場所だったのだ。探して下さったK尊師に感謝。

小樽では、スイーツのお店にも寄った。「LeTAO」と書いて「ルタオ」と読むそうだが、ここのチーズケーキは絶品ですよとvanagon714さんやWさんから教えて頂いた。迷わず、それを注文。甘過ぎず、すっぱ過ぎず、とろける感じのチーズケーキは確かに美味だった。

ガラス細工の店などもブラブラしながら、小樽を17時過ぎの快速で札幌へ戻った。

夜は、小樽から戻った6人に、札幌のN子さん、Oさん、フジ子さん、I田さん、tunnel_no2さんも加わった総勢11名で大宴会。
昨年の冬も札幌で大宴会をしたけれど、今回は名古屋からの出席者は私だけ。私も「お初」の方があったけれど、皆、vanagon714さんやWさんのつながりの方ばかりで、おいしいお酒を飲みながらワイワイと賑やかに★を楽しんだ。殆どの人は2次会まで行って、夜1時過ぎまで騒いでいた。鉄道写真もいいけれど、こう云う一日もいいものだ。

最後になってしまいましたが、この一日を企画して下さったvanagon714さん、Wさんには心からお礼申し上げます。また、小樽の道案内をして下さったK尊師にも、厚く御礼申し上げます。
また、宴会にご出席の皆様、楽しいひと時をどうも有難うございました。お疲れ様でした。

|

« 道央地区ヒヤヒヤ旅行(6・7日目) | トップページ | 冬の道央での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してしまいました(すんません)

おさかなさんの出撃報告では珍しく鉄分なしですね。
ホッケ、かずのこ、ほたてを見ていると当然報告したくなるとは思いますが(笑)
札幌出身の私としては「小樽」は懐かしい土地であり「祝津」は小学校の遠足の定番中の定番で、帰札の際に時間が取れると寄りたくなる街です。
鉄もいいのですが、北海道出撃の際にはこの様な観光も取り入れることを強くおすすめいたします。

PS.札幌 藻岩山 からの夜景は是非一度ご覧下さい!!

投稿: suzuran6 | 2012年1月24日 (火) 08時22分

おはようございます。
某食堂は蒸気機関車が走っている頃からあります。
当時は水族館が食堂の前の道の突き当たりにありました。
店の前でニシンや青ツブ等を焼いていて、味噌おでんもありました。

小樽築港機関区でC62やD51を撮影して、本線のバスで手宮に行ってC12を撮影して、またバスで山道を通って水族館まで行きました。
今は道も拡張されましたが、昔は道が狭く記念碑前から祝津までの間は誘導員のおじさんが添乗していました。
建物の屋根に当たりそうになりながら走っていてスリルがあって面白かったです。
水族館に着いたら食堂で味噌おでんを食べて小樽に戻りました。

数年前と一昨年の11月に職場の組行楽でここで★昼食しています。
皆さんビックリして大喜びでした。

鰊御殿は昔はダーダーだったのですが、今は撮影禁止とは厳しくなりましたね。

ルタオも有名ですね。
組行楽では支部長がお気に入りで店に入ったまま1時間は出てこないので、上で美味しいケーキを食べながらcafeしてました。
海猫屋は私が行くといつも閉まっているので相性が悪いです。

ともあれ、楽しい★beerrestaurant観光だったようで良かったです。

投稿: N市のT | 2012年1月24日 (火) 10時14分

寒~いなか お疲れ様でした。
海辺らしい天気にも遭遇できて H海道を堪能?してもらえて何よりです(^o^)/

次回は夏場にリベンジしましょう、
夏の小樽もいいですよ(*^_^*)

投稿: W | 2012年1月24日 (火) 18時46分

>suzuran6さんへ
お久し振りです。お仕事等、一段落つかれたでしょうか。

この日は夕方に僅かながら鉄分の話題があったのですが、文が長くなるので省略しています。
ともあれ内地者の私としては、あれだけのボリュームの魚介類を堪能させて頂くと、やはりご報告の対象となりますね。内地ではあそこまでの食堂はありませんから。
祝津が遠足の定番地とは知りませんでした。考えてみればおたる水族館もあり、鰊御殿もありですから、遠足向けの場所かも知れませんね。
今回は札幌で4日間の時間が取れたのですが、酷寒地で4日間鉄撮影は厳しいので、一日こうした「中休み」を設けました。

藻岩山の件、有難うございます。幸いにして15年ほど前に観光目的で夜景を眺めに登ったことがあります。函館に負けないぐらい綺麗でしたね。

投稿: suzuran6さんへ | 2012年1月24日 (火) 20時39分

>N市のTさんへ
こんばんは。
某食堂は歴史があるようですね。記事の翌日、kattsu-mqcさんとお話ししたら、「昔、小樽に住んでいて、その頃からありましたよ」と教えて頂きました。
1985年頃の北海道のガイドブックが手元に残っていて、Tさんが仰る通りの道案内が書かれています。以前と少し配置が変わったようですね。
偶々ですが、祝津へは往路は「山回り」、復路は「海回り」となったようです。K尊師が言われていました。雪のために道路がかなり狭く感じられたのですが、昔は今以上に狭かったのですね。
走っているバスは短尺車だったのですが、場所によってはすれ違いに苦労している様子がありました。

内地モノの私としては、あれだけの魚介類を出されると「こりゃあ、凄い!」となってしまいます。多分、私共の職場の方でも同様でしょう。内地であそこまで野趣溢れる食べ方をさせてくれる食堂はないと思います。

鰊御殿は古典的な絵画類も多く、フラッシュでその絵が焼けることを避けるために撮影禁止になっているのだと思います。

私はあまりグルメ人間ではないので、スイーツ系はまるで知らず、海猫屋のようなレストラン系も普段は素通りです。今回は偶々、こうした機会が持てたことと、佐々木好さんの件があったので、寄って頂きました。因みに海猫屋は、開店時間を見たら昼食時と夕食時しか開いていないようです。

ともあれ、お蔭様で楽しい一日が送れました。

投稿: N市のTさんへ | 2012年1月24日 (火) 21時12分

>Wさんへ
寒かったですね~。まあでも冬のH海道ですから、ある程度の覚悟はしていました。ちょうど寒気が居座る時期と重なってしまったようで、より一層、H海道らしかった感じがします。

飲食類の会計は全てWさんにお任せでしたので、大変だったろうと思います。お世話様でした。

以前、6月頃に小樽観光をしたことがありますが、メンバーが悪くて十分に見て回れなかったように思います(昼間から「パチンコでもするか」と云う御仁と一緒でした)。
気候のいい時期に是非再訪したいですね。その時はまたよろしくお願いします (^ ^)

投稿: Wさんへ | 2012年1月24日 (火) 21時22分

こんばんは。
プチ小樽観光楽しかったですね(^^)
とても寒い日でしたが・・・。
吹雪いたりもしましたが思いのほか良い天気でした。
こんどは夏に徒歩でブラ小樽しましょう。

投稿: vanagon714 | 2012年1月24日 (火) 21時55分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
お蔭様で、小樽・祝津とすっかり楽しませて頂きました。
冬ですから、ある程度の寒さは覚悟しておりました。寧ろ、想像していたよりは寒さを感じずに済んだと思っています。勿論、吹雪いた時は「うわぁ~」と思いましたが (^ ^;;;
小樽は、他にも色々魅力のある街と聞いています。
機会がありましたら、是非「夏編」をしに参りましょう。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年1月25日 (水) 20時33分

こんばんは
住んでいたことがあるくせに「食堂」も「海猫屋」も外から拝んだこととしかありません(汗)
「寿司屋通り」なる通りもあるのですが、お値段もなかなかで地元にいるとあまり足が向かない場所でした。

いちおう転勤族?なので5年ほど住んだ街なのですが、離れてからあらためて食べ物の美味しい街だと言うことを再認識しました。今でも年に1~2度は家族で訪問し、いろんなモノを腹一杯食べてきています。

投稿: kattsu-mqc | 2012年1月25日 (水) 22時39分

こんばんは。
札幌に実家がありながら小樽は直近10年で小樽駅及び小樽築港駅
近辺しか行ってないので祝津エリアはまったくの素人です。

祝津にも有名な食堂があるのですね。
小樽には、寿司屋を中心に高価な店も点在しているので、食事を
する時は、そこに気をつけないといけないです。

あと「ルタオ」は知りませんでした。小樽でスイーツといえば
「館のケーキ」
http://www.c-yakata.co.jp/
が定番でしたが、強力なライバル出現といった所でしょうか。
ちなみにN市のスイーツの名所といえばK山12の八事-雲雀ヶ岡が
すぐ思い浮かびますが、私は一度も店に入ったことすらないです。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2012年1月26日 (木) 20時44分

>kattsu-mqcさんへ
こんにちは。
自分が住んでいる街だと、意外と足が向かないものですよね。私も名古屋の有名どころ(特に食べ物系)は殆ど行ったことがありません。
海猫屋は食事時に時間限定で営業しているレストランのようですから、余計、行きづらいのではと思います。
寿司屋通りは、15年ほど前に4人の集団旅行で寄りました。「折角小樽まで来たのだから」と奮発したのを覚えています。

今回訪れて、改めて小樽の良さを知ったように思います。魚介類に関しては、日本でも有数の「有名どころ」ですものね。たまに出掛けられて腹一杯に食べられるのも良い事ではありませんか。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年1月28日 (土) 16時45分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんにちは。
「いつでも行ける場所」は、存外行かないものですよね。特に小樽に関しては、道外の人間の方が詳しい場合もあるかも知れません。

寿司屋通りは「高級店が並んでいる所」と道外の人間は心得ていると思います。そもそも寿司そのものが高級料理ですし。

ルタオは偶々先程職場でテレビを見ていたらCMで流れていました。全国的に有名な店なのかも知れません。
因みに仰せの名古屋のスイーツの店は、私はどこのお店かも判らないです。それぐらいスイーツに関しては無知です。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2012年1月28日 (土) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/43835129

この記事へのトラックバック一覧です: 祝津と小樽と宴会と:

« 道央地区ヒヤヒヤ旅行(6・7日目) | トップページ | 冬の道央での写真 »