« 平成24年 | トップページ | 道央地区ヒヤヒヤ旅行(1・2日目) »

2012年1月 6日 (金)

DD51重連いろいろ

先日、いつもお邪魔しているvanagon714さんのブログでDD51重連の動画がアップされていた。

そう云えば自分も色々なDD51重連を撮っているなぁと思い出したので、動画ではないがコラボさせて頂こうと思う。

Img730

最初は旅客列車から。ご覧の通り「カシオペア」である。室蘭本線の有名撮影地・萩野~白老にて。2007年5月。

Img731twlexp

これも有名撮影地。札幌近郊の方なら直ぐお判りと思うが、千歳線の西の里(信)に程近い場所から下りのTWL.EXP。少し遅延したため、上り方向の特急「とかち」に被られてしまっていてみっともない写真だが、183系による「とかち」も今は亡きものだからお許し頂きたいと思う。2008年6月。

Img7328261

これ以下の写真は全て2009年12月の撮影。関西本線四日市駅構内で停まっていた、国鉄色先頭のタキ貨。エンジンも停止していたので、四日市で終点になる8261レが停泊している姿だと思う。

Img7345284

塩浜貨物線を走る、南松本行のタンク貨・5284レ。所謂A更新同士の重連だ。右側に見えるのは近鉄名古屋線。四日市~塩浜(貨)にて。

Img7355271

塩浜貨物駅に到着した5271レ。南松本からの返空タキ貨だ。停止位置目標がないので、駅職員が停止位置で腕を差し出している。

Img736

塩浜貨物駅では特に入替専用機がいないので、DD51は重連のまま入替作業も行う。随分と贅沢な眺めだと思う。

Img733

最後はちょっとオマケ的な画像。重連ではないのだが、vanagon714さんの記事に青更新のDD51の走行シーンがあったので、それもコラボさせて頂いて。何号機か記録がないし、この車両が現在も青更新のままかどうかは判らない。ともあれ約2年前までは内地にも青更新が存在したことだけは確かだ。四日市駅構内の末広可動橋にて。

重連はどの型にしても、勇ましさが倍増して見える。況して、数を減らしつつあるDD51の重連は貴重な記録になっていくと思う。自分も撮れる内に撮らなければ、と思っている。

|

« 平成24年 | トップページ | 道央地区ヒヤヒヤ旅行(1・2日目) »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

お晩でございマシ。
コラボありがとうございます。
DD51といえばやはり重連総括ですよね。
特急牽引でも重量貨物牽引でもその迫力に魅力を感じます。
貨物用の800番台はこちらに無いので新鮮です。
旋回窓が無いと表情が変わりますね。
最初はエッと思ったA更新塗装も最近見慣れてきました。

投稿: vanagon714 | 2012年1月 6日 (金) 20時36分

こんばんは
DD重連の入れ換え、贅沢な光景ですね。
道外はやはりA更新機が幅をきかせていますね。こちらは道内限定のB更新機が多いのですが検査時期などからすると最後まで残るのはA更新機のように思います。
A更新は塗装が不評のようですがDDの数自体が減っているので1枚でも多く記録しておこうと思います。

投稿: kattsu-mqc | 2012年1月 6日 (金) 21時24分

>vanagon714さんへ
お晩でございマロネ。
重連の総括制御は、見ていても音を聞いていても迫力が倍以上に感じますよね。2台以上の機関車両が総括運転する、考えてみれば気動車では当たり前に行われていることですが、荷物を牽く機関車ではそれなりの荷物がなければ必要のないことなので稀少になってきてしまいますね。
私は逆に旋回窓のないDD51ばかりを見ていたので、初めて道内の旋回窓付きを見た時は「……何か変……?」と思ったものでした。仰せのように表情が変わりますね。今では旋回窓の付いている方が温和な表情にも見えます。
A更新の色は、正直申してまだ馴染めていません。「DDの色じゃない~!!」とついつい思ってしまいます (^ ^;;;

投稿: vanagon714さんへ | 2012年1月 6日 (金) 23時46分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
DDの重連貨物は稲沢(愛知機関区)~名古屋~塩浜でたまたま定期運用が多くあるため、日常の景色として見てしまっていますが、実際にはかなり恵まれたロケーションにいることになりますよね。
私も重連のまま入換する風景を見て「ああ、贅沢な眺めだよなあ」と思ったものです。
道内では個人的にはB更新の方が旧国鉄色に近い色合いに見えるので好きなのですが、絶対数が激減してきましたね。贅沢は言っておられない状況になってきました。
記録できる内に記録することも大切です。自分も少し地元に根ざした活動をしなければと思っています。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年1月 6日 (金) 23時58分

こんばんは。
DDの総括重連は迫力があっていいですね~。
初めて見たのは実家の前を満開で唸りを上げて通過する青コキでした。
後ろに機関士が乗っていないのでビックリしました。
蒸気機関車の牽くコンテナ列車とはスピードが全然番うので凄いなと思いました。

N市界隈ではまだDDの重連が走っているいるので有難いです。
また、山口では岡見貨物も走っているのでいずれ出撃したいと思っています。こちらは国鉄色で最古参の750号機も健在なので魅力的です。

投稿: N市のT | 2012年1月 7日 (土) 21時43分

>N市のTさんへ
こんばんは。
総括制御で走るDDは迫力満点ですね。当地では総括制御のDDやEFが比較的多く走っていたので、実を申せば小学5年頃まで機関車は全て(蒸機も含めて)総括制御できるものだと思っていました。お恥ずかしい次第です。ですので私は逆に、後の機関車に機関士の乗っている蒸機の映像を見て初めは「?」と思っていました。「-・・」の汽笛の意味も、小学校を卒業する頃にやっと理解しました。

N市近辺では塩浜線のお蔭で、DD重連が多く残っていますね。また、この春には廃止になるとの話ですがエチレンコキもDD重連で牽かれていて、何とか今一度撮影の機会を持ちたいと思っています。
岡見貨物も今となっては稀少な存在ですよね。山陰線は昨年で一応全線撮影できたので、総括としてもう一度、岡見貨物を含めた撮影に出たいと思ってます。

投稿: N市のTさんへ | 2012年1月 8日 (日) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/43638640

この記事へのトラックバック一覧です: DD51重連いろいろ:

« 平成24年 | トップページ | 道央地区ヒヤヒヤ旅行(1・2日目) »