« 道央地区ヒヤヒヤ旅行(1・2日目) | トップページ | 道央地区ヒヤヒヤ旅行(6・7日目) »

2012年1月16日 (月)

道央地区ヒヤヒヤ旅行(4・5日目)

4日目(1月15日)

歯冠の土台が取れやしないかとのヒヤヒヤ旅行は4日目を迎えるが、今の所、仮セメントでつけた土台は取れていない。何とか無事に過ぎて欲しい。

さて、3日目の昨日は宴会がメインのような日であった。こっちも調子に乗って前夜は1時過ぎまで飲んでいた。ホテルへ戻って翌日の準備をし、シャワーを浴びたりしてたら布団へ潜ったのは3時少し前になってしまった。

今朝は、vanagon714さんと大麻駅でプチ撮影会のお約束がある。事前の連絡で「731系とキハ201系の協調運転列車・761Mで大麻へ向かいます」とのお約束になっている。761Mの札幌発は7時30分だ。遅れる訳に行かないから、4時間程度寝ただけで、6時45分にはまた起き出した。

以前にも乗ったような気がするが、電車とディーゼルの協調運転は面白い。前の車両は電車で静かなのに、後ろの車両はガラガラとディーゼルエンジンの音が響く。大麻までは15分で着いてしまうけれど、少しはその面白味を楽しめた。

この761Mは江別で折り返し、大麻発8時13分の762Mとして戻ってくる。先ずはvanagon714さんと合流し、当の762Mを撮りましょうということになっている。

762Mを待つ間に、711系の札幌方面行が通る。見ていると

Dscn2390711_3昨年6月に拝めた原色編成が先頭で入っている。一眼では撮り損ねたが、デジでは何とかかように収めることが出来た。

以下、画像がないけれど……。

762Mを無事撮り終えた後、旭山動物園号を高架化相成った野幌で撮りましょうということになった。二人で移動し、昨年冬には玉砕した旭山動物園号を無事撮ることが出来た。高架の上の駅ホームは風もあって大変寒く、vanagon714さんと「札幌へ暖まりに逃げましょう」と一旦札幌へ戻った。

私はこの後、旭川のkattsu-mqcさんと近文でお会いする約束がある。近文へ12時35分に着く列車で落ち合うお約束なのだ。時刻表を見ながらvanagon714さんと「13D(オホーツク3号)で岩見沢で乗り換えれば、近文12時35分の列車に乗れますね」と話し、その手で行くことにした。vanagon714さんは残念ながらお仕事があるので、札幌でお別れすることになる。

岩見沢までオホーツクで行き、そこから普通列車の旭川行に乗り換える。これで近文へ予定通り着ける筈だ。安心したのと前夜の睡眠不足が相乗効果を発揮し、旭川行の列車では爆睡していた。

この列車は滝川で40分も停車する。その間にやっと目が覚めて、いよいよ近文でkattsu-mqcさんとお会いすることになる。雪の影響で到着が10分ほど遅れてしまったが、近文での撮影には影響がない。

kattsu-mqcさんと「次に撮るべくは13時18分頃通過の14Dですね」と意見が一致し、14Dの先行列車・スーパーカムイ24号の通過を待つ。ところがスーパーカムイの時間になっても上り方の信号が開通しない。13時15分くらいにやっと信号が開通し、スーパーカムイの通過を見送ろうと二人で待合室の中から眺めていると、何故か時刻通りに14Dが通り過ぎるのが見えた。然も、撮影は出来ないが遠軽方は白ボウズだった。「えっ? いつの間にスーパーカムイは通り過ぎちゃったの?」と二人で唖然としたまま玉砕してしまった。

気を取り直して、1080レと711系の上り普通を撮り、kattsu-mqcさん運転のお車で宗谷本線方面へ向かう。宗谷線の排雪列車がいい時間にあるのだ。色々場所を詮索した挙句、南比布駅至近の場所で俯瞰しましょうとなった。

線路とクロスする道路から撮る訳だが、クロスする道路へは雪を掻き分けて登らなければならない。kattsu-mqcさんが一生懸命雪掻きをして下さって、私だけが上でカメラを構えたら、排雪列車接近のホームの放送が入ってしまった。結局、kattsu-mqcさんは撮れずじまい。私の雪掻きのためにここへ来て下さったようなものだ。申し訳なさ過ぎて、お詫びのしようもない。

排雪列車を撮ったらもう特に予定はないので、私は札幌へ戻るだけである。kattsu-mqcさんに旭川駅まで送って頂いて、今日の行程は終了した。16時発のスーパーカムイで札幌へ取って返した。

vanagon714さん、kattsu-mqcさん、お忙しい中をお付き合い頂きまして本当に有難うございました。厚く御礼申し上げる次第であります。

5日目(1月16日)

今日は千歳線の上野幌から、JRバスで行くといい撮影地へ赴こうと思う。JRバスの椴山(とどやま)で降りて、10分ほど歩いた撮影地だ。

JRバスの時刻を下調べし、それに十分間に合う列車で上野幌へ行く……筈だが、その列車が来ない。今日は岩見沢方面が大雪でその煽りを受けダイヤが乱れているそうだ。結局、乗ろうとした列車は15分遅れで札幌を出、JRバスには間に合わなくなってしまった。

止む無く上野幌からタクシーを呼ぶ。が、タクシーの運転手は「椴山」を知らないと言う。運転手が無線で問い合わせてやっと椴山へ行けた。

椴山では

Dscn2393こんな狭い陸橋の脇から撮影することになる。元々狭い陸橋が、雪のために尚一層狭くなっている。

ここでは廃止が決まっているタンク貨物を撮る予定だったのだが、何と反対列車に被られて肝心のタンク貨は玉砕してしまった。何のためにタクシーまで飛ばしたのか判らなくなる。

戻りはJRバスに乗って、上野幌へ昼過ぎに着く。

今度は12時47分の普通列車で、恵庭へ向かう。鉄道写真攻略本に紹介されている撮影地があるのだ。

千歳線のダイヤは正常に戻ったようで、13時半頃から2時間弱、ここの撮影地に居ついていた。ここも道路の陸橋から撮影する場所で、通りがかった「みどりのおばさん」に「寒くないですか?」と尋ねられた。陸橋上は風があるから、15時過ぎにはかなり寒くなり、正直、辛かった。

北海道の日暮れは早い。恵庭駅に戻った頃には薄暗くなって来た。駅には相変わらず

Dscn2394こんな掲示が出ている。岩見沢方面は過去の記録を更新する積雪量になっているそうだ。

17時前に札幌へ戻ってくる。駅から見える温度計は今日も「-6度」と表示している。

晩は、vanagon714さんに教えて頂いた駅構内のそば屋「蕎麦紀行」で、軽く済ます。

Dscn2395但し、あくまで★は飲む。一瞬、歯冠土台のセメントの味を感じてヒヤリとする。

その後、急に思い立って地下鉄に乗りすすきのへ出向く。いや、別にやましい店へ行こうと思った訳ではない。Wさんから以前「すすきのから札幌まで地下道で歩けるようになりましたよ」と聞いたのを思い出して、歩いてみる気になったのである。

歩いてみたらちょうど20分で札幌まで戻れた。北海道の方々とお知り合いになれて、自分の行動範囲が広がったような気がする。何かとても嬉しかった。

|

« 道央地区ヒヤヒヤ旅行(1・2日目) | トップページ | 道央地区ヒヤヒヤ旅行(6・7日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
悪天候の中出撃お疲れ様でした。
711原色車はちょっとビックリしましたね。
雪がたくさん付いて原色車の顔のクリーム色が見えにくいです。
前前日に乗車した時は6連の岩見沢側に原色が入っていました。

明日はいよいよ最終日ですね!
見送りに行けなくて残念ですがどうぞ気をつけてお帰りください。
またご一緒出来ればと思います(^^)

投稿: vanagon714 | 2012年1月16日 (月) 22時58分

こんばんは
昨日はお疲れ様でした。今日は気になってはいたのですが、やはりダイヤの乱れに遭遇していましたか・・・

しかしスーパーカムイ24号はいつの間に通過していたのか・・・狐に抓まれたようでしたね。
それと雪掻きは次回、自分が楽をするためと言うのもありますのでどうかお気になさらずに。

書き込み中に日が変わってしまい内容がずれてしまいましたがお許しください。
またのお越しをお待ちしております。

投稿: kattsu-mqc | 2012年1月17日 (火) 00時09分

悪天候雪害の中の出撃お疲れ様でした。
昨年のように丸一日パーにする事にならず良かったですね。
これも日頃の信心の賜物と存じます(ニヤニヤ)
今頃は車中で★でしょうか。
気を付けてタイの泳いでいるN市へお帰り下さい。

投稿: N市のT | 2012年1月17日 (火) 22時13分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
岩見沢方面の雪は想像を絶するものになっていましたね。
今まで何度も冬の北海道へは来ていますが、これほどの状況は想定していませんでした。

711系の原色はラッキーでしたね。仰せのようにクリーム色の部分が判りにくいですが、自分にとっては貴重な記録になりました。

お蔭様で、今回も楽しい旅行になりました。お忙しい中をお付き合い頂きまして、本当に感謝しております。

投稿: vanagon714さんへ | 2012年1月18日 (水) 20時55分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
ご自宅の雪掻きもあったでしょうに、お疲れのところを引っ張り出してしまい申し訳ないです。
岩見沢付近の雪は、過去の記録を更新したそうですね。流石に札幌から近い地区では、ダイヤもかなり乱れていました。天気だけはどうしようもありませんね……。
それにしてもSカムイの通過は、世界七不思議の一つに等しいですね。

>雪掻きは次回、自分が楽をするためと……

少し、このお言葉に慰められました。私だけが図々しく三脚まで構えてしまうことになったので、胸が痛みました。
これに懲りずに、いつかお邪魔する機会がありましたらまたよろしくお願い致します。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2012年1月18日 (水) 21時07分

>N市のTさんへ
ここまでの雪害は、正直言って想定外でした。
それと「昨年あれほどの目に遭ったのだから、2年連続はないだろう」との甘い思いがありました。現実は、かくも厳しいものだとしみじみ思い知らされました。まあ、仰せのように丸一日パーではなかったので、何とかそれなりに行動できました。
コメント頂いた時間には、多分既に半分寝ていたと思います。
N市にタイを泳がせるのは勘弁してくださいね~(苦笑)。

投稿: N市のTさんへ | 2012年1月18日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/43757501

この記事へのトラックバック一覧です: 道央地区ヒヤヒヤ旅行(4・5日目):

« 道央地区ヒヤヒヤ旅行(1・2日目) | トップページ | 道央地区ヒヤヒヤ旅行(6・7日目) »