« 唯一の“扶養家族” | トップページ | 高山線・下呂近辺での写真 »

2011年12月 8日 (木)

下呂温泉と高山線と

1日目(12月6日)

12月は毎年、寒くなってくる時期だからと言い訳を言ってあちこちのspaを巡っている。今年は名古屋から近い割には余り足を運んでいない下呂温泉に宿泊しようと考えた。

中央線の千種から、多治見・美濃太田回りで高山線に入る。前夜、色々とやることがあって寝るのが遅くなった。そのため多治見までと、その後、太多線に入って可児へ着く辺りまで殆ど居眠りしていた。太多線は中々乗る機会がないからと思ってルートに組み込んだのに、眠っていては意味がない。

とまれ、そうこうする内に美濃太田までやって来た。ここからが今回の目的の高山線になる。但し今回はspaがメインなので、撮影は申し訳程度にするつもりでいる。

美濃太田は高山線の車両を預かる大切な車庫の最寄だ。車両の切り離しや回送列車の到着などで

Dscn2256眼前の風景は見ていて飽きない。「鉄」のためにあるような駅だ。

美濃太田を9時57分に出発し、10時27分に白川口へ着く。駅から少し遠いが撮影に有名な鉄橋があるのだ。
往路はタクシーで赴くつもりだったが、駅前にタクシーがいない。白川口は特急も停まる駅なのに、見当が外れた。あれこれした挙句、結局は運転代行の車で目的の橋梁まで向かえることになった。

Dscn2259_2この橋梁、ご存知でしょうかね? 写真集などにはよく載っている場所なのだけど。ここで1時間半ばかりを過ごした。

帰り道は流石にタクシー代が勿体ないので徒歩で戻る。撮影地ガイドに「駅から徒歩40分」と書かれていたが、35分で戻れたので、まだまだ自分の足も捨てたものではないと安堵する。

13時過ぎの列車で次の下油井へ至る。学生時代に撮影した場所を覚えているので、そこで撮ってみようとの魂胆である。駅から国道へ出てすぐの辺りだから、歩かなくて済むのは助かる。が、ちょっと撮影している内に空模様がかなり怪しくなってきた。今回はISO400のフィルムを持ってきたが、それでも絞りを開放にしてシャッター速度は1/60秒がやっとの状態。こりゃあダメだと思う間もなく、雨が降り出した。

Dscn2264

「今回はspaがメイン」と自分に言い聞かせて、早々に撤退する。ただ、どちらにしても下油井に停まる普通列車は予定していた16時27分のものしかない。温泉街の下呂へ着くのが17時過ぎになることには変わりがない。

皮肉なことに、下呂へ着く頃には雨が止んでいた。まあ、いい。温泉旅館に泊まって★を飲めば満足する旅行なのだ。

10年以上ぶりの下呂の湯は、期待を裏切らない、いい心地であった。2泊の予定なので、茹で魚になるまで2晩浸かろうと思う。

2日目(12月7日)

朝湯に浸かってから宿を出る。贅沢な話だ。

8時59分発の普通列車で飛騨萩原まで行こうと予定してある。その列車が嬉しいことに

Dscn2267dc_2旧国鉄色風に塗り直したキハ48の編成だった。何とも懐かしい気分に浸れる。

飛騨萩原から、手前の禅昌寺へ向けて徒歩で戻りにかかる。この辺りも学生時代に撮った記憶があるので、その「現在の姿」を捉えようとの魂胆である。

ちょっとだけバスの力も借りて、禅昌寺へ至る。その先の橋からも、高山線が狙える。レンズを換えながら色々な写真にチャレンジしてみる。自分の眼下は益田(ました)川で、

Dscn2271川面が光り、水が透き通っているのが判る。綺麗な川だなと嬉しくなる。これだけのことでも、心の清涼剤になるものだ。

撮影していた橋から禅昌寺駅へ戻る途中の信号に

Dscn2273_2とある。自分が泊まっているのが下呂で、そこから山奥へ向かって3つ目に「上呂」という駅がある。下があって上があって、この禅昌寺辺りが「呂」の中間に当たるらしい。

14時10分の下り列車で更に奥の

Dscn2279までやって来る。この辺りも学生時代に撮影した記憶がある。当時は135mmのレンズが持ち合わせで一番長いタマだったが、今は300mmまで持って来ている。贅沢しているなと思う。それらのレンズを使いこなしながら夕方までこの辺りで写真を撮っていた。

予定していた撮影をほぼこなして、17時過ぎの列車で宿泊地の下呂へ戻る。spaがメインだから撮影は程々にと思っていたが、多少は熱を入れて撮っていたかも知れない。

3日目(12月8日)

朝、一応8時20分に目覚ましをかけておいた。目覚ましに促されて窓外を見ると、雨になっている。今日は下呂の温泉街が見下ろせる、下呂駅付近でのポイントから撮影を考えていたが、雨では億劫だ。撮影は諦めてもう一度布団に潜り込む。

9時頃に朝食へ行き、もう一度だけspaに浸かることにする。ホテルのチェックアウトは11時だし、帰りの列車は

Dscn2288

(ブレてて済みません)
上の普通列車に間に合えばいいから、のんびり過ごそうと考える。

11時少し前にやっとホテルをチェックアウトし、歩いて直ぐの駅で普通列車を待つ。列車は11時25分に下呂着の予定なので、そんなに長い時間を待たされる訳ではない。

この辺りでは普通列車にはキハ48が基本的に使われる。それに乗ってゆっくり戻りにかかる。 高山線にはちょくちょく乗るが、普通列車でのんびり戻るのは久し振りだ。のんびりしたまま13時05分、美濃太田着。

往路では太多線を経由したが、帰りは高山線で岐阜まで行って名古屋へ戻るような切符にしておいた。度々書いてきたが学生時代に高山線や越美南線(現・長良川鉄道)をよく撮りに来ていて、その時は大抵岐阜回りで帰っていたのだ。30年昔を思い出してみたいと思って、こんなルートを選んだ。

Dscn2290

駅弁売りの残る美濃太田を後に、

Dscn229311

岐阜行のキハ11に乗り込む。JR東海のオリジナル車両で、昔のキハ11とは全く違う。

岐阜までは30分少々かけて行く。沿線の景色も大分変わって、30年前を思い起こすのも難しくなってきた。時代が変わってしまったのだから、昔に執着する方がどうかしているのかも知れぬ。

まあ、長くなるから岐阜より先は省略するけれど、自他共に変わったことを再認識させられる帰路であった。自分がspaに行くこと自体、昔とは違うのだ。

と云う訳で、今回は幕としよう。

尚、再三書いてきたが、今回は撮影がメインではないので、撮影結果はそれ程期待せずにいて下さい m(_ _)m

|

« 唯一の“扶養家族” | トップページ | 高山線・下呂近辺での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
国鉄色に乗れて良かったですね~happy01

たまにはspaいいですね~scissors
日頃のストレスを洗い流す事が出来ましたでしょうかsign02
spaといえば、Nキングをお忘れなくscissors

投稿: N市のT | 2011年12月 8日 (木) 22時40分

こんばんは。
高山線ですか。私も高山の温泉に入りつつ高山の気動車も楽しみつつってやりたいのですが、なかなかいけませんねえ。というか行ったことがないので(記憶がないだけかもしれませんが)一度は行ってみたいんですよね。

投稿: ジャスタウェイ | 2011年12月 8日 (木) 23時24分

おはようございます。
温泉出撃お疲れ様でした。
やはり冬は温泉に限りますよね~
といいつつなかなか我が家では温泉に行けないのですが・・・

国鉄ローカル色に塗り替えられたキハ48良い雰囲気ですね~
タラコ色よりもこちらのほうが良いなあと思います。
美濃太田、一度は行ってみたいところです。
窓を開けて駅弁購入したいです。
新型キハ11は初代とは全然違いますね。

投稿: vanagon714 | 2011年12月 9日 (金) 07時41分

ゆったりと温泉いいですね。
以前「キハ11」を検索していて、この車両が出て来て2代目があるんだぁ「新発見!!」と一人でニヤニヤしていた事を思い出しました。

仕事で下呂に泊まり、お土産に「下呂饅頭」を会社へ…
「ゲロマンジュウ?」と話題を振りまいた事があります(笑)

投稿: suzuran6 | 2011年12月 9日 (金) 10時40分

>N市のTさんへ
旧国鉄色キハ48は美濃太田では2両しかいないので、出会えるかな~と思っていたら、ドンピシャできてくれてラッキーでした。
spaも日頃中々足を向けないので、今月は思い切って「ここ」と決め付けて行きました。日本三大名泉の一つですから、お湯も良かったですよ。今回はいい宿に泊まったのですが、下呂辺りだと民宿クラスでも十分かなと思いました。
Nキングは、忘れません。ちゃんと覚えておきます (^ ^)

投稿: N市のTさんへ | 2011年12月11日 (日) 16時42分

>ジャスタウェイさんへ
こんにちは。
下呂温泉はかなり幼少の頃に一度行ったのと、12~3年前に行っただけです。名古屋からは比較的近いのですが、思い切らないと中々行く機会って持てませんよね。
今回私が泊まった宿からは高山線は見えませんでしたが、B川館が部屋によっては線路がよく見えるそうです。

投稿: ジャスタウェイさんへ | 2011年12月11日 (日) 16時47分

>vanagon714さんへ
こんにちは。
寒い季節は温泉に限ります。
今のところ比較的時間に余裕が持てるので、12月は何だかんだと理由をつけて温泉のある所に出かけています。贅沢しているなと思います。

旧国鉄色のキハ48は私もタラコ色よりいいなと思いました。
国鉄時代の塗装は、実によく考えた配色になっていますね。キハ48にも全く違和感がありませんでした。
JR東海は何でも白地に湘南カラーのラインにしてしまいますが、いっそのこと所属するキハ40系を全部この色にしたら、全国からマニアが訪れて増収に繋がるのではと思いました。
あ、因みに東海の国鉄型車両は皆、窓が開かないように改悪されてしまっていて、駅弁を買うなら出入口へ行くしかありません。
キハ11はそちらのキハ141系と似たような顔つきだなと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年12月11日 (日) 16時59分

>suzuran6さんへ
お蔭様でゆっくりさせて来て貰いました。
JR海は最近、気動車形式番号の重複アリで、2代目キハ25も存在します。個人的には番号の重複は好ましくないと思うのですが……。

下呂温泉、カタカナで書くと「ゲロオンセン」で、確かに誤解を招きそうな名前ですよね。特に饅頭などの食べ物に「下呂」が冠してあると、仰せのように周りの方から「どんな饅頭なのだ?」と疑われそうですね(苦笑)。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年12月11日 (日) 17時06分

こんばんは
温泉の旅イイですね。
日帰りで行ける温泉もそう遠くないところにあるのですがなかなか行くことが出来ません。
こちらはすっかり雪景色で冬本番なので温泉が恋しいです。

投稿: kattsu-mqc | 2011年12月11日 (日) 22時13分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
普段は「撮り鉄」に懸命になってしまうので、あまり温泉には泊まる機会がないのですが、今回は「温泉」と決めてかかって旅行を決行しました。私のような独り者でも、敢えて機会を作らないと中々温泉にまでは手が回らないのが実情です。
そちらでは先日、氷点下20℃を記録したとか。名古屋では考えられない気温で、温泉が恋しくなられるお気持ちも判ります。厳しい季節になりますが、お風邪など召されませんように……。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年12月12日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/43282473

この記事へのトラックバック一覧です: 下呂温泉と高山線と:

« 唯一の“扶養家族” | トップページ | 高山線・下呂近辺での写真 »