« 宗太郎越え近辺での写真 | トップページ | 琴電に渡った名古屋の地下鉄 »

2011年11月18日 (金)

土讃線・黒川付近での写真

色々順序が前後するが、前回お約束した通り、今回は11月に出掛けた土讃線の黒川駅近辺で撮った写真をご覧頂こうと思う。

Img7141000

黒川で降りようとして、初めに目に飛び込んできたのはこのタマネギ畑であった。周囲の緑が次第に煤けた色に変わる季節だが、タマネギ畑だけは青々としていて大変目に付いたのだ。

Img715

タマネギ畑での写真を撮って、反対側を向いたらこの土蔵が視界に入った。田舎の風情があっていいなと思い、題材にさせて頂いた。こういう渋さは四国ならではのような気がする。先入観があるのかも知れない。

Img716

黒川のホームから阿波池田寄りを見ると、こんな景色が見られる。山深い雰囲気がお伝えできれば嬉しく思う。1/60秒のシャッタースピードだが、ブレずに写ってくれたのは幸甚だ。

Img717

柿の実を取り込んだ写真ではこれが一番マトモかなぁと云うことで。この写真を撮った辺りの時間が一番雨の降りが強くて、上着から下着に至るまで体中びしょ濡れになって撮った。カメラ類もかなり濡れてしまったが、故障などのトラブルが起こらなくてよかった。

Img718

流れは財田(さいだ)川。駅のすぐ南側にあるこの鉄橋も色々なアングルで狙うことができるが、今回撮った中ではこれが一番「何とか見れる」写真かと。線路の西側から撮っているので、西陽が当たっていればまた別の趣の写真が撮れたかも知れない。

Img719

これは駅ホームから多度津寄りを向いて撮っている。こちら側も森の中から列車が飛び出てくるようなアングルになる。早い話が、駅付近だけに僅かな平地が広がっているのだ。ヘッドライトがロービームであることがよく判る写真となったのは、ある意味、霧雨のお陰かも知れない。

Img720

上の写真を撮った後、180度向きを変えてホーム側を見たら降車客があったので、慌ててもう一枚シャッターを切った。黒川駅の乗降客数は一日平均20人前後だという。その20人の中の貴重な2人なのだろうと思う。

雨の所為にしていてはいけないが、悪天だとどうしてもシャッターを押す回数も少なくなってしまう。数少ない画像の中から拾い上げたので、雑な写真も目立つかと思う。撮影者の腕の悪さと思って、ご堪忍頂ければと思っている。

|

« 宗太郎越え近辺での写真 | トップページ | 琴電に渡った名古屋の地下鉄 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

N市にもある「黒川駅」が、四国にもあるとは知りませんでした。こちらは
1日9往復くらい停車するようですね。

私はN市に来た最初の年の11月に高知県内に数日間滞在していたのですが、
11月にしては暖かい、という感触だったのを覚えています。

写真の沿線風景を見て、私も18きっぷシーズンに一度乗ってみたいですね。

あと、黒川駅の所在地は「まんのう町」で、2006年に3町合併でできた名前だそうですが
2001年に「さいたま市」ができてから平仮名の自治体が増えたなあ、と思ってしまいます。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年11月18日 (金) 23時29分

こんばんは。
雨の中出撃お疲れ様でした。
薄暗い中での撮影はかなり苦労されたかと思います。
拝見させていただいた中で私は最後の写真が好きです。
薄暗いホームと照明にテールランプ、2人の乗降客、遠くに霞む山・・・
実に良い雰囲気ですね~(^^)

投稿: vanagon714 | 2011年11月18日 (金) 23時56分

おはようございます
3枚目の山深い雰囲気と雨で濡れた感じが良いですね。好きな写真です。
カメラをデジタル化してからは「暗くて失敗するくらいなら感度を上げよう」になってしまい便利な反面、厳しい条件で失敗を防ぐ最大限の努力を忘れてしまっている気がします。

銀塩は現像からの仕上がりを待つワクワク感と後から修正の出来ないリバーサルの撮影の緊張感がデジタルでは味わえない感覚ですね。

投稿: kattsu-mqc | 2011年11月19日 (土) 11時24分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
全国の私鉄までをも合わせると、同名の駅はかなり色々あると思います。N市の駅はターミナルになっていますが、こちらは細々としたローカル駅です。
雨天の悪条件ながら、まだ暖かい時期だったので寒い思いはせずに済みました。旅行がもう3日ずれていたら、同じ11月でもかなり寒い思いをしたはずです。

ひらがな市町村は1966年発足のいわき市が最初だと思いますが、最近は町村合併で増えましたね。「仲多度郡まんのう町」が駅名標にも書かれていました。
町の名は変わっても、ローカルな景色に変わりはありません。是非18きっぷでお出掛け下さい。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年11月19日 (土) 17時47分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
普段はシャッター速度1/500秒で撮るのが常識化している私ですが、今回は早くて1/250秒、ISO100のフィルムでは何かと不都合が多かったですね。また撮影中の2日間共に降り込められたのも、初めてのことでした。
アップした写真で人が写っている写真は最後の一枚だけなのですが、その「人」が写っていることにより逆にいい雰囲気になったのかも知れません。
ポツンと降りて行かれるお二人には、夕景は似合い過ぎていました。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年11月19日 (土) 17時55分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
依怙地に銀塩を続けていますので、「感度を上げる」便利さは正直申し上げて羨ましく思います。あくまで言い訳ですが、限られた感度の中でどれだけ自分の腕が通用するか、それを続けられるだけ続けてみたいと思っています。
3枚目の写真は今回の中ではマトモな方だと思っています。お気に入って頂けて嬉しく存じます。

>現像からの仕上がりを待つワクワク感……
これがあるので、中々デジに移行できません(苦笑)。失敗していたら、一人でしょんぼりしていればいいので、その点は気が楽です。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年11月19日 (土) 18時05分

こんばんは。
雨降りの中お疲れ様でした。
雨の雰囲気が伝わってくる写真ですね。
ISO100のフィルムは暗くなると露出が厳しいので苦労しますね。
その昔フジカラーN100で苦労したのを思い出します。

投稿: N市のT | 2011年11月19日 (土) 20時47分

架線のない路線はいいですね。
DCが唸りを上げて走ってくる音が聞こえてきそうです…
最近聞いたのは入替機のDEの音位ですね。
ガラガラ…最近はそれほどガラガラではありませんが…音のする列車に
揺られたいきぶんですね。

投稿: suzuran6 | 2011年11月21日 (月) 08時07分

>N市のTさんへ
こんばんは。
雨ならば雨なりに「雨らしい」写真をと心がけて撮っていました。それが感じて頂けるなら嬉しいことです。
ISO400のポジフィルムもありますが、どうも色調が自分の好みに合わないので、滅多に使いません。で、いつもISO100で苦しんでいます。
最近判ってきたこと……正面向きの写真なら、1/60秒までは被写体ブレしない……この知識を活用しております。

投稿: | 2011年11月21日 (月) 22時26分

>suzuran6さんへ
架線がないと途端にローカルな雰囲気になるから不思議です。昔なら蒸機と云うことになるのでしょうが、今はDCですね。
最近のDCは音もスマートになってきて、無骨さがなくなりましたね。ガラガラいうあの音は私も好きなのですが。
「南風」で使われている2000系は比較的いい音のように思います。ガラガラまではいかずとも、唸りの音が結構響きます。写真から「音」を感じ取って頂ければ幸甚です。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年11月21日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/42995615

この記事へのトラックバック一覧です: 土讃線・黒川付近での写真:

« 宗太郎越え近辺での写真 | トップページ | 琴電に渡った名古屋の地下鉄 »