« 愛称・種別サボの形状いろいろ | トップページ | 大雄山線往復記 »

2011年9月19日 (月)

白糸川橋梁アゲイン

1日目(9月18日)Dscn1920

昨年の3月、愚プログにここの写真を載せたと思う。ただその時は、天候が良くなかった。今にも降り出しそうな画像を貼った筈だ。

東海道線の超有名撮影地を曇天で終わらせたくなかったので、リベンジにノコノコとやって来た。幸い今日は好天である。

前回と同じく熱海まで新幹線・そこから在来線に乗り換えて、昼過ぎに再びこの地へやって来た。世間様と連休がダブっているので、同業者の方の姿も見える。私はリベンジの「アゲイン」なので、1時間少々でこの地を退散する。

山登りでかいた汗を拭って、14時過ぎの列車で次の早川まで赴く。前回見過ごした撮影地が、駅から徒歩30分ほどの所にある。

鈍足の私の足では40分ほどかかり、ここでも山登りをして大汗をかく。こんな風に

Dscn1924新幹線も俯瞰できる場所から、在来線を撮る。もっとも新幹線は私の撮影対象ではないので、この際どうでもいいのだ。

ここにも同業者の先客がおられた。ただ撮影地は農道で、撮影地ガイドに「駐車は避けたい」とあるのだが、その方のジープが農道にどっしり止まっている。うーん、いいのかナ……?。

ここはかなり厳しい上り坂を登ったところなので、下りるのが勿体なくて暫く居ついていた。日が西に傾きだした頃に、やっと山を下りた。駅まで再び40分かけて歩いたら、もう足が痛くてガクガクになった。日頃の運動不足と老化の進行を痛感する。

早川駅で少し駅撮りして、17時半頃の電車で藤沢へ向かった。今日と明日は藤沢で泊まる。

彼岸も近付き、日が短くなってきた。藤沢に着いた頃にはもう暗くなっていた。

2日目(9月19日)

ホテルを出て、駅とは反対方向に歩く。この先に関東地方では有名な撮影地があると、撮影地ガイドで読んだからである。20分余で到着したのは

Dscn1926こう云う名前の踏切。「くげぬま」と読むそうだ。

撮影地ガイドには「狭い踏み切りなので、三脚の使用は控えたい」とある。確かに

Dscn1927こんな踏切で、三脚は立てかねる。200mmのレンズを使わないと苦しい撮影場所だが、手持ちではどんな映像になっているか判らない。

藤沢駅への戻りは神奈中バスを使う。

この後、一旦茅ヶ崎へ戻って、また20分ほど歩く。富士山が見えればいい撮影地らしいが、今日は富士山は見えず、「ただ電車が走っているだけ」の写真に終始する。

今日も晴天で暑い。昨日の疲れも取れていないので、段々バテテ来た。以後、デジカメでの撮影を忘れているが、戸塚駅付近と横浜駅でも撮影してきた。

あれこれ撮影している内に、早くも日が西に傾く時間となる。疲れてもいるし、ビルの陰などで撮影条件も悪くなってきたから早々にホテルへ帰ることとする。★が待ち遠しい。

旅行は明日も続くが、明日はローカル私鉄を乗る予定なので、一旦この旅行記は終了としておく。 

|

« 愛称・種別サボの形状いろいろ | トップページ | 大雄山線往復記 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
出撃お疲れ様です。
海に山に青い空、そして豪快な上路トラス鉄橋すばらしいです。
EF65の引くブルートレインなんて似合いそうですが・・・過去のものでしたね・・・
踏み切りの撮影地、ずいぶん狭いですが車も通るのでしょうか?

投稿: vanagon714 | 2011年9月19日 (月) 23時04分

根府川の鉄橋、懐かしいですね~。
30年程前に訪れました。思い出すと真鶴の宿に忘れ物をしてここでの撮影時間が短くなり、おさかなさんの写真の対岸に行くことが出来なく、同じようにリベンジを思いながらそのままになっていました。
優等列車は少なくなりましたが、貨物を撮りに行きたいですね~。
それと、この狭い踏切、身に覚えがあります。まだ現役でしたか!

列車の写真がUPされるのを楽しみにしています。

投稿: tunnel_no2 | 2011年9月19日 (月) 23時57分

暑い中、「ご老体」に鞭打っての撮影大変お疲れ様です。
ともあれ、天候に恵まれ良かったですね。
根府川にはfishが泳いでいなかったようですね。
成果のUP楽しみにしています。
お帰りの祭にはタイ風に注意してタタリのないように気を付けて下さい。

投稿: N市のT | 2011年9月20日 (火) 20時10分

こんばんは白糸川橋梁良い景色ですね
非電化にしてDD51の貨物を撮ってみたい・・・などと考えてしまいました。昨日の原色PPで貨物中毒が進行したようです。

まだ、旅の途中と思いますが残りの道中もお気を付けて楽しまれてください。

投稿: kattsu-mqc | 2011年9月20日 (火) 20時20分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
今回は晴天に恵まれ、いい旅行になりました。ただ、天気が良すぎて暑かったですね  (^ ^;;;
ブルトレが残っていれば時間まで粘ったと思いますが、今や走るのは「E231系」と呼ばれる普通電車が殆どです。訪れたのが日曜なので貨物も設定がなく、その点はチョット味気なかったですね。

鵠沼踏切は流石に自転車までです。写真の撮り方が悪いのですが、幅は1.5m程度の踏切です。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年9月20日 (火) 23時25分

>tunnel_no2さんへ
根府川の鉄橋は日本でも屈指の有名撮影地ですので、納得の行く天候になってくれたのが幸いでした。ここで、もっと粘っても良かったのですが、「天気の良い内に他の撮影地にも行きたい」と欲張ってしまい、貨物は撮れずじまいでした。平日なら、紙輸送のワム貨が通ったはずなのですが……。
あの狭い踏切、ご存知でしたか! そうなんです。今でも現役で残っています。
200mmで手持ち撮影でしたから(因みにISOは100です)、どんな写りになっているかは現像が上がってからのお楽しみです。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年9月20日 (火) 23時39分

>N市のTさんへ
「暑い」のと「天候が悪い」のと、どちらを選ぶかと言われれば、「暑い」方を選ぶしかないでしょう。で、老体に鞭打って頑張ってきました。7月・8月と2タ月連続して悪天にやられましたから、多少のことは仕方ないですね。
タイ風のタタリは、名古屋へ帰ってきたら「中央線が動いていない」とのことで、千種まで出れずに名古屋から直接地下鉄に乗った程度で済みました。
暑さでバテていましたので、特に2日目はどんな成果がご報告できるか怪しいところです……。

投稿: N市のTさんへ | 2011年9月20日 (火) 23時51分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
他の方にも書きましたが、白糸橋梁は日本でも屈指の有名撮影地ですので、晴れてくれたのは僥倖でした。
俯瞰構図ですからPPだったらさぞかしいい眺めになるでしょうね。「非電化」までは思いつきませんでしたが(笑)。

台風が近付いているようですが、幸い早く名古屋へ帰るような日程を組んでいたので、大した事態には至らずに済みました。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年9月21日 (水) 00時01分

リベンジにこられていたのですね。
しかも、残暑…とは言えない、本番そのままのクソ暑い中ごくろうさまでした。
雑誌でもよく見るこの橋梁、そろそろ見に行ってみたくなって来ました。
現像後のアップ楽しみに待たせていただきます。

今回の台風の動向がとても気になります。何事もなく通り過ぎる事を願うばかりです。当方の仕事にもかなり影響があり、勤務中にもネットで状況は常に確認しております。おさかなさんも気を付けて勤務をしてくださいね。

投稿: suzuran6 | 2011年9月21日 (水) 08時22分

>suzuran6さんへ
7月8月と天候不順の代わりに暑さを感じず旅行できたのですが、今回は天候が良い代わりに「クソ」がつく暑さで参りました。世の中上手くはいかないものですね。
撮影名所としてはここと餘部と、どちらが有名かなと云うくらいの場所ですので、リベンジした価値はありました。東京からは割と近いですし、根府川の駅からもそれ程歩かなくていいので、ブラリ旅にもいい場所だと思いますよ。

台風は結果論ですが、こちらは別段大したことはありませんでした。東京はかなりの暴風で電車なども止まってしまい大変だったと聞いています。お見舞い申し上げる次第です。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年9月22日 (木) 21時20分

こんばんは。

藤沢-辻堂間に撮影のポイントがあったとは意外ですね。
私は根府川駅で降りたことが一度もないのですが、1枚目の
写真の撮影箇所からの眺めは良さそうですね。

しかし、この好天も「嵐の前の静けさ」だったとは…。
20日のN市のことはニュースで見ました。お見舞い申し上げます。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年9月24日 (土) 22時07分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
こんばんは。
藤沢まで来ると、かなり都会のイメージがありますが、ここの区間は複々線なのでその絡みもあって「いい撮影ポイント」が存在するようです。
根府川の白糸川橋梁はブルトレが多数走っていた頃からの名ポイントです。N市在住の私にとっては憧れの場所でした。

仰せのように「嵐の前」の好天だった訳ですが、そして被害に遭われた方には申し訳ないのですが、私の住む付近は高台に位置しているので、20日の豪雨では何事も起こりませんでした。たまたま旅行からは大雨が一段落したところで帰りましたので、正直私には実害は殆どありませんでした。
同じN市民として、ちょっと複雑な気持ちです。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年9月25日 (日) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/41808716

この記事へのトラックバック一覧です: 白糸川橋梁アゲイン:

« 愛称・種別サボの形状いろいろ | トップページ | 大雄山線往復記 »