« 白糸川橋梁アゲイン | トップページ | 白糸川橋梁その他での写真 »

2011年9月25日 (日)

大雄山線往復記

Dscn1948_2

先日の白糸川橋梁の旅、3日目は大雄山線に乗ろうと計画していた。そもそもが「大雄山線ってどこ?」と聞かれそうなので書いておくと、正式には「伊豆箱根鉄道・大雄山線」で、東海道線の小田原から大雄山までの9.6キロを結ぶ路線である。

東海道線で小田原まで戻り、列車を降りるともう対面のホームに

Dscn1931_2

大雄山線の乗り場がある。ただ、大雄山線はJRではないので、一旦階段を上って改札を出、大雄山線の乗り場へと移動せねばならない。

私が初めて小田原へ来たのは、小学5年の時(1974年)だった。その時に友達と見たローズピンクと薄いグレーの電車(確かそんな塗装だったと思う)が大雄山線で、何となく魅力を感じていた。以来ずっと乗ってみたかったのだが、35年以上の時間を経てやっと乗る機会を作ることができたのだ。

さて、大雄山線の改札へ行こう。ホームは

Dscn1932_2

大雄山線が1・2番ホームを使用している。このホームの番号は小田原駅全部に共通で、大雄山線の向こうにあるJR東海道線のホームは3番線から番号が始まっている。更に向こうにある小田急・箱根登山鉄道のホームは7番線から始まるという具合だ。
栄えある1・2番線を大雄山線が使うということになっている。

今度の列車は10時36分発で、もう既にホームに入っている。この線はローカル私鉄ながら昼間は12分ヘッドで運行しており、時刻表を見なくても乗れるのが嬉しい。

列車の行先表示を見ると

Dscn1934_2

こんな表示になっている。大雄山線は途中の駅で終点になる列車がないので、こういう表示方法で十分と云うことらしい。ただ、編成によってはLED方向幕の車両もあった。

車内はローカル私鉄によくある

Dscn1935_2

ロングシートの座席で、まあ、ありふれた車内といえよう。でもローカル私鉄にありがちな「都会の私鉄のお古」ではなく、元から大雄山線で使われている純正の車両だそうだ。

取り敢えず往路は終点の大雄山まで乗り通して、沿線の様子を見ようと思う。

定刻に発車して、30秒も経つともうブレーキがかかり、次の緑町駅に停車する。駅間距離は0.4キロ。市電並みである。それでもちゃんと車掌が乗っており、ホームで乗車券を集めている。

次からは普通の駅間隔になり、途中の五百羅漢・相模沼田・和田河原でそれぞれ反対列車と交換する。この頻繁な交換により、12分ヘッドでの運転を実現しているのだ。

21分かけて終点の大雄山へ到着。大雄山は簡単な車庫を兼ね備えた駅で

Dscn1936_2

研修庫や留置線なども見える。但し全検のできる設備はないそうで、その時だけは同じ伊豆箱根鉄道の駿豆線(三島から分岐している)にある工場まで回送させて検査するそうだ。

折角、終点まで来たので、ちょっと改札の外へ出て駅舎を眺めてみる。

Dscn1939_2

駅前からは道了尊へのバスが接続している。元々この鉄道は「大雄山鉄道」と称していて、道了尊への参詣鉄道として計画されたらしい。然しここから先の延伸計画は実現せず、会社も伊豆箱根鉄道の傘下に入り、今日に至っている。

さて、再び駅構内に戻ろう。発車案内に

Dscn1941

とあるが、「こんど」と「つぎ」がどう違うのか、今一つ釈然としない。言わんとすることは判るが、例えば後発の方を「そのつぎ」とした方が、更に判りやすいような気もする。まあ、素人の意見ではあるが。

今はホームに電車が入っていないので、ホームの小田原寄りの端まで行って、列車を待つ。する内、電車が見えてきた。

Dscn1943

写真では判らないが、電車は隣の「富士フィルム前」駅に停車中である。ここの駅間も0.5キロしかなく、隣の駅が見えるというのも楽しい私鉄だなぁと思う。

「こんど」の11時26分発に乗り、途中の塚原で降りてみる。こんな風に

Dscn1953

民家の裏庭にそのまま駅があるようで、ローカルっぽさを感じてしまう。往路で見た中では、この駅が一番「それっぽい」駅に見えた。

次の上り電車で、更に戻りにかかる。今度は珍しく

Dscn1954

簡易転換クロスシートの車両であった。この電車で

Dscn1957

ここまで来る。先程も駅名は挙げたが「ごひゃくらかん」と物々しい駅名である。付近にあるお寺が駅名の由来なのだそうだ。ここでは列車の交換が見られる。

Dscn1956

左が小田原行き、右が大雄山行きだ。偶々この写真の右側の列車は、線内唯一の鋼製車両であった。Wikiによるとこの線には7編成の電車(全て3両編成)が所属するそうだが、その内の第1編成だけが鋼製で、車体全部が塗装されている。

また、五百羅漢駅のすぐ北寄りでは小田急線と交差しており、

Dscn1960

こんなコラボ写真も撮れる。

ここからは6分程度で小田原へ戻れる。長々とした旅行記もこのくらいにしたいが最後に一つだけ。

Dscn19631922

五百羅漢駅のホーム支柱に使われていたレール。1922の数字が見える。前身の大雄山鉄道が開業したのは1925年との事だが、何故に3年だけ古いレールが支柱となり得たのか、ちょっと疑問を残したまま大雄山線の往復旅行を終えた。

|

« 白糸川橋梁アゲイン | トップページ | 白糸川橋梁その他での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
大雄山線って、昔西武の赤電と似たような塗装の国鉄払い下げの17m級がいたところではなかったでしょうか。おさかなさんの見た”ローズピンクと薄いグレーの電車”がそうだと思います。私も、就職で上京した頃、小田原で見たような気がします。
車両は新しい感じですが、駅の設備や名前がローカル色満天ですね。

投稿: tunnel_no2 | 2011年9月25日 (日) 19時01分

>tunnel_no2さんへ
こんばんは。
記事を書いてから改めてWikiで調べてみたのですが、仰せの通り、私が昔見た渋い塗装の電車は、国鉄の17m級電車の払い下げだそうです。この線は小田原を出て直ぐに急カーブがあるため、17m級の車両しか入れなかったそうです。
今の新型電車に置き換わったのが1984年からとのことなので、貴兄が就職された頃にはまだ古い電車が走っていたと思います。
運転頻度が高く車両も新しいのですが、のんびりした雰囲気の所を走ることが多く、ローカル私鉄の域は出ないなあと感じました。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年9月25日 (日) 22時29分

ローカルな気分が味わえていいですね~。
いつも小田原を通りかかると「いつか乗りたいな~」と思っているのですが、先日も町田から小田急で小田原に突入したのですが時間の都合で断念しました(泣)
次回の18きっぷの旅の時には是非踏破したいと思います。

投稿: N市のT | 2011年9月26日 (月) 21時06分

こんばんは。
伊豆箱根鉄道は未だ乗車したことがありません。
大雄山線というのも知りませんでした・・・(汗)
大雄山駅の発車案内、関西で同じ表現を見て私も紛らわしいと思いました。
その時はこんど1番線、つぎ2番線と書かれていてどっちが先発?と考えてしまいました。
よく考えるとつぎ=次発と当てはまるのですが・・・
電光掲示板の背景の木造屋根も気になります。
五百羅漢駅のホーム屋根も開業当時は木造だったのかもしれませんね。

投稿: vanagon714 | 2011年9月26日 (月) 21時39分

>N市のTさんへ
東京から比較的近い割に、小田原まで来るとローカルな雰囲気が楽しめるようですね。
沿線はこれと言って特別なものはありませんでしたが、そこがまたローカル線らしくていいと思うんです。
私は逆にまだ「小田原急行」に殆ど乗ったことがありません。小田原から一度は小田急で都心に乗り入れてみたいなと思っています。
N市のTさんも是非機会を作って、ローカルな雰囲気を楽しんでみてください。

投稿: N市のTさんへ | 2011年9月26日 (月) 21時40分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
伊豆箱根鉄道は「本線」である駿豆線(JRの踊り子号が乗り入れる修善寺まで行く路線)の方は有名ですが、こちらの大雄山の方はちょっとマイナーな路線なので、敢えて取り上げてみました。
「こんど」と「つぎ」、こちらでは「こんど」の方が先発でしたが、関西では「つぎ」の方が先発だったようですね。この辺りは各会社とも知恵を絞っていると思いますが、中々決定打のような答えは出ないようですね。
私は例によって粗い観察でしたので、屋根までよく見てきませんでした。終点の大雄山駅が木造屋根ですから、途中の五百羅漢駅も、多分開業時は木造屋根だったと思います。交換の出来ない駅では、当初は屋根なしの駅もあったかも知れません。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年9月26日 (月) 21時57分

こんばんは
道外の私鉄には疎くて、たぶん初めて拝見する路線なのですがローカルな感じが良いですね。運転間隔はそれなりの頻度のようですが。

このところ撮るばかりで乗っていないので(出張は除きますが)各駅停車でのんびり出かけてみたいです。

投稿: kattsu-mqc | 2011年9月26日 (月) 22時28分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
かなりマイナーな路線なので、道内の方には「?」かも知れません。私共が旭川電気軌道の鉄道時代を知らないのと似ているかなぁとも思います。
運転間隔が蜜なのは沿線に大きな工場などがある関係だそうです。

「各駅停車」の響きはいいですよね。私はよく出かけていますが、道中はやはり特急のお世話になることが多くなっています。各停で心の底からゆったりとした旅行は、仕事がある内は無理かも知れませんね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年9月28日 (水) 21時09分

こんばんは。
伊豆箱根鉄道ですか。。。
私、三島から修善寺に行くやつなら乗ったことあります。新入社員研修のときに。。。
なんであんまりいい思い出じゃないですね(苦笑)
無知でも鉄道ファンなんでいい思い出で乗りたかったものです。

投稿: ジャスタウェイ | 2011年9月29日 (木) 21時31分

>ジャスタウェイさんへ
こんばんは。
折角の鉄道ですから、いい思い出で乗りたいものですよね。
新入社員研修はどこの会社でもあります。ある程度割り切って考えないと何もかも嫌になってしまう気がします。
もっともかく言う私も地元のM鉄は余り好きじゃないですね。私なりに良くない思い出があって。なので、あまりM鉄系の走破をしようとか云った気分にはなれないでいます。

投稿: ジャスタウェイさんへ | 2011年9月30日 (金) 22時36分

東京で住み始めてから30年近く経っているのに、関東の私鉄について不勉強な自分に気づきました。
なんだか、動き回ると色々な発見が出来そうです。
まずは普段通勤に活用している西武線あたりから攻めてみようかな…

投稿: suzuran6 | 2011年10月 3日 (月) 08時13分

>suzuran6さんへ
東京でのお暮らしも長いのですね。
とは言え、関東圏の私鉄は半端な路線数じゃありません。それに加えて相互乗り入れなども多く複雑極まりありません。少しぐらいご存じない路線があっても無理からぬことと思います(私など未だに何が何やら殆ど理解していません)。
まあ、でも少し郊外へ足を延ばすと、より一層ワクワクした路線があることには違いないと思います。
そういえば西武でしたっけ、「多摩川線」と「多摩湖線」があって、頭がオーバーヒートしそうです。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年10月 4日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/42007787

この記事へのトラックバック一覧です: 大雄山線往復記:

« 白糸川橋梁アゲイン | トップページ | 白糸川橋梁その他での写真 »