« 「こだわる」と云う言葉 | トップページ | 雨の中央東線撮影行 »

2011年8月14日 (日)

ちょっぴり省エネディスプレイ

ディスプレイと言っても、バスの車内の運転席用ディスプレイのお話。

私たちの職場のバスには、案内放送や方向幕操作用に簡単な操作で入力できるパソコンがついている。最近の新しいバスにはレゾナント社のディスプレイが採用されていて、これはタッチパネル方式にもなっている。

このディスプレイなのであるが、昼と夜では明るさが異なるように作られている。

下の画像は明るい時間帯のディスプレイ画面。

Dscn0668

これが暗くなると、下のように変わる。

Dscn0669

最下段の矢印などを並べた列を見比べて頂くと、色合いが変わっているのがお判り頂けると思う。また、上の方の「回送2」と書いた部分も、明るい時間帯には白抜き文字がくっきり出ているのが見て取って頂けるだろう。周囲が暗くなると画面も暗くして、ちょっぴり省エネになる仕組みだ。

じゃあ、現在が明るいか暗いか、このディスプレイが何で見分けているかと言うと

Dscn1817

運転席右下の車内蛍光灯等を扱うスイッチ類、その内の「蛍1」と書かれたスイッチがオンかオフかで判断するようになっている。「蛍1」とは、「車内蛍光灯・その1」みたいな意味である。ともあれそのスイッチをオンにすると、周りが暗くなったと判断して、ディスプレイが2枚目の写真のような状態に変わる仕組みになっているのだ。

バスは24Vの電源で走るからバッテリー類も頑丈だろうと想像される方も多いかと思うが、意外とバッテリーの持ちは良くない。ヘッドライトや冷房などでバッテリーは酷使されるから、少しでも長持ちさせる工夫として、このようなディスプレイが開発・採用されたのだろう。

バスそのものもノンステップ車両として、また低公害車両としてまだまだ発展途上の感があるけれど、それに付帯される部品もそれぞれに進化・発展しているのだなぁと、新しいディスプレイを見る度に思う次第である。

***

お蔭様をもちまして、当ブログも開設3周年となりました。多くの皆様に支えられながら、今日までやってこれたのだと思っております。心よりお礼申し上げますと共に、これからもよろしくお願いを申し上げまして、3周年のご挨拶とさせて頂きます。

|

« 「こだわる」と云う言葉 | トップページ | 雨の中央東線撮影行 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ブログ開設3周年おめでとうございます。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

最新型のバスにはタッチパネル式のパソコンが搭載されているのですね!
ディスプレイの明るさを昼夜で変えるというのは車載機器ならではの工夫ですね。
乗用車ではヘッドライトの一段目(スモール)で切り替わるのがほとんどで、
雨天、曇天のデイライト走行では見えづらいこともあります。
その点バスの場合は蛍光灯スイッチを使うのが旨いなあと思いました。

投稿: vanagon714 | 2011年8月14日 (日) 20時41分

>vanagon714さんへ
こんばんは。有難うございます。
まだまだよちよち歩きのブログですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

私の車でもそうですが、自家用車は仰せのようにヘッドライト(スモールライト)でパネルなどの明るさが変わりますよね。バスならではの工夫だなと思いますね。
まだ外が明るいけれど、そろそろ室内灯を点けなければ……という時に室内灯のスイッチを入れますと、若干ディスプレイが見づらくなります。ディスプレイの白色の表示をよく見てみると、多少ピンクがかかった色に見えます。白色の色が薄くなると、こんな色になっているらしいです。
完全に夜になると、全く気にならなくなるのですけれど。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年8月15日 (月) 00時12分

ブログ開設3周年おめでとうございます。
ディスプレイ一つにも見易さを求めた工夫がされているのは、
さすが業務用の自動車といった所でしょうか。

最近、名古屋市営バスについての同人誌なるものを見る機会がありました。
熱心なバスマニアが作成したのか、はたまた、運転手さん手によるものか、分かりませんでしたが、バスに対する愛が、たっぷり詰まっていました。

投稿: 両口屋是清 | 2011年8月15日 (月) 02時03分

はじめまして。
まず、3周年おめでとうございます!!
前々からチラチラと覗かさせていただいておりました。

初めてN市バスを見たときはビックリしましたよ。
系統設定器液晶なんだ!って(笑)
というのも小さいときにT滑から北海道に越して、見慣れたバスはボロくも風情ある沿岸バスだったもので。
そして3年前に就職で名古屋に来てFが丘で初めて市バスに乗ったんです。
こっちのバスは回さないし丁寧に喋るなあと思ったものです。
今考えれば委託後の名鉄バスだったんですけどね(笑)

ちなみに最近は休日にI高車庫の車も乗りますよ。
これからよろしくお願いしますね。

投稿: ジャスタウェイ | 2011年8月15日 (月) 21時49分

>両口屋是清さんへ
有難うございます。
業務用の車は安さと使いやすさの両面を求めますから、こんなディスプレイも実用化されているということなのでしょうね。古い車から順に思い起こすと、最近の車は使いやすい面が増えたと思います。

当社の同人誌というのは知りませんでした。私は今現在「こんな職場」との気持ちが消えませんが、こんな職場を愛してくれる人々もいるのだなと思いました。捨てる神あれば拾う神ありといったところでしょうか。

投稿: 両口屋是清さんへ | 2011年8月15日 (月) 22時22分

>ジャスタウェイさんへ
はじめまして。
ご高覧に預かり、また3周年を祝って頂き、重ね重ね御礼申し上げます。

沿岸バスは留萌の方のバスでしたね。15年位前に留萌線などを撮影に赴いた際、何度か目にしました。あちらのバスは型は古いかも知れませんが、手入れが行き届いていて長持ちさせているなとの印象があります。
当社のバスは、20年ほど前から液晶ディスプレイの系統・運行設定装置を用いています。車内表示装置も含めて、他社よりはいいモノを使っているなとの印象は、入社したときから持っています。
私共、自前の社員もそれぞれに懸命に働いていますが、委託化された車庫の方が若干お客様から丁寧な印象を持たれているようです。全面委託となってしまわないよう、私共もより一層丁寧な接客を心がけねばと思います。

元々このブログは、自分の憂さ晴らしを目的に書き始めたものです。ですのでご覧の通り、内容も種々雑多となっております。一貫性のないブログとも言えますが、これに懲りずにまたお越し頂ければと存じます。

投稿: ジャスタウェイさんへ | 2011年8月15日 (月) 22時43分

いえいえ、私はマイクは別に無くてもいいんじゃない?って思ってますし、グリーンゾーンにとらわれず、路線やバスの性格や特性に見合った運転したらいいんじゃない?って思っていますよ。
それに、直営だから態度悪いとか名鉄だから態度がいいとかは思ったことは無いです。
言い方は悪いですが、どちらも態度がいい人、ちょっと雰囲気が・・・って人はいると思います。
そんなのどんな会社でも業種でもあると思いますし。

それに、その辺は沿岸バスで見慣れてますからねえ(笑)
お客さんに敬語を使う乗務員は半分くらいだし、エンジンレブらせてピーピーなるのは日常茶飯事だし(笑)

15年前というと私があちらに越す前ですが、ある程度仕様をあわせて新車を買えた時代と思います。
ここ最近は高速バス・都市間バス・羽幌線代替バス(補助金込み)しか新車が買えないので路線車、特に留萌市内線は中古が多いです。
名古屋の車だと市バスのブルーリボンとJRバスのブルーリボンが1台ずつ在籍してます。
しかし、中古で買った車をそのまま使っているので、折り戸や右窓の熱線が無くて視界が悪かったり苦労してるようです。
特にコンプレッサーが凍ったときは恐かったですね。
運転手さんが無線で「エアしばれたわ・・・」って言ったときは驚きました。
針はどんどん下がっていく、ドアは低速で開ききらない、フィンガーのチェンジ音はどんどんゆっくりになっていくで。
車庫に近い停留所(よく現場交代を行う場所)で代わりの車に乗ったのですが、沿岸バス市内線の顔、床が木張りのブルーリボンだったで「せっかくレアな車だったのにいつものブルリかよ」って思ったのはよく覚えてます。
とにかく沿岸バスは僕が今まで乗ったバス会社でも強烈な会社です(笑)

長々と失礼しましたm(__)m

投稿: ジャスタウェイ | 2011年8月15日 (月) 23時45分

こんばんは
開設3周年おめでとうございます。今後ともよろしくお願いします。

タッチパネルのカラー液晶で集中コントロールできるというのは今時の仕様ですよね。昼夜切り替えも乗用車とは違った系統で制御されているところが営業用車両ならではだと思います。

バッテリーも乗用車から比べるとかなり巨大なバッテリーを積んでいますがアイドリングストップ中も一定時間はエアコンが動作したり、その他の電装品へ電源を供給しているのでしょうから寿命も短かくなるのは想像がつきます。
先日乗車したエコハイブリッドのようにバスもまだまだに進化し続けるのでしょうね。

投稿: kattsu-mqc | 2011年8月16日 (火) 20時40分

ブログ開設3周年おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

最近のバス機器も進化してきましたね。
料金箱から車内案内装置等色々な面で進化していますね。

アイドリングストップや冷房や電装品が多くなったので、昔から見るとかなりバッテリーに負担が掛かると思います。
これから寒くなって来ると消耗したバッテリーが上がってしまったりアイドリングストップが作動しなくなったり、電圧が下がって料金箱が機能しなくなったりしますね。
極めつけは、エンジンが掛からなくなった時で冷や汗タラタラですねcrying

投稿: N市のT | 2011年8月16日 (火) 23時29分

>ジャスタウェイさんへ
会社ごとに色々とカラーもありますし、伝統もあります。良きにつけ悪きにつけ会社のカラーは受け継がれます。お客様に不快感を与えない程度で自分たちのカラーを守っていけばいいだろうと、私も適当なことを考えています。

沿岸バスでは私共の想像を絶する事態が起きるのですね。「エアしばれた」は、当市では考えられないことです。また仕様もそのようにしかなっていません。北の辺で使うには、それなりに覚悟をして使って頂かないといけないのでしょうね。
右窓の電熱線などは最近の車にしか装備されていません。

雪が少し降っただけでも、4枚折戸の車外センサーが付着した雪に反応してドアが開かなくなったことはあります。つくづく「私たちのは暖地仕様のバスなのだなぁ」と思ったものです。

投稿: ジャスタウェイさんへ | 2011年8月17日 (水) 21時57分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。有難うございます。
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。

モニターはタッチパネルでも写真下に写っているテンキーなどでも制御できるようになっています。便利な面ばかりではありませんが、時代に応じて諸々の面で進化していくのだなと思います。以前は、車内蛍光灯をつけると冷房が弱くなるタイプの車もありました。バッテリーを長持ちさせる工夫も時代時代で変わって行きますね。

今は仰せのようにエアコンの他、料金箱・デジタコ(含ドライブレコーダー)・アイドルストップの再稼動などで電気を食います。乗用車より大きいバッテリーではありますが、意外と簡単にイカれてしまい、立ち往生した経験もあります。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年8月17日 (水) 22時15分

>N市のTさんへ
有難うございます。こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

私共の職場では、目新しい面としてはICカードの導入とそれに伴う料金箱の仕様変更がありますよね。新しい操作を覚えるのに、お互いに四苦八苦したと思います。

それに加えて、モニタ類も記事のような変更がありましたね。新車の度に新しいモニタに変わっていきます。時代の流れを感じます。
バッテリーへの負担は増すばかりですね。IS中も諸機器が稼動する時代です。特に冬場は仰せの「料金箱が正常に作動しない」がありますよね。参ります。
誰しも運転手なら、一度くらいは「エンジン再始動不可能」の経験がおありなのではと推察致しますweep

投稿: N市のTさんへ | 2011年8月17日 (水) 22時28分

まずは開設3周年おめでとうございます。今後もいろいろな話題を
楽しみにしております。

さて、かつてN市バスをよく利用し、このディスプレイを何度も見た
ことがある私でも、これは言われてみないとわからないことですね。
使いやすいように細かな工夫がされているんですね。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年8月20日 (土) 15時15分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
有難うございます。冴えない記事が多いですが、ご覧頂き嬉しく存じます。

今回は運転手サイドでの記事としました。この新型ディスプレイ、運行情報の入力は実は大変面倒なタイプなのですが、節電の叫ばれる昨今、省エネにも貢献していることをお知らせしたく書いてみました。
小さな節電から少しでもエコに繋がればいいなと思います。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年8月20日 (土) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/41196000

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっぴり省エネディスプレイ:

» 収納アドバイスいたします [Witch House]
お掃除、お片付け、収納アドバイス、お気軽にお問い合わせください。 [続きを読む]

受信: 2011年8月15日 (月) 02時13分

« 「こだわる」と云う言葉 | トップページ | 雨の中央東線撮影行 »