« 神領電車区にいた車両たち | トップページ | 飯田線南部プチ旅行 »

2011年7月15日 (金)

タイの即席料理二題

先日、台湾の豆板醤を買ってきてくれた甘木君が、タイへ行ってきたからと、また激辛らしいものをお土産にくれた。

その1・即席麺

Dscn1371

袋絵の盛り付け方からして日本と違うので、何が入っているかと気になる。で、早速開封。

Dscn1362

中身は意外と単純らしい。因みに赤いのは全部、唐辛子。タイ語は読めるべくもないが、裏の説明を読むと

Dscn1372

どうやら日本の、○清のチキンラーメンと同じ要領で作るだけのことのようだ。シメシメ、これなら私にも簡単に出来る。で、出来上がったのが

Dscn1363

こんな訳でありまして。

あれだけの唐辛子が入っているから辛いことには違いないけれど、味そのものは日本の即席醤油ラーメンと大差ない。辛いものが苦手な方は唐辛子をある程度除いてお湯をかければ、それで済みそうな感じである。
甘木君曰く「日本円で35円程度のお土産ですよ」と笑っていた。

その2・グリーンカレー

タイのカレーと言えばグリーンカレーだ。

Dscn1432

日本版グリーンカレーは食べたことがあるが、これは本場の味がするかも……。箱の裏の、例によって訳の判らないタイ語の説明を眺めている内に、あれ?、と思った。

Dscn1434

数字の14と7の列の辺りをよく見て頂くと、日本語が下に書かれているのがお読み頂けるかと思う。「逆輸入品?」と思って甘木君に尋ねたところ「あ、あれは日本への輸出仕様に作られてるみたいです。原産国は間違いなくタイですから、ご安心を」とのことであった。

さて、こちらもレトルトパックであるからお湯で5分程度暖めれば済む話だ。出来上がりは

Dscn1435

流石にその名に恥じぬ、グリーンっぽさである。画面ではちょっと判り難いかも知れないが、日本で言う「スープカレー」みたいにルーがシャビシャビなのだ。本場のグリーンカレーはこういう風らしい。

あと、葉っぱが2枚ほど見えているが、ハッカに近いものだろうか。これの香りが全体に滲みていて、独特の香りがする。ただ、決して悪い香りではない。

お味の程も、悪いものではなかった。味は好みに差があるから一概に言えないが、意外にあっさりした面白味のある味だった。また激辛の筈のタイカレーではあるが、辛いものが極めて苦手な人でなければ十分食べられる味だと思う。

甘木君に「グリーンカレーも食べてみたよ。美味かった。有難う」と言うと、「今度、また、もっと激辛のカレーを探して買ってきます」との答えが帰って来た。

甘木君の次の渡航を楽しみにしている私である (^ ^)

|

« 神領電車区にいた車両たち | トップページ | 飯田線南部プチ旅行 »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
タイから輸入されているレトルトカレーはどれも美味しいなあと思います。
個人的には80年代にアサヒビールで発売していたタイランドカレーが
美味しくてお気に入りでした。
豚肉にシイタケ、竹の子が入って辛くて甘い味がなんとも言えないものでしたね~

投稿: vanagon714 | 2011年7月15日 (金) 21時53分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
アサヒビールでカレーを発売していたとは知りませんでした。シイタケや竹の子は日本ではあまり考えられない具のような気もしますが、ちゃんとそれなりに味付けされればカレーにも合うのですね。
この辺り、流石にカレーの本場と云う気がします。

今日、近所のスーパーへ行きましたら、たまたま別銘柄のグリーンカレーを見つけました。一度買ってきて食してみたいと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年7月15日 (金) 23時49分

海外の食品は怪しげであったり、食べると意外と美味しかったり、まったく喉を通らなかったり、楽しいですよね。
ちなみに私は、日本向け食品の表示…原材料・添加物・保存方法などの表示を見て、間違えや誤訳を発見してはニヤニヤするのが大好きです。

投稿: suzuran6 | 2011年7月16日 (土) 13時04分

>suzuran6さんへ
個人的にはタイの文字が独特で、袋だけ見ていると大変怪しげに感じてしまいます。
ただそれは見てくれだけの話で、実際に袋を開けてみると仰せのように美味しいものも数々あるようです。今回記事にしたものは2件ともヒットだと思っています。
私は英語がからきしダメなので、誤訳などは発見できません。書いてある説明書を読んで「ああ、そうなのか」と納得してしまうのが関の山です。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年7月16日 (土) 21時44分

สวัสดี ครับ
タイラーメン、グリーンカレー、とても美味しそうです!
20年ほど前にタイに行く機会がありました。下痢止め持参で屋台巡りをしました。そのおかげでタイ料理に大いにはまりました。最近少々下火ですが・・・・
その時現地で購入した怪しい日本語版のタイ食材ガイドが手元にあります。仰るとおりグリーンカレーは、写真に見える現地のミカンの葉っぱがポイントのようですね。
タイ料理は甘いか、辛いか、酸っぱいか、極端な味でした。しかし5日も居ると”一生ここで生活できる!” と思ったことを憶えています。

投稿: tunnel_no2 | 2011年7月16日 (土) 22時31分

こんばんは
少し前に輸入食品を扱うお店でタイ産「春雨スープ(のようなもの)」を2種類購入しました。
一方はマイルドな辛さで万人向けでしたが、もう一方は強力な辛さと酸っぱさで口の中がちょっと麻痺しそうな日本には無い味わいでタイを感じました。

記事を見ていてグリーンカレーがとても気になりました。前述のお店で探してみようと思います。

投稿: kattsu-mqc | 2011年7月17日 (日) 22時46分

>tunnel_no2さんへ
こんばんは。
いきなり例の怪しげな(と言ってはタイの方に失礼ですが)タイの文字が出てきたので、吹き出してしまいました。と共に、どうやって書き込まれたのかとちょっと謎でもあります。
閑話休題、tunnel_no2さんは海外にも結構足を延ばしておられるのですね。下痢止め持参で屋台巡り、確かに記事に書いた甘木君も、屋台を回る時は同じようにしているそうです。
日本に輸入されるものは比較的日本人好みの味付けに直されることも多いそうで、ホンモノの味は現地で確かめるのが一番かと思います。
グリーンカレーの葉っぱはミントのような香りがしたのでハッカかと思っていましたが、柑橘類の葉っぱなのですね。色々勉強になりました。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年7月18日 (月) 01時07分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
上のtunnel_no2さんも書かれていますが、タイ料理で強烈なのは辛さだけでなく酸っぱさもあるのですね。記事の甘木君には「何でもいいから激辛モノを」と頼んだので、それなりの土産が届いているようですが、一歩間違えば他の味も十分有り得る訳ですね。

他の方々のコメントから察するに、グリーンカレーなら比較的ハズレが少ないような印象を受けます。少なくとも私の頂いたものは、香りこそ不思議でしたが味はナイスでした。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年7月18日 (月) 01時18分

「タイ」ですかhappy01
思わずニヤニヤしてしまいますhappy01
糞爺さんもきっとニヤニヤしていることでしょう。

見ているだけでお腹が痛くなりそうですcrying
でも、怖いもの見たさに食べてみたいですね~restaurant

投稿: N市のT | 2011年7月19日 (火) 22時20分

>N市のTさんへ
はい、「タイ」です。深く考えずに書きましたが、N市のTさんもT爺さんもニヤニヤする「タイ」ですねcoldsweats01
こっちの祟りは今のところなさそうですcoldsweats02

辛いもの苦手な方には、あまり喜ばしい画像ではないかも知れません。まあでも、グリーンカレーとかは結構美味しいと思いますしオススメですよ。意外とbeerにも合うかも知れません。

投稿: N市のTさんへ | 2011年7月20日 (水) 17時42分

1品目即席めんは見た目からして辛そうですね。
でも簡単に作れる所がありがたいと思います。

2品目グリーンカレーは一般的なカレーとはかけ離れた色なので
見馴れてないとやや不気味な感じもしますね。
でも少し辛いシチューと考えると割とスムーズに食べられそう、
とも思いました。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年7月20日 (水) 23時23分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
即席麺は、割と辛めでした。あれだけの唐辛子が入っていますから、まあ味は察してください。確かに簡単に作れる点は有難いですね。

グリーンカレーは日本でもあちこちのカレー屋などで出されていますから、色が不気味とかと嫌わずに、一度ご賞味されてみてください。香りは独特のものがありますが、決して不味いものではないと思います。シチューと云うよりスープに近い感じのものです。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年7月22日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/40814134

この記事へのトラックバック一覧です: タイの即席料理二題:

« 神領電車区にいた車両たち | トップページ | 飯田線南部プチ旅行 »