« 30年ぶりの岩内線跡と岩内町 | トップページ | 神領電車区にいた車両たち »

2011年7月 3日 (日)

道央での写真

月を跨いでしまったが、過日の道央旅行の写真を何枚かご披露しようと思う。

Img660

旭山からのリベンジ写真。地元のkattsu-mqcさんにご一緒頂いたのは既述の通りだが、そのkattsu-mqcさんでも「ここまで視界が利くことは珍しいですよ」と言われるほどの好天であった。2回目でこれぐらいの写真が撮れれば文句の出ようもない。駅間は北日ノ出~桜岡になる。

Img661

kattsu-mqcさんのお車で“下界”へ降り、自分が俯瞰していた辺りの場所をご案内頂いた。バックに小さく大雪の山々が写っているが、それよりもここは空の表情を重視した。区間は上の写真と同じ。

Img662

kattsu-mqcさんがアップされたのと似たような写真になってしまうが、宗谷本線も大雪山をバックに撮れるのは知らなかった。私も潅木の処理に失敗していて、少々お見苦しい。それでもここまで視界が利けば、多少のフォローにはなってくれるかと。北永山~南比布。

Img663711

出し惜しみをしたつもりではないが、私もこれをGETできていたのだ。これもkattsu-mqcさんのお蔭。前日お会いした時に711系の「ほぼ間違いないと思われる運用表」を手渡して下さって、それを元に撮影できたもの。ついでに、私はこれに小樽まで乗ることも出来た。札幌駅にて。

Img664

森の中を行く雰囲気の写真だが、実際は周りは田圃だらけであった。札沼線の例の1日3往復しかない区間では除草などの手間も行き届かないのか、周囲の潅木や夏草で、こんな写真に相成った。鶴沼~於札内にて。

Img665

上の写真と殆ど同じ場所にある踏切。正式には「共有地沢線踏切」と呼ぶのだそうだ。道内では「共有」とか「共栄」「共進」との地名を目にする機会が多い。屯田兵時代に付けられた開墾の意気込みを示す姿勢が、そのまま地名として残っていて北海道らしく好ましい。区間は上の写真と同じ。

Img666

有名な『石狩挽歌』の一節に「燃えろ篝火 朝里の浜に」とあるが、その朝里付近の海岸より。古い撮影地ガイドに「この区間は片手ポールなので、スッキリした写真が撮れる」とあって出向いたもの。確かにスッキリしている。小樽築港~朝里にて。

Img667

6月下旬の北海道は初めてだが、初日から気になっている花があった。この赤い花は内地では見たことがなく、調べてみたら「コウリンタンポポ(紅輪タンポポ)」と云うのだそうだ。因みに内地にも稀にあることはあるらしいが、かなり貧相になるらしい。北の辺の花なのだろう。峰延~光珠内にて。

Img668

アヤメやルピナスが満開の時期に来たのも初めてとなる。ルピナスは判っていたけれど、アヤメがあちこちで野生の花として咲いているのは、内地ではあまり見かける図ではない。電柱の処理に失敗しているが、折角の写真なので敢えてアップさせて頂く。峰延駅。

Img669

旅行記での写真と被るけれど、〆はやはりこれで行かなければと……。結果論だが、実は回12Dの写真はピンボケで見事に玉砕しており、折り返しの17Dにこれが入ってくれなければGETできないまま北海道を去ることになるところだった。つまらない形式写真かも知れないが、駅できちんと三脚を立てて撮ったものだから自分でも納得できる写真になっている。

旅行記でも書いたキロ9の失敗は痛かったけれど、また札幌へ行く口実にはなるだろう。とまれ、今回は多くの皆様から広い意味でのご連絡を頂いたお蔭で、大変充実した旅行になった。お礼の申し上げようもないくらいの気持ちで、この記事を書いている。
改めて深謝の気持ちを記させて頂いた上で、撮影結果のご報告に替えさせて頂こうと思う。

|

« 30年ぶりの岩内線跡と岩内町 | トップページ | 神領電車区にいた車両たち »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

711系に白坊主…私の帰札の主目的ではなかったのであきらめます。
道央~道北にかけて満喫された様でなによりです。
でも、711系と白坊主 いいなぁ

投稿: suzuran6 | 2011年7月 4日 (月) 22時45分

天気も良く、白ボウズに711の国鉄色もGET出来て良かったですね~。
旭川の写真は空が青くて山もクッキリ出ていていいですね~。

投稿: N市のT | 2011年7月 5日 (火) 22時12分

>suzuran6さんへ
お蔭様で充実した旅行でした。
711系原色はその日の運用次第で札幌地区から丸一日外れることもあり、「たまたま自分の行動と運用が合致した」ということです。何しろ今回は白ボウズはじめ、運が最高に向いていました。
suzuran6さんも落ち着いて帰札できる環境が整われるといいですね。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年7月 5日 (火) 23時59分

>N市のTさんへ
昨年6月、今年の1月と渡道の度に祟られましたので、今回はスッキリした気持ちになれました。何より天気が良かったのが助かりましたね。
旭川の写真はkattsu-mqcさんのお蔭です。いい場所をご案内頂いたと感謝しています。

投稿: N市のTさんへ | 2011年7月 6日 (水) 00時04分

こんばんは
その節はありがとうございました。うまく表現できませんが空の青さや木々の緑など銀塩はデジタルとはひと味違う仕上がりですね。
地元のなれど初登山?の旭山からは宗谷本線の鉄橋までも見通せてちょっと新鮮な光景でした。

投稿: kattsu-mqc | 2011年7月 6日 (水) 00時09分

こんばんは。
旭川での写真いいですね~(^^)
キハ40と雲の写真は特に好きです。
長閑な雰囲気が協調されていますね。

投稿: vanagon714 | 2011年7月 6日 (水) 21時27分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
こちらこそお世話になりました。お蔭様でこのような映像が手元に残りました。
紙にプリントされたものを見ると、特に旭山からの俯瞰などはもう少し青みが弱い仕上げになっていますが、ともあれ私の常用フィルムではこんな色合いです。
気温が高かったこともあり、私も“登山”には一汗かきました(苦笑)。それでも仰せのように宗谷本線まで見渡せる山の上は絶景でしたね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年7月 6日 (水) 22時13分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
旭川は撮影初日ということとリベンジの気持ちが強かったので、撮影にも一層力が入っていました。
旭山から俯瞰している時は、雲が部分的に「日陰」を作ってしまって下界がマダラ模様になっているのですが、下界へ降りたら今度は景色の立役者になってくれました。
やはり、湿度の低い快晴の日が、色々な意味で撮影条件を良くしてくれるように思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年7月 6日 (水) 22時20分

いろんな撮影スポットをよくご存知で、感心しました。

私は旭川時代は今回の旭山からも北永山からも大きく離れた場所に
住んでいたので、これらのスポットはめったに行くことがなかった
所です。

今デジタル一眼安価なもの一台ほしいな、て思っています。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年7月 9日 (土) 20時47分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
撮影地は「撮影地ガイド」の類に頼っているところが大きいですよ。
その他にネットでも「お立ち台通信」などの資料があります。
あとは国土地理院の地形図を見て、勘だけで出掛けています。

貴兄もお勤めに出られるようになって時間が経ちますから、手の出る範囲でデジ一を買ってみられては如何でしょう? 何か目標を立てておかないと、働くだけでは面白味がないと思いますから。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年7月10日 (日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/40657486

この記事へのトラックバック一覧です: 道央での写真:

« 30年ぶりの岩内線跡と岩内町 | トップページ | 神領電車区にいた車両たち »