« タイの即席料理二題 | トップページ | 飯田線南部での写真 »

2011年7月22日 (金)

飯田線南部プチ旅行

1日目(7月21日)

飯田線は去年以来二度ほど出掛けているが、「もうちょっと撮りたいなぁ」と思った場所が残っているので、それを撮りがてら1泊2日で119系電車に揺られようと思う。

名古屋を10時32分の快速で出発し、豊橋で11時40分発の飯田線に乗り換える。第1目的地は「平井信号所」である。

飯田線は豊橋とこの平井信号所の間は名鉄本線と線路を共用している。飯田線が元々私鉄から成り立っていることに起因するのだろうが、ともあれその両者の分岐点を撮ってみたいと思っていたのだ。飯田線の小坂井駅から徒歩10分程度で信号所へ辿り着ける。

Dscn1820

大まかに言ってこんな場所だ。左が名鉄の名古屋方面、右が飯田線の飯田方面になる。バックを走っているのは名鉄の豊橋行である。

分岐点を撮り終えたら、小坂井から三河東郷へ向かう。ちょうど折りよく本長篠行の電車に間に合った。

撮影を考えていた所まで細い道を歩いて行ってみるが、コンクリート工場へのダンプの通路になっていて三脚は構えられない。少し戻った所の空き地でJRの保線区員の方が立っていたので、許可を貰ってそこで三脚を構えさせてもらう。

列車を待ちながら気付いたのだが、自分の背後に

Dscn1823

馬頭観音が建っている。三河でも山の中へ入りかけた辺りだが、古くからここに往来があることを知る。

この後、もう少し場所を移動して撮影してみるが、霧雨が降り出していい構図も得られない。この付近での撮影は諦める。

少し戻って江島付近でも撮影し、豊橋へは18時過ぎに戻った。今夜は豊橋に泊まる。

予定していた飲み屋へ行ってみると満席で、1時間以上待たされると言う。仕方なく別の居酒屋へ入ったが、あまり美味しい★の肴はない店だった。

2日目(7月22日)

8時34分の電車で、次の船町まで行く。距離にして僅か1.5キロの場所にある駅だ。船町と次の下地の間に豊川橋梁があり、昨年は下地側から撮ってみた。今年は逆の船町側から撮ろうとの魂胆だ。

少し道に迷いながら豊川の河川敷に辿り着く。7月というのに早くも足元には

Dscn1829

コスモスが咲き始めている。河川敷公園を管理する方が植えられたものらしい。

三脚を構えていると自転車で散歩でもしているらしい爺様に声を掛けられる。「私の親戚にはプロのカメラマンがいる」などと自慢げに話す。あまりそういう話は聞きたくない。

船町駅へ戻る道すがら、駅横に併設されている豊橋のORS(オフレールステーション)を眺めてみる。

Dscn1830ors

豊橋は愛知県第2の都市だが、貨物の取り扱い量は多くないらしい。また、このORSへ鉄路で入るのには、東海道線から離れて一旦、飯田線側へ寄り道しないといけない。そんな事情から「貨物駅」ではなく「ORS」にされてしまったものらしい。

ただ、昨今の震災で鉄路による輸送が見直されていることも事実だ。船町駅付近で見てみると

Dscn1832ors

雑草に覆われてはいるが鉄路はまだ繋がっているようだ。再生することは出来ないものかと思う。

列車運転系統の都合で、一旦、豊川まで行き、そこから終点の辰野方面へ行く列車に乗り換える。上市場と云う駅があり、そこの付近で撮れないかなとチョット目星をつけてあるのである。

豊川からの列車は時間から言って空いているだろうと予想していたが、子供の団体が乗っていて車内は座れない。そう言えば昨日から子供たちは夏休みである。着ている服からボーイ・ガールスカウトの一団らしい。私が座れないのは仕方ないとして、お年寄りの方が立っていて子供たちが座席を占拠している。ボーイスカウト活動の本意として、こういう事態は好ましいことなのだろうか。

私はたまたま20分くらい乗った駅で、目の前の席の別の親子連れが降りたので席にありつく。但し、横手向き座席で外は眺められない。子供たちの一団は、私の降りる上市場の2つ手前・東栄でやっと降りて行った。随分長いご旅行のようだ。

上市場へは昼過ぎにやっと到着する。もう、愛知県は出て静岡県に入った所だ。山奥の気配が強い場所で、天気も良くない。風が吹くと寒気すら感じる。

Dscn1835

茶畑や製材所などが目に付く。何となく「思えば遠くへ来たもんだ」との曲を思い出す。

撮影場所は思ったほどの景色でもなく、また、天気も曇りがちで冴えない撮影になった。先月の北海道旅行があまりに出来が良過ぎたので、その反動みたいである。まあ、こんな時もあるだろう。いつもいつも「良い」ばかりでは、面白味が湧かないかも知れない。

上市場駅へ戻ると、地元のお爺ちゃんが駅の花壇を一人で黙々と整備されていた。ご本人の弁では「ボランティア」だそうだ。ボランティアなら嫌になったらいつでも辞められるから、ボランティアとして整備を続けるのだという。

黙々としたお爺ちゃんの後姿が印象的だった。

Dscn1841

|

« タイの即席料理二題 | トップページ | 飯田線南部での写真 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
プチ旅行お疲れ様でした。

毎日コンクリートの中で齷齪暮らしていると、飯田線のような山間の風光明媚なところに来ると何かホッとして癒されますね~。

投稿: N市のT | 2011年7月23日 (土) 17時48分

こんばんは。
1枚目の写真は模型のような立体交差がいい感じですね。

ボーイスカウトがお年寄りに席を譲らないのは不適切ですね。
指導というか教育が足りないのではと思います。

昔から駅の花壇は良いなあと思いますがこういう地元の方が整備されて
綺麗な駅が出来るのだなあと感じました。
嫌になったらいつでも辞められる・・・良い響きですね~(笑)

投稿: vanagon714 | 2011年7月23日 (土) 21時39分

>N市のTさんへ
こんばんは。
お蔭様でプチ旅行から無事帰りました。
飯田線は名古屋に近い割には、ちょっと走ると山の中の雰囲気が味わえます。こう云う路線は大切にしたいものですね。
最近、新城辺りまで「コンクリート」の波が押し寄せていて、昔と変わってきたなと感じます。新城から先は、非常に癒される景色が多いと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2011年7月23日 (土) 22時00分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
平井信号所の辺りはまだ複線なので、線路が交錯して面白い雰囲気でした。あんなレイアウトが作れたら面白いですよね。

私もボーイスカウトの引率者には一言申し上げたい気持ちでした。引率者が注意しなければ誰が注意するのかと、ちょっと不快な気持ちになりました。

ローカル駅の花壇の話は、地元の方とお爺さんが話しているのを盗み聞きしていただけですが、何れにせよああ云う方たちのお蔭で綺麗な駅が保たれるのは好ましいことですよね。当のお爺さんは「金を貰っていたら『やらなければいけない』になってしまうから、金なんか欲しくない」とも話しておられました。なるほどなぁと思いましたね。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年7月23日 (土) 22時09分

名古屋起点で出張している時は名鉄利用で豊橋に良く行ったのですが豊橋に到着まじかの 豊川近辺の線形はなんだかドキドキ 目で追うのが楽しかったですね。
日帰り圏かなぁ、乗鉄でもして見ようかなぁ…

投稿: suzuran6 | 2011年7月24日 (日) 17時00分

>suzuran6さんへ
仰せの通り、豊川近辺の線形は色々な線区が絡んで楽しいですね。豊橋では東海道線・飯田線・名鉄本線、それが終わると今度は豊川で名鉄の豊川線とも離合があります。
飯田線はローカル線ですが、豊川までは本数が多いので、関東からなら十分日帰りの「乗り鉄」が出来ますよ。是非一度お越し下さい。

投稿: suzuran6さんへ | 2011年7月24日 (日) 20時57分

こんばんは
飯田線の旅行記は何度か拝見しておりますが、いつ見ても良い雰囲気のところだなぁと思います。
なかなかこちらから訪れるチャンスはありませんが機会があれば一度乗ってみたい路線のひとつになりました。

投稿: kattsu-mqc | 2011年7月24日 (日) 22時45分

こんばんは。お久ぶりです。
無事に「企3」になれたので企4から改名させていただきます。

まずはボーイスカウトの件ですが、小学生の時嫌々やらされていました。
所属する団では電車等で席を座るのは許されておらず、立たされていた記憶があります。

団体行動なので一人行動は許されず、三岐鉄道で藤原に行った時もメンバーが乗っていた「T車」に乗せられ釣り掛け音を満喫できませんでした・・・


豊橋の貨物線跡は15年位前は使われていましたが、知らない間に廃止されてしまいました。。。
簡易的な車止めが豊橋付近に設けられているのを見てガッカリしました。

投稿: 企3 | 2011年7月25日 (月) 22時42分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
地理的には遠くて訪れにくい線区だと思いますが、機会があれば「是非」とオススメの路線です。
敢えて難点を書くなら、短い線の割には駅数も多く、普通列車で乗り通そうとすると6時間以上かかることでしょうか……。
内地には色々特徴のある線区も多いので、一度こちらへ来られる機会がおありになればいいなぁと思っております。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年7月26日 (火) 19時52分

>企3さんへ
こんばんは。
晴れて企3へのご昇進、おめでとうございます。

ボーイスカウトの件、私の乗ったのは2両連結の列車でしたが、2両とも子供たちに占領されていました。どちらかの車両に纏めることはできないのかなぁと正直思っていたのですが、企3さんの時代にはちゃんとそれが為されていたのですね。それが本来の姿だと思います。
然し、お年寄りの方が立たれていたのは事実ですし、今は指導の仕方も違うのでしょうかね。何か納得いきません。

豊橋駅の貨物は、民営化されて割と早い時期に、線路から分断されたように記憶しています。そう、簡易の枕木での車両止めが掛けられていましたね。15年か、もうちょっと経つかも知れません。
色々な意味で鉄道貨物をもう一度見直して欲しいものだと思いますね。

投稿: 企3さんへ | 2011年7月26日 (火) 20時08分

出撃、お疲れ様です。
懐かしい駅の名前がいっぱい出てきました。
特に上市場はとても思い出深い駅です。1979年の夏のとても暑い日に降りました。撮影もそこそこで近所の子供達と一緒に写真に撮られている鉄橋の下の川で泳いでいました。横で蛇が泳いでいて、たいそう慌てたのを憶えています。子供らには笑われてしまいました。
飯田線、いまだに完乗になっていません。城西~田畑間が抜けています。119系も結構老齢になって来ましたね~。いつか乗りにいける日を待っています。

投稿: tunnel_no2 | 2011年7月28日 (木) 01時02分

>tunnel_no2さんへ
コメント有難うございます。
上市場はローカルな駅ですが、貴兄には思い出が一杯詰まっているのですね。「まさか」という感じです。
そうそう、あの写真の下は川になっていまして、子供の川遊びには頃合の感じでした。まさか32年前のtunnel_no2さんがあそこで泳がれたとは夢にも思いませんでした。蛇の水泳はイレギュラーですよね……。
それにしても城西~田畑が抜けているとは、また何とも中途半端な駅間を乗られていないのですね。119系電車も新鋭の313系に置き換えの噂が立っていますので、乗りに来られるならお早めに……と思います。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年7月28日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/40917952

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線南部プチ旅行:

« タイの即席料理二題 | トップページ | 飯田線南部での写真 »