« 山陰本線での写真 | トップページ | オオキンケイギク »

2011年6月 3日 (金)

LED方向幕の故障

先日、ちょっと珍しい事象に遭遇したので、ご報告したい。

Dscn1380led

側面LED方向幕の故障である。左から2番目の表示が可笑しくなっているのがお判り頂けると思う。因みに可笑しくなっている部分は本来なら「猫洞通」の文字が表示されるはずだ。そう教えられて見ると、そう読めないでもない状態かとも思う。

正面幕の故障なら、運転中に自分の前を走る車のリアガラスに方向幕が映るなどして、運転者当人が気付く機会も多いと思う。然し、側面や後面が故障してしまうと、中々気付く機会がない。私もこの日は、たまたま朝の登校輸送で乗車整理に来ている立ち番の人に教えられて、初めてこの事態を知った。

通学輸送を終えて食事のために車庫に戻るなり、車庫の工場へ修理を頼みに行く。途中、車庫内で構内整理担当の係に「LEDが壊れちゃったみたいで……」と話すと「ああ、これはLED表示装置の元の基盤から取り替えなきゃいけないかも知れないよ」と言われた。
そして実際に工場に着いてみると、一言のもとに「ああ、これは私たちでは直せない。メーカーに直接頼んで基盤の元から取り替えなきゃダメだ」、とのこと。

これだけの故障なのだが、事は案外重大らしいのだ。

結局、食事の後は、乗り心地の悪いオンボロ代車での運転と相成った。LEDの表示幕は色々と利点が多いものだが、稀に故障に遭遇すると案外厄介な目に遭ってしまうと、よくよく思い知らされたのであった。

|

« 山陰本線での写真 | トップページ | オオキンケイギク »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
LED字幕もこんな風に故障することがあるのですね。
たしかにこれでは判読できません。

私は未だに旧式の方向幕のほうが見やすいなあと感じます。
電子ペーパーのような見やすい幕が登場する日も近いかもしれませんね。

投稿: vanagon714 | 2011年6月 3日 (金) 23時41分

表示変更が一瞬で終わるということや系統変更時にROMの
入れ替えで済むというのが全国どこの事業者でもLEDを採用
している理由からだと思いますが、こんなこともあるんだなと
思いました。

確かに車内から状況がわからないというのは幕よりLEDの方が
不便である数少ない例と思います。

ちなみにN市営バスは幕からLEDへの改造工事を施された車って
確か存在しないですよね。桜通線延伸区間が絡む営業所所属の
車では春までに改造されるのでは、と思っていたのですが…。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年6月 4日 (土) 20時22分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
自分の車のLEDが故障したのは初めてですが、以前別の会社のバスが一区画全部点灯状態の故障を見たことがあります。
所詮は「電気製品」ですから、基盤が悪くなってしまえばエラーもあり得る訳ですね。

電子ペーパーは色々利点があるように思います。早くバスなどに応用されないかと心待ちにしています。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年6月 4日 (土) 21時08分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
LEDは管理する側からは利点も多いと思いますが、運行する本人からすると不便な点も多々有ります。また、お客様サイドからも経由地の表示が少なくなるなど、不便を強いる点があります。
確かに一瞬で表示項目が変わるのは便利ではありますが。

N市営バスはケチなので、LED化の改造工事などはしませんよ。幕内容が大幅に変わる場合でも、幕車の分だけは新しい幕を用意します。
今後、地下鉄の延伸は当面ないので、幕内容が大きく変わることは少なくなると思われます。幕車はそのまま廃車まで使い続けるでしょう。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年6月 4日 (土) 21時17分

こんばんは。
字がグチャグチャになるのは初めて見ました。
珍しいですね。
非力のNNのが点かない事は何度かありましたけどね~。

バスは幕式の方が個人的には良いのですが、時代の流れで仕方ないですね。

投稿: N市のT | 2011年6月 4日 (土) 22時59分

ご無沙汰しております。

毎日、大事な役割を果たすLED表示器が故障となると、会社にしても利用者にしても痛いところです。
何でも電子化になる昨今ですが、私も昔ながらのフィルム幕の方が好ましいです。

投稿: 北の旅人 | 2011年6月 4日 (土) 23時30分

こんばんは
LEDが点灯していない列があって文字が途切れている幕は見かけたことがありますが読めない状態は初めて見ました。
そして私には「猫洞通」の読みも???で故障していなくても読み取ることが出来ませんでした(^^;)

投稿: kattsu-mqc | 2011年6月 4日 (土) 23時39分

>N市のTさんへ
こんばんは。
私もこのような「ゴチャゴチャ」の故障は初めて見ましたね。この画像では判らないのですが、文字が超スピードで右から左へ流れるような感じで点灯している状態でした。
後で助役に聞いてみたのですが、こう云う文字乱れの故障は大抵、基盤から取り替えないとダメだそうです。
本当の幕式の幕が私も一番しっくりきます。ただ、私共の車庫は昨年4月から車庫の読み方が変わったことにより、ローマ字を直すために車庫行きの幕は全て幕尻へ移されました。これが変わってくれるのを待つのは一寸イライラしますね。

投稿: N市のTさんへ | 2011年6月 6日 (月) 00時14分

>北の旅人さんへ
ご無沙汰しております。中々バス関係の話題が出せずに済みません。

幕式の方向幕なら、エラー(異表示)が出たら一旦幕頭まで巻き戻して、再度行先を入力するというエラー回復方法があるのですが、電子系の幕は一旦エラーが出たらアウトですね。
この車も結局は方向幕のメーカーに来てもらって、処置をされたそうです。

投稿: 北の旅人さんへ | 2011年6月 6日 (月) 00時21分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
横一列の表示が切れてしまっているもの、言われてみれば他の会社のもので見た覚えがあります。旅先だったような……。
ここまで文字が乱れてしまうと、どうしようもありませんね。お客様にも迷惑がかかったと思います。
N市のTさん宛にも書いたのですが、文字が高速で横方向へ流れて点灯している状態でした。地名を知っている人なら辛うじて読めるかなぁと云う程度でして……。
因みに「猫洞通」は「ねこがほらどおり」と発音します。ローカルな地名です (^ ^;;;

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年6月 6日 (月) 00時28分

最近はバスでも鉄道でもLEDの行先表示器が増えていますが、LEDの行先表示器、一度壊れるとものすごく厄介なんですね。初めて知りました。

投稿: リニモ1号 | 2011年6月 8日 (水) 07時41分

>リニモ1号さんへ
バスでは道路交通法上オレンジのLEDしか使えませんが、鉄道も含めてLEDの表示は増殖していますよね。消費電力が少なくて済むので、多少の間は点けたままにしておいてもバッテリー上がりに繋がることは少ないそうです。
私も工場へ持っていけば二つ返事で直してもらえるものだと思っていましたが、結構厄介らしいです。便利さと表裏一体ですね。

投稿: リニモ1号さんへ | 2011年6月 8日 (水) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/40239028

この記事へのトラックバック一覧です: LED方向幕の故障:

« 山陰本線での写真 | トップページ | オオキンケイギク »