« 模様 | トップページ | 山陰本線島根県内撮影旅行(1・2日目) »

2011年5月15日 (日)

激辛好きの肴

Dscn1177

私が激辛好きであることは度々ここに記しているが、それを知った同僚の甘木君が先日、海外旅行のついでに台湾で上のようなものを買ってきてくれた。

3本セットの瓶詰めで、その内の一つが特に辛い筈だというのだ。写真をご覧の通り唐辛子の絵が描かれ、漢字から察するに台湾流の豆板醤らしい。これは私に合いそうだ。シメシメ。

★のつまみに良さそうな感じがするので、皿に開けてみた。

Dscn1431

写真の撮り方がヘタクソで、あまり雰囲気が伝わらないかも知れないが、全体的に真っ赤に染まっている。唐辛子の成分が醤油にまで染み出しているらしい。

で、肝心なお味なのであるが、期待したほどは辛くなかった。口から大火炎が吹き出るぐらいの味を期待していたから、ちょっと高望みし過ぎたのかも知れない。まあ、でも程々には辛い。やっぱり、★のつまみにちょうどいい程度だ。

但し私の言う「ちょうどいい」は、カレーのコ○イチで5辛を平気で食べる尺度で語っているから、万人には通じないかも知れない。

以前、そのコ○イチで職場の同期のAさんらと会食したことがある。Aさんは、カレーは甘口でなければ食べられないと云う“辛いモノ苦手派”なのだ。そのAさんに、この瓶詰めをスプーン一杯ぐらい頬張らせる機会がないかなと、私は今ちょっとウズウズしている。

|

« 模様 | トップページ | 山陰本線島根県内撮影旅行(1・2日目) »

魚澄庵の暮らし」カテゴリの記事

コメント

名古屋人は辛いのが好きですね~。
札幌から名古屋に引っ越して来た当時、同僚が「台湾ラーメン」の辛いやつを平気で食べたり、味噌汁に七味唐辛子をタップリぶっかけて啜っているのを見てビックリしたものです。
こんな辛いのが大好きなおさかなさんはマフラーが破れないのでしょうか??

投稿: N市のT | 2011年5月16日 (月) 19時57分

>N市のTさんへ
何故か名古屋人は、ピリ辛モノが好きな人が多いようですね。かの「台湾ラーメン」も名古屋が発祥の地らしいですし。
以前、見習いさんをつけていた時に、私が味噌汁に唐辛子をしこたま入れているのを見て、その見習いさんは「師匠、絶対に機嫌悪くしてるよな……」とビビッタそうです。当の本人はいつもと同じことをしただけのつもりでしたが(笑)。
マフラーは(実は)10代の頃から度々破れています。当時は今ほど激辛党ではなかったので、激辛モノとは直接関係ないような気もします。

投稿: N市のTさんへ | 2011年5月16日 (月) 22時41分

こんにちは
辛い物好きなので興味をそそられます。ただ年齢と共に辛さに弱くなりつつあるようで、味覚が失われるほどの辛さレベルはちょっと無理になってきました。

私も10代の頃マフラー不良で通院しましたが、その後は平常を維持していますので激辛モノへの耐性には個人差があるのかもしれません。

投稿: kattsu-mqc | 2011年5月18日 (水) 12時40分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
kattsu-mqcさんも辛いものがお好きなのですね。記事の瓶詰めは味覚がなくなるほどの辛さではないので、まあまあイケルと思います。
私はまだ若い所為か、今のところ激辛モノには目がありません。

マフラーの耐性は個人差があると思います。少なくとも私のマフラー破損のきっかけは、10代前半で理由は不明です。元々壊れやすいのかも知れません (^ ^;;;

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年5月19日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/39987588

この記事へのトラックバック一覧です: 激辛好きの肴:

« 模様 | トップページ | 山陰本線島根県内撮影旅行(1・2日目) »