« 山陰本線島根県内撮影旅行(3・4日目) | トップページ | LED方向幕の故障 »

2011年5月29日 (日)

山陰本線での写真

いつものように、先日の旅行の撮影結果をご報告しようと思う。

Img647120

初日に赴いた、江の川橋梁を渡る単行気動車。ここに近い江津(ごうつ)は、三次とを結ぶ三江線との分岐駅にもなっていて、三江線の車窓からもこの橋梁が見える。いつかは撮りたいと思っていた写真がやっと撮れた思いである。浅利~江津にて。

Img648

夕刻18時半頃まで粘って撮った写真。光の幻想的な雰囲気が出したかったので、敢えて車両はピンボケにしてある。下府~浜田にて。

Img649

上の写真と狙いは似たものがあるかと思う。向かい来る気動車のヘッドライトがレールに反射して、いい雰囲気かなと思って。仁万駅から馬路方面を向けての撮影。

Img650

石見福光と黒松との間にある水浦隧道。列車が顔を出す瞬間をパチリと。本当なら反対側の出口の方がレンガ積みになっていて雰囲気もあるのだが、そちらは広角レンズでもトンネルが収まり切らない場所にしか撮影スペースがなかった。世の中、中々思い通りには行かないものだ。

Img651

旅行記の方で「レールバスみたいな単行」と書いたのがこの車両だ。キハ120といい、JR西日本のオリジナル。福光川の最下流にある橋梁で、橋の向こうには砂浜が広がっているのが見える。空が白く飛んでしまって、少々みっともない写真かも。石見福光~黒松にて。

Img652

「馬鹿は高い所に登りたがる」と俗に言われるが、馬鹿と言われようと阿呆と言われようと、高い所から見下ろす景色は気持ちのいいものだ。この写真から30分後には雨が降り出した。田儀~波根にて。

Img653

「雨」をどう表現しようか迷った末の一枚。先程ご説明したキハ120の車内から撮っている。大田市駅に停車中。

Img654

宮沢賢治の有名な一節に『雨ニモ負ケズ』があるが、このお婆さんは『雨ダロウト構ワズ」の台詞が合うような気がした。私は雨が降るとすぐに意気消沈するが、この方は雨でも晴れでも黙々と来た列車に乗るだけ、と云った風格が感じられる。人間、歳を重ねるとこうも悟られるものか。五十猛にて。

Img655126

ステンレスの車両は味気ないかも知れないが、この車両は車内がクロスシートになっていて、結構私は好きなのだ。300mmのレンズに1.4倍のテレコンを付け、420mm相当と私の持つ限界の数値で撮っている。但し、テレコンの所為で開放絞り値はf4となってしまい、薄暗い雨の中では60分の1秒のシャッターがやっとだった。望遠レンズの圧縮効果のお蔭で、何とか被写体ブレは防げられている。湯里駅から温泉津方面を向けて。

撮影中、快晴だったのは初日だけで今一つスッキリしない写真ばかりだが、適当に雨などをかわして撮って来たかなぁと思っている。

ご高覧、お疲れ様でした m(_ _)m

|

« 山陰本線島根県内撮影旅行(3・4日目) | トップページ | LED方向幕の故障 »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
出撃お疲れ様でした。
1枚目のトラスが連なる鉄橋は良い雰囲気ですね。
よく見るとトラスの下辺よりも1段高いところに線路があるようで興味深い構造ですね。
2枚目と6枚目の車ですがシンプルなマスクに黄色い塗装はとても特急型に見えません。
まるで中間の回送運転台が先頭に立っているようですね~

投稿: vanagon714 | 2011年5月29日 (日) 21時44分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
江の川のトラス橋は、何故か「邪魔っぽい」トラスの感じがしません。周りの風景など色々な事情が重なって、あの雰囲気になっているのでしょう。
言われてみれば、線路は一段高くなっていますね。何もない鉄橋にトラスだけ後付けした、と言われても納得できる風情がありますね。

2枚目・6枚目の車両が旅行記で書いた187系なのですが、確かにスピード感溢れる形状の特急車両が多い昨今、完全切妻型の特急は珍しいと思います。回送運転台、と言われて、なるほどと思いました。
この型の車両で「おき」「まつかぜ」「いなば」と、伝統的な名称の列車たちを運行しています(“スーパー”の前置詞は省いていますが)。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年5月29日 (日) 23時02分

かつての伝統的な「スーパー」の付かない特急がいいですね~。
今は2両の淋しい安っぽい特急になりましたね。
山陰線はC57やDFの牽く旧客が似合いますね~。
キハ120の単行では侘しいです。

投稿: N市のT | 2011年5月31日 (火) 20時38分

>N市のTさんへ
今は矢鱈と愛称名の前に「スーパー」を付けたがるJR各社ですが、余分なものは付けて欲しくないですよね。
私が出掛けた時に何かの大会があったとかで、「おき」だけが3両で運転されていました。まあ、増結してもそんな程度で寂しいですね。
山陰線は折角あれだけの風情が残っているのですから、せめて4両くらいで走って欲しいと思いますね。まこと、キハ120の単行では物足りない思いで欲求不満に陥りそうです。

投稿: N市のTさんへ | 2011年5月31日 (火) 22時33分

山陰の撮影旅行の記事、楽しく読ませてもらいました。
このあたりはとても気に入っている場所です。江津はDF50との出会いの地でした。何連もあるトラスを行く短いDF貨物を駅から望遠で後追いしました。写真探してみます。その後、三好ー江津ー松江の行程を列車を撮りながら自転車で走ったこともあります。黒松の海岸で野宿しました。
いろいろと懐かしい風景が満載ですね~。ありがとうございます。
機会があればまた訪れてみたいです。

投稿: tunnel_no2 | 2011年6月 6日 (月) 21時16分

>tunnel_no2さんへ
こんばんは。
現在北海道にお住まいの方から「黒松の海岸で……」とローカルなことを書いて頂くと、改めてあの辺りの景色が蘇ってきます。
以前はDF50もいましたね。山陰線沿線は国鉄らしい、長閑ないい区間が多いと思います。特に島根県内は派手さはないのですが、眺めるほどに味が出てくる場所が多いように感じています。
貴記事でDF50などのお写真が拝められる日が来ることを楽しみにしております。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年6月 7日 (火) 21時50分

こんばんは
遅コメになってしまいましたが、山陰本線良い雰囲気ですね。国鉄らしい風景が多いように思います。
走っている車両達が今時のタイプなのは時代の流れで仕方ないでしょうけど、国鉄色をもっと多く復活させると集客効果もあるのでは?と思ってしまうのはおじさんの趣味的な視線ですね。

投稿: kattsu-mqc | 2011年6月 8日 (水) 21時45分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
この辺りは目立った観光資源も少ない代わりに、俗化されておらず昔の雰囲気がよく残っている地域だと思います。お蔭で国鉄っぽい雰囲気の場所が多いように感じます。
国鉄カラーのキハ47の運用もあり、時間を選べばそれなりの写真も撮影可能かと思います。また最近、別の線区で走るキハ120に朱色のラッピンクをして「国鉄風」にして走らせているそうです。
ラッピングでもいいから、朱色が戻ってくれると楽しみが増えますよね。特におじさん世代には。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年6月 9日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/40174244

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰本線での写真:

« 山陰本線島根県内撮影旅行(3・4日目) | トップページ | LED方向幕の故障 »