« “今時の”Jバスたち | トップページ | マナカ登場より1ヶ月 »

2011年3月 5日 (土)

「寒い」地下鉄の駅

3月に入った途端、名古屋はちょっと寒い日が続いている。あ、今日は少し暖かくなったけれど。

閑話休題、我が家から最寄りの地下鉄駅・「上社(かみやしろ)」の状況。

Dscn1107

ご覧の通り、地下鉄の筈なのだが駅は地上駅(高架上)となっている。名古屋の地下鉄は殆どがその名の通り「地下駅」になっているのだけれど、4つの駅だけ例外があり、上社もその1つである。

そもそも名古屋に高速鉄道が計画された際、地下を走る鉄道にする予定はなかった。地上や高架部を走ることを想定して計画された路線ばかりである。名古屋市営の地下鉄は、部内での正式名称を「地下鉄道部」などと呼ばず「高速鉄道部」と呼んでいるのも、その名残りである。

上社を含む地下鉄東山線には、この上社を発端に東へ3つの地上駅が延びている。そして終点の藤が丘では、そのまま東山線の車庫へとレールが繋がっている。

そんな珍しい部類の駅なのであるが、冬の寒い時期や夏の暑い時期には、あまり「地下鉄」らしい効果が発揮できない。ご覧の通りのスッカンピンなので、列車を待つ間、冬は寒くて堪らないし夏は暑くて敵わない。待ち客にとって甚だ不都合な駅なのである。

札幌の地下鉄・南北線でも終端部が地上に出ているが、特に冬季の雪害を考慮して透明のドームの中を列車は走るようになっている。そうなっていれば我が街の地下鉄も、もう少しは勝手が良かったのだが、残念ながらそうなってはいない。

地下鉄らしさを期待する私共にとって、その期待を裏切る「寒い」地下鉄の駅なのだ。これが最寄駅とは、因果なものだと思っている。

|

« “今時の”Jバスたち | トップページ | マナカ登場より1ヶ月 »

鉄道その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最近の天気予報を見るとけっしてN市も暖かくはないですね~
ホームで浴びる冬の空っ風は辛いですよね。

札幌市でも地下鉄の正式名称は札幌市交通局高速電車部と言うようです。
ゴムタイヤで走るので地下鉄というよりは新交通システムに近いかもしれませんね。
南北線の高架部シェルターは良いアイデアですよね。

こちらでは3月に入って春がきたと思ったらドカ雪が降りました。
はやく雪が融けてポカポカ陽気になるのが待ち遠しいですね。

投稿: vanagon714 | 2011年3月 5日 (土) 23時03分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
そうなんです、まだまだ「春は名のみ」状態です。例年、3月の下旬にならないと本格的には暖かくなりません。地上駅利用者には、まだ暫く辛い季節が続きます。

札幌の地下鉄は3路線ともゴムタイヤでの案内条方式で独特ですよね。国土交通省での分類は「鉄道」に違いないのですが、仰せのように新交通システムのような雰囲気がします。
高速電車部……札幌は路面電車も残っていますから、単に「鉄道部」とは呼べない訳ですね。

昨日は大変な雪だったそうで。こちらとは緯度が異なりますから、今しばらくは「我慢」の季節が続きそうですね。
ポカポカ陽気が早く来ることをお祈りします。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年3月 5日 (土) 23時58分

地上部にある地下鉄駅のデメリットですか。これまで気にしたことが
なかったです。東山線は本数多いのが良いですね。

私が乗り換えをしている和光市駅も地上区間にある地下鉄駅に含まれますが、言われてみればなるほど、と思いました。

横浜の地下鉄は、地上部の区間が多いですね。長時間乗っていても外の景色を楽しめて飽きない、というメリット(?)はあるといえるのでしょうか・・・。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年3月 6日 (日) 22時35分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
東山線でも昼間に目の前で電車を逃してしまうと、5分間待たされます。酷寒や酷暑の砌は、これが結構堪えます。
和光市駅も東武線の駅として見れば当たり前の構造ですが、地下鉄との相互乗り入れを考えると、言われるような駅と云うことになりますね。

横浜の地下鉄は他都市と一線を画したような、独自の雰囲気が散見しますね。地上部が多いのもその一つですね。
その昔(40年近く前)同年代の従兄弟が我が家へ遊びに来る際、わざわざ地下鉄に乗ってきたことがあります。「地上を走る地下鉄は珍しいから」との単純な理由でした。地下鉄で外が眺められるのは、確かに一つのメリットかも知れません。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年3月 7日 (月) 00時41分

こんばんは
本州方面の特に大都市圏の地下鉄は相互乗り入れで地下鉄とJR、私鉄の境目が田舎者にとってはさっぱりわかりません。地下鉄が地上を走るのも珍しくは無いのことと思っておりました。
ネットで調べてみたのですが、こちらの路線は地上には出ているものの相互乗り入れはしていないのですね。なぜ地上区間があるのかちょっと謎を感じました。

話が変わりますが、私のブログにコメントいただいている皆さんに順次お願いをしているところなのですが、当方のブログにもリンクの設定をしようと考えているところです。許可いただけるようでしたらリンクを貼らせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

投稿: kattsu-mqc | 2011年3月 8日 (火) 00時51分

連コメでスミマセン
地下鉄ではなく地上や高架部を走ることを想定して計画されていたのですね。そろそろ寝ようかと思いつつ寝ぼけ眼でコメントを書いていまして大変失礼いたしました。申し訳ありません。

投稿: kattsu-mqc | 2011年3月 8日 (火) 00時57分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
関東・関西では相互乗り入れも盛んですが、名古屋では比較的相互乗り入れが少なくなっています。路線によって狭軌と標準軌を別々に採用していて、標準軌採用の路線は相互乗り入れが行われていないのです。
話題にした東山線の場合、当初は名古屋駅で国鉄の0番線(位置的には現在の1番線)を発着番線にする案もあったそうです。結局は地下として開通しましたが、最初の開通区間である栄を出たところで、地上へ顔を出す計画があったと聞きます。結局は地上化が延び延びになって最後に開通した星ヶ丘以東でやっと地上へ出たという経緯があります。
ともあれ寒い駅の利用者であります。

リンクのお話、有難うございます。是非お願いします。相互リンクとして、こちらにも載せさせて頂きたいと思います。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年3月 8日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/39106772

この記事へのトラックバック一覧です: 「寒い」地下鉄の駅:

« “今時の”Jバスたち | トップページ | マナカ登場より1ヶ月 »