« 中央西線プチ撮影・温泉付き | トップページ | “今時の”Jバスたち »

2011年2月21日 (月)

中央西線プチ撮影結果ご報告

先日のspa付き旅行のフィルムをスキャンしてみた。暫しお付き合い頂ければと思う。

Img625

「鉄道車両が写っていなくても鉄道写真と判る写真」を目指しているのだが、そんな一枚。奈良井駅付近の隧道を狙ったもので、ヘッドライトの灯りだけは来ているから一応お判り頂けるかなと。ついでながら、この隧道は低断面の多い中央線の中でもとりわけ断面が低いことで知られているそうな。奈良井~木曽平沢にて。

Img626

ちょっと判りづらいが「ならい」の文字が植樹で記してあり、面白いなぁと思って撮ったもの。奈良井は中山道の宿場町として歴史のある町で、今でも木曽漆器の産地として名が知られている。因みに旅行記で「サルに見下ろされながら撮った」のは、この写真である。奈良井~木曽平沢にて。

Img627

一昨年の9月だったと思うが、ほぼ同じ場所で撮ろうとしたらダンプがファインダーに入ってしまって玉砕した場所。今回はちゃんと玉砕しない踏切脇から撮った。この6883レは列車番号からも判るように指定日運転の臨時列車だが、石油需要の多い冬季はほぼ毎日運転されているそうである。原野~宮ノ越にて。

Img628

お遊び写真。上の写真と全く同じ場所から写しているが、踏切脇のミラーに写った列車を狙ってみるのも一興かと思って。我乍ら暇人だと思う。

Img629

撮影地ガイドなどに紹介されていないが、倉本駅のホーム端から狙うのも結構絵になる。実はこの「しなの」の前にタンク貨物が走り去っているが、時間を見落としていて撮れなかった。逃がした魚は大きいと言うが、その通りの気分がしている。倉本駅から上松駅側を向けて。

Img630

同じく倉本駅にて。内容は詳しく判らないが、測量の作業をしているおっちゃんたち。雪晴れだからいいけれど、大雪の日の作業だったらさぞかし大変だろうなと思う。

Img631

旅行記でも書いたけれど、バックは空木岳。線路の反対側からだと横アングルで撮れることは撮れるが、線路に思い切り近寄らないと撮影は無理で、電車に警笛を鳴らされることも必至である。で、こっち側からタテ構図にした。十二兼~野尻にて。

何とか見れる写真は以上である。雪を覚悟で駅からあまり歩かなくて済む場所ばかりを選んだけれど、こんなに天気が良いと判っていればもうちょっと別の場所も予定に組み込むべきだったなぁと思っている。

ご高覧、お疲れ様でした。

|

« 中央西線プチ撮影・温泉付き | トップページ | “今時の”Jバスたち »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
これは断面の小さなトンネルですね。
個人的には古ぼけた限界ギリギリのトンネルが好きです。
大断面の複線トンネルはどうも好きになれないです。

雪景色の写真が多いですが寒くなかったですか?
最後の写真、やはり背景は重要だなあと感じました(^^)

投稿: vanagon714 | 2011年2月22日 (火) 22時32分

こんばんは
「鉄」な写真も「ならい」の文字や「空木岳」といった風景を絡めることで違ってくるんだなーと、いつも写真を拝見させていただいて感じています。
私も車両の記録写真から少しでもステップアップ出来たらいいなという気持ちだけはありますが、現実はなかなか難しいです。

投稿: kattsu-mqc | 2011年2月23日 (水) 23時18分

逃がしたfishは大きいですね~crying
タイが泳いでいたのでしょうcoldsweats02

背景に山がクッキリ綺麗に出ているので気持ちがいいですね~fuji

投稿: N市のT | 2011年2月24日 (木) 13時30分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
仰せのものは、架線がギリギリで張れる高さのトンネルですね。あの高さで入口がレンガ積みだと雰囲気があるのだがなあと思います。
機能的には複線トンネルの方が優れているのでしょうけれど、私も大断面のものはあまり好きになれません。

この旅行の前日は名古屋でも積雪があったぐらいですが、撮影した両日は気味が悪いほど暖かでした。雪景色で寒そうに感じられるかも知れませんが、実際にはコートが不要なくらいの気温でした。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年2月24日 (木) 21時38分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
10年以上前に中井靖也先生の写真展を見に行ったことがあります。そのときに「編成写真や景色の中を行く写真は誰にでも撮れる。ただ、自分たちはプロとして、それよりももう一歩何かをプラスした写真を撮らなければ意味がない」と言われました。
勿論、基本は編成写真的なものでしょうが、それにどれだけの「プラス要素」が加えられるかな、と思いながら撮るようにしています。
とは言え、趣味の域は超えられませんから、実際には「記録」が優先になってしまいがちです。中々難しいですよね。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年2月24日 (木) 21時49分

>N市のTさんへ
言われる通りです。逃がしたsnailじゃなかったfishは大きいです。
時間をチェックしなかった自分が情けないですよ crying
今回はISO400のフィルムを使ったので(いつもは100のを使っています)、絞りをかなり絞って撮れています。被写体深度が深くなった分だけ、背景もクッキリ撮れている訳です。

投稿: N市のTさんへ | 2011年2月24日 (木) 21時55分

こんばんは。
天気も良くアルプス(?)の山々も美しい姿を見せていますね~。
EF641000は特に気に入っている電機です。重連、かっこ良いですね~。タンクは何台くらい繋がっているのでしょうか?
中央西線方面には一度しか足を踏み入れたことがありません。
その一度が、この奈良井でした。1975年に親父のドライブに付き合い立ち寄りました。EF64の牽く荷物列車と線路のそばに保存されていたデフつきのC12を写しました。奈良井の辺りがどのような風景だったかすっかり忘れてしまっています。確認に行かなければなりませんね。
私もミラーに写る列車よく撮ります。^^

投稿: tunnel no-2 | 2011年3月 3日 (木) 02時54分

tunnel_no2さんへ
こんばんは。
お蔭様で雪晴れに恵まれました。背景の山々は仰せの通り、中央アルプスと呼ばれます。
EF64は私も好きな機関車です。特に1000番代が出た頃は、掲載されている雑誌を穴があくほど眺めていました。0番代もいいですが、1000番代の方が側面に重みを感じます。
写真にはタンクは8両程度しか写っていませんが、大体の時は10~18両くらい繋いでいるようです。
奈良井へ来られたことがあるのですね。多分'75年当時とは、雰囲気が変わっていると思います。駅前が綺麗に整備されてしまっているので、駅周辺には昔の面影は少ないように思います。私が見た範囲では、C12の保存機の姿も見当たりませんでした。
ミラーに写った列車を撮る遊び心も必要ですよね。

投稿: tunnel_no2さんへ | 2011年3月 4日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/38960340

この記事へのトラックバック一覧です: 中央西線プチ撮影結果ご報告:

« 中央西線プチ撮影・温泉付き | トップページ | “今時の”Jバスたち »