« 中央西線プチ撮影結果ご報告 | トップページ | 「寒い」地下鉄の駅 »

2011年2月27日 (日)

“今時の”Jバスたち

Dscn1164j

今年度納車の新車も大半は出揃ったようである。

私たちの職場では、今年度の新車の落札条件に「MT車であること」と「新長期排ガス規制に適合すること」等を条件としたため、日野といすゞが合弁して出来た「Jバス」仕様のバスでなければ、実質、落札は出来なくなった。

乗務員によって日野車といすゞ車の運転のし心地が違うと判る方もあるらしいが、私はダボハゼのようないい加減な人間(ん? 魚?)なので、両者の違いは判らない。エンジン音を聞いてもシフトをチェンジしてみても、どこがどう違うかは判らない。外観上、ヘッドライトの形状が違うこと以外に見分ける術はない。

ただ、今年度の新車は従来の5速MTから6速MTへと変更されているので、ここの違いは判る。整備関係者から「従来の5速車に比べて2キロ程度早い段階で、シフトチェンジをして欲しい」と言われているが、確かに低いギアで引っ張ることが出来なくなっている。
これも個人差があるから一概には言えないが、低速ギアで引っ張る癖のある方には運転がし辛くなっている面があると思う。

私の個人的な意見を言わせて貰うと、今年度の新車はインパネがショボくなって、速度表示が見づらいのがちょっと気に入らない。ご参考までに、従来車と今年度の新車のインパネをご覧頂こう。

まず、従来車の方から。

Dscn1123j

続いて今年度の新車のもの。

Dscn1162j

「シンプルになった」と言えば聞こえはいいが、どうも馴染みにくい。また、速度計が160キロまで表示できるように変更されているが、少なくとも国内ではその必要はないと思われ、そのために速度計が細分表示になっているのも見辛いのに拍車をかけている。そもそもが速度計そのものも小さくなっている。

シンプルになって表示項目が少なくなった分は、最上のグリーン液晶部で補うようになっている。速度計の160キロ表示の下に押し込み式のスイッチが付いているが、これを押すことで表示項目を変えられるようになっている。
但し、グリーン液晶の最下段についている表示はアドブルーの残量表示計で、これだけはスイッチを押しても変わらない。

運転操作感覚にしても、インパネの見え方にしても、個人で好き好きがある。「今年度の新車はミッションが入り易くていい」と賞賛の声を挙げている人もある。「2速で引っ張れないので運転しづらい」と言っている人もある。それぞれだ。

個人的には、従来車の方が操作もインパネも自分の好みに近い。年齢と共に、新しいものに馴染めなくなってきた証なのかも知れないが。

|

« 中央西線プチ撮影結果ご報告 | トップページ | 「寒い」地下鉄の駅 »

バス・仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
仕様変更は現場でなければなかなか違いが分かりませんね。
メーター内の変更はなお更です。
パッと見た感じでは新型車のメーターはずいぶん乗用車っぽい雰囲気ですね。
トリップメーターも含めてスズキのエブリィによく似ています。
路線バスですからたしかに160キロ表示は不要ですね。

投稿: vanagon714 | 2011年2月27日 (日) 22時57分

こんばんは 我が街はいすゞの路線車が存在しないので久しぶりにいすゞのインパネを拝見させていただきました。
最新車は乗用車的なインパネですね。タコメーターのトルクバンドとエアーのメーターが無ければ大型車のインパネとはわからないかもしれません。
速度計に関しては私も同世代だからでしょうか従来車の方が馴染みます。

そういえば子供の頃、タコグラフの存在を知らなかったので速度計に付いている鍵穴が謎でした。今やデジタル化されて速度計の裏にチャート紙入れる必要も無いんですよね。

投稿: kattsu-mqc | 2011年2月27日 (日) 23時12分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
インパネの変更は、自分が運転するようになるまであまり気にかけたことはありませんでした。
然し特に最近になって、速度制限に関して細かく注意を受けるようになったため、速度計の重要度が増していると思います。
そんな環境にあって、こちらの思いと逆行するような変更は歓迎しかねる事柄です。
言われてみれば新車のものは総体的に乗用車っぽい雰囲気ですね。メーカーサイドとしては「乗用車感覚で乗れる」ことを前提に設計したのかも知れませんね。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年2月28日 (月) 00時05分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
言われてみれば……kattsu-mqcさんの街では路線のいすゞ車は存在しないのですね。そうそう、思い出してもUDやふそうばかりが頭に浮かびます。
Jバスになってからのものは、日野もいすゞもインパネの中まで同じです。区別がつくところはない様に思います。
vanagon714さんも書かれていますが、新車では仰せのように乗用車と似た感覚になっていますね。シンプルになったのは、複雑さを消して乗用車感覚で運転できるようにとの狙いがあるのかも知れません。

タコグラフは私共の職場では「社内番号」の下一桁が0の車にだけ、取り付けられる仕様になっています。実際には使われた姿を見たことがありませんが(私もチャート紙の取り付け方を知りません)。デジタコ+ドラレコで、小さなメディアに記録できるようになりましたね。大した進歩だと思います。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年2月28日 (月) 00時20分

最近N市営バスは蛙だらけになってきましたねbus
インパネは乗用車感覚になっても6速MTは面倒臭いですcrying
非力なのと燃費向上のため6速になってしまったのでしょうねbearing

投稿: N市のT | 2011年2月28日 (月) 17時49分

こんばんは。
従来のインパネに慣れたドライバーさんにとっても賛否が別れるのでしょうか。新型はセレガ&ガーラのインパネにも似てなくもないですよ。

ふそうとUDがATのみになって、MT車はJバスのみで需要は延びる可能性も未々有るでしょうね。

投稿: 北の旅人 | 2011年2月28日 (月) 22時08分

とうとうJバス系の車も尿素仕様になったのですね。
私が今住んでいる埼玉県南部はここ数年のN市交通局同様圧倒的に
Jバス系のシェアが高く(K際K業はいすゞ一本、T武はいすゞ&日野)
この型の車もいずれ頻繁に見かけることになるのではと思います。

なお先日N市に行った際、この最新車のうちの1台「NH313」を
撮れましたが、管理人さんの所属営業所の車でしょうか?

さて近年のバスも速度計は乗用車並みに160km/hまで表示できる
ようになったのですね。
昔のバスですとA川D気軌道では最高速度が90m/hまでしか
表示できない速度計が付いていました。なおその速度計の画像は
東海道新幹線車内にあるメーカーのY崎の広告で見かけました。
(今もあるのかな?)

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年2月28日 (月) 22時31分

>N市のTさんへ
仰せのように蛙が大増殖していますね~。どこにそんなにオタマジャクシがいたのでしょうか? notes
私の年代の方には、6速MTはあまり評判がよくありません。皆さん、チェンジが面倒だと言われています wobbly
昔に比べると軽油中の硫黄も低減されているし、尿素対応で非力ですね。これが「標準仕様」にされては敵いません think

投稿: N市のTさんへ | 2011年2月28日 (月) 23時04分

>北の旅人さんへ
こんばんは。
私は観光仕様のバスに乗る機会は殆どなく、インパネも存ぜずにおります。セレガ・ガーラと似ているのですね。Jバス系で統一した仕様にしているのでしょうか。
個人的には、自分専用の置時計を置く位置もなくて、甚だ都合の悪い仕様になっています。

ふそう・UD系のMT撤退は痛かったですね。コストダウンのためにMT車を採用する事業者は今後も多いと思われ、増殖の可能性は高いですね。

投稿: 北の旅人さんへ | 2011年2月28日 (月) 23時13分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
新しいJバス系は「DPD+尿素」です。この組み合わせで、新長期排ガス規制をクリアしているのです。8都県市の規制の都合で、貴兄のお住まいの地域でも今後このタイプが大増殖する可能性があると思います。

仰せの車番は確か私共の営業所のものです。NH311~315が、今年度の該当車両だったと思います(まだ私も新車の車番をよく確認していません)。

A川D気軌道に限らず、昔のバスは90キロか100キロまでしか表示できないメーターが当たり前でした。私共が現在の職場へ入った頃でも、120キロまでしか表示できない車がゴロゴロしていました。160キロは輸出を考えての仕様だと思われますが、あのバスで本当に160キロが出るのかどうか一度試してみたい衝動に駆られます。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年2月28日 (月) 23時29分

160km/h迄刻まれたのに、メモリの範囲が狭くなったのでは見にくいばかりですね。

さて、この前西武バスのふそうのAT車(LKG-)に30分近く乗りましたが、中々良い出来ですよ。着座では変速ショックは感じられず(いすゞ-ZFの初期車は残念ながら最悪でしたね...)、何より40km/h巡航時のエンジン回転が1000rpm程度で凄く静かです。

N市でもご検討なさっては?

投稿: 通りすがりのバス好き | 2011年3月 1日 (火) 23時44分

>通りすがりのバス好きさんへ
コメントを有難うございます。
この記事を書いた翌々日に再び新車に乗務する機会があったのですが、仰せのように速度計のメモリの範囲が狭くて見辛い思いをしました。

私共乗務員にも車両選択の権利があれば、さぞかし楽であろうが……と思ってしまいます。AT車両には「その運転手の運転癖を読み込んで、最適なギアチェンジをする」装置が附属しているそうです。この装置に1台当たり40万円もの単価がかかるため、私共の職場ではAT車は不採用となるようになってしまったとのことです。
初期のいすゞのZFは、これも仰せのようにお粗末なものですね。私共の車庫には2台配置されておりますが、乗務員からあまりの不評を買ったため、2台とも予備車扱いで普段は車庫のピットで寝ている状態です。一度、他都市でふそうのATに乗ってみたいと思います。
全体的にZFよりアリソンのATの方が評判がいいようですね。

投稿: 通りすがりのバス好きさんへ | 2011年3月 2日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/39037316

この記事へのトラックバック一覧です: “今時の”Jバスたち:

« 中央西線プチ撮影結果ご報告 | トップページ | 「寒い」地下鉄の駅 »