« 石北線・函館線撮影結果ご報告 | トップページ | 「冤罪」その後 »

2011年1月28日 (金)

雪の鹿ノ谷駅、訪問記

Dscn1069石勝線(昔の夕張線)の鹿ノ谷へ赴いたことは、先日の旅行記で記した。

今日の記事では画像を中心に、雪の鹿ノ谷駅を改めてご紹介しようと思う。

昨年の暮れに、夕鉄絡みの記事で鹿ノ谷駅から北方を望んだ画像をご紹介した。あれは初夏の画像で、ここに再掲載すると共に、ほぼ同じ角度からの雪の季節の画像を貼り付けておく。

Img609

Dscn1057今は雪の彼方に、元・夕鉄の車庫跡が見える。除雪もされない車庫跡は、ちょっと物悲しい。少しズームアップしてみる。

Dscn1058

今や樹木も生え放題で、往時を偲ぶのは難しい。夕鉄に活気のあった頃は、屋根に溢れんばかりの雪が積もることはなかっただろう。

自分の乗ってきた夕張行きが、上り列車として戻ってきた。ホームに止まる千歳行き。車番を見て驚いたのだが、キハ40の825号車、苗穂の所属車両である。苗穂の車両が石勝線に乗り入れているとは知らなかった。

Dscn1060 列車も行ってしまったから、ちょっと駅舎内を眺めてみようと思う。

Dscn1062

先ず目に付くのが、壁に貼られた「夕張応援」のメッセージ。夕張メロンを模ったものは元々用意されていたものだと思うが、その他にもあり合せの手帳の紙片に「ゆうばり Fight!!」とか書かれていて、訪れた方々の暖かい気持ちが伝わる。

Dscn1065

この歌を詠んだ「昌子」さんは、実にいい歌を考えられたなぁと思う。歌の通りに花が飾られているのは、偶然なのか、この歌に合わせたものなのか、俄か旅行者には判らない。ともあれ、心が温まる。

Dscn1070

他の壁面にも、造花や絵手紙が貼られていて、地元の方が駅を如何に愛しておられるかが伝わる気がする。夕鉄乗り入れ時代とは比べ物にならないだろうけれど、今の地元の方々の気持ちも捨てたものではないぞと思う。

ちょっと外へ出て、駅舎を眺めてみる。

Dscn1063

入口の辺りだけは除雪されているが、屋根の雪はずり落ちそうに、うずたかくのしかかっている。夕張近辺は、元々雪深い所なのだろうか。山間部だからある程度の雪は当たり前と思うが、ここまで積もってしまうのは寒波の所為? それとも雪降ろしをする人がいない所為?

そうこうする内に、次の夕張行きがやって来た。鹿ノ谷を後に、一路・終点を目指していく。

Dscn1072

滞在時間は短かったけれど、寒い中にも心温まるモノを多く見せて頂いた気がする。もっともっと多くの人が、夕張付近に目を向けて頂けたらと、ついつい欲張ったことを考えてしまう。

かく言う私も、13時半の列車で戻らないと、内地へと戻る列車に乗り遅れてしまう。断腸の思いであるが、この列車で鹿ノ谷を後にすることとする。

Dscn1076

多くの人に愛されて多くの人に乗って頂いて、少しでも長く、この線やこの駅が存続することを願わずにはいられなかった。

……駅前旅行者の癖に、あまり偉そうなことを言う資格はないかも知れぬが。

|

« 石北線・函館線撮影結果ご報告 | トップページ | 「冤罪」その後 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

平成に入り、人口が減ってきて、やはりこの地区も今の住民は
高齢者が多いのでは、と思います。

掲載された写真を見て、この街が活気を取り戻すにどんな良い策が
あるのか、北海道出身者として考えさせられますね…。

投稿: 東上線-副都心線一利用者 | 2011年1月29日 (土) 23時06分

こんばんは。
鹿ノ谷駅、私も訪れたことはあるのですがゆっくり観察したことはありませんでした。
夕張応援メッセージは雪深い中にも温もりを感じますね。

ところで終点の夕張にはワンコインバイキングのレストランがあるそうで美味しいらしいです。
春までには行ってみようと思います。

投稿: vanagon714 | 2011年1月29日 (土) 23時56分

こんばんは
鹿ノ谷駅が地元の人々に大切にされている感じが良く伝わってきます。
無人駅になると殺風景になりがちなイメージがありますが、この駅はそんなことにはないですね。

投稿: kattsu-mqc | 2011年1月30日 (日) 17時36分

>東上線-副都心線一利用者さんへ
言われるように、沿線は高齢の方が多いように感じました。少なくとも列車を利用された方は、高齢の方が大半でした。
自分も出来ることなら、この町に住みたいと思います。然し残念ながら、年齢と共に「雪掻き」の大変さが判って来ました。都会はコリゴリですが、そうかと言って他の町に移ることも出来ず、歯がゆい気持ちがします。

投稿: 東上線-副都心線一利用者さんへ | 2011年1月31日 (月) 01時04分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
小さな駅でも丹念に降りて観察してみると、意外に沿線の方々の温もりを感じることがあります。この駅はまさに、そんな駅の一つだったと思います (^ ^)
これが利用増に繋がれば、言うことはないなと感じたものです。

ワンコインバイキングは、あのマウント○ースイホテルでしょうか? 少し調べてみたのですが、私が調べた範疇ではワンコインバイキングが見つかりませんでした。あの駅前ホテルなら、泊まりに行きたいなと思っています。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年1月31日 (月) 01時11分

>kattsu-mqcさんへ
こんばんは。
以前は夕張鉄道との接続駅として、さぞかし賑わっただろうと推察します。
その頃とは比較にはなりませんが、無人化されてもこうして地元の方に愛される駅っていいですよね。いつまでも地元の方々に大切にして頂けたらと、駅前旅行者は思った次第です。
また、季節を違えて行ってみたいなと思っています。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2011年1月31日 (月) 01時17分

蒸気機関車時代の隆盛を知っているので、今の鹿ノ谷は淋しいです。
無人駅になっても駅の手入れをして下さる方がいて綺麗に保たれているのでありがたいですね。

ワンコインバイキングはここです。
ホテルではなく駅にあります。
http://station.yubari.net/about/

投稿: N市のT | 2011年1月31日 (月) 09時54分

>N市のTさんへ
往時を知る方からは、寂しさを禁じえない現状だと思います。私も雪に埋もれただだっ広い構内を見て、ここに多くの貨車や夕鉄車両がいたとは信じられないなと考えてしまったものです。
地元の方が駅を大切にされているのが、せめてもの救いかなと思います。

ワンコインバイキングの詳細を有難うございます。以前夕張駅を訪れたときは営業時間外だったようで、まるで気付かずにいました。
別の季節に訪れる機会を作って、のんびりしてみたいなと思います。

投稿: N市のTさんへ | 2011年2月 1日 (火) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/38634887

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の鹿ノ谷駅、訪問記:

« 石北線・函館線撮影結果ご報告 | トップページ | 「冤罪」その後 »