« 大宴会付き北海道旅行(2~4日目) | トップページ | 石北線・函館線撮影結果ご報告 »

2011年1月19日 (水)

大宴会付き北海道旅行(5~7日目)

5日目(1月17日)

2日連続で寝不足だったから、今日は思う存分寝た。9時頃に、やっと布団から抜け出す。

10時03分の列車で、函館線の大麻まで赴く。昨日、思うような写真が撮れなかったから、暫く居つこうと思う。

Dscn1048それにしても、今日も凄い雪だ。写真を撮っている内に手が凍り付いてしまい、一旦改札を出て、駅の待合室で体を温める。

11時半過ぎの列車で、次の野幌へ向かう。vanagon714さんのブログで、野幌駅付近は近々高架化の予定と聞いたので、地平の内に撮っておこうと思ったのだ。

Dscn1049工事はかなり、進捗している様子である。現在は仮のホームで営業している模様だが、どちらにしても地平の野幌駅は、多分最後になりそうだ。

また、雪にまみれたので、一旦改札を出て、また待合室で暖まる。……とその時、意外なアナウンスが耳に飛び込んできた。
「只今、岩見沢方面で、架線に電気が通らない事故が発生しました。現在、江別から岩見沢の間で、全ての列車の運転を見合わせております」。

今から、岩見沢へ向かおうとしたのに、こりゃ、困る。と言って、他に交通手段がないから、ここで待ち合わせるしかない。駅の発車案内を見ていたが、

Dscn1051続々と、列車の運休が発表される。タイが泳いでいるとしか思えぬ。

結局、14時22分の岩見沢行まで、岩見沢へ向かう列車は運転されなかった。1時間近く時間を無駄にした。まあ、冬の北海道だから、ある程度のことは仕方がない。

15時前に岩見沢着。駅以外での撮影はとても出来ない気象状況だ(勿論、大雪)。止むを得ないから、駅撮りを決め込む。

Dscn1052岩見沢駅も、こんな有様だった。

列車はある程度動き出したようだが、これ以上の深入りは出来かねる。仕方ないので、遅れている札幌方面行の特急で、16時頃に岩見沢を後にした。

駅撮りでも写真は撮ったことに変わりないから、まあ、今回はこれで良しとしよう。

あ、宿へ戻る前にコンビニへ寄って、以前話題になった「マルちゃんのやきそば弁当」を大人買いし、自宅へ送った。

6日目(1月18日)

北海道旅行の慣例として、道内最後の今日は乗り鉄に捧げようと思う。今回は、以前記事に出した石勝線の鹿ノ谷へ行ってみたいと思う。嘗ては夕張鉄道と接続していた駅だ。

10時20分札幌発の「スーパーとかち」で、新夕張まで疾走する。鹿ノ谷へ向かう接続駅である。

Dscn1055

馴染み深いディーゼルカーを見ると、ホッとした気持ちになる。この列車で

Dscn1054

夕張の一つ手前が、目指す鹿ノ谷である。

鹿ノ谷での詳細は、後日別記事としたい。ただ一つ書いておくとすると、鹿ノ谷の手前の清水沢でお客は全員降りてしまい、鹿ノ谷まで乗ったのは私一人だった。

1往復の列車をやり過ごしてゆっくりした後、13時半の追分行の列車で戻りにかかる。また客は私だけだ。途中の南清水沢で一人乗ってきたと思ったら、次の沼ノ沢で降りてしまい、結局その後は誰も乗ってこなかった。

途中の駅で、遅れの特急とすれ違いがあり、追分に7分遅れて着く。降りようとしたら運転手氏が「すみませんねえ、7分も遅れてしまって」と慇懃丁寧に言ってくれるから恐縮する。

追分からは特急で札幌へ戻り、約1時間待って17時12分の「北斗星」で帰ることになっている。札幌では北斗星車内での食料品を買い込むことにしてあるので、1時間などはすぐ過ぎるだろう。

……と思っていたら、追分駅の駅員が待合室まで出てきて、私を含めて3人の客に言った。「お客様方、申し訳ない、今度の札幌行ですが、対向列車が鹿と衝突してしまって、その影響でかなり遅れそうなんです」。

30分程度の遅れは覚悟の上で予定を組んだが、余り遅れると食料品の調達が出来なくなる。困ったなと思っていたが、暫く待つと、またさっきの駅員氏が出てきて「済みません、25分遅れで運転を再開しました」と言った。

25分の遅れは札幌まで続き、食料品の調達時刻が大幅に削られた。北斗星の入線はホームで迎えたいから、怒涛の如く札幌駅構内を買い物に走り回る。かくして、

Dscn1085

写真の写りは悪いけれど、列車の入線を見届けてから、指定された個室寝台車の客となる。やっぱ、寝台車は個室の方がいい。個室で時刻表を眺めながらニタニタするのが私の趣味である。もっとも、ある方に拠れば、こう云うのを「自閉症」と呼ぶのだそうだ。

列車の遅れは今日も少しあるようで、「北斗星」も前の列車が遅れたのに絡み、2分遅れて発車した。既に外は暗い。何度も札幌へは来ているが、今回は特に多くの方と懇親があったから、去り行く札幌の風景が寂しく見える。

雪と寒さの影響で、遅れが徐々に拡大していく。苫小牧で5分遅れ、東室蘭では10分の遅れになった。窓外を眺めると、列車の飛ばした水飛沫が

Dscn1098

見る見る氷っていく。列車が走るだけでも、有難いと思わねばならんだろう。

函館では、青函トンネル内専用の機関車と付け替えをする。付け替え作業が終わって函館を出た時点で、車掌が「18分の遅れで発車致しました。このままの遅れですと、青函トンネルへ入るのは、22時57分頃になります」とアナウンスする。

私も眠くなってきたが、せめて北海道の出口である青函トンネルに入るまでは起きていようと、もう暫く、暗い窓外を眺めることにした。

7日目(1月19日)

朝は6時半から車掌のアナウンスで起こされる。だが、上野の到着は昨夜の遅れからして10時以降になるはずだ。改めて布団を被りなおす。

結局、8時半過ぎに宇都宮の手前でやっと起き出した。

顔を洗いに洗面所へ行って、戻ろうとしたら、宇都宮駅に試験用電車の「ミュートレイン」が止まっている。

Dscn1100_2

JRに1編成しかない車両だから、ちょっとした眼福ではある。

それはそうと、宇都宮は8時13分発の筈だが、今は9時少し前である。車掌が「東北地方の大雪のため、45分遅れで運転しております」とアナウンスする。かなり遅れが拡大している。まあ、今日の内に家に戻れればいいかと、遅れは気にしないことにした。

通勤電車を予定外の駅で追い越したりしながら(通勤電車の人たちには大層迷惑だと思う)、10時20分頃、やっと「北斗星」の旅は終わった。

東京までの国電に乗り換えるため、櫛型ホームの先頭まで歩いていくと、多くの人が機関車にカメラを向けていた。そうそう、昨年の10月頃に、青森~上野まで引っ張る機関車が新しいものに変わったのだっけ。

Dscn1103

私も他の人に混じってコンデジを向ける。

さて、ここからは国電と新幹線を乗り継いで名古屋へ向かうだけだから、もう書くこともない。従って、この仕様もない記事も終わりにしようと思う。ただ、それだけではあまりに締まりがないので、今回の旅行でお世話になった方々のお名前を、今一度書いておこうと思う(順不同)。

撮影&大宴会でのThanks:N市のTさん、職場の先輩Hさん、tunnel_no2さん、Tの糞爺さん、vanagon714さん

撮影でのThanks:kattsu-mqcさん、hamusutarさん

大宴会でのThank:Wさん、札幌のN子さん、Oさん、K尊師

皆様、本当に有難うございました。

|

« 大宴会付き北海道旅行(2~4日目) | トップページ | 石北線・函館線撮影結果ご報告 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

ホントにホントにお疲れ様でした。
こんなにダイヤが乱れまくる冬も珍しいくらい、あるイミ H海道らしいいい旅でしたね(^_^;)
N市からもたくさんの人が集まってくださり、ホンットに楽しかったです。
またN市メンバーでH海道の旅を企んでください、いつの日か近いうちに、お会いできるのを楽しみにしてます(^o^)/

投稿: W | 2011年1月19日 (水) 21時18分

こんばんは。
北斗星の旅、お楽しみさまでした(^^)
私も北斗星は個室に限るなあと思います。
マイルームで過ぎ行く街の灯りを眺めつつお弁当や★を頂くのは格別ですよね。

大宴会、私はかなり遅刻してしまいちょっと不完全燃焼でした(笑)
とはいえN市の方々が一堂に会しての大宴会は楽しかったです。
またのご来道をお待ちしております。

投稿: vanagon714 | 2011年1月20日 (木) 00時14分

>Wさんへ
いえいえ、こちらこそ「お疲れ様でした」と申し上げたいです。
特に大宴会に関しては幹事役をされたようですので、感謝感謝です。
列車のダイヤは見事に乱れましたね~。私は初体験のドカ雪でしたが、地元の方が言われるのなら間違いないですね。
N市のメンバーがここまで一堂に会すのも珍しいですよ。N市でもあの4人が集まったことはなかったんです。
私が現役の内に、ここまでのことが出来るかは判りませんが、S幌へは今後も度々伺おうと思っています。
また、よろしく、です~ ♪

投稿: Wさんへ | 2011年1月20日 (木) 01時13分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
北斗星は、個室でなければ私が不完全燃焼になります。
食事の時以外は、敢えて室内の灯りを消して、過ぎ行く窓外の灯を眺めるのが何とも云えない楽しみなんですよね。自閉症と言われようが変人と言われようが、楽しいものは楽しいんです (^ ^;;;

大宴会は、雪の加減でご出席頂くのが大変な状態でした。レンタカーのお世話もして頂き、色々と申し訳なかったと思っています。
今後もS幌へは出向くつもりでいますが、何卒よろしくお願い致します。

投稿: vanagon714さんへ | 2011年1月20日 (木) 01時20分

PPcamera並びにbeernote楽しかったですね~。
また16日はsnowで玉砕お疲れ様でした。

WさんやNさんに囲まれ、いつも難しい顔をしているおさかなさんも、この時ばかりは鼻の下が伸びきってheart02heart01heart04ニヤニヤしていましたねhappy01

また次回のcamerabeerheart04を楽しみに、ボチボチ頑張りましょうねscissors

投稿: N市のT | 2011年1月22日 (土) 11時53分

>N市のTさんへ
PP貨物は雑誌でしか見たことがなかったので、目の当たりにすると興奮しましたね。
beerspaも含めて、大変notenoteでした。
また、rvcarの運転、大変お疲れ様でした。
大宴会ではvirgoのWさん、Nさんが居られたので、否応なしに鼻の下がだらしなくなっていました。しっかり見られていましたねcoldsweats01
ここまでの勢揃い旅行は今後難しいかもしれませんが、また是非機会を設けてcameraを楽しみましょうsmile

投稿: N市のTさんへ | 2011年1月22日 (土) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/38509225

この記事へのトラックバック一覧です: 大宴会付き北海道旅行(5~7日目):

« 大宴会付き北海道旅行(2~4日目) | トップページ | 石北線・函館線撮影結果ご報告 »