« 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(3・4日目) | トップページ | オーディオを眺めながら »

2010年11月18日 (木)

久留米近辺撮影結果ご報告

鹿児島線の撮影結果を、玉砕モノも含めてご報告しようと思う。いや、本当に今回は玉砕が多いのだ。マトモなのを探すのが大変なくらい。

Img597

初日に「夕陽を撮りに行く」と書いた場所で。実際に陽が画面に入る頃には雲が出てしまって玉砕しているので、夕陽が筑後川の川面に写っている写真で堪忍して頂こうと。何枚か写した物ではこれが一番マトモそうだ。列車は新幹線開業で廃止となる筈の「リレーつばめ」。肥前旭~久留米にて。

Img5981151

もっとピンボケかブレがあると思っていた写真が、思いの外いい写りだったので、掲載することにする。2日目に早起きして行って撮った大牟田駅にて、この駅終着の1151レ。編成は殆どタンクコンテナで、ここから専用線で三井東圧化学の工場へ運ばれる。因みにその専用線は、以前は運炭専用の「三池鉄道」だった。

Img599411

雨は上がったけれども靄が出ている状態の時に撮ったもの。カーブした線路が面白いので、踏み切りの辺りにピントを合わせたが、そして実際に踏み切りの位置に電車がいる時にもシャッターを切っているが、この絵の方が雰囲気がいいかなと思って。渡瀬~吉野にて。

Img600

「リレーつばめ」は間違いなく近々廃止になるからと思って、列車名ロゴの部分を流し撮りし、敢えなく敗退した例。連写の出来るカメラを持っていかなかったから、ワンチャンスしかないのだ。何年経っても流し撮りはうまくできない。南瀬高~渡瀬にて。

Img601

これも「リレーつばめ」の写真。近い将来、この列車を置き換えるはずの九州新幹線の高架線と共に撮ってみた。新幹線にはこの写真の近くに新駅が出来るようで、在来線と共に新駅の工事中であった。ただ、駅は、とんでもなく鄙びた辺りにできるようである(新幹線が停車する必要があるのか、と思うような場所だった)。羽犬塚~船小屋にて。

Img606_2

正直言うと、もうちょっと線路のカーブ加減が写りこむかと思ったのだが、殆ど直線みたいに写っていて、これも玉砕に近い。2日目に原田駅で、暗くなるのを待って撮った写真。車体の反射を期待して、黒っぽい車体の「リレーつばめ」で撮ったのだけは正解だったようだけれど。

Img602

通称「白いかもめ」。ハイパーサルーンではなく885系で運転される「かもめ」は、こう称される。正面がちに狙ってみると、存外、間の抜けた顔に思えるのは私だけだろうか。尚、右後方に赤い電車(813系)が見えるが、あそこは「大宰府信号所」だそうだ。つまり、信号所で「かもめ」が813系の普通を追い抜いた直後の写真と云うことになる。駅間としては水城~都府楼南。

Img603

上の写真を撮って、反対側を向いたら紅葉の葉とセイタカアワダチソウが綺麗だったので撮ってみた。本来なら「リレーつばめ」の後追いだけのつもりが、たまたまここですれ違いがあり、こんな写真になった。区間は上と同じ。

Img6041

「働くおっちゃんシリーズ」その1。保線の仕事であることは想像がつくが、具体的に何の作業かは判らない。列車と違って人の動きは「次の行動」が判らないので、大変撮りづらい。おっちゃんたちの人権に配慮して、区間は書かないでおく。

Img6052

「働くおっちゃん」その2。まあ、これは南福岡電車区と判ってしまうから、場所はぼかさない。車庫内の仕事も何をしているのか判らないことが多く、このおっちゃんも紙を手に持って、何をされているのかは不明。後方の813系電車の横から出てこられたので、構内で移動の作業でもされる方だろうか。バスと違って鉄道は特殊な職場に思えるので、人の動きにも興味が湧く。

列車本数の多い福岡の近郊区間を撮ってきたから、他にも色々な写真があるが、余り多数の写真をアップするとくどくなりそうだから、これぐらいで了としておく。
あ、あと、フィルムの埃はエアーダスターで極力取り除いたつもりだが、どうしても何枚か失敗しているようだ。そこは大きい目で見てやって下さい(礼)。

|

« 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(3・4日目) | トップページ | オーディオを眺めながら »

国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

三枚目の写真、線路を伝って列車の「カタン、カタン」と言う音がだんだん近づいてくるのが聞こえてきそうですね。
線路もカーブに入るとカントがだんだんと大きくなってくるのも見えたりとじっくりと見ていると味の出て来る「するめ」の様な写真です。

投稿: suzuran6 | 2010年11月19日 (金) 12時39分

>suzuran6さんへ
列車の到来を予感して頂けるような写真だとしたら、私としても嬉しく思います。
カントのことはあまり考えていなかったのですが、言われてみれば、ですね。こう云ったことは模型をやっておられる方だと、より気付きやすいのかも知れません。
「するめ」の表現には、笑えたり、嬉しく思えたりです。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年11月20日 (土) 23時34分

たくさん撮影しても自分で気に入ったのはごく僅かですよね~。
なかなか満足のいく写真は撮れませんね。
1番目の写真は夕日と787のシルエットで雰囲気が出ていていいですね~。
3番目の写真は「来るゾ~」という感じが伝わって来ますね~。

投稿: N市のT | 2010年11月21日 (日) 10時12分

2枚目の写真、線路がキラッと光っているのが好きです。
分岐がいくつも見えるのは楽しいですね。
3枚目の写真を拝見していると列車が近づいてくる時のワクワク感を思い起こします。
踏切の警報機の音が聞こえてきそうです。

投稿: vanagon714 | 2010年11月21日 (日) 18時48分

>N市のTさんへ
「下手な鉄砲も……」方式で量産してきても、中々思ったようには写っていなかったり、今一つ何かが足りなくて、不満足な結果に終わることがよくあります。まあ、2~3枚、人様から気に入って頂けるものが撮れれば、それで良しとしなければならないのでしょう。
夕暮れや列車の来る雰囲気がお伝えできれば、何よりです。

投稿: N市のTさんへ | 2010年11月21日 (日) 22時56分

>vanagon714さんへ
2枚目の写真は、辺りがまだ少し暗いことで逆に助けられたのかも知れません。300mmのレンズを使い、シャッター速度は1/60秒(勿論、三脚使用)なんです。てっきり列車がブレて使い物にならないと思っていました。
3枚目は、矢張りあの時点でのシャッターで正解だったようですね。そういえば3枚目も同じレンズで撮っています。今回は、結構荷物になる300mmが活躍してくれたなと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年11月21日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/37707222

この記事へのトラックバック一覧です: 久留米近辺撮影結果ご報告:

« 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(3・4日目) | トップページ | オーディオを眺めながら »