« 秘境駅「小和田」とその周辺 | トップページ | 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(3・4日目) »

2010年11月11日 (木)

鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(1・2日目)

1日目(11月10日)

3泊4日の予定で、鹿児島線を撮影しようと思う。

新幹線で「ビュンッ」と小倉まで、小倉で13分接続の特急・有明に乗り換える。

Dscn0868写真を撮ろうとしたら、たまたま「ソニック」と並んだけれど、私が乗るのは左側の「リレーつばめ」でも使われる787系の方。右側の車両は、かの有名な「座席が○ッキーマウス」の車両ですな。

余談はさておき、「有明」で2時間弱の大牟田まで乗る。ホームにある懐かしい雰囲気の時計を眺めながら

Dscn0870右に写っているガングロの817系普通に更に乗り換える。この電車で2駅の南荒尾まで行く。今回は「福岡ゾーン」の周遊きっぷで来ていて、大牟田から先はこのゾーン券では乗れないから、さっきの「有明」で車掌から乗り越し券を買っておいた。

南荒尾では地図で見ただけの撮影地へ行ってみたが、「ハズレ」の鐘が一つ鳴り、すごすごと引き返す。

15時前の普通電車・鳥栖行きに乗って戻りにかかる。先程と同じ817系。この電車の運転室って、

Dscn0872817何か檻籠にでも囲まれているみたいで、いつ見ても好きになれない。

その「檻籠の運転室」で宿泊地の久留米へ赴く。駅前は新幹線延伸の関係で

Dscn0873整備工事中だった。開業に向けて、最後の追い込み工事になるのだろう。

ホテルのチェックインにはまだ早いから、駅から徒歩20分程度の筑後川堤防まで行ってみる。ここはネットで撮影地が紹介されていた。

Dscn0874こんな夕陽狙いの場所。どんな写りになったかは、判らない。後日の「撮影結果報告」をお待ち下され。

11月とて日の入りも早く、17時少し過ぎには太陽が見えなくなった。早いけれども、今日はこのまま駅前の宿泊ホテルへ行く。駅までの道中はブリジストンの大きな工場に沿うように歩くので、仕事帰りらしいブリジストンの制服の人ばかりとすれ違った。

2日目(11月11日)

旅先にしては珍しく、6時20分に起きる。7時少し前の特急「リレーつばめ」で、大牟田まで行く。大牟田には8時01分着の貨物列車があり、これを狙うためである。

天候は予定外の小雨で、おまけに貨物列車はどの番線に入るか判らない。早めに来たつもりだったが、狙いも定まらず、多分撮影は失敗していると思う。

気を取り直して上り方面へ戻る。2駅の吉野で降りる。幸い、雨は止んだ。

Dscn0876駅前のカーブと畑地を狙う。撮り終えたら次は、南瀬高へ赴く。

駅前の橋を渡って、撮影予定地へ急ぐ。

Dscn0877昨日から思っているのだが、この辺りの道路橋は、コンクリート製の趣のあるものが多い。この橋は、「昭和二十七年七月竣工」とあった。

鉄道の写真は、ここも畑地狙い。大豆だか何だかよく判らない畑を前景に撮り、帰路に一寸寄り道して別のアングルも撮ってみる。

昼を回ったところで、再び上り方面へ戻る。今度は一駅だけの瀬高で降りる。

瀬高は国鉄時代、佐賀とを結んだ佐賀線との分岐駅だった。1番ホームの隅に、佐賀線ホームの痕跡がある。

Dscn0884現在は自転車置き場に変貌しているようだ。振り返ってみると、

Dscn0886跨線橋が古めかしい。ピンクに塗られたレールを見てみると「1927」の刻印があった。

駅から少し歩いて、旧佐賀線との分岐地点へ向かう。カメラを構えた自分の左手に

Dscn0889使い古された枕木が積んである。恐らく、佐賀線で使われていたものに違いない。

再び上り方向へ進み、次の船小屋で降りる。

Dscn0892この辺りは、開業間近の新幹線高架と沿っている。それと絡めたものを何点か撮ってみる。日が西に傾き始めた。

またまた上り方面へ向かい、宿泊地の久留米を通り越して鳥栖まで行く。鳥栖は長崎本線を分岐するので、構内の配線が面白い。それ絡みの写真を写した後、更に上りへ向かう。

上り電車に乗ってから気付いたので、咄嗟に撮った一枚。

Dscn0896駅標がかなり古めかしい。それを貼り付けてある柱も木造で、上の方には綺麗に削った飾りまである。手の込んだことで、それが守り続けられているのは嬉しい。

電車は原田(はるだ)で降りる。まだ17時少し過ぎで、コソコソとホテルに戻るのは勿体ないから、ホームでの夜景を撮ってみる。

Dscn0898デジカメではかようにちゃんと写っているが、フィルムではどう写っているか、帰ってからが楽しみである。

チョコチョコと忙しない一日が終わった。 

|

« 秘境駅「小和田」とその周辺 | トップページ | 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(3・4日目) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
九州出撃お疲れ様です。
私も九州大好きなのですがなかなか訪問してもゆっくり回れません。
大牟田駅のホームや瀬高の跨線橋いい雰囲気ですね。
九州は昭和の雰囲気が残る駅が多いですよね。
鳥栖の柱も凄い凝った造りで驚きです。

先日の日田彦山線の坂を上る駅は大行司駅でした。
やはり木造の古い駅舎でとても良い雰囲気でした(^^)

投稿: vanagon714 | 2010年11月11日 (木) 23時14分

今朝のお目覚めはいかがでしたでしょうか?
今日の天気もよさそうですので、良かったですね。
昔の駅は全体的デザインは普通でも、鳥栖の柱の様に意匠を凝らしていましたが、今では建物全体がデザインされており、周りの景色、街並みに決してマッチしているとは言えない物が多いですね。
後日のレポートをお待ちしております。
お気を付けて旅をお続け下さい。

投稿: suzuran6 | 2010年11月12日 (金) 08時40分

>vanagon714さんへ
こんばんは。
九州は新幹線一本で行ける立地条件ですので、名古屋からは結構容易に回れます。博多~新八代の新幹線が開業したら、なお一層便利になりそうです。
以前、日豊線を回った時にも感じましたが、九州には古い駅舎やホームが多く残っていると思います。建て替えられたものもありますが、「残存率」は高いように思われます。
総体的に「昭和以前」を感じる駅が多くて目の保養になります。

日田彦山線は、明日、帰途に通る予定ですので、大行司駅を観察しながら戻りたいと思います。

投稿: vanagon714さんへ | 2010年11月12日 (金) 20時42分

>suzuran6さんへ
ちょうどコメントを書いて頂いた時分に、3日目の行動をスタートさせたようです。旅先では極力怠け者です (^ ^;;;
仰せのように、新しく建て替えられた駅も幾つかありますが、周囲にマッチしていないものが多いですね。宿泊地の久留米駅舎も新幹線開業に伴い建て替えらていますが、駅だけが浮いています。
鳥栖のような意匠は、これからも大切にして欲しいなと思います。

お蔭様で3日目終了現在、支障もなく楽しんでいます。
先のことは後日ご報告と致します。

投稿: suzuran6さんへ | 2010年11月12日 (金) 20時58分

九州は古い建造物が多くてレトロでいいですね~。
今風の駅ビルよりずっと味がありますねhappy01

今回は無事ヘマもなく楽しんでいるようですねscissors
帰宅までタタリのないようお祈り申し上げますpisces

結果報告を楽しみにしていますheart01

投稿: N市のT | 2010年11月12日 (金) 22時19分

こんばんは 旅行日程も後半かと思いますが今夜はどのあたりに滞在されているのでしょうか。
随分と昔の話ですが「筑豊を(乗り鉄で)制覇したらすごい」と友人が言っていたのを思い出しました。
炭鉱で栄えた地域なので国鉄民営化の前後で北海道と同じくかなりの鉄路が無くなっているのだろうと思います。昭和の頃の時刻表にはびっしりと路線が記載されていた記憶だけが残っています。

投稿: kattsu-mqc | 2010年11月12日 (金) 22時40分

>N市のTさんへ
中国地区では目にしなくなったような建物が、九州では当たり前のように残っていたりしますhouse
土地柄なんでしょうかね。
駅に関しては会社間の考えの違いもあるでしょうが、レトロな雰囲気は気持ちが落ち着きます。

旅行は今の所珍しく、特に何も起きていません。
タイは関門海峡で、フグと遊んでいるようですfish
結末をお楽しみにheart04

投稿: N市のTさんへ | 2010年11月12日 (金) 22時56分

>kattsu-mqcさんへ
久留米をベースキャンプにしています。
仰せのように昭和50年代の筑豊地区は、びっしりと炭鉱路線が張り巡らされていました。59年に「乗り鉄」したことがありますが、その時は南九州も回ったので、筑豊地区制覇はできませんでした。
結局は上山田線の一部が乗れずに廃線になってしまいました。
今になって、当時の廃線跡や、疎かに見ていた鹿児島本線などをじっくり見て回っている次第です。

投稿: kattsu-mqcさんへ | 2010年11月12日 (金) 23時06分

やはり九州って名古屋に比べると日没が遅いですね。11月11日だったら名古屋だと17時前に日没でした。
私は福岡の生まれ(と言っても福岡時代は覚えていません)ですが、福岡は夏至の頃だと20時近くまで明るく、冬至の頃は7時過ぎまで暗いみたいですからね。

ちなみに九州よりもう少し西にある韓国のソウルは8月末でも日没が19時過ぎでした。

投稿: リニモ1号 | 2010年11月27日 (土) 11時34分

>リニモ1号さんへ
名古屋から約700キロの九州は、流石に日没が遅いですね。日没後の写真を撮ろうとした日には、思いの外、長い時間待たされることになりました。
ところで、リニモ1号さんは九州のご出身だったのですか。ご家庭の都合やお仕事の都合で、色々あちこちに住まわれているのだなあと吃驚しました。

韓国だと九州よりも更に西寄りになるので、流石に日没が遅くなるのですね。8月末で19時過ぎの日没とは、驚きです。その代わり、日の出も遅くなるのでしょうね。

投稿: リニモ1号さんへ | 2010年11月28日 (日) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1088631/37612365

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(1・2日目):

« 秘境駅「小和田」とその周辺 | トップページ | 鹿児島本線久留米近辺撮影旅行(3・4日目) »